住宅ローンを持たず、自動車を持たず、クレジットカードの借金などしなければ、大半の人は幸せに暮らすことができる


アドセンス広告

  • 26 May 2017
  • のぶやん

アメリカは家庭の借金が平均で1人500万円(4人家族だと2000万円)にもなっていて、クレジットカードは1人5枚ほど保有しているというのです。まさに個人が借金して消費している状況ですが、その借金の大半が『住宅ローン』だというのです。アメリカでは、住宅価格はずっと上がり続けてきていますので、日本と状況が異なって住宅を手に入れる事は容易ではありません。

日本は住宅が簡単に手に入る

日本の場合には、既に住宅バブルは終わっていて、住宅を買おうと思えば、中古住宅であれば、300万円~500万円もあれば手に入れる事もできます。都心を狙わなければ、十分に住める住宅であったとしても、それなりの価格で買う事ができます。新築の住宅ではなくて、中古住宅を購入するのであれば、住宅ローンに悩まされる事がなく購入する事ができて、子供の将来を考えるお金も残すことができます。

住宅を購入する『マイホームの夢』というのは誰しもが持つかもしれませんが、それはお金がない場合に『地獄への階段』だと思った方が良いでしょう。実際、アメリカでは住宅ローンに困って高い利息のクレジットカードのキャッシングに手を出した結果、多重債務を抱えて最終的に住宅も手放さなければいけないという例が増えています。日本においても、住宅ローンの負担は大きなものです。

自動車を持たずに投資する

田舎だと自動車を持たないと生活できないというのは幻想で、実際には自動車を持たないで生活している人も沢山います。ただし、郊外の住宅などを購入してしまった場合には、確かに自動車を持たないと不便である事は事実です。しかし、サラリーマンが自動車を購入した場合には、それを経費で処理する事もできず、単なる贅沢品という事になってしまいます。自動車を持たず、その分のお金を投資すれば、借金をせずに子供が大学に通えるようになるかもしれません。

自動車は、購入代金、維持費を考えると、かなりの贅沢品であり、普通のサラリーマンが保有するには贅沢すぎます。よほど自動車が好きという事であれば持ってもいいかもしれませんが、それほど乗らない人が自動車を持つことは、単なる浪費になってしまいます。自動車のような高額の買い物をせず、とにかく投資でお金を増やす事に専念すれば、人生はバラ色です。

自動車というのは、事故にあったり壊れたりするもので、その修理費用は非常に高額です。スマートフォンが壊れた時にはウンザリしますが、車が壊れてしまった時にはそれ以上にヤバい事になります。更には、非常に最悪のアクシデントで交通事故に合ってしまったら、本当にヤバいです。このような事を総合すると、車を持たない方が明らかに良い生活ができるでしょう。

平常時の状況

アメリカで言われている普通の生活が過ごせる状況と言うのは、クレジットカードなどの借り入れ(借金)がゼロであり、緊急時の生活費が6か月分だという事です。6か月(=半年)の生活に必要なお金を100万円だと考えると、負債が全くない状況で100万円あれば良いという事になります。しかし、失業などがあって6か月なんてあっという間ですから、100万円の貯金があっても不安ではありますね。更に家族がいた場合には、100万円では不足するので、最低でも200万円ぐらいの貯金は持っておきたいものです。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事