恋愛という人生の投資活動。短期で恋愛する事は、特に女性にとって非常に不利である理由

  • 7 November 2018
  • のぶやん

良くある女性の自慢に『彼氏が途切れた事がない』という人がいますが、彼氏が途切れない事は、良い事であるとは限りません。結婚もしない人とお付き合いをし続けて楽しめるほど、人生は長いものではないからです。彼氏を交換する都度、新しい人との関係構築に時間がかかり、30歳を過ぎて誰にも相手にされなくなったら終わりです。

女性は、1人の人に愛される事が幸せであり、その男をどうやって見つけるかという事を両親が教えておくべきなのかもしれません。女性が活躍するためには、男性の倍の労力が必要で、それを男性がサポートするならば、男性は40代、50代で経済的に成功した人じゃないと無理なんじゃないかと思ったりします。少なくとも、普通のサラリーマンをやる程度の年収500万レベルでは、東京で女性が描く理想の生活なんて出来る訳がありません。

30代前半で元カレと復縁

30代前半で元カレと復縁する人が増えているそうです。20代の時に付きあったパートナーであったり、30代になってから別れたパートナーとの復縁です。女性が30代で同年代のパートナーと結婚する方法として最有力と言えるでしょう。一般的に、30代の男性が同年代の女性を積極的に選ぼうという考え方はありませんが、元カノであれば思い出やら感情で、選ぶ可能性が十分にあります。元カレが連絡をくれたら、『本当にありがとう』という感謝の言葉を口にしながら、結婚に向けて歩んでいけばいい。

もし、30歳を過ぎて『元カレから連絡が来るような女性』であれば、その女性は男を見る目があって、本当に良い投資をしたという事になります。30代を超えた女性に元カレから連絡が来るという事は、それは神様からのプレゼントと等しくて、自己投資に対するリターンだからです。20代のあの時期を彼に尽くして、体まであげちゃって、金も使って、そのリターン効果が30代になってから現れて、結婚できるのであれば、自分の力で掴んだ幸せと言えるでしょう。そこは、相手の条件とか見ないで、意地でもしがみつくべき場面です。

彼氏と別れて、1人の時間をいかに大切にできるかという事は、重要なキーポイントでもあるかもしれない。1人の時間を大事にして、本当に死ぬ気で自分の魅力を高める事が出来れば、相手にしてくれるのは、元カレだけではなくなるかもしれません。

ネガティブ思考とおさらば

相手の欠点を見つけて不満ばかりをいう事に、何の意味・生産性があるんでしょう。周囲の人を不満のはけぐちにして、人のせいにしている行動としか思えません。ネガティブ発言を繰り返す事は、単純思考のバカがやることで、賢い人が行う事ではありません。

男性がデートの時に行ったプランを批判、人生設計も話し合わずに感情的に批判、そんな事をしていると、単なる他人が決めたレールの上で人生を歩む羽目になり、自分の人生なんて歩めません。愚痴を言ったり、ネガティブ発言が多い人に寄り付きたいと思う人はいません。自分の状況を客観的に見つめる必要があるんです。各個人に与えられた人生の選択肢は多くないわけですけど、その中で最大限に選択肢を活用しなくてはいけません。

浮気しない男性で幸せになれる

女性として過去の元カノの話は聞きたくないかもしれませんが、元カノと3年も4年も付き合っていたという男性であれば、浮気する可能性が極めて低いという事になります。浮気しない男性というのは、絶世の美女が目の前に現れても浮気しないでしょうし、浮気する男性というのは浮気します。バレないからいいやと浮気する男性もいます。

女性にとって最も大事なことは、毎日自分が1番だという事を細かく確認して、心の底から愛を供給してもらう事ではありません。それは理想でありますが、愛の形の1種類にすぎません。女性にとって最も大事なのは、浮気しないで長期間にわたって安定した関係を構築できる事です。もちろん、それは女性側にも求められています。

恋愛という人生の投資活動。短期で恋愛する事は、特に女性にとって非常に不利である理由

1、背が高い
2、イケメン
3、面白い
4、優しい
5、自分より稼ぐ
6、リードしてくれる

所詮、人生は1人で生きるものなのですけど、他人のサポートなしに生きられる人はいません。子供の頃から親のサポートを受ける訳ですし、社会人になってから恋人ができれば、恋人・その家族のサポートも受ける事になる。そうした周囲に対する『感謝の気持ち』をなくして、単に会社の歯車ぐらいになって1人で突っ走ろうとすれば、あとは孤独人生にまっしぐらです。特に仕事に没頭してキャリアを築いた女性が独身であるというのは、良くあることです。年収800万円?高くもない年収で、人生を仕事に捧げるなんて冗談じゃないでしょう。

子供を産まずキャリア励む

キャリア女性・高学歴というより高所得女性ほど、結婚・出産していない事は良く知られています。男性と競争して、キャリアの全てを仕事に注ぎ込む生き方。男性ともお付き合いできるかもしれませんけど、仕事優先で男性の事は後回し。20代のうちなら男性も我慢してくれるんですけど、30代になって結婚・出産するのかも良く分からない女性を放置して別の女性に逃げてしまう事も分かります。よほどの元カノで復縁の感情でもなければ、30代のキャリアウーマンなど相手にしたくはありません。

キャリア女性であったとしても、彼氏とか、元カレみたいな人がサポートすればやっていけるんですけど、そのサポートを無視して男性をののしったりすれば、2人の関係が冷え切ったものになるか、離婚するかの選択しかなくなります。女性が自分のペースで好き放題にやって、男性がいくら能力が高くても、女性に合わせきれません。日本の場合には、男性が合わせるのはパートナーの女性ではないんです、男性が合わせているのは女性が所属する会社だったりする訳です。男性が2つの会社に合わせられなくて、すれ違いが起こります。

さらに超キャリア型になってくると、場所の移動を伴って、さらに面倒なことになります。男性と女性が一緒の場所でパートナーとしての生活を過ごす事が困難になるのです。そうした事情を良く計算できる人ならいいんですけど、女性の多くが感情的に考えて、その場で何とかなると思ってる。それ、男性側なら何とかプラン設計立てられますけど、何ともなりません。つまり、男性が女性の無計画さにあきれ果てて、女性のために動くことを放棄すれば、もう女性は一生涯1人になるのは、確定するんです。

繰り返しになるんですけど、キャリアは女性自身が決めているようで、実際には会社が決めている例がほとんどです。もし、起業家でもあれば別ですけど、女性起業家で成功する例は、日本には本当に少数で、それをプライベートと両立させるなんて、とんでもなく難易度が高い。つまり、時間・人生の全てを会社の時間コントロールに握られてしまってるのがほとんどのキャリアウーマンの実態という訳です。

女性40歳になって分かる

女性が40歳になると、それは、子供を諦める事になる人が多いです。今の医学をもってしても、さすがに40歳以上の出産は厳しいし、限界で42歳と言われています。今まで全く病気がなくて最高に健康体の女性であれば、42歳でも出産できるんでしょうけど、そのリスクは大きなものがあります。男性だって40代は相手にされませんけど、それ以上に女性にとっての絶望感は計り知れないものがあります。

多分、37歳ぐらいから『結婚は、もう無理かも』という絶望感を感じ始める女性は多いかもしれない。36歳とか、37歳の女性に合わせてくれる男性なんて、聞いた事がないです。周囲が結婚相手として紹介してくれる事も絶望的でしょう。『元カレが悪いんです、彼が別れると言ったから』と今さらいっても、彼だって別れたくなる事情もあったんでしょう。

恋愛という人生の投資活動。短期で恋愛する事は、特に女性にとって非常に不利である理由

40歳は、30歳の時から僅か10年しか経っていません。それでも、出産能力を現実的に見た場合には、20歳で100点だとすれば、30歳で30点ぐらいになり、40歳で0点になります。そして、出産能力がほとんど0点になった40歳を選ぶ男性は、50歳以上の男性である事がほとんどで、しかも経済力は期待できません。言い換えれば、50代再婚、経済力なしが40歳の女性が選べる到達点なのです。

女性が40代で独身になったらすべき事はただ一つで、普通の恋愛市場でパートナーを見つけ出すという事だけです。婚活市場でほとんど0点の価値で、50点のパートナーを探す事は、ハードル高いのではなくて、ほとんど不可能です。趣味に没頭する事で、共通の趣味を行う人が見つかるというのが、本当の婚活の近道だったりします。

愛する人を手に入れるコスト

年齢が高くなればなるほど、『愛する人』を手に入れるためには、コストがかかるようになってきます。20代では、学生同士で仲良くなって簡単に愛する人を手に入れる事が出来たのに、30代になったら、愛する人を手に入れるのに、化粧・ファッション・出会いの場のコスト・時間のコストまで必要になってきます。40代は、さらにコストがかかります。

結婚相談所に高額のお金を払うより、もっと優先してやることがあるはずです。そして、自分を磨くためにコストをかけて、チャンスが来た時に見事にゲットしなくてはいけません。誰でも人生のチャンスというのは、何度かあるものです。30代になっても、40代になってもチャンスはあるかもしれませんが、それをゲットできるかは自分次第です。

2010年の国勢調査では、30歳女性が34歳までに結婚する率は30%、35歳以上の女性が40歳までに結婚する率は2%となっています。35歳を過ぎた女性にとって、愛する人を手に入れる事がいかに難しいかを良く示しています。

他人の感情をコントロールできない

自分の計画を勝手に赤の他人に押し付けて、他人をコントロールしようとすることはできません。理想を人に押し付けて、いくら人の事を攻めたところで、自分の人生は改善されません。『今ならば何とかなる』という時に責任ある行動をしなくてはいけないのですけど、女性の多くがそれができないし、周囲もアドバイスしない。

日本国内に35歳ぐらいの女性は余っていて、それを放置しておいて良い問題ではなくて、どうしようもないと言っている問題ではない。団塊の世代は、自分たちがレールの上に乗ってきたから、そんな生き方しかできない。自分たちで思考して道を切り開こうという考え方がほとんど出来ない人が多い。

本当の欲求とは何か

結婚しなくても、今ならお金を1円もかけなくてもバーチャルで欲求を解消する事は可能でしょう。しかし、それは価値が低いからこそ、多くの人がお金をかけてまで結婚したいと願う訳です。心が繋がらない結合なんて、人形に相手をして貰っているのと一緒です。

『自分の人生だから』ということで、仕事に集中するのであれば、それは会社の中に属する完全に歯車になった自分で、プライベートの失敗を意味していく事になります。生涯未婚でも構いませんけど、生涯の1人身ほど寂しいものはありません。

人のせいにする事はできない

女性に求められるのは、男性を吟味する力なんですけど、ある程度の年齢になると焦りが出るのか、みんな練習のように付き合って3年ぐらいで別れたりします。大学卒業した時点、22歳から付き合ったとして、4年で26歳、あと3年で29歳で結婚適齢期になります。つまり、この計算だとチャンスは2人で、2人目を逃すと結婚できない可能性が飛躍的に高まります。

高学歴・キャリア女子は、結婚できない人が多くいて、東京都の女子生涯未婚率は19%にも達しています。何と5人に1人が結婚できない状況です。『男性より学歴が高いと嫌がられる』と言ったりするのは言い訳でしかなくて、実際には仕事などに熱中して恋愛が第2、第3になって、恋愛に集中できずにお別れする例が多いのです。

お金より生き方の問題

お金は確かに大事だけど、もっと大事なのはお金の使い方。日本の消費で一番いらないのは、テレビ、新聞、車、そして自宅。こんな無駄すぎる消費をしていたら、お金がいくらあっても、足りる事はありません。どこかを削らないといけないので、結果的に削っていくのは、子供の養育費だったりして、大学に入るときに『奨学金』という名前のトンデモナイ高額の借金を抱え込む羽目になり、子供が異常なまでに苦労する事になります。

自分の人生なのに、自分で考えないで無駄な消費(浪費)を行って、それが自分の人生を破壊していくのです。行うべき事は、消費活動ではなくて、投資活動であり、手元にお金があったら、長期の目的で投資しておくのが一番です。

お互いを通じた人付き合い

恋愛の場合には、長期になればなるほど、お互いの友達を通じた付き合いになっていきます。将来の結婚を前提とすれば、両親に紹介して、友達にも紹介する事でしょう。友達に紹介したり、家族に紹介するというのは、それだけ結婚に向けて歩んでいるという重要事項でもあります。

独自のネットワークをどのように自分の商売に活用するかという事も含めて考えていく必要があります。日本では、会社のお付き合いが重視されますけど、力のないサラリーマンは、人脈としてほとんど期待できません。中国でもサラリーマンなど相手にもされません。

カテゴリ: 
Non Fix

アドセンス広告

関連記事