人生


アドセンス広告

女性の満足度を上げるには、コツコツと手間をかけてあげること。

  • 8 December 2018
  • のぶやん

女性の多くは、かかわりが深い人を好きになる事が多いです。20代前半のイケメンであれば、関わった事もないけど一目ぼれみたいな事もありますけど、基本的に関わりの深い人に安心感を覚えて、自己開示も積極的にしようという気になります。関わりが少ない人に自己開示しようという女性は、ほとんどいません。

女性の満足度を上げるには、コツコツと手間をかけてあげること。

マメな男性を好む女性心理

女性心理として、マメに連絡をくれる人を好みます。マメなブサイクと、マメでないイケメンであれば、女性が選ぶのは半々です。しかし、マメなフツメンと、マメなイケメンであれば、マメなフツメンを選ぶ女性も多くなります。それほど『女性に対してマメに連絡をくれる』という事は、安心感を生み出すのです。

男性が思っている以上に、女性は非常に細かい事で加点、減点を行うので、女性に対して最も強いのは『マメに連絡を行っている男性』という事で間違いないでしょう。女性は、継続的な愛情表現をほど喜ぶものはありませんので、継続的に量で女性を口説いていく必要があります。

LINEメールを送り過ぎると、迷惑男に認定されてしまいますけど、適度に送るLINEメールであれば『マメな男』という事で、高評価を得る事ができます。

男性に価値ある存在で扱われたい

女性は、男性に安売りしない事で自分の価値をどんどん高めたいと思っています。それは、20代であればもちろん、30代の女性でも、40代の女性でも同じ事で、女性は一生涯『男性から大切に扱われたい』という願望を持っています。

特にプライドが高い女性になればなるほど、男性の手におえないほど『価値ある存在として扱ってほしい』という願望が強くなります。そう、男性が手におえない要求を繰り返すと、その女性は一生涯独身という事も十分にあり得ます。

相手の事を大事にしてる行動

『相手の事を大事にしている』という行動を示したり、続けていれば、女性も好意を持ってくれることでしょう。

人間ならば、誰だって大事にされたいし、女性なら特に大切にされたいと思っていますよね。自分の事を一番大事に考えてくれる男性でないと付きあいたいとは思わないですね。

女性が褒められるのが好き

女性に限った事ではありませんが、褒められるのがとても好きなので、褒めるようにすると女性との関係が良好になります。女性の良い所を見つけて具体的に褒めるようにしてあげると、相手のご機嫌が良くなる事に繋がります。『この人は、私の事を分かってくれる』と女性が思ってくれる可能性があります。

褒めるという行為は、自分にとっても良い行為であると考える人もいます。相手を褒める事によって、相手と友達である自分の立場も持ちあがるからです。女性を持ちあげて、自分も一緒に持ち上れば、お互いにハッピーになれる事は間違いないでしょう。

心の底からの愛情表現でなくてもOK

女性に対しての愛情表現というのは、別に心の底から真面目に愛情表現する必要はありません。イタリア人のプレーボーイのように気軽な感じで連発していった方が女の子がときめくようです。真面目で重い感じの愛情表現は、『めんどくさい人』というレッテルを張られるだけです。気軽に女性に声をかけて、女性を持ちあげるのが喜ばれます。

レディファーストも、何も考えずにサクサクと行えばいいのです。

カテゴリ: 
タグ: 

周囲の人を褒めれば、自分も気分が良くなる?周囲をどんどん褒めておだてる事で幸せになれる

  • 7 December 2018
  • のぶやん

周囲の人に『凄いね』とか『いいね』と言える人になれば、自分も気分が良くなる事が出来るそうです。どうしてかと思って考えて見ると、自分の周囲の人が凄い=自分も凄いと言えるからでしょう。カップルで同じレベルの人が釣りあうとすれば、相手が凄い人=自分も凄い人になるわけです。相手の事を褒める事は、自分の事を褒める事に繋がります。

周囲の人を褒めれば、自分も気分が良くなる?周囲をどんどん褒めておだてる事で幸せになれる

相手と釣り合わない時の不都合

『凄いね、いいね』で相手も、自分も成長できるのであれば、『凄いね、いいね』を繰り返す事に効果があります。しかし、そこで問題になるのは、相手と自分のレベルが釣りあわなくなった場合です。例えば、彼女が一流企業に就職して、彼氏がニートだったとしましょう。彼女の稼ぎが年収500万円で、彼氏がニートで100万円だったとすると、彼女が彼氏に対して『凄いね、いいね』と言えなくなるかもしれません。

本当は、ニート彼氏は、音楽が得意でメジャーデビューして、将来1億円稼ぐ人かもしれませんけど、

子供をけなす馬鹿な親

何を謙遜したつもりなのか、自分の子供を人前で悪く言う親がいます。そういう、いわゆる『独親』は、子供を悪い方向に導いてしまいます。親がバカだからと言って、子供まで馬鹿であるとは限りません。親がバカだけど、子供は親以外の人に影響されて秀才に育ったり、才能豊かに育つ例は沢山あります。

子供をそこまで褒めなくてもいいので、親が子供をけなさないようにする事が大事ですね。毒を吐く人は、周囲からも嫌われると思うですよ、一緒にいて疲れるじゃないですか。劣等感を持っている人の多くは、子供の頃から親から何かとケチ付けられて、お前はダメだと否定され続けてきた人なんですよね。

自分の中に自尊心を持つ

日本であったり、中国のような社会では、社会の中で常に『他人と比べて自分が凄いか、凄くないか』という事を意識させられます。フランスみたいに1人1人違って良いという教育では、もう少し自分に自尊心が持てるようになるかもしれません。狭い社会の中で隣の人と競争して、隣の人に打ち勝っても仕方ないんですよ。

自分と他人を同じ土俵で比べてしまうので、劣等感を持ってしまうのです。同じ土俵にいると感じるのではなくて、別の土俵にいるというように考えれば、劣等感もなくなります。

カテゴリ: 

40代になると絶望が見える?40代で絶望に陥らないために30代までにしておくべきこと。

  • 21 November 2018
  • のぶやん

今の40代というのは、団塊ジュニアで『就職氷河期』を経験した世代であり、社会で本当に大変な思いをさせられてきた世代です。インターネット上には、その40代の嘆きの声が沢山投稿されていて、見てるだけで辛くなってきます。

30代後半であれば、男女ともにまだ『相手してくれる異性』というのは、沢山残っているもので、それなりにデートも行けるし、特に男性の場合に結構モテる時期でもあります。イケメンなら20代と付き合う事もできるし、美女なら同年代の男性と楽しく遊ぶこともできるでしょう。それが40代になると、見た目も落ちて難しくなるとされています。高橋一生さんは、1980年生まれの37歳なので、30代はまだまだ異性から人気をモテる年代ではあります。

40代になると絶望が見える?30代までにしておくべきこと。

仕事ばかりの人生になっている人

日本では、仕事とプライベートの両立を小さなころから教わってこなかったのか、仕事ばかりの人生になってしまっている人も多いです。仕事に行って働いても、そのお金を運用する手段がなければ、いつまでたってもサラリーマンのままだし、仕事から抜け出す事はできません。自分の労働で得るお金は、本当に限界がある事をいずれ知る事になるんです。

東京で年収は確かに高いですけど、特に家賃などの生活費も非常に高い上に、税金も上がっているので、額面の年収に比べて生活の質が高いと言えません。会社だけに時間を投資して、そこのみに依存してお金を得るスタイルを変えないと、会社にすr割れる人生になってしまいます。

独身生活がつまらない人

40代の独身生活は、30代をそのまま成長させたような形になっていて、面白くないと思う人も多いでしょう。30代であれば、まだ女性との出会いもあって、婚活で結婚の事を考えたりできます。40代になってくると、婚活・結婚が30代よりも相当に難しくて、厳しいものになります。

恋愛に対しても、ある程度の投資を行って、それを結婚・子供という形で回収していく必要もあるでしょう。恋愛に全く投資しないと、生涯独身になってしまって、パートナーと楽しむという事ができない人生になってしまいます。パートナーと過ごせない人生は、楽しさが10分の1になる人生になってしまいます。

結婚してもつまらない人

たとえ結婚して既婚者であったとしても、楽しめない気持ちがある人も多いようです。毎日が同じようにマンネリ化した会社員生活で、生活が豊かになるどころか、子供が成長するに従ってどんどん大変になるという状況。そこから抜け出す事もできず、とにかく会社にしがみついて、朝から晩まで働き続けるという生活を過ごしているサラリーマンが多いです。

それでも、結婚できないで孤独にいるよりは、結婚できた方がいいのかもしれませんが、結婚しても家庭内に会話がなくて他人みたいな家庭になっていると『何のために結婚したんだろう』という思いになるという人も多いですね。

周囲に流されるのをやめる

周囲に流されて、同じ土俵で競おうと思っていると、自分らしさがどんどん失われていきます。自分では一生懸命にやっているつもりでも、サラリーマンを誰がやっても会社の歯車で一緒です。周囲と一緒に競うと、労働時間だけ長くなったりしていきますが、自分1人の競争力で何事も突破しようとするのは、それ自体に無理があります。

日本人は、テレビ・新聞で勝手に流れる事に対して『同調圧力』を求めてくるので、自分のパワーを発揮しづらい社会と感じます。それでは、狭い島国の中において、会社の中でしか知識を得られないという事になってしまいます。1人1人が違うという事を意識する中で生きる社会になれば、もっと生きやすくなるでしょう。

元ニートのPhaさん40歳

かつて日本で最も有名なスーパーニートと言われたPhaさん(1978年12月31日)は、もうすぐ40歳になり、若者と言える年齢を過ぎてオッサン年齢に突入しています。35歳からは、ニートの肩書を使うのを辞めていたそうです。Phaさんは、女性にもあんまり縁がなさそうだし、海外にも稀にしか行かないみたいなので、自分の目指す生き方とは全く違うなーと思いながらも、テレビに出演していたりと、それなりに活躍?しているので、そういう生き方もアリなんじゃないかなと思います。

ある意味で、Phaさんを「ニートという言葉を逆手にとって小さいスモールビジネスをしている成功者」と見る事もできるかもしれません。テレビ出演したり、本を出版したりと、普通の人ではできない事まで活動範囲を広げています。

カテゴリ: 
タグ: 

国家のお金も、個人の私財も人のために使うべき理由。オスカー・シンドラーの投資に学ぶ

  • 18 November 2018
  • のぶやん

日本では、腐敗した旧財閥、そして経団連に属する自動車産業などは、国民の富を吸い上げて、自分たちだけがボロ儲けしようとしています。そうした態度というのは、絶対に世界から支持される事はなく、歴史に汚点を残す事になるでしょう。どんなに上辺で良い話をしたとしても、他人の事を考えず、自分の事ばかり考える連中のした事は、後世に必ず汚点を残す事になります。

現在、日本では、若者を中心に貧困層が多数になっており、子供の貧困も深刻化しています。『自分たちだけ豊かになればいい』という考え方では、国は貧しくなる一方です。いくらお金を吸い上げたとしても、その吸い上げられる量には限界があり、最終的に周囲を全部食べつくしたタコは、自分の足を食い始めるようになるでしょう。

貧困世帯

財界人の人々が金をちらつかせて、恥ずかしくもなく日本の貧困層から更に金を巻き上げようとする姿は、もはや人間の顔をした鬼になっているとしか言いようがありません。日本国内に生存できないほどの貧困層を作り出して、それらの人間が飢えで絶滅を待っているようにすら見えます。

『みんなが豊かになれる社会』と言う昭和のうたい文句で巧みに日本人を騙しながら、NHKプロパガンダを使って日本が豊かになっているような錯覚を与えて、貧困を覆い隠すという手法は、まさに外道と悪人たちが支配する邪悪な日本社会の姿を現しています。

誰にとってメリットがあるか

何か物事をする時には、常に相手にとってメリットが大きい道を取らないといけません。それで自分はその時に損をするかもしれませんけど、将来的に見ると損をした方が大きなリターンがあるからです。自分から損をしないようにしていると、自分が困った時には、周囲が誰も助けてくれない状況になってしまいます。

自分が困った時に助けてくれるのは、以前に自分が少しずつまいておいた種なんです。もし、お金を誰かから巻き上げようと思っていたなら、自分が困った時には、誰も助けてくれなくなってしまうでしょう。

オスカー・シンドラーに学ぶ

ブルニェネツに残るシンドラーの工場

オスカー・シンドラーは、第二次世界大戦中に数多くのユダヤ人を工場で働かせて救った事で知られています。彼が儲けていたのは、闇商売とほとんどタダ同然で働くユダヤ人を使った武器製造でしたが、最終的に数多くのユダヤ人を救う事になります。オスカー・シンドラーの功績は、たまたまだったとか、彼はビジネスだけに関心があったという人もいますが、ほとんどの工場でユダヤ人は強制収容所に運ばれた中で、強制収容所にいかずに済んだユダヤ人は多くありません。

オスカー・シンドラーは、軍需工場で兵器を製造していた事と、親衛隊に多額の賄賂を贈っており、単なる綺麗ごとで人の命が救えなかった事が分かります。オスカー・シンドラーは、自分の身を守るため、工場を継続するために親衛隊とも仲良く付き合っていた事が分かります。ユダヤ人虐殺を行った収容所所長のアーモンド・ゲートさえ、オスカー・シンドラーは、飲み仲間でした。

結局、終戦を迎えた時にシンドラーのもとには、命・車・服しか残りませんでした。シンドラーは、快楽主義者で経営者としての素質がなかったうえ、タダ同然でユダヤ人を使った軍需工場は、終戦になると資産価値を失うからでした。つまり、結果的にオスカー・シンドラーにとって戦時中に行った最大の投資は、ユダヤ人たちを生存させるという投資だったわけです。オスカー・シンドラーは、全ての財産を失いました(実際には裏金として貯め込んでいたという話もありますが、いずれにしても戦後に豊かな暮らしとは程遠かった事は事実です)が、ユダヤ人に対する投資だけが手元に残り、それが戦後にビジネスで失敗した自分を支える事になったのです。

カテゴリ: 

英会話が必要とされる時代に日本人が英語を全く話せないのはどうしてか?

  • 30 October 2018
  • のぶやん

2020年に小学3年生から英語が必修化されます。中学校からの英語教育の品質を上げず、小学校から英語教育を開始するという理由が良く分かりません。中学校からの英語教育は、非常にレベルが低いものになっており、実際に中学校の先生がほとんど英語を話せません。

英会話が必要とされる時代に日本人が英語を全く話せないのはどうしてか?

ネイティブの講師はいらない

ネイティブの講師が教えると『本物の英語に触れる事ができる」事により、英語の効果が高くなる事は事実です。しかし、今ではユーチューブなどで海外の英語動画を簡単に見る事ができるので、状況は10年前と全く異なったものになっています。かつて20年ほど前に英語を聞くのは、英語の教材しかありませんでしたが、今ではユーチューブで海外のテレビからドラマまで簡単に見る事ができます。

ネイティブの講師と実際に交流する事で、海外に興味を持つきっかけにする点で良いですが、英語の上達として考えた場合にそれほどプラスになるとは思えません。英語を上達させたいのであれば、ネイティブ講師から習得するより、自分で興味を持ってユーチューブ学習をした方が良いでしょう。

大人が誰も英語を話さない

イギリスなどの英語を母国語とする国でも、英語を話さない移民エリアというものが存在しています。周囲の大人が誰も英語を話さないにも関わらず、英語をスラスラ話せるようになるのか?という疑問ですね。英語が話せるようになるためには、周囲の人が英会話に興味をもって、英会話を行うのが最も良いとされています。

カテゴリ: 

事実婚を選択したはあちゅうを支持したい

  • 29 October 2018
  • のぶやん

はあちゅうの事実婚を選択したという記事を読みました。私の立場としては、相手は確かに特殊職業の人であり大変ですけど、それは私の知った事ではありません。はあちゅう自身が納得していれば、それでOKであり、2人の恋愛の事に対して外野が口を挟むのは違うでしょう。確かに特殊職業は印象があるので大変でしょうけどね。

事実婚を選択したはあちゅうを支持したい

事実婚が広まっていくべき

はあちゅうは、事実婚を選択した理由として、『名字が変わると大変だから』と言っていました。これは納得できる理由です。ハッキリ言えば、日本の法律の方が今の社会にあってなくて、選択の自由が奪われているのです。人間には、名前も名字も選択する自由があって良いはずで、夫婦が同じ名前でないといけないというのは、もう本当におかしい。

事実婚であっても、本当の結婚と同じように広まってほしいと感じます。海外では事実婚というのが認められている国もあり、日本も将来的に認められ行く流れになる可能性があるでしょう。世の中には、様々な事情を抱えた人がいて、その事情に応じるには、結婚という制度自体を強制するのは良い事ではありません。

カテゴリ: 

女性の価値が年齢とともに低下するのは仕方ない。子供を産めなくなるから

  • 28 October 2018
  • のぶやん

女性の価値は、30歳ぐらいまでが限界と言われています。頑張って32歳ぐらいまでにパートナーを探しておかないと、それ以降に『まともなパートナー』に出会うのは至難の業になります。

女性に重要になるのは(1)年齢(2)容姿(3)性格(4)知性というようになるでしょう。特に重視されるのは、年齢・容姿であり、25歳ぐらいまでは、良いパートナーに巡り合える最もな機会となります。多くの女性が25歳ぐらいの時に男性に『年収』を求めてきますが、20代男性の平均年収は250万~350万円ぐらいでとても余裕がない状況です。日本では、余裕なくても結婚して、子供を産めるような社会になっていませんので、婚期を逃す女性が急増中です。

女性の価値が年齢とともに低下するのは仕方ない。子供を産めなくなるから

お金がなくても将来有望そうな20代男性がいたら、もう付き合って手放さない方が良いという事になります。お金がないからではなくて、将来有望そうだからという理由で、さっさと結婚した人の方が良い人を捕まえられる可能性が高くなると言えるでしょう。何故なら、女性が30代になると、良い男性は相手にしてくれなくなります。

女性が30歳を過ぎたら、『これ以上良い男性は巡り合わない』と考えて、おおよそ間違いありません。もう早く結婚する事を考えた方が良いでしょう。『次の人に』と思っていると、33歳、35歳になってしまって、相当にレベルを下げないと結婚できなくなります。

男の価値は年収なのか?

年収で図ろうとする女性が多いですが、年収は非常に不安定なもので、10年後が保障されている訳ではありません。今の年収がそこそこでも、リストラで年収が激減したり、逆に年収が急上昇するという事もありえます。20年以上前の日本社会のように「計画的に動ける」という状況ではなくなってきています。

多くの女性が男性の価値を年収だと考えて、年収が高い男性を求める傾向にあります。しかし、現実問題として、20代男性の平均年収は250~350万ほどであり、余裕ある生活とは乖離している事が分かります。日本社会で20代に高年収を求める事は無理がある話であり、20代の男性の収入が低いうちに結婚するのが良いでしょう。もっとも、起業志望などになってくれば、20代に貧困に近い生活で、お金になるのが30代後半~40代になる可能性もあります。

かつて、『プロ野球選手と女子アナ』という組み合わせのカップルが多かったのですが、そういった組み合わせが減っています。その理由としては、プロ野球選手の厳しい現実が知れ渡るようになってきたからです。プロ野球選手は、一般的なお金の知識などがなく、プロ野球を辞めた後が本当に大変な事になるからです。女子アナの側の目が肥えた事によって、プロ野球選手と最終的に結婚する人が減っています。

保有している資産を見る

一般的に人間が保有している資産というのは、年収だけとは限りません。総合的に相手の資産を見るという事が重要になってきます。例えば、家庭の状況であったり、学歴であったり、思考回路、一緒にいて楽しいかなど判断材料になります。『政治的な話をしているかどうか』という事も、将来的に出世するかどうかの見極めに非常に重要です。

今の年収が低かったとしても、将来的に年収が上がる要件として、全体的に総合評価を加えておくことが大切になります。それによって20代のうちから、将来の有望株であるかどうかを見抜くことができます。一般的に、プロ野球選手などのスポーツ選手であれば、20代のうちに何とかならないと、30代からは体も衰えて年収として厳しい状況になります。

男性も女性と共に劣化する

女性が35歳ぐらいまでが限界と言われていますけど、男性の方も劣化しない訳ではありません。男性も女性と同じように肉体的に劣化して、40歳を過ぎた男性を相手にしたいと思う女性は激減します。40歳以上の男性であれば、平均的な収入であれば、相手として選べるのが35歳ぐらいの女性になり、平均を下回る年収であれば、同年代の女性しか選べなくなります。

女性のタイムリミットが35歳ぐらいで、男性のタイムリミットが40歳ぐらいと考えておいて間違いないでしょう。言い換えれば、女性が30歳ぐらいまでにパートナー探しが必修、男性が35歳ぐらいまでにパートナー探しが必修という事になります。それ以上の年齢になると、状況は深刻になります。

最も重要になる女性の30歳-35歳

女性で最も重要になるのが30歳-35歳の間です。この間が人生における『出産の最後のチャンス』とも言えるものであり、35歳を過ぎると、出産チャンスは『本当に厳しい絶望的な状況』になってしまいます。本当にレベルを落とさないと、パートナーを見つけるどころではなくなってしまいます。30歳ー35歳の間に、誰とどんな交流を行ったかというのは、女性にとって人生を決めてしまいます。30代前半で仕事に熱中して・・・なんて事になったらオワコン化です。この期間、子供を産むことが最優先であるのに、その最優先課題を完全に無視してしまったからです。

男性で最も重要になるのが35-40歳の間で、男性にとって『ここが最後の砦』となります。36歳、37歳ぐらいであれば、20代の女性パートナーを見つける事も可能になり、30代の女性パートナーであれば普通に見つけ出す事が可能です。最後のあがきで頑張れば、何とか20代後半の女性に相手にされる年齢と言えるでしょう。

女性が35歳を過ぎたら難しい

女性が35歳を過ぎた女性をパートナーに選ぶのは、ほとんど40歳以上の男性になります、下手をすれば45歳以上の男性という事になってきます。女子アナレベルの美貌が備わっていれば、35歳でも何とか同年代の男性を選べる可能性があります。美貌がなければ、35歳を過ぎたらもうオワコン化です。

女性の場合には、若い時よりも年齢を重ねると目が肥えるようになってきて、女性の男性に対する目線がどんどん厳しくなってきます。30歳を超えて男性に対する要求が厳しくなったとしても、自分の年齢価値は下落しているので、釣り合わないという事が良く起こってきます。

出産限界年齢35-40歳

女性の出産限界年齢は、35歳から40歳ぐらいであるとされています。それ以上の年齢になると、不妊治療をしたとしても、子供を産める可能性が決めて低くなってきます。おおよそ38歳ぐらいを境にして、女性の出産確率が大幅に低下する事が知られています。たとえ妊娠できたとしても、流産・何らかのハンディキャップを持って生まれてくる可能性が極めて高くなります。

35歳を過ぎた女性の出産は『高齢出産』と呼ばれていて、高リスクの部類になります。40歳を過ぎた女性であれば、不妊治療をしても、生まれてくる子供すらリスクがあるとされていて、不妊治療も42歳ぐらいまでとなります。38歳を過ぎると『更年期』と呼ばれるようになり、筋肉量が極端に衰えて、太りやすい体つきになります。特に女性は、男性に比べても筋肉がなくなり、腕が太くなっていきます。

カテゴリ: 

日本の田舎における消費スタイルは、本当におかしい

  • 28 October 2018
  • のぶやん

日本の田舎における恋愛スタイルは、本当に奇妙です。1家に1台の車があるどころか、1家に2台も3台も車がある始末で、どうしてこんなに日本の田舎は車社会なんだろうと思わずにはいられません。ハッキリ言って、田舎の所得に見合った考え方をするならば、車なんて買わない方がよほどいいと思います。

日本の田舎における消費スタイルは、本当におかしい

田舎で車に大金をつぎ込む

日本の田舎は、収入が低いにも関わらず、皆が車を何台も保有しています。アメリカでは車がないと生活できないという事もありますが、国土がアメリカほど広くない日本においては、田舎であったとしても、都市部であれば車がなくても生活する事は可能です。それでも車を手放さないのは、『車がないと生活できない』と思いこんでいるからです。

新聞・NHK受信コスト

新聞は安い地域でも月額2000円、これにNHK受信料1500円を合わせると合計3500円が月額通信料としてかかってきます。年間にすると5万円にも達する金額であり、通信費として家計を圧迫する事になります。5万円あったら、海外旅行のツアーに乗れてしまう金額ですからね。

Pages


アドセンス広告

関連記事