時事ネタ


アドセンス広告

大学は、教育機関という役割が既に崩壊しているという事実!動画で学習する方が効率がいい

  • 2 January 2019
  • のぶやん

大学では、様々な授業がありますが、大学の授業に出席しなくても、自宅のオンライン学習で全く同じような授業を視聴できるようになっています。例えば、語学を学びたいのであれば、大学の授業に出席するよりもむしろ、自分でユーチューブを見て学習した方が早く上達できる可能性が高いのです。

今では、まだ全世界の授業が公開されている訳ではありませんが、今後は世界中の授業が公開されるようになれば、大学の授業に出席する必要性というのは、ますます不要なものになっていくでしょう。大学は、学び舎というよりは、単なる社交の場になっている現実があります。

大学は、教育機関という役割が既に崩壊しているという事実!動画で学習する方が効率がいい

大学の授業は、ほとんど必要ない

大学の授業では、教え方が下手な先生が教壇に立って講師をしています。ユーチューブの動画では、様々な動画が公開されていて、自分で選択して動画を視聴する事ができます。語学学習などでは、ユーチューブにアップロードされている授業は豊富にあり、教材も沢山あります。

大学の授業では、動画学習などが難しいので、ユーチューブの動画学習を含める事で、効率的に、大学の授業よりも早く学習を進めていく事ができるようになります。

学習アプリが活躍する

特に語学学習、受験などにおいては、学習アプリが活躍するようになってきています。月額1000円ぐらいの「格安の学習アプリ」が人気になっているので、学習塾なども不要になってきています。予備校に高いお金を支払う時代は終わり、自宅でパソコン学習、アプリ学習をした方が効率的に成績を伸ばせるようになってきました。

月額1000円の学習アプリの方が予備校に通うよりも安く、効果的である事が広まって、多くの高校生が学習アプリを塾の代替とする事になりました。今では、学習塾の役割というのは、どちらかと言えば学習サポートよりも、むしろ進路サポート、相談などが中心となってきています。

大学講師が必要ない

大学の講師という職業は、もはや必要な職業ではなくなってきています。今までは、博士課程を卒業した人などが大学講師の職業になり、専任講師などになって研究を続けるスタイルでしたが、今後は大学における教育機関としての役割が低下するので、大学講師自体が必要なくなってきています。

大学に正式採用されず、専任講師になれない大学の講師は、ワーキングプア状態で年収も低いとされています。講師の授業数によっては、年収100万円という講師も珍しくありません。大学講師の募集用件は、博士課程で専門など非常に厳しい要求があるにも関わらず、2年間の非常勤講師など条件が良くありません。普通に外でアルバイトしていた方が良い収入が得られる場合が多い現実があります。

企業が研究機関になってる

かつて国家が中心となって行ってきた研究は、今では企業が中心になって行うようになってきています。

カテゴリ: 

今からでも遅くはない。腐敗・汚職の東京五輪を中止すべき理由

  • 13 December 2018
  • のぶやん

東京五輪は、絶対に日本人・日本国民のために行われない。東京五輪は、一部の利権業者・既得権益の利権を保持する人たちのために行われるのであって、日本国民のために行われるものではありません。

東京五輪の陰で貧困化する日本人

貯蓄ゼロ世帯

東京五輪に多額の国費が費やされる一方で、日本人の多くが貧困化しています。貯蓄ゼロ世帯が急増しており、日本人の半数が『毎月の生活で手一杯であり貯蓄ゼロ』と回答しています。特に20代の貧困率が高くなっていて、20代の60%が貯蓄を全く持たない状況になっています。

東京オリンピックの財政負担

東京オリンピック

東京オリンピックでは、国費・都税など多額の税金が投入される事が判明しています。日本の国民は、貧困層が沢山いる事が問題になっている中で、利権のオリンピックにお金をつぎ込んで、一部の人に金が流れる構図になっています。

不正に誘致された東京五輪

東京五輪誘致

東京五輪の誘致では、『コンパクトオリンピック』と国民を騙しただけではなくて、誘致の過程において不透明な資金の流れがあったことが明らかになっています。

カテゴリ: 

日本で田舎の人口が激減して過疎化が加速!田舎の情報しか持たないと格差社会で下層になる事実

  • 26 November 2018
  • のぶやん

日本で不動産が値上がりしている場所は少ないのですが、特に東京だけ不動産価格がどんどん上昇しています。この傾向というのは、世界的にみられることですが、特に日本においては、東京の不動産価格だけがどんどん上昇するのに、田舎の不動産は下落が止まりません。もはや、田舎では全く価値のない不動さんで溢れています。

バブルの頃に建てられたリゾートマンションは、10万円でも買い手がつかないので、今では不動産会社を介さずに『無料で譲る』とインターネットで募集するオーナーも増えています。田舎にある不動産というのは、負債でしかないにも関わらず、それを資産と勘違いする人が購入する事で「ババ抜きゲーム」が発生しています。

日本で田舎の人口が激減して過疎化が加速!田舎の情報しか持たないと格差社会で下層になる事実

都会に集中する人・モノ・金

中央集権である日本において、少子高齢化が加速していく中で、もう田舎の地方が発達する事は不可能になってきているようです。日本の東京に人・モノ・金が集中して、日本の情報の多くが東京が拠点として発信されるものになってきています。

田舎からの若者流出

田舎だけで暮らしている人の中には、都会の事情を全く知らないで暮らしている人もいます。都会の事情を全く知らずに暮らす事は悪い事ではありませんが、グローバル化が東京を中心に急速に進んでいる中で、地方でその流れについていけずに取り残されている人が沢山います。例えば、函館から若者がどんどん流出して、函館は高齢化が加速しています。

田舎の産業が特にない場所には、高齢者だけが残る事になって、高齢者は子育て・仕事を行わないので、地域がますます衰退する要因になっていきます。全国的に函館市のように人口流出が止まらない都市が増えています。

カテゴリ: 

中国のCEOが英語でプレゼンテーションする事が当たり前になっている

  • 25 November 2018
  • のぶやん

日本企業のCEOが英語でプレゼンテーションを行う事は非常に少ないですが、中国のCEOが英語でプレゼンテーションをする事が当たり前になっています。英語を標準で話せる事は、『プレゼンテーションする』という場合には、非常に重要です。誰も聞きたくないような英語で話すよりは、母国語で話して通訳が話した方がいいからです。

恐らく、何も訓練を受けない状態で、母国語でない英語を話した場合には、普通の人は10点満点で3点ぐらいしか取れないのだと思います。

 中国大公司CEO英语水平吐槽

カテゴリ: 

日本人・中国人・韓国人のスケジュールに対する考え方の違い

  • 9 November 2018
  • のぶやん

日本人は、小学校から管理される事を教え込まれ、積極性を奪われてきました。積極性を奪われると、コマのように働く順応化させられた事になり、積極性を持つことが悪のように教わってきました。質問がないか?と尋ねられたら、世界中で日本人だけがダンマリと座り込んでいるというのは、有名な話です。ただ、最近ではその傾向も変化してきて、積極的な人も少しずつ増えてきてはいます。

また、日本人を理解する上で『合意形成』と『スケジュール』というのは、非常に重要です。先にしっかりと話し合わないと、後から確実にトラブルになるからです。事前に良く調整を行ってスケジュールを詰めておかないと、『聞いてないよ』となって、非常に大きなトラブルになるという事は、日本でビジネスをする外国人にも良く知っておいてほしい事実ではあります。日本人は、いちど形成した合意は覆えせないと思っているので、組織の中で自殺者まで出します。

一方で、中国人・韓国人との合意形成を行おうとするのは、無理があります。合意した内容というのは、あくまで『その時点』において相互の合意ぽいものであり、将来的な都合を見て合意を覆す事が起こってくるからです。中国・韓国の多くの場合は、合意形成せず、本当に適当に意見を出し合うだけで、その意見を聞いたふりをしたトップが自分の考えで勝手に決断を下します。

日本人・中国人・韓国人のスケジュールに対する考え方の違い

日本人のスケジュール予定

日本人でビジネスで2ヵ月、3ヵ月後の予定で他の人と一緒に動こうと思えば、十分に成立する話です。2ヵ月後に一緒にランチをしましょうと言って、その人の予定を空けておけば、2ヵ月後に必ず一緒にランチできるでしょう。通常、中国でそうした事はあり得ません。2ヵ月後の予定なんて誰も分からないし、返事だけ『いいよ』と返事しますけど、直前に予定が入ったらキャンセルします。もちろん、相当に重要な人で優先順位が高ければ、会えるでしょうけど。

日本人の予定は、とにかく細かいのが特徴で、その通りに動くように努力します。これは柔軟性を失わせて、新しい技術に対応できなかったり、嘘でつじつまを合わせたりする傾向が出てきます。旧ソ連と同じで、現場が出来たように偽って、実際に後から大きなトラブルになるという事もあります。

トップダウンの中国・韓国

中国・韓国では、周囲の合意形成が行われずにトップダウンで突然に決まります。日本人が中国・韓国のボスの下で働くと、合意形成なしに突然に決まった仕事に怒りを覚える可能性があります。つまり、『そんな事は、私は聞いてない』と。準備しなければいけないものもあるし、スケジュールとしても無理だと。中国人・韓国人は、その場でスケジュールを調整しなおす能力を発揮して、その場を乗り切ります。

日本人は、スケジュールを立てて動くので、もっと良いものがあっても乗り換えないでしょう。中国・韓国であれば、もっと良い製品が作れそうだとなれば、トップの判断でさっさと別の商品に切り替える事も十分にあり得ることです。

個人プレーでころころ変わる

中国人と仕事をするのは、日本人にとって特に大変です。日本人の考える口約束、合意なんて、その場かぎりのもので、有利な条件が整えば簡単に覆ってしまいます。大雑把に考えておかないと、大きな損失になる事もあります。スケジュールの考え方と同じで、飛行機で北京まで飛んでも、重要でないとなると会わない可能性もあり、それが直前に決まります。

日本人であれば、このような状況も見越して、あらかじめ『キャンセルできるチケットを取っておく』など対応しておくことが必要です。相手がキャンセルしてきたら、それに応じて柔軟に対処しなくてはいけません。直前まで曖昧な返事しか貰えない場合は、相手に『重要度が低い』と思われていると思って、キャンセルの準備をしておくのが吉です。もしくは、相手に重要度が高いと思わせるような工夫を施さないといけないでしょう。

カテゴリ: 

35歳を超えたら、男女ともに周囲に優しく接した方が良い理由

  • 9 November 2018
  • のぶやん

どんな女性にも年齢に関係なく優しく接するようにしているけど、35歳を超えて独身女性に優しく接して、ツンツンされると本当に困る。もう、35歳を超えた女性に対しては、男性としてはっきりと言えば『女性として優しく接している』という訳ではない。そこにあるのは、人間としての尊厳を持って相手に接していこうとするたいどだけど、『フン、私の事をチヤホヤしなくていいから、好きにして』みたいな、良く分からない態度を取る女性は多い。優しい他人にそんな態度をとっていたのでは、あなたは一生独身だ。

意地っ張りの29才だったら、男性も何とか許容してくれるかもしれないけど、それから僅か5年後の35歳になると、意地っ張りなだけで、相手にしてくれる男性は少なくなってくる事は間違いない。何を言われてもいいので、周囲には優しく接しておいて損はない。

35歳を超えたら、男女ともに周囲に優しく接した方が良い理由

世の中には、35歳以上で結婚できる女性もいるが、それは本当に少数派であり、ほとんど結婚なんて絶望的だと思った方がいい。良い男性がアプローチしてくるなんて、単なる夢物語だ。私が知っている中では、32歳ぐらいまでが限界で、それ以降に恋愛結婚しているのは、ほとんど元カレと結婚するなど、もともと深い仲にあった関係者だ。

女性が自分で選べる年齢は、32歳ぐらいが限界で、それ以上はどうしても妥協が必要になると思う。本気の恋愛が出来ないわけではないけど、その数は例外と言えるほど少ない。知らない相手で、30代の女性を好き好んで選ぶ人は、ほとんどいない。まして、35歳をすぎた女性を選ぶ男性はよほど条件が悪いとしか言えない。

30代前半が最後の砦

30代~40代のキャリアウーマンが結婚できないとされているけど、かならずしも彼ら、彼女らがキャリアを保持しているとは限らない。留学をしたり、派遣社員をしたりしていて、キャリアが高くない、年収も高くなくても、結婚してないという場合もたくさんある。その場合、年齢も若くないし、キャリアもないという最悪の状況になる。

30代前半が最後の砦であり、そこをどう生きるかは、とても重要だと思うのでした。30代前半で失敗すれば、もう人生は奈落の底に落ちていく可能性もあります。『キャリアウーマン』と言ったって、ほとんどは僅かな金を貰うサラリーマンであって、いわゆる会社の奴隷にすぎない。

女性30歳の付き合いがベスト

ほとんどの女性で30歳の時に付きあっていた人がベストと言えるでしょう。それはどうしてか?20代後半~30歳ぐらいまでが出産のベスト時期だからです。その時に出産してしまえば、ベストの年齢です。男性なら30歳から35歳に出産するのが、20代の時よりも精神的に成熟しているのでベストな時期だろうと思う。

『私の人生はもっと良い人がいるかもしれない』と思うかもしれないけど、そんな人は滅多にいない。自分が釣り合うところで決めてしまうのが良いのだ。そうしないと、男は逃げる。最終的に別れようと決めたら、男だって、女だって、決意が揺らぐことはなく別れに突き進む。何でそんな事になるかと言えば、自分自身の人生設計の事ばかり考えて、パートナーを含めた総合的な人生設計の判断が全くできてないから。仕事なんて1人で出来るし、金を稼ぐのはアルバイトでもいいんだけど、恋愛だけは2人いないと出来ない事だ。そして、2人いないと出来ない事は、調整が難しくて、思い通りにいかない。

恋愛はメンドクサイ、それで30歳ぐらいになって、辞めちゃう。結果、子供が出来る年齢を見過ごす事になる。仕事で人の精神病を治療している精神科医が、自分が精神病にかかっていると薄々気が付きながら放置したり、自分が仕事に熱中する事で、パートナーの事を無視して、それが深刻な結果を生み出す事に気が付くのは、40歳になった頃かもしれない。

小池徹平さんが35歳女性と結婚

俳優の小池徹平さんが35歳の永夏子さんと結婚した。32歳の男性が、年上の35歳の女性を選ぶと言うのは、本当に珍しい。一般的には、男性が35歳、女性が32歳というのが普通だろう。35歳になって、永夏子さんの結婚・出産の年齢もあって、小池撤兵さんが決断したのかもしれない。小池徹平さんなら、20代女性は100%選択できるのに、それにも関わらず、自分よりも年上の35歳と結婚するなんて、なんて素敵な恋愛だろうと思わずにはいられない。

多分、小池徹平さんが惚れ込むほど、凄い魅力に満ち溢れた人だったんだろうなと思う。35歳以上になると結婚は難しいとされているけど、それでも付き合っている人がいるなら、世間が見ても素敵な男性と一緒になれるという事を証明した。やっぱり、恋愛結婚が一番だろうなと思う。

誰にでも最終チャンスが来る

最終的なチャンスの時には、その船に乗らなければいけないと思う。ノアの箱舟に乗り遅れたら、もう種を残す事ができないどころか、自分だって死ぬんだ。35歳をすぎても、まだチャンスは多くの人に訪れると思う。特に頑張っている人のところには、必ず来るチャンスはある。けど、そのチャンスが来た時に、判断ミスをしたら終わりなんだと思う。30代後半でも、結婚・出産は可能だ。それが最後の決断になる。

最後の、最後の段階で『そのほかの条件はいいけど、この男性の年収が低いから結婚は出来ない』と断った女性がいた。彼女はミスをしていた。実際に彼が結婚しようと思った彼女に告げた年収は、実際に稼いでる年収の半分以下だった。彼が見たかったのは、彼女の年齢でどれだけ受け入れられるかという彼女の誠意だった。年収の高さは、会話をしていれば、何となく分かるはずなのに、そんな会話がなかった、表面的な関係だったという事でしょう。

チャンスは誰にでも来るけど、その船に乗るには、洞察力と準備が必要で、『今だ』と思った時に全力で漕ぎ出さなければいけない。男女ともに35歳、36歳ぐらいで来るチャンスは、出産に向けて最後のチャンスかもしれない。そのチャンスを逃さずに掴めるかどうかは、人生を決定すると言っても過言ではない。もう、その船を逃すと、赤ちゃんは遠のいて、一生、一生涯、手に入らない事になりかねない、それを知っているか、知っていないかは、大きな差になる。

はあちゅうの事実婚

はあちゅうは、普通の職業ではない人と結婚した。1986年1月生まれで、もうすぐ33歳という年齢で、女性として出産を準備したい時期にあると思う。事情は良く知らないけど、現実に照らし合わせながら『事実婚』という形で結婚スタイルをとったのは、さすがだと思う。ある程度の情報を持っていないと、うまく滑り込む現実路線を選択できない器用さがあると思う。

このあたりで事実婚だろうが、相手の職業が何だろうが、うまく決めておけば、もし子供を望むならば年齢的にも出産するチャンスは、まだいくらでもある。愛する男性にいかに納得させながら、現実路線を話し合うかの実力・能力は、問われている所と思う。いわゆる『普通の決断』をしていたのでは、永久にチャンスなど逃してしまう。

出来る男は経済力を隠す?

貯蓄ゼロ世帯が増えていて、20代60%、30代50%が貯蓄が全くない貧困状態にある。これでは、人生の選択肢どころの問題でもなくなっている。さらには、40代になって50%が貧困にある状況だ。東京都で世帯を持って暮らすとなると、年収800万円でも大した暮らしはできない。実際、都内で年収800万円のお宅にお邪魔する機会があっても、田舎の地方公務員の方がよほど豊かな暮らしぶりだと思う。

年収1000万円もあれど、子供を私立に通わせて、丸ノ内線の中にある『小奇麗だけど狭苦しいマンション』に親子で住んで、『これが年収1000万円の生活』と思うと、誰も婚活で年収1000万円を求めないんじゃないかな。田舎の年収300~400万円の暮らしの方が質が高いとすら思えてくる暮らしぶりだ。

貯蓄ゼロ世帯

女性が年収を求めると言っても、年収400万円の生活と、年収600万円の生活がそれほど大きく異なる訳ではないでしょう。年収300万円でも苦労するし、年収500万円でも苦労するのは同じです。確かに年収300万円だと1人が暮らすのがやっとだけど、年収600万円あったからと言って、生活が楽だとは思えない。エリートのサラリーマンでも、一家4人を支えたら年収800万円でも足りないぐらいだ、現実はかなり過酷だ。

結婚する時には、自分の年収が600万円あったとしても、300万円ぐらいだと言っておいた方がいいかもしれない。年収が高い事を理由に結婚されたのでは、それはそれで困るからだ。自分がいくらぐらい金を持っているか誇示する事は、恋愛においては、プラスになるところはないし、結婚の時にもそれはプラスにはならないと思う。稼いでる事は、自慢すべきことでもなんでもなくて、自分が幸せになるためのツールだと思う。

中国的グローバルスタンダードは、10年以上の貸し借りを当たり前に行う。海外ネットワークの重要性

  • 5 November 2018
  • のぶやん

中国の国土は、日本に比べて非常に広いので、次に会うのは10年後になるかもしれません。しかしながら、常に『お礼の気持ちを持ち続けている』というのが中国人の姿です。

中国では、先に贈り物をするのに対して、日本では後から贈り物をするという日中の違いもあります。いずれにしても、中国では、古い友人を非常に大切にする傾向があります。

中国的グローバルスタンダードは、10年以上の貸し借りを当たり前に行う

友人関係が一生の資産

中国では、友人関係を一生涯の資産と考えて、連絡しあって融通しあうものと思っています。家族は最も強い味方であり、友人も凄く良い味方である一方で、良く知らない人達とは敵対関係にあるとされています。13億人も人口がいるなかで、信頼できる家族・友人はごく僅かであり、知らない人達に対する警戒心は凄いものがあります。日本人のように他人に笑顔をふりまいたりしません。

仲間だと思った人の事を良く気にかけており、友人の面倒見が非常に良い事で知られています。海外ネットワークが非常に発達しています。

カテゴリ: 

中国人は、どうして自分の財布に無理をしてでも奢るのか?そこにある『縁』の考え方

  • 4 November 2018
  • のぶやん

中国人は、日本人のように割り勘をせずに、自分の財布にお金がギリギリの時でも何とか奢ろうとします。その理由は、中国人の方々と長く付き合っていると知る事ができます。

中国人は、どうして自分の財布に無理をしてでも奢るのか?そこにある『縁』の考え方

相手の印象に強く残る

お金の貸し借りというのは、相手の印象に強く残ります。大事な人達にお金を使って貰ったら、それを『どうしても返したい』という衝動に駆られるのが普通だからです。中国では、個人間の繋がりが非常に強いので、相手に印象づけておく事は、将来を必ず良いものに繋がっていけると信じていて、実際にそれは有効に機能します。

中国の国土は、日本の比ではない大きさであり、再会するのは難しいとされながらも、それでも客人をもてなしたりして友人・客人との『ご縁』を本当に大切にします。

中国の目的と個人主義

中国においては、目的を達成するために『仲間とされる個人間の協力』が大切になると思っています。利害が一致すれば協力するし、利害が一致しなければ協力しないという非常に合理的で分かりやすいものになっています。日本人のように『組織の為に動く』とか『会社のために動く』というような非合理な教育は成されていません。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事