日本で田舎の人口が激減して過疎化が加速!田舎の情報しか持たないと格差社会で下層になる事実


アドセンス広告

  • 26 November 2018
  • のぶやん

日本で不動産が値上がりしている場所は少ないのですが、特に東京だけ不動産価格がどんどん上昇しています。この傾向というのは、世界的にみられることですが、特に日本においては、東京の不動産価格だけがどんどん上昇するのに、田舎の不動産は下落が止まりません。もはや、田舎では全く価値のない不動さんで溢れています。

バブルの頃に建てられたリゾートマンションは、10万円でも買い手がつかないので、今では不動産会社を介さずに『無料で譲る』とインターネットで募集するオーナーも増えています。田舎にある不動産というのは、負債でしかないにも関わらず、それを資産と勘違いする人が購入する事で「ババ抜きゲーム」が発生しています。

日本で田舎の人口が激減して過疎化が加速!田舎の情報しか持たないと格差社会で下層になる事実

都会に集中する人・モノ・金

中央集権である日本において、少子高齢化が加速していく中で、もう田舎の地方が発達する事は不可能になってきているようです。日本の東京に人・モノ・金が集中して、日本の情報の多くが東京が拠点として発信されるものになってきています。

田舎からの若者流出

田舎だけで暮らしている人の中には、都会の事情を全く知らないで暮らしている人もいます。都会の事情を全く知らずに暮らす事は悪い事ではありませんが、グローバル化が東京を中心に急速に進んでいる中で、地方でその流れについていけずに取り残されている人が沢山います。例えば、函館から若者がどんどん流出して、函館は高齢化が加速しています。

田舎の産業が特にない場所には、高齢者だけが残る事になって、高齢者は子育て・仕事を行わないので、地域がますます衰退する要因になっていきます。全国的に函館市のように人口流出が止まらない都市が増えています。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事