結婚


アドセンス広告

元カレ・元カノと復縁するタイミングは?恋愛で復縁にはタイミングが命!

  • 10 December 2018
  • のぶやん

復縁を管型時には、ほとんどの恋愛本では『半年ぐらいの冷却期間をおく』と書いてあります。半年の冷却期間をおいて、それから連絡すれば復縁できる可能性があると書いています。しかし、恋愛マニュアルが全て当てはまるとは限りません。例えば、遠距離恋愛で別れた場合などには、『5年後に復縁した』という事もあります。冷却期間というのは、人によって大きく異なるのです。

元カレ・元カノと復縁するタイミングは?恋愛で復縁にはタイミングが命!

2年以上かけて復縁

お互いに忙しくて別れてしまった場合には、仕事に集中しているせいで、『復縁するまでの期間も長くなる傾向』があります。また、海外などと遠距離恋愛している場合にも、『復縁するまでの期間が長くなる傾向』があります。お互いに忙しくて、遠距離恋愛している場合には、最も復縁する期間が長くなり、5年以上かかる場合もあります。

仕事に集中している時期で「忙しすぎて別れてしまった」という場合には、お互いに恋心を残したままに別れているので、何年か経った後からでも復縁しやすいというメリットがあります。

30代の復縁は、結婚できる

30代に復縁すれば、お互いに結婚を意識しての復縁になる事は間違いないでしょう。復縁する前に付きあっていたので、お互いの事を良く分かって理解しているので、復縁後に結婚・出産を考えやすいというメリットがあります。

お互いに結婚を意識した状態で復縁すれば、結婚・出産などを非常にスムーズに行う事ができるメリットがあり、結婚・出産の期間を大幅に短縮する事ができるメリットがあります。

復縁してもすぐに別れる?

復縁したとしても、お互いに以前のままで変化が全くなければ、再び不満が溜まって別れる事になってしまうカップルもいます。人というのは、半年ぐらいで変われるものではありませんので、『復縁するまでにどれだけ努力できるか』という事が大切になるでしょう。

復縁するまでの期間に1人で自分を磨き上げて、「変わった自分」を示す事ができれば、復縁してからも今までと違った感覚でお付き合いをする事ができます。

カテゴリ: 

条件が良いけど、手も繋ぎたくない男性と付き合う事は出来る?婚活で良くある恋愛しないで結婚の行く末

  • 9 December 2018
  • のぶやん

インターネット上で本当に良くある質問で、『相手と手も繋ぐのも嫌』というものがあります。特に婚活期に良く出てくる問題で、『条件が非常に良い相手の事を生理的に受け付けないけど結婚しても大丈夫か』という質問が良く見られます。質問している本人も分かってると思いますけど、大丈夫な訳がありません。

人間も動物の本能でパートナーを選ぶので、自分が『手も繋ぎたくない』と思う相手は、もともと相性が悪いと思って辞めた方が良いでしょう。全く好きになれそうにない相手と一緒になると、相手がリストラされたり、病気になったりした時に一緒にいたいと思えなくなります。

条件が良いけど、手も繋ぎたくない男性と付き合う事は出来る?

パートナー選びの重要性

パートナーを選ぶ時は、条件よりフィーリング重視にしておいた方がうまくいくことが多くなります。世の中の多くの女性が『経済力重視』と言いますが、実際に経済力がある人と結婚しても、一緒に歩けないほどに相手を嫌いになっていれば、結婚生活というのは成立していないのと同じです。

好きでもないパートナーと強引に結婚したとしても、フィーリングが合わない人とは、最初から寝室が別になる事が多くなります。男女ともに『相手の見た目を気に入らない』という場合には、結婚後にトラブルが起きやすくなっています。子供を産んだとしても、今度は子供の顔が気に入らないと言い始める事になりかねません。

理想が高い女性が求めるホストクラブ

理想が高い女性が求めているのは、ホストクラブにいる男性です。女性に都合が悪い事を言わず、チヤホヤして持ちあげてくれて、おまけにプレゼントもくれるという状況です。婚活で5回もデートした挙句に、男性に逃げられるのは、男性が『ホストのように演技するのに疲れた』という事が原因のようです。男性に尽くす事を要求するのに、女性からLINEメールも送って来ないとなると、男性側も疲れ果ててしまうのです。

男性は、女性をゲットするために前向きに頑張りますが、女性の要求がエスカレートするばかりで、色々した挙句にようやく少し好きになってきたぐらいのペースに付きあわされると、男性は『これは結婚したら大変そうだ』と思って逃げたくなってしまうのです。結局、最初から女性の側に『その気』がないと、男性の側がホストクラブのホストにならないと、女性から好きになって貰えないという事になります。

男性側が一方的にLINEを送って、男性側がデートプランを決めて、男性側が女性に気を使ってお金を出すという事を行って、ようやく女性が少し気分が向いてきたけど、女性の側から特にアクションを起こさないという状況。そんな状態であれば、健全なお付き合いなど期待できません。20代前半であったり、年の差があれば、ホストになって追いかけてくれる男性はいるでしょう。

女性からの積極性

恋愛において大切になるのは、『女性からの積極性』です。男性がアプローチするのは、当然の事ではありますが、それに女性が積極的に乗らなかった場合には、恋愛として長期間にわたってうまくいく事はありません。

女性の事を知りたいと思って、女性に質問をしたとしても、一言しか返してくれないなど、女性が積極性を全く見せてくれなければ、男性としてもやる気を失ってしまいますね。女性とデートしたらスマホをチェックしたり、帰りたそうにしていたら、男性として「もういいや」と思う事でしょう。アプローチを続ければ、付き合ってくれて、結婚できるかもしれませんけど、結婚生活として長続きする事はないでしょう。

遠距離における疑似恋愛

遠距離恋愛は、疑似恋愛とされていて、遠距離恋愛の方がむしろ長続きするカップルもいます。遠距離恋愛では、会えない、触れ合えない期間が長期にわたるので、男性側の方が女性に触れたいという欲求が強くなるので、男性の方が遠距離をやめたいと思ったり、別れたい、浮気したいと思う事が多くなります。女性は、精神的に満足感を与える事ができれば、男性よりは遠距離恋愛を長続きさせることができます。

遠距離恋愛というのは、あくまで疑似恋愛になってしまうので、いずれ一緒になるという予定を立てておいた方がうまくいくでしょう。数年後の計画をお互いに話し合って、疑似恋愛からの脱却を模索出来るようになれば、遠距離恋愛を続けていく動機になります。

カテゴリ: 
タグ: 

労働が尊い時代が修了!年収の話より資産運用の話をするべき時代

  • 1 December 2018
  • のぶやん

男性の平均年収がどんどん低下しており、男性の正社員でも年収400万円を割り込む人も珍しくなくなりました。東京では、年収400万円を割り込むと、手取りも350万円を下回るので、ほとんど贅沢ができない状況になります。東京で家族を持とうとなると、年収400万円だと、ほとんど難しい状況になります。

労働が尊い時代が修了!年収の話より資産運用の話をするべき時代

今後も低下するサラリーマン年収

サラリーマンの年収は、今後も下がり続ける事が予想されます。特に「男性正社員」の給与水準は、毎年のように減少を続けており、今後も減少が避けられません。共働き世帯が増えており、女性の晩婚化に拍車がかかって、日本で子供の数がどんどん減ってきています。

サラリーマンの年収は、日本政府が推進する『移民の受け入れ』によってさらに加速する可能性が強まっています。また、中国における大卒者が毎年600万人~800万人にも及んでおり、ホワイトカラーの価値が暴落している事も影響しています。また、AIなどのロボット開発も進んで、人件費削減の動きが加速するのも、サラリーマンにとってマイナス要素です。

先進国で投資が主流になる

いくら労働しても豊かになれず、投資家のリターンが労働を上回るだけではなくて、税制も投資家が有利なように作られ始めています。このような中で、個人が投資で稼げない事は、生活水準がどんどん低下していく事を意味しています。生活水準を維持していくためには、投資以外の労働で稼ぐことがなにより大切になるのです。

カテゴリ: 

35歳の独身女性が結婚する方法は?差が出る35歳、結婚・出産をする最後のチャンスの動き方

  • 28 November 2018
  • のぶやん

35歳独身女性となると、いかに華やかでキャリアウーマンをしていたとしても、なかなか『寂しい女』という印象はどうしても拭えない状況になります。世間の目は『本当にできる人は、仕事もプライベートも充実している』と考えるので、仕事しかできない人は、人生つまらないだろうなと思われる事が多いです。

35歳では、個人差が出る年齢になるので、35歳前にキャリアウーマンなども少し恋愛に目を向けて、プライベートの充実を図っていく時期になっていくでしょう。仕事だけに熱中していると、仕事はそれなりに成功するかもしれませんが、それだけの人生になりかねません。

ほとんどの女性のピークは、25歳~28歳ぐらいまでになっています。一般的にそれ以降は、女性に言い寄る男性が減少して、35歳をすぎると、言い寄られる事はほとんどなくなります。

チャンス・奇跡を逃さない

35歳を過ぎたからと言って絶望する事はなくて、誰にでもチャンス・奇跡が1度ぐらいはやってきます。例えば、36歳になった時に『5年前に別れた元カレが突然連絡をくれた』という女性もいます。男性が35歳前後の女性に自分から連絡を入れるという事は、もう『結婚してくれ』と言ってるようなものでしょう。35歳の女性にお遊びで連絡するには、年齢が高くて重すぎるからです。

35歳をすぎた女性には、男性側の都合でチャンスが巡ってきたり、何のきっかけで突然にチャンスが巡ってくるか分かりません。特に『昔からの知り合いに再開して結婚』という例がとても多いです。忙しいキャリアウーマンなどは、チャンス・奇跡がきても『仕事が最優先』などと言って、ラストチャンス・奇跡を逃してしまう事があります。人生のチャンス・奇跡は、そんなに何回も来る訳ではないので、ラストチャンスを絶対に逃さないようにすることが大切です。

奇跡は起きる!というよりは、行動によって奇跡を自分で起こす力が大事なのかもしれません。大事なご縁があったら、そのご縁を逃さないように前向きに時間を作ってみるのがよいでしょう。「ちょっといいかな」と思う人に言い寄られた時にツンツンしているようだと、もうチャンス・奇跡を逃がすかもしれません。

バリキャリが「もう1人でいいわ、恋愛・結婚はメンドクサイ」と思ったところに強行に突入してくる男性がいるか否か?という事だと思います。本当に難しい中で、突入してくる男性がいて、やる気が満々だったら、結婚しないと決めていた女性の心も動かされる事でしょう。そんな男が寄ってくる女の前提として、レベルが高くて良い女である必要がありますね。

35歳にある2パターン

35歳には、2パターンあるとされています。1つが美人系でバリバリ働く事で『忙しすぎて相手ができづらい』というパターンです。もう1つが部屋が汚れていたり、生活の質が低いのが顔・体に現れて「結婚の相手が見つからない」というパターンです。この2つのパターンのうちで、どちらの方が結婚しやすいかと言えば、美人でバリバリと働いて忙しすぎて相手が出来づらいというパターンです。

美人でバリバリ働くタイプの女性は、特に同年代の高収入の男性に人気があります。それまで、『忙しくて男がなかなか出来ない』というタイプなので、付きあえば浮気しづらいですし、仕事をしている事で自立しているので、『仕事に対する理解もあって付きあいやすい』というメリットもあります。女性の35歳は、仕事などを充実させて美人を保つ35歳と、何だか落ちぶれた35歳に分岐していく年齢でもあります。

美人でバリバリと働く女性のタイプは、35歳ぐらいになると相手に合わせる恋愛を行わなく(相手に合わせる必要性もない)なっており、自分のそうした姿を愛してくれる1人の運命の人に出会うかどうかに結婚がかかっています。自分の意思がはっきりとしているので、決めた人が申し込んで来れば、結婚できるという感じの人が多いです。落ちぶれた35歳は、フラフラとして婚期をそのまま逃す可能性が高くなります。

良い相手はもう現れない

35歳をすぎて『良い相手がいたら結婚したい』と言ってるようだと、ほとんどの女性が結婚できません。20代の頃と違って男性側もお誘いしづらいですし、誘ってくる男性が『結婚できる男性』と思えない事の方が多いカラです。簡単に言ってしまえば、35歳以上の女性で、選ぶ権利がもないんです。選ぶ権利がないのに『良い相手がいたら結婚したい』と思っても、良い相手は現れません。

ある時期をすぎると、女性で恋愛しなくなるのは、周囲から申し込みが激減するからです。恋愛しなくなるのではなくて、正確に言えば、良い男性からのアプローチが激減するので、恋愛できなくなってしまうのです。『誰もアプローチしてくれないならいいや』と思っていると、本当に独身のまま30代を終えて40代になってしまいます。

35歳をすぎても、1,2回ぐらい最後のチャンス、奇跡がある人が多いのですが、『良い相手がいたら結婚したい』ぐらいの気持ちでは、そのラストチャンスを逃す事になってしまいます。最後のチャンスの時には、前向きに結婚したいという気持ちで挑んだ方が成功率が上がります。35歳を狙ってくる男性は、最初から結婚前提の事が多いカラです。

自分の評価軸を確立

自分が生涯を付きあう人になるので、他人の評価軸ではない『自分の評価軸』を大切にしておく必要があるでしょう。他人がどう思うかという軸ではなくて、『自分が付きあう相手を良いと思うかどうか』という事が最も大切になります。

自分の生き方をいかに貫いていくかという事は、周囲から自分を魅力的に見せる上でも非常に大切になります。魅力的に生きている人の所には、出会いもめぐってきますし、情報も集まってくる傾向があるでしょう。

狙いは、元カレや知り合い

35歳の女性が全く知らない男性と恋愛・結婚するというのは、非常に難易度が高すぎます。『モテる35歳もいる』というのは、誇張された話であり、現実的に30代前半から女性の婚活市場における価値が暴落します。実際、35歳から結婚できる可能性は2%とも言われており、これは『40代が出産する5%という確率よりもさらに低い』という結果が出ています。

35歳をすぎて結婚する人の多くは、相談所などではなくて、元カレ、知り合いとの再会などが多いです。新しい人と知り合って、恋愛、結婚するには、年齢が高すぎるからです。

30代後半の男性もヤバい

35歳の女性の話を書いていますが、30代後半の男性も結婚できない人が増えています。その主な理由は、『収入が低いから』という事が多くて、20代の女性と付き合っているけど結婚に至らないというケースも多いです。男性が35歳を超えて結婚できる確率は、5%以下とされており、現実的に考えて非常に難しい状況になっています。

男性が35歳を超えてくると、メンテナンスしている『若々しい35歳』とメンテナンスしていない『老いた35歳』に分かれます。過去にイケメンだった人も、カップラーメンなどを食べる荒れた生活を過ごしていると、35歳を過ぎてからどんどん太って見た目が悪くなってしまいます。見た目が悪くなると、年収が少し高いぐらいでは女性に相手にされなくなってしまいます。さらに40歳を過ぎてくると先が見えてくる年齢になります。40代の男性は、若い女性にほとんど相手にされなくなるので、まだ相手にされる30代のうちに相手を決めてしまった方が良いでしょう。

カテゴリ: 

36歳の男性を狙えば、結婚できる確率が大幅にアップする理由!36歳が男性の結婚適齢期

  • 27 November 2018
  • のぶやん

20年ぐらい前であれば、『30代を過ぎて結婚していない男性はダメな男性』などと言われましたが、最近では30代の半数以上の男性は結婚しておらず、特に都会の男性に限定すると、3割以下しか30歳で結婚していないので、30歳で結婚する人はむしろ少数派と言えるでしょう。最近の男性では、30歳で結婚を全く考えておらず、34歳、35歳ぐらいになってから結婚を意識する人も多いようです。

婚活市場においては、男性は、30代を過ぎると『年下』を狙うようになっていくとされています。一方の女性は、30代になると『同年代』を狙うようになっていくといいます。つまり、男性が年下の女性と結婚出来ればラッキーで、女性が同年代の男性と結婚出来ればラッキーと言う事になります。

36歳の男性を狙えば、結婚できる確率が大幅にアップする理由!36歳が男性の結婚適齢期

36歳は経験豊富で衰えなし

男性が本格的に衰えを見せるのは40歳からと言われているので、36歳の男性は『まだ衰えが見られないイケイケの年齢』という事になります。経験も豊富になり、肉体もたくましくなって、多くの企業においても現場のリーダーの役割を果たすようになってくる年齢です。現場に出て主力のリーダーになる36歳ぐらいは、最も輝ける時期とも言えるでしょう。

婚活市場においては、20代の女性は、35歳ぐらいまでと限定する人が多いですが、36歳の男性は『結婚願望』が強くなる時期で、すぐに結婚したい女性にとってぴったりです。しかも、40代になっていないので、肉体の衰えが見られず、生殖機能もたくましいまま維持されています。

35歳をすぎて結婚を意識する

33歳ぐらいまでは、結婚なんてしなくて良いと思っていても、さすがに男性も34歳になると結婚を意識せざる得ない状況になる人が多いようです。結婚を意識してすぐに35歳になって、危機感を持ち始めて36歳で結婚するという男性が多いみたいですね。どうして35歳を過ぎると結婚を意識するかと言えば、40歳まで年齢がないので焦りがあるという事でしょう。

男性が36歳で焦ると、近くに結婚対象になる女性(彼女候補・彼女・元カノ)がいたら『結婚しよう』という事になって、すぐに結婚する事が多いようです。つまり、36歳の男性を狙う事で、女性が結婚したいという目的を最速で達成する事が出来るようになるわけです。

20代後半の女性とも付きあえる

女性の場合には、自分の年齢プラスマイナス5歳という人が多いですが、魅力的な36歳であれば、まだ許容範囲にあると考える20代女性も多いです。具体的には、28歳~33歳ぐらいまでの女性に36歳の男性が人気があります。

カテゴリ: 

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

  • 26 November 2018
  • のぶやん

女性にとってみると、34歳~36歳というのは、本当に人生で結婚するラストチャンスです。もちろん、それを過ぎて結婚する人もいるんですけど、出産・育児を考える弾性からすると、35歳をすぎると難しくて、ギリギリ36歳ぐらいまでが限界点です。それ以上の女性は、『子供を特にいらないと考えている』という男性からしか相手されないという極めて厳しい状況になってしまいます。

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

ラストチャンスを逃さないために

女性のラストチャンスを逃さないためにすべき方法は、最初に元カレが結婚していなければ、元カレにすぐに連絡を取ってみる事です。何年も前に別れて相手にされなかったとしても、よほど最悪な別れ方で嫌いになっていない限りは、チャンスがあるかもしれません。とりあえず連絡だけは取らないといけません。連絡をとって無視されない限りは、いろいろとやり取りして、結婚の候補にあげておくのが良いでしょう。

34歳を過ぎたならば、元カレが嫌だなどと、贅沢を言える年齢ではありません。今までの付きあいは、とにかく大事にして、今まで親密であった男性に片っ端から連絡を取っておくことが重要です。結婚相談所に入るよりも、今まで会った男性に連絡を取る方が優先順位が高くなります。

35歳以上で結婚できる確率5%

35歳を過ぎた女性が結婚できる確率は、実際の統計で5%以下とされています。そして、35歳を超えて結婚した人のほとんどは、既にパートナーがいた人であり、パートナーがいない状態から結婚に至ったケースは、かなり稀であると言えるでしょう。しかも、元カレなどの復縁もあるので、新しい人と付き合い始めて結婚するのが非常に困難な年齢になります。

35歳以上で同年代と『新しく出会って結婚』する可能性は極めて低いので、新しい出会いより昔からの出会いであったり、かなり年上(具体的には40歳以上)を狙っていくのが現実的と言えるでしょう。アラフォー女性になると、結婚できる確率は2%以下となり、何と40代が妊娠する確率(5%)よりも低くなるんです!

最初から結婚の意思ある人と付き合う

30代を過ぎた女性が結婚の意思がない人と付き合うほど無駄な時間はありません。無駄な時間を過ごさないためには、最初から結婚の意思をもった人とお付き合いをする事が大切になります。結婚の意思を持たない人に意思を持たせようとして何年もロスしたら、それだけで自分の婚期が終わってしまいます。後から無駄な時間を過ごしたと後悔しても遅いです。

最初から結婚を考えている30代後半ぐらいの男性と上手に出会う事を狙って、実際に上手に出会う事ができれば、数か月で結婚に至る事もできるでしょう。

自分の外見を徹底して磨く

特に外見などで、変化できそうなところを磨いて、『女性らしい外見』にするだけで、モテ度は確実にアップする事ができます。ファッション・化粧などは、結婚のためのコストだと思って、奮発してお金を使う必要があります。

カテゴリ: 

女性が妊娠・出産を考えるならば、35歳が結婚を考えるラスト・チャンス!

  • 26 November 2018
  • のぶやん

女性が妊娠・出産を考える場合には、35歳がラスト・チャンスという説が一般的のようです。40歳以上になると極端に出産が難しくなってしまうので、30代で妊娠・出産をしようと思えば、35歳ぐらいまでに結婚をしないと、それ以降になると結婚したい男性が激減してしまいます。妊娠・出産を考えた場合には、35歳が限界であると言えるでしょう。

女性の結婚35歳が限界説

女性が妊娠・出産を考えた時には、35歳が限界と言われています。30歳をすぎても妊娠・出産をしていない人の多くは、会社で男性と競って働くキャリアウーマン型が多くなっており、妊娠・出産をするとなると、キャリアを捨てる事になるか、キャリアに大幅な遅れが出てしまって、妊娠・出産を躊躇することも考えられます。

既にパートナーがいて、妊娠・出産を話し合える段階であれば良いですけど、パートナーがいない状態だと、35歳からパートナーを見つけて、そこから妊娠・出産を考えるとなると、非常に厳しい状態である事に間違いはありません。最近では、そのような時間が限られた中で妊娠・出産する夫婦も増えてきています。

女性の出産40歳が限界説

女性の出産は、一般的に40歳までが限界とされていて、それ以上の年齢になると出産できる可能性が極めて低くなってしまいます。「出産をいつでもできる」とのんびりとしていると、妊娠・出産しようと思ってもできないような状況になりかねません。出来れば30歳前に第一子、30歳を過ぎた頃には、第二子を持つようにしないと、複数の子供を持つことも大変です。

40歳を過ぎても出産する女性は、今は5%もいますけど、妊娠する可能性は高くないうえに、高齢出産による子育ての負担も大変なものになります。女性は、出産だけを行って、後は誰かに預けておくのも良い方法と言えるでしょう。

男性の結婚40歳が限界説

男性の結婚は、40歳を過ぎるとパートナーが見つかる可能性が激減するとされています。男性に派遣社員なども増えており、自分の生活で手一杯となっている男性も多い中で、女性の側が「条件に合う男性」を探す事が極めて困難な状況になっています。

40歳を過ぎても結婚できるのは、30代の時に既に付き合っていたパートナーがいたり、40代の同年代と付き合っている男性が多いです。40代だけど『20代の若い女性から相手されたい』と思うのは、イケメンで資産家しか無理でしょう。ほとんどの20代女性からは、40代は単なるオッサンにしか見えていません。

1人の生活に慣れ過ぎている

1人の生活というのは、2人で生活するよりも確かに楽ではありますが、仕事の都合に合わせて1人でいる事が増えてしまうと、家族という概念が失われてしまいます。生活が成立しない危機感の中で、仕事ばかりになってしまっている人は、限界年齢を超えてしまって、もう後戻りする事ができない状況になってしまいます。労働者が労働しないと食べていけない事が根本的な原因です。

パートナーと2人で連絡を取り合ったり、時間を合わせたりすることは、非常に手間・時間・お金がかかることです。それを省略して、仕事に熱中しすぎていると、パートナーを欲しいと思った時には、誰も相手にしてくれない年齢になってしまう可能性があります。どちらかが非常に忙しくて連絡がうまくいかなかったとしても、困難を乗り越えるだけの話し合いと、愛の力がないととても乗り越えられません。

カテゴリ: 

男性35歳が女性から見た「痛いおじさん」になる分岐点?36歳の男を見れば分かる

  • 25 November 2018
  • のぶやん

周囲を見渡してみると、『36歳になった男性』を見ると、『痛いおじさん』と『大人のおじさん』に分岐していく事が良く分かります。痛いオジサンというのは、見た目が痛いという訳ではありません。見た目が若々しく見えても、中身が20代のまま変わっていなければ、『痛いおじさん』と言えるでしょう。30代後半になったら、大人の男性を目指さないと痛々しく見えます。

男性35歳が女性から見た「痛いおじさん」になる分岐点?36歳の男を見れば分かる

30代はモテなくなる時期

30代の男性は、まだまだモテる!という事はありません。30代後半になってくると、20代の女性も年齢差が離れているので、もっと年齢が近い人と付き合いたいと思うようになってきます。30代後半になっても魅力的な男性というのは確かにいますけど、女性を満足させるだけの『大人の男性』というのは、30代後半の男性でも少数派と言えるでしょう。

30代と言っても、10年以内に40歳になると『完全にオッサン化』するので、いくらイケメンでも女性に相手にされるのが非常に厳しくなります。そんな時期なので、自分の身の程を知りながらも、女性と適度に仲良くできる30代男性というのがモテる30代男性です。

割り勘を避けるようにする

女性に対して割り勘をして良いのは、20代までと言えるでしょう。30代になったら、なるべく支払いを負担するようにしましょう。まだ経済力がないのであれば、日頃から節約して、女性のために使えるお金を保存しておくのが良いでしょう。

最近の30代男性は、給料がなかなか上がらなくて本当に大変な思いをしています。そんな時には、デートの回数を減らしたりするなど、お金を使わない事を考慮に入れながらも、お金を使う所ではしっかりと使うようにしましょう。

昔の武勇伝を語らない

男性が女性の前で武勇伝を語る事は、女性の印象をかなり悪くする事に繋がります。女性は、男性の武勇伝に全く関心がないどころか、印象まで悪くしてしまいます。

モテる男性というのは、武勇伝どころか『失敗談』で相手を笑わせるぐらいの余裕がある男性です。見た目の性的な魅力というのは、間違いなく20代の頃よりも落ちているので、それをカヴァーするだけの余裕と会話力がないと、女性から好きになって貰う事ができません。

女性にマメに話しかける

女性は、気を使って貰うのが好きなので、女性に何でもいいので話しかける事が大事です。女性に嫌われていない限りは、ほとんどの女性がマメにやり取りするメッセージを歓迎してくれます。言葉を多くかける事で、女性は誰かから愛されている安心感を得る事ができます。

女性に積極的に話しかけられる男性は、沢山の女性友達ができるので、その中で最も良い女性を彼女にする事もできます。日頃から女性とコミュニケーションを綿密にする事で、良い女性とのお付き合いに発展させることもできるようになるのです。女性にマメに話しかけて、女性の友達を増やしておく事はとても重要です。

女性を口説こうとしない

女性を口説こうと必死になって前のめりになると、男性としての余裕を失う事になってしまいます。相手の事を何かと話してほしいと思って『質問攻め』にしてしまったり、何度もメッセージを連発してしまったりと、余裕がなくなってしまいます。そうすると、相手も楽しく話せなくなってしまいますね。

口説こうとするよりは、『もしかして、私に気があるかもしれないな』ぐらいで留めておく方が、相手もドキドキしやすいでしょう。好意を持つ前から口説かれたりしてしまうと、逆に女性の方が身構えてギクシャクしてうまくいかなくなってしまいます。自分が前のめりになりすぎていると感じる時には、自分から少し連絡をしない時間を作るなどの距離をとって頭を冷やして冷静になるようにしましょう。

何より誠実であること

女性にとっては、友達になる男性であっても『誠実であること』が何よりも求められる事になります。誠実でない男性と友達になったり、付きあいたいと思う女性はどこにもいません。例えば、男性が女性の友達を下ネタでからかったりすることは絶対にやってはいけないセクハラ行為です。そういった事を1度するだけで、全ての女性から敵視されてしまいます。常に誠実であれば、女性に安心感を与える事ができます。

30代後半になって20代の若い子ばかりを狙うというのは、生物学的にも悪いとは思わないですけど、誠実な男性は意外と同年代の女性に寛容だったりするんですよね。それは、若さだけを見ている訳ではなくて、人物を総合的に判断して決めているからです。

誠実でもないし、若い子ばかり狙っているような男性であれば、40歳になっても『20代にモテていた感覚』を引きづってしまうのかもしれません。そうすると、40代になっても、まだ『女性は20代がいい』などと言ったりして、女性に呆れられる可能性があるでしょう。

パーソナル距離感を大事にする

男女の距離感、友達の距離感など、何においても人と人の距離感というのは、非常に大事になります。自分から連絡してネタを振らないといけない事もあれば、相手からの連絡を待たないといけない事もあります。そのような自分の感情を上手にコントロールして、相手との距離をはかりながら、長期の恋愛関係、長期の友達関係を構築できれば、人生がもっと楽しくなります。

自分が親しく付き合いたい人とは、『相手に迷惑にならない範囲』で上手に付き合っていく必要があります。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事