テレビ


アドセンス広告

男性が定年退職と同時に多くのものを失う?地位が高い人ほど喪失感が大きい?

  • 30 December 2018
  • のぶやん

男性は、仕事の地位が高いほどに定年退職時に失う喪失感が大きいようです。定年退職までは、立派な企業の部長職にあった人であっても、定年退職すると年金生活者に「転落」して、特にやる事もなくなります。今まで数多くあった出張、会議などもすべてなくなります。

退職したら様々な趣味に取り組んで、旅行にも行きたいと思っていても、実際に退職すると新しい事をやる気が起きなかったり、夫婦の旅行もマンネリ化してすぐに飽きてしまったりする事が多いです。

男性が定年退職と同時に多くのものを失う?地位が高い人ほど喪失感が大きい?

将来の目標が喪失する

地位が高かった人ほど、定年退職と同時に将来の目標が喪失してしまう例が多いです。逆に、それほど社会的地位が高くないという人は、もともと仕事以外の趣味なども充実させてきているので、様々な友人と色々な活動をしている例も多いです。

目標が喪失してやる気が失われ、特に何もせずに毎日の日常を過ごすようになります。そのうち、病気などになって病気などの事ばかりが気がかりになり、周囲に当たり散らしたりする例もあります。

テレビばかり見るようになる

定年退職すると、テレビばかりを視聴するようになる高齢者が増えています。多くの高齢者は、生活に必要となる買い物、家事以外の時間は、ほとんど「テレビばかりを見て過ごす状況」になっています。高齢者は、年金で暮らして趣味も特にないので、テレビを1日中見て時間を潰している現実が明らかになっています。

それまで仕事に費やしてきた時間の半分がテレビ視聴に充てられるという異常な状況になっており、その高齢者の生活を若者が年金を支払って支えているという状況です。

カテゴリ: 

会話して面白い人=話題が豊富な人、様々な経験をしている人の話は、面白い。

  • 14 December 2018
  • のぶやん

会話して面白い!と思うのは、話題が豊富な人ですね。話題が豊富というのは、様々な引き出しを持ち合わせている人で、会話が途切れない人です。

会話して面白い人=話題が豊富な人

様々な事に興味がある

興味・関心の範囲・分野の広い人というのは、相手の会話にも興味を持って乗る事が多いので、会話が楽しくなります。自分の仕事分野以外にも、様々な事に興味・関心があって、『博識』と言われるような人は、お話をしていて楽しいという事があります。

相手の話に興味もないのに、聞き手に回ったところで、相手が会話を楽しめる訳ではありません。相手の話に興味を持って聞いてみて、自分との共通点を探すという事が求められています。相手がどんな事に興味を持っているんだろう?という事を想像して、興味がありそうな所で会話を楽しめるようにするのが良いでしょう。

自分から話題を提供できる

話題が豊富だと、相手からの関心事を引き出すだけではなくて、自分からも会話をふることができます。相手が興味を持ちそうな話題を語る事ができれば、『面白い人』という認定を受ける事が出来ます。問題になるのは、相手の興味分野が非常に狭い分野であれば、会話がうまく成立しづらいという事になってしまいます。

例えば、天才物理学者と一緒に会話を楽しむには、どうすれば良いでしょうか?物理学者に役立つ情報を提供できなければ、相手が会話を楽しめないかもしれません。多くの人にとって、物理学者に役立つ話題を提供する事は非常に難しいので、天才物理学者は人前で自分の興味・関心のある分野について話をしない方が良いという事になります。

テレビの話題はつまらない?

テレビの話題を持ち出してくる人は、自分に「自分に会話するトピックが何もありません」と自白しているようなものでしょう。テレビの視聴時間が長い人というのは、テレビから流れてくる情報が真実であると受け止めて話してしまう傾向があります。自分で情報収集する能力が貧弱なので、会話に深みがないものになっていきます。

カテゴリ: 

テレビばかりを見る退職した高齢者。歪んだプロパガンダ情報に騙される

  • 12 November 2018
  • のぶやん

インターネット上に書き込まれている相談で、『親が1日中テレビばかりを見て困っている』というものがあります。

年齢層が若い人ほどテレビの視聴時間が少ないので、年齢層が若くなるほどテレビを見る習慣がなくなり、親がテレビを見ている事に対して悩んでいるという息子・娘は多いのです。

1日5時間以上のテレビ視聴

朝の食事時からテレビ視聴が始まり、昼に少し出掛けて、夜になるとテレビをずっと見ているような生活が続いている高齢者が多くなっています。テレビを見続けていると、同じことを繰り返している事になるので、認知症のリスクも上がるでしょう。

1日24時間しかないにも関わらず、1日5時間以上もテレビを視聴するようになると、自然と脳内にテレビの情報がインプットされて、自分が消費する消費スタイルであったり、考え方にも影響を与えていく事になります。

食事しながらテレビ視聴

家族で食事をしながらテレビを見るのは、家族の会話が全くない『つまらない家族』の特徴です。本来、家族の情報交換の場であるはずの食事の場は、テレビの全く自分たちに関係のないプロパガンダニュースなどに支配される事になってしまいます。

家族の会話がなくなるという良くない点に加えて、テレビを見る習慣を家族が共有してしまうという良くない点もあります。その結果、子供たちに対しても『テレビを強要』する流れになってしまいます。

カテゴリ: 

テレビの芸能人がマジつまらない!ユーチューバーが人気になる理由は、個性で立ち位置の明確化

  • 24 December 2017
  • のぶやん

HIKAKINやはじめしゃちょーなど成功したユーチューバー見て、プロのユーチューバーを始める人は今でも多いですが、全く稼げていない人がほとんどです。ほとんどのユーチューバーがHIKAKINやはじめしゃちょーの真似事になってしまって、自分のキャラクターが確立されておらず、動画を見てもつまらなく思えてしまうからでしょう。売れているユーチューバーの多くは、キャラクターが際立っています。

自分の立ち位置を明確化する

凄く美人なのに変顔したりするのをインスタグラムにアップロードしたりしている人がいます。世界のトップモデルであるカーラ・デルヴィーニュを真似しているのか、『素の自分』を知って欲しいと思うのか、同機はいろいろありそうですが、少なくともキャラクターが別人になるその姿にドン引きしている人が多いのも事実です。

カーラ・デルヴィーニュが変顔をしても受け入れられるのは、それだけブランド力があるからで、普通の女性が変顔などをインスタグラムで公開しても、注目されるどころか『キャラが違う』と下手をすればキモいと思われる可能性すらあります。インスタグラムの自分のイメージを大事にしないと、自分のイメージを損なって仕事に影響する可能性もあります。

日本でAKB48が受ける理由

日本でAKB48が受ける理由は、まだ個性が完成する前の段階である10代の女性を起用しているからです。10代の少女たちを使えば、キャラクターの誘導を容易に行う事ができます。物事に対する良し悪しの判断が付かないので、プロデューサーの意向に沿った形のキャラクターに仕上げて動かすことができます。AKB48女の子には、自立した女性として意見を言ったり主張を述べたりする事は求められていません。単に可愛いアイドルのキャラクターに徹する事が求められています。

AKB48というのは、チーム全体で仕上げてくるので、チーム内で勝負できるキャラであれば売れていきます。しかし、個人で勝負するようになると、所属事務所のプロデュース力などが大きく影響する事になります。所属事務所のプロデュースが下手だったり、AKB48より強い個性が打ち出せない事で、AKB48卒業後にほとんどのメンバーが売れなくなっています。

個人パフォーマンスの低下

テレビのタレント・芸人は、それぞれで個性を持っているかもしれませんが、プロデューサーの顔色ばかり見るようになって委縮しています。個人としての面白さが全く出てこないで、無難な発言ばかりのテレビ番組ばかりで面白味が全くないのです。無言のプレッシャーがある中で、誰1人として思いきった事をやる人がいないので、予定調和の面白くない番組だらけになってしまいます。

リアルサザエさんが面白い

後発ユーチューバーとして爆発的人気になっている桐崎栄二(きりざきえいじ)の田舎ファミリー物語は、リアルサザエさんで本当に面白いです。可愛い妹が登場してきたり、愛すべき家族が登場してくるので親近感が持てます。  脚本なしのガチのファミリー物語なので、ハラハラしながら楽しめます。家族の下ネタも普通に出てくるところは、テレビドラマではあり得ないところです。

テレビを家に絶対に設置すべきでない理由!受信料の為に働く奴隷をやめよう!

  • 6 December 2017
  • のぶやん

最近の20代~30代の自宅には、テレビもなくて、電話も置かれていない家が増えています。私も今までテレビを設置した事がありませんので、受信料を支払った事がありません。引っ越してからすぐにNHKの受信料徴収する人が訪問してきて『テレビは設置していませんか』と尋ねてきましたが、テレビを設置していない旨を伝えて撤収して貰いました。

テレビを設置しない事が大事

テレビを設置したら、NHKを見ている事になって、受信料を払わなければいけないという裁判所の判断も出ています。市民として裁判に訴える事は良い事ですが、テレビを設置しなければ支払わなくても良いという事なので、最初から設置しなければいいのです。

テレビを保有している家庭は、テレビを捨ててしまえば、合法的に受信料を支払わなくても良くなります。テレビを早めに捨てる事が大切です。テレビを設置しないで死ぬほど困ったという人を聞いたこともなければ、見た事もありません。

日本はテレビ固定費がある

日本では、残念ながらテレビを購入する=毎月の固定費がかかるという事になるのです。テレビを10年ほど設置した場合には、地上契約で13,990 円×10年=約14万円。衛星契約で1年間の受信料24,770円×10年=24万770円も支払わなければいけない事になります。これが20年になると、50万円にもなります。多くの家庭が気が付かないうちにNHKに50万円も支払っている事になるのです。

家の中にテレビを設置して視聴する事は、自分が馬鹿になっていく事を手助けすると同時に、お金まで搾取されてしまうのです!こんなに意味不明な話はありません。

新聞・テレビはいらない

多くの家庭では、新聞紙に月額2000円かけて、テレビに月額1000円を支払って、合計3000円も不要な出費をしています。新聞とテレビをやめるだけで、月額3000円、年間36000円も浮くことになります。そして、この不必要な出費が10年で36万円にもなります。

日本の消費スタイルというのは、旧ソ連のような消費スタイルに似ていると言われる事があります。新聞を全家庭が2紙も購読して、政府のプロパガンダ広告を毎日のように熟読しています。何の意味もない政府広告のNHKをお金を支払って視聴しているなんて、本当に信じられない事です。

カテゴリ: 

お金に困っているのにテレビばかり見ている人たちは、ますます貧困化する

  • 17 November 2017
  • のぶやん

お金に困っているのであれば、自宅にテレビを置いていないのは当たり前と思いきや、多くの貧困者と言われる低所得者の人たちは、自宅にテレビを置いています。確かにお金がかかる娯楽が楽しめないので、テレビを娯楽として楽しみたくなるという気持ちは分かるのですが、テレビを見ていたのでは、ますます貧困化してしまいます。

テレビの受信料が高い

日本では、テレビを設置してNHKを受信するにあたっては、受信料の支払い義務があります。私はテレビを全く見ないのでテレビ事態を設置しておらず、受信料を支払っていましせんが、もし家庭にテレビを設置したら受信料は支払わなくてはいけない法律になっています。2ヶ月払い・衛星放送なしで2,520 円、2ヶ月払い・衛星放送ありで4,460 円の支払い義務が生じます。低所得世帯にとっては、これは大きな金額です。

低所得者世帯の多くは、アルバイト、派遣労働者などの時給制の賃金ですが、1時間分の賃金をNHKに支払っているという事になってしまいます。年間にすると衛星放送なし・13,990円で、衛星放送ありが24,770円となっています。25000円となると、地方の1ヶ月の家賃に相当する金額がテレビの受信料としてかかってくる事になり、本当に恐ろしい金額である事が分かります。

高所得者はテレビを見ない

高所得者になればなるほど、テレビを視聴する時間が限られているとされています。仕事に忙しくてテレビを見る時間がないという事もありますが、それ以上にテレビの内容に興味がない人が多いのです。基本的にテレビの内容というのは、誰でも分かるように作られていて、高所得者になればなるほど、テレビの情報がくだらないものに見えてしまうのです。

『誰にでも分かりやすく』作られているテレビ番組ですが、その対象年齢というのは、50代・高卒・主婦ぐらいを想定して作られていると言われていて、特に高学歴であったり、高所得者層向けには作られていません。この為にテレビを見れば見るほど、50代・高卒・主婦の考え方にどんどん近づいていくというのは、それ自体は的を得ていると言わざる得ないのです。

貧困層の子供が貧困層になる

アメリカで貧困家庭の良心が『勉強をしなさい』と子供に言いながら、自分たちがお菓子を食べながらテレビを見て、豚のように太っているという事が良く見られます。

テレビを見る親の家で子育てをされたら、テレビという汚染物をどんどんシャワーとして毎日のように浴びせられて、子供も貧困層になっていきます。子供の力でテレビを見ないで勉強を熱心に取り組めるのは、子供が外で受けた刺激が相当に大きい場合のみでしょう。

お金をむしり取られる構図

NHKの受信料は、簡単に言ってしまえば国営放送の受信料であり、半ば強制的に徴収されるものなので『税金と同じ』と考える事もできます。黙っていたら、自分の財布のお金はどんどんむしり取られていくのです。NHK受信料は、テレビを設置しなければ納入しなくて良いという事は、法律の解釈として定着しています。テレビを設置しない事で受信料を支払わなくて良いのであれば、テレビを設置しない事が一番です。

カテゴリ: 

炎上したDeNAのWELQと対照的にAbemaTVに全力を注ぎこむサイバーエージェント

  • 9 December 2016
  • のぶやん

サイバーエージェントのAbemaTVは、スマートフォンでテレビを見るという日本において新しい試みです。11月2日に累計1000万ダウンロードを突破した事が発表されていて、好調と言えるでしょう。残念ながら、筆者の周囲にAbemaTVの話題など聞いたこともないのですが、誰かがAbemaTVをダウンロードして視聴している事は間違いありません。

2016年4月に開局してから7ヶ月で1000万ダウンロードを達成したという非常に早いペースでの達成になっています。ただし、2016年10月に発表された数字では、アベマTVは投資がかさんで83億円の赤字になっているという事です。サイバーエージェントがゲームで稼いでいる預貯金をアベマTVに大がかりに投資している状況となっています。藤田社長によると『大赤字で他社がドン引きしてやりたがらない』としていますが、ゲーム事業で稼いだ金をまともなメディアを作るところに真剣に取り組んでいる姿が伝わってきます。

豊富なチャンネルが人気

アベマTVは、提供するコンテンツが非常に膨大である事が特徴となっていて、ドラマ、アニメ、スポーツ、ニュースなど非常に幅広いチャンネルを扱っています。この中でも特に『深夜アニメ』が人気という事で、アニメの視聴が非常に多いという結果が出ています。テレビ朝日と組んでいることから、見られる番組としては多彩で、テレビ朝日の『ニュースステーション』などを視聴する事も可能になっています。

チャンネルが豊富ではありますが、テレビと同じで時間を区切って『放送』が行われるので、見逃した場合に後から見る事ができません。今までのユーチューブチャンネルと違って、芸能人などが積極的に出演している特徴もあり、芸能人が好きな人にとっても楽しめます。

スマートテレビに対応

アベマTVは、スマートテレビにも対応しています。具体的には、Google Cast、Amazon Fire TV、Apple TVなどでアベマTVを見る事ができます。実際に画質が非常にいいので、テレビと同じように見れるという事です。テレビ局にとってみると確かに驚異にうつってしまいますが、テレビ朝日からすると、成長してほしい分野である事は間違いなそうです。うまく成功して上場などできれば、サイバーエージェントに引っ張って貰ったテレビ朝日に大金が転がり込んでくる可能性があるからです。

テレビ朝日は、サイバーエージェントに過半数以上の株式を持たせてネットテレビをやるというのだから、経営陣の決断力は凄いなと思います。もともと藤田社長がテレビ朝日の社長などとも仲良くしてきたご縁という事らしいですけど、83億円の赤字を見ても相当の覚悟を決めてやっている事業と感じます。そういえば、藤田社長がテレビ朝日の報道ステーションに生出演していました。このテレビ朝日の社長は、東洋経済のインタビューに答えて、『テレビの縮小は宿命だ』と話しています。

テレビを全く見ない人が増加

筆者は、大学生の頃からテレビを持たない生活を続けているので、1ヶ月に30分ぐらいしかテレビをみないのですが、実家などに帰郷した時にも、テレビをほとんど見ません。紅白歌合戦なども、ほとんどの歌手を知らないのでみる気にもなれません。インターネットであったり、スマートフォンに慣れた世代というのは、そもそもテレビを見る習慣がないのでしょう。でも、スマートフォンのアベマTVなら見る人もいるかもしれないというのは良く理解できます。

テレビを見る人がこれから増加する見通しもなく、テレビを見る人は更に減少していくと考えられています。

視聴の環境は微妙?

アベマTVが頻繁に止まってしまって動画視聴が思うようにできないという事が話題に上がる事があります。


財務内容が良いサイバーエージェント

サイバーエージェント社は、ソーシャルゲームで大成功をしているアプリを何本も抱えていて、財務基盤は安定しています。アベマTVに大胆な投資ができるのも、この財務基盤があってこそです。

カテゴリ: 

テレビ局は、あと10年で潰れる!インターネット動画が主流の時代が到来!

  • 24 April 2016
  • のぶやん

最近では『テレビが部屋にない』ということは、珍しいことではなくなっています。日本人は、世界でも有数のテレビ好きで知られていますが、若い人を中心として『部屋にテレビを置く』という習慣がなくなってきていて、『テレビが文化を形成する』という事も少しずつ減ってきました。その典型例としてあげられるのが、テレビドラマの視聴率低下です。テレビドラマは、昔であれば、30%という視聴率を叩きだしていましたが、今では5%以下の視聴率も珍しくなくなって、話題になることも少なくなりました。

テレビドラマが時代のトレンドを作っていた(東京ラブストーリー:1991年)みたいなドラマというのは、既にあり得ないものになっています。団塊の世代が働き盛りで日本の影響力が世界的にも強くて、その中でテレビがトレンドを牽引した時代というのは、既に過去のものになろうとしているのです。現在は、テレビではなくて、インターネットの番組などが流行するようになってきており、Youtuberなどで稼ぐ人も出てきています。その影響力は、まだテレビに及びませんが、それでも100万再生を集めるなど、影響力が無視できないレベルになってきています。

映像を伝えるのがテレビだけではなくなった

かつては、映像を撮影する為には、それなりの機材を必要としました。また、家庭用のビデオカメラでビデオを撮影しても、それを見てもらうには放送局のようなネットワークが必要でした。現在は、インターネットで動画を誰でもアップロードできるようになっているので、『テレビよりも人気の面白い番組』というのが沢山生まれるようになりました。1人でコントをしてYoutubeで膨大なアクセスを集めるという人も増えてきています。

更にライブ配信を行う人が増えていて、同時に様々な場所でライブ配信が行われています。地震などが起こって、被災地からライブ配信している人もいるほどで、メディアが報じなくても被災地の状況がわかるという事も起こってきています。専門の記者が行かなくても、インターネットが接続出来る環境であれば、自分たちでライブ配信を行うことが可能だからです。

制作会社に任せきりで面白くない

テレビ局というのは、電波を握ってスポンサーを獲得して、番組内容について『下請けの制作会社』が製作する場合が多いです。フジテレビの制作会社に勤務していた人に知り合いがかなり多いのですが、フジテレビ系の制作会社で『優秀』と思える人をいまだかつて見たことがありません。みんな、優秀とは言いがたいけど、使い勝手が良さそうな人とか、コネがありそうな人を集めているので、つまらない人が集まるのかもしれません。

番組の出演者にしても、知識人と言われて番組に出てくるような人たちは、実力よりもコネで選ばれたような人も多くて、全然おもしろくない。視聴率が取れてないのに、スポンサーとの癒着もあって番組がなかなか打ち切りにならなかったりと滅茶苦茶です。

ユーチューバーが人気

インターネットのユーチューブから配信される動画が大人気になって、人気のユーチューバーのアップロードする動画が100万回の再生を集める事も珍しくなくなりました。テレビ局に比較すると番組の制作コストが非常に安いので、テレビ局にとって大きなプレッシャーになってくるでしょう。広告主は、費用対効果を考えるとユーチューブに広告を出稿した方が効果が得られるからです。

芸能事務所などは、今までテレビ局、ラジオ局などのメディアとのコネで仕事を回すことが多かったですが、ユーチューバーの人気によって、インターネットで知名度をあげていかない芸能人は厳しい状況に置かれていく事が予想されます。


カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事