田舎


アドセンス広告

英語でRocal Areaと呼ばれており、日本で町・都市から離れたローカルな場所を田舎と言う。日本におけるイメージとしては、農村部が田舎と言われることが多いが、人口がそれほど多くない都市を含めて田舎という場合もある。農村、漁村、集落などを田舎などと言う。

言語: 

日本で田舎の人口が激減して過疎化が加速!田舎の情報しか持たないと格差社会で下層になる事実

  • 26 November 2018
  • のぶやん

日本で不動産が値上がりしている場所は少ないのですが、特に東京だけ不動産価格がどんどん上昇しています。この傾向というのは、世界的にみられることですが、特に日本においては、東京の不動産価格だけがどんどん上昇するのに、田舎の不動産は下落が止まりません。もはや、田舎では全く価値のない不動さんで溢れています。

バブルの頃に建てられたリゾートマンションは、10万円でも買い手がつかないので、今では不動産会社を介さずに『無料で譲る』とインターネットで募集するオーナーも増えています。田舎にある不動産というのは、負債でしかないにも関わらず、それを資産と勘違いする人が購入する事で「ババ抜きゲーム」が発生しています。

日本で田舎の人口が激減して過疎化が加速!田舎の情報しか持たないと格差社会で下層になる事実

都会に集中する人・モノ・金

中央集権である日本において、少子高齢化が加速していく中で、もう田舎の地方が発達する事は不可能になってきているようです。日本の東京に人・モノ・金が集中して、日本の情報の多くが東京が拠点として発信されるものになってきています。

田舎からの若者流出

田舎だけで暮らしている人の中には、都会の事情を全く知らないで暮らしている人もいます。都会の事情を全く知らずに暮らす事は悪い事ではありませんが、グローバル化が東京を中心に急速に進んでいる中で、地方でその流れについていけずに取り残されている人が沢山います。例えば、函館から若者がどんどん流出して、函館は高齢化が加速しています。

田舎の産業が特にない場所には、高齢者だけが残る事になって、高齢者は子育て・仕事を行わないので、地域がますます衰退する要因になっていきます。全国的に函館市のように人口流出が止まらない都市が増えています。

カテゴリ: 

知識がないとお金の使い方がおかしくなる。日本の田舎でお金の使い方がおかしい

  • 3 November 2018
  • のぶやん

知識がないという事は、お金の使い方がおかしくなる事を意味しています。田舎でテレビを長時間見ていたりすると、完全に消費スタイルを狂わされる事になります。

NHKは日本政府の広報機関でしかないので、NHKを見るという事は非常にプロパガンダ要素が強いシャワーを浴びせられる事になり、感覚麻痺に陥ってしまいます。

知識がないとお金の使い方がおかしくなる。日本の田舎でお金の使い方がおかしい

日本の田舎が車だらけ

日本人の田舎が車だらけというのは、新車が必要ないにも関わらず、メディアの広告プロパガンダで大量に自動車の新車販売を促進しているからです。田舎には見合わないほどの高額の買いものであり、田舎が車だらけという状況は、絶対に改善されるべき状況です。

マイホーム事情がおかしい

日本におけるマイホームも中古住宅がこれだけ余っているにも関わらず、新築住宅が建築されるのは本当におかしな話です。新築住宅は、確かに快適だとは思いますけど、日本の田舎に新築住宅を買ったところで、そこに大した価値があるとは思えません。

普通に中古住宅でつつましく暮らしていれば、月収20万円ぐらいで十分に暮らせるんですけど、そこに中古車とか新築住宅とか合わせていくと、もう奴隷状態に陥るんですよね。

カテゴリ: 

日本の田舎における消費スタイルは、本当におかしい

  • 28 October 2018
  • のぶやん

日本の田舎における恋愛スタイルは、本当に奇妙です。1家に1台の車があるどころか、1家に2台も3台も車がある始末で、どうしてこんなに日本の田舎は車社会なんだろうと思わずにはいられません。ハッキリ言って、田舎の所得に見合った考え方をするならば、車なんて買わない方がよほどいいと思います。

日本の田舎における消費スタイルは、本当におかしい

田舎で車に大金をつぎ込む

日本の田舎は、収入が低いにも関わらず、皆が車を何台も保有しています。アメリカでは車がないと生活できないという事もありますが、国土がアメリカほど広くない日本においては、田舎であったとしても、都市部であれば車がなくても生活する事は可能です。それでも車を手放さないのは、『車がないと生活できない』と思いこんでいるからです。

新聞・NHK受信コスト

新聞は安い地域でも月額2000円、これにNHK受信料1500円を合わせると合計3500円が月額通信料としてかかってきます。年間にすると5万円にも達する金額であり、通信費として家計を圧迫する事になります。5万円あったら、海外旅行のツアーに乗れてしまう金額ですからね。

田舎の経済状況

そもそも、保育園に子供を預けるかわりに、じいちゃん、ばあちゃんに子供の面倒を見てもらうことなどの、物々交換的な目に見えない経済流通や、庭や近所の山や畑や川でとれる恵みを金額換算したら、田舎の経済規模や、平均年収は、実際よりも、はるかに大きくなるはずだ。

庭で完熟したトマトを、もいできて、それをすぐ切って食卓に並べられる贅沢さを東京で味わおうとしたら、いったいいくらになるだろうか? 厳選された超高級有機野菜しか使わない一流レストランで出るサラダの味に匹敵するのではないだろうか?

とりあえず行動してみればいい!という奴は馬鹿

  • 19 January 2015
  • のぶやん

イケダハヤト氏は、やらない理由を探さずにとりあえず行動してみればいいとブログで述べています。高知に移住したいと思うから、とりあえず移住しようと言うイケダハヤト氏の選択は、私にとっては本当に馬鹿げた選択にしか見えません。田舎に期間限定で行くなら良いのですが、移住して何年も田舎に住むなんて。

「高知がいいと思ったから、高知に移住しよう」という事では、どうして高知に移住するかが良く見えてこないんですね。そういう所は、1年ぐらい熟考した上で決めるべき事もあると思うのです。しっかりと考えてから決めないと、後から時間やお金をロスする危険が大きくなります。

田舎で生まれて、田舎で育って、田舎の厳しさが身にしみて分かる私から言わせてもらうわ。

イケダさん、田舎をなめてんじゃねぇよ!と声を小さくして言いたい。

田舎はのんびりしていて、楽しくて、その上にイケダハヤト氏がブログを書けば、貯金も出来ますという理想論を並べるのはいいでしょうけど、そんなの長続きしないと思いますよ。田舎なんて、高齢者に囲まれて、情報に偏りがある中で刺激ない暮らしをしないといけないんです。
 

イケダハヤトは流行についてこれない

イケダハヤト氏は、東京から移住したばかりだから、今は都会の情報もあるので、1-2年ぐらいは何とかなるでしょう。その先はどうするんでしょうかね?!田舎の情報を発信したところで、誰から注目を集める事は出来ません。

最もヤバいのは、田舎に住む事によって、人脈形成がなされないという事です。人脈というのは、それ自体が自分に新しい情報であったり、発見を与えてくれる事でもあります。インターネットで働くからと言って、人脈なしでビジネスを長時間やっていくなんてとても無理です。

行動する前に良く考える

何かを行動する前には、良く考えて、しっかりと準備してから行動するのが良いと考えています。職場を辞めるのであれば、最低でも1年ぐらい前から準備する必要があります。「辞めたくなったから辞める」という事では困るんですね。若いうちにそういった無計画な事を繰り返していると、中高年になってから困る事になりかねません。

行動する前に良く考えておけば、お金をしっかりと蓄えてから行動をしたり、移住先の事を良く調べたりするという事ができるようになってきます。少なくとも、移住する前に何度も視察して様子を見たりするぐらいの努力が必要でしょう。移住先をいくつか候補を並べて、その中から選ぶような形もよいでしょう。とにかく情報を集めるところをしっかりやっておかないと、後からどんなトラブルに巻き込まれるかわかりません。

漂流家族というの知ってる?

ブログをやっているイケダハヤト氏であれば、「漂流家族」「竹下家」というワードで検索をすると、動画を見ることができます。6人家族を抱えて、北海道の浜頓別(はまとんべつ)という田舎町に引っ越すとうい決断をします。そこでローンを組んで2000万円の家を建てます。

それを桜庭さんという方が僅か3年の付き合いで保証人を引き受けるんですね。頭金なしの2000万円 30年ローンの保証人を引き受ける桜庭さんも人が良過ぎです。43歳で頭金無しの30年のローンは、金利3%として元利均等で月85000円で払い終わるのが70歳を超えるという現実があります。

この家族はいつもいきあたりばったりですね。だから上手くいかないのです。計画性がなく移住してみたり、計画性がなく仕事を辞めてみたり、計画性がなくローンを組んだりというのは、後から大変な事になる原因になるのです。北海道の超ド田舎にローンを組んで家を買って、数年後にその家を出て埼玉に戻る事になります。退職金100万円は、埼玉に引っ越すけど、敷金・礼金と家具で退職金を使い果たして、家賃9万円を払えなくなり、家が保証人の持ち物になります。

北海道にあるほとんど無価値の家のローンの為に子供までが勉強を放棄して労働するなんて。


借金を背負った人の特徴は、「今はそんなに考えても仕方ない」とか言うんですよ。お父さんは、仕事が決まらない子供に怒っていますけど、もともとは親父が自分で作り出した借金なのにね。パパからすると、「子供がお金を入れてくれる人」としか思ってないんじゃないかとか。

お父さんが仕事を辞める都度、トラブルになっている事が分かります。お父さんが成人していない子供の収入を当てにするという非常に暴走した状況になっていきます。子供は高校を退学するという事は、人生の先がもう無いということを意味しています。高校すら卒業していない人を雇ってくれる企業は、ほとんど皆無です。北海道から埼玉に出てきて以降、半年間ほどローンを支払っていないという事です。ローン残高はほとんど減ってなくて1800万円。

この家族のテレビを見た人の感想
竹下家のビデオ

大事なのは人生の計画性なんですよ。

有吉を見てみるとわかるのですが、彼が芸人として復帰できたのは、彼が売れっ子だった時にも家賃が安い場所に住み続けて、コツコツと貯金していたからです。7000万円の貯金があったから、ニート状態にある時でも何とか耐えられて、芸能界に復帰する事ができていました。

都会から逃げてきたイケダハヤト氏だって、田舎の方たちは暖かい目で見つめているかもしれないけど、生活がしっかりしていればですよ。ブログ「だけ」で稼ぐというのは長く続かないので、外部の人としっかりとコンタクトを取りながら、安定した職業にしていく事が大事ですね。

最後の桜庭さんの言った言葉が印象的ですわ。「謝罪なんていらないから、誠意の金を1万でも2万円でも出してくれ」と言われていました。」無計画に借金なんてすれば、オワリなんですね。

お金のトラブルが大きい

人生に絶対に計画性が必要になるというのは、お金に関するトラブルが起こる可能性があるという事です。例えば、貯金もなくて大した実力も無いにも関わらず、田舎から都会に引っ越してくればいいじゃないというでしょう?それで、無計画に何か大きな買い物(旅行とかパソコンとかね)をしたとするでしょう?そういう知り合いがいて、その人は結局、お金が足りなくなって夜の世界で働くハメになったんですね。それでいいのか?という話です。

親が都会についてアドバイスできれば、お金を工面したり、準備ぐらいできるのでしょうけど、親も都会でかかる費用や事情も理解していないのでしょう。そういった無計画さを周囲が見てしまうと、「ああ、この人はお金にルーズな人なんだな」と思われちゃうかもしれないですよ。そんな事をしていたら、友達付き合いだってうまくいかなくなる可能性があります。

イケダハヤトがビットコインに夢中

イケダハヤト氏は、ビットコインに夢中なようで、ビットコイン取引所であるQUOINEX取引所を使って、多額の取引を行っているという事です。ビットコインというのは、上下が激しくてスリルがありますが、1000万円以上の資金投下を行っていて、ピーク時より500万円下げた事をブログで報告するなど騒ぎ立てています。

1000万円も投資しなくても、普通にお小遣いでビットコインの投資を楽しむぐらいであれば、やってみるのは経験値を上げる上で良い事かもしれません。


アドセンス広告

関連記事