婚活


アドセンス広告

言語: 

元カレ・元カノと復縁するタイミングは?恋愛で復縁にはタイミングが命!

  • 10 December 2018
  • のぶやん

復縁を管型時には、ほとんどの恋愛本では『半年ぐらいの冷却期間をおく』と書いてあります。半年の冷却期間をおいて、それから連絡すれば復縁できる可能性があると書いています。しかし、恋愛マニュアルが全て当てはまるとは限りません。例えば、遠距離恋愛で別れた場合などには、『5年後に復縁した』という事もあります。冷却期間というのは、人によって大きく異なるのです。

元カレ・元カノと復縁するタイミングは?恋愛で復縁にはタイミングが命!

2年以上かけて復縁

お互いに忙しくて別れてしまった場合には、仕事に集中しているせいで、『復縁するまでの期間も長くなる傾向』があります。また、海外などと遠距離恋愛している場合にも、『復縁するまでの期間が長くなる傾向』があります。お互いに忙しくて、遠距離恋愛している場合には、最も復縁する期間が長くなり、5年以上かかる場合もあります。

仕事に集中している時期で「忙しすぎて別れてしまった」という場合には、お互いに恋心を残したままに別れているので、何年か経った後からでも復縁しやすいというメリットがあります。

30代の復縁は、結婚できる

30代に復縁すれば、お互いに結婚を意識しての復縁になる事は間違いないでしょう。復縁する前に付きあっていたので、お互いの事を良く分かって理解しているので、復縁後に結婚・出産を考えやすいというメリットがあります。

お互いに結婚を意識した状態で復縁すれば、結婚・出産などを非常にスムーズに行う事ができるメリットがあり、結婚・出産の期間を大幅に短縮する事ができるメリットがあります。

復縁してもすぐに別れる?

復縁したとしても、お互いに以前のままで変化が全くなければ、再び不満が溜まって別れる事になってしまうカップルもいます。人というのは、半年ぐらいで変われるものではありませんので、『復縁するまでにどれだけ努力できるか』という事が大切になるでしょう。

復縁するまでの期間に1人で自分を磨き上げて、「変わった自分」を示す事ができれば、復縁してからも今までと違った感覚でお付き合いをする事ができます。

カテゴリ: 

労働が尊い時代が修了!年収の話より資産運用の話をするべき時代

  • 1 December 2018
  • のぶやん

男性の平均年収がどんどん低下しており、男性の正社員でも年収400万円を割り込む人も珍しくなくなりました。東京では、年収400万円を割り込むと、手取りも350万円を下回るので、ほとんど贅沢ができない状況になります。東京で家族を持とうとなると、年収400万円だと、ほとんど難しい状況になります。

労働が尊い時代が修了!年収の話より資産運用の話をするべき時代

今後も低下するサラリーマン年収

サラリーマンの年収は、今後も下がり続ける事が予想されます。特に「男性正社員」の給与水準は、毎年のように減少を続けており、今後も減少が避けられません。共働き世帯が増えており、女性の晩婚化に拍車がかかって、日本で子供の数がどんどん減ってきています。

サラリーマンの年収は、日本政府が推進する『移民の受け入れ』によってさらに加速する可能性が強まっています。また、中国における大卒者が毎年600万人~800万人にも及んでおり、ホワイトカラーの価値が暴落している事も影響しています。また、AIなどのロボット開発も進んで、人件費削減の動きが加速するのも、サラリーマンにとってマイナス要素です。

先進国で投資が主流になる

いくら労働しても豊かになれず、投資家のリターンが労働を上回るだけではなくて、税制も投資家が有利なように作られ始めています。このような中で、個人が投資で稼げない事は、生活水準がどんどん低下していく事を意味しています。生活水準を維持していくためには、投資以外の労働で稼ぐことがなにより大切になるのです。

カテゴリ: 

35歳の独身女性が結婚する方法は?差が出る35歳、結婚・出産をする最後のチャンスの動き方

  • 28 November 2018
  • のぶやん

35歳独身女性となると、いかに華やかでキャリアウーマンをしていたとしても、なかなか『寂しい女』という印象はどうしても拭えない状況になります。世間の目は『本当にできる人は、仕事もプライベートも充実している』と考えるので、仕事しかできない人は、人生つまらないだろうなと思われる事が多いです。

35歳では、個人差が出る年齢になるので、35歳前にキャリアウーマンなども少し恋愛に目を向けて、プライベートの充実を図っていく時期になっていくでしょう。仕事だけに熱中していると、仕事はそれなりに成功するかもしれませんが、それだけの人生になりかねません。

ほとんどの女性のピークは、25歳~28歳ぐらいまでになっています。一般的にそれ以降は、女性に言い寄る男性が減少して、35歳をすぎると、言い寄られる事はほとんどなくなります。

チャンス・奇跡を逃さない

35歳を過ぎたからと言って絶望する事はなくて、誰にでもチャンス・奇跡が1度ぐらいはやってきます。例えば、36歳になった時に『5年前に別れた元カレが突然連絡をくれた』という女性もいます。男性が35歳前後の女性に自分から連絡を入れるという事は、もう『結婚してくれ』と言ってるようなものでしょう。35歳の女性にお遊びで連絡するには、年齢が高くて重すぎるからです。

35歳をすぎた女性には、男性側の都合でチャンスが巡ってきたり、何のきっかけで突然にチャンスが巡ってくるか分かりません。特に『昔からの知り合いに再開して結婚』という例がとても多いです。忙しいキャリアウーマンなどは、チャンス・奇跡がきても『仕事が最優先』などと言って、ラストチャンス・奇跡を逃してしまう事があります。人生のチャンス・奇跡は、そんなに何回も来る訳ではないので、ラストチャンスを絶対に逃さないようにすることが大切です。

奇跡は起きる!というよりは、行動によって奇跡を自分で起こす力が大事なのかもしれません。大事なご縁があったら、そのご縁を逃さないように前向きに時間を作ってみるのがよいでしょう。「ちょっといいかな」と思う人に言い寄られた時にツンツンしているようだと、もうチャンス・奇跡を逃がすかもしれません。

バリキャリが「もう1人でいいわ、恋愛・結婚はメンドクサイ」と思ったところに強行に突入してくる男性がいるか否か?という事だと思います。本当に難しい中で、突入してくる男性がいて、やる気が満々だったら、結婚しないと決めていた女性の心も動かされる事でしょう。そんな男が寄ってくる女の前提として、レベルが高くて良い女である必要がありますね。

35歳にある2パターン

35歳には、2パターンあるとされています。1つが美人系でバリバリ働く事で『忙しすぎて相手ができづらい』というパターンです。もう1つが部屋が汚れていたり、生活の質が低いのが顔・体に現れて「結婚の相手が見つからない」というパターンです。この2つのパターンのうちで、どちらの方が結婚しやすいかと言えば、美人でバリバリと働いて忙しすぎて相手が出来づらいというパターンです。

美人でバリバリ働くタイプの女性は、特に同年代の高収入の男性に人気があります。それまで、『忙しくて男がなかなか出来ない』というタイプなので、付きあえば浮気しづらいですし、仕事をしている事で自立しているので、『仕事に対する理解もあって付きあいやすい』というメリットもあります。女性の35歳は、仕事などを充実させて美人を保つ35歳と、何だか落ちぶれた35歳に分岐していく年齢でもあります。

美人でバリバリと働く女性のタイプは、35歳ぐらいになると相手に合わせる恋愛を行わなく(相手に合わせる必要性もない)なっており、自分のそうした姿を愛してくれる1人の運命の人に出会うかどうかに結婚がかかっています。自分の意思がはっきりとしているので、決めた人が申し込んで来れば、結婚できるという感じの人が多いです。落ちぶれた35歳は、フラフラとして婚期をそのまま逃す可能性が高くなります。

良い相手はもう現れない

35歳をすぎて『良い相手がいたら結婚したい』と言ってるようだと、ほとんどの女性が結婚できません。20代の頃と違って男性側もお誘いしづらいですし、誘ってくる男性が『結婚できる男性』と思えない事の方が多いカラです。簡単に言ってしまえば、35歳以上の女性で、選ぶ権利がもないんです。選ぶ権利がないのに『良い相手がいたら結婚したい』と思っても、良い相手は現れません。

ある時期をすぎると、女性で恋愛しなくなるのは、周囲から申し込みが激減するからです。恋愛しなくなるのではなくて、正確に言えば、良い男性からのアプローチが激減するので、恋愛できなくなってしまうのです。『誰もアプローチしてくれないならいいや』と思っていると、本当に独身のまま30代を終えて40代になってしまいます。

35歳をすぎても、1,2回ぐらい最後のチャンス、奇跡がある人が多いのですが、『良い相手がいたら結婚したい』ぐらいの気持ちでは、そのラストチャンスを逃す事になってしまいます。最後のチャンスの時には、前向きに結婚したいという気持ちで挑んだ方が成功率が上がります。35歳を狙ってくる男性は、最初から結婚前提の事が多いカラです。

自分の評価軸を確立

自分が生涯を付きあう人になるので、他人の評価軸ではない『自分の評価軸』を大切にしておく必要があるでしょう。他人がどう思うかという軸ではなくて、『自分が付きあう相手を良いと思うかどうか』という事が最も大切になります。

自分の生き方をいかに貫いていくかという事は、周囲から自分を魅力的に見せる上でも非常に大切になります。魅力的に生きている人の所には、出会いもめぐってきますし、情報も集まってくる傾向があるでしょう。

狙いは、元カレや知り合い

35歳の女性が全く知らない男性と恋愛・結婚するというのは、非常に難易度が高すぎます。『モテる35歳もいる』というのは、誇張された話であり、現実的に30代前半から女性の婚活市場における価値が暴落します。実際、35歳から結婚できる可能性は2%とも言われており、これは『40代が出産する5%という確率よりもさらに低い』という結果が出ています。

35歳をすぎて結婚する人の多くは、相談所などではなくて、元カレ、知り合いとの再会などが多いです。新しい人と知り合って、恋愛、結婚するには、年齢が高すぎるからです。

30代後半の男性もヤバい

35歳の女性の話を書いていますが、30代後半の男性も結婚できない人が増えています。その主な理由は、『収入が低いから』という事が多くて、20代の女性と付き合っているけど結婚に至らないというケースも多いです。男性が35歳を超えて結婚できる確率は、5%以下とされており、現実的に考えて非常に難しい状況になっています。

男性が35歳を超えてくると、メンテナンスしている『若々しい35歳』とメンテナンスしていない『老いた35歳』に分かれます。過去にイケメンだった人も、カップラーメンなどを食べる荒れた生活を過ごしていると、35歳を過ぎてからどんどん太って見た目が悪くなってしまいます。見た目が悪くなると、年収が少し高いぐらいでは女性に相手にされなくなってしまいます。さらに40歳を過ぎてくると先が見えてくる年齢になります。40代の男性は、若い女性にほとんど相手にされなくなるので、まだ相手にされる30代のうちに相手を決めてしまった方が良いでしょう。

カテゴリ: 

36歳の男性を狙えば、結婚できる確率が大幅にアップする理由!36歳が男性の結婚適齢期

  • 27 November 2018
  • のぶやん

20年ぐらい前であれば、『30代を過ぎて結婚していない男性はダメな男性』などと言われましたが、最近では30代の半数以上の男性は結婚しておらず、特に都会の男性に限定すると、3割以下しか30歳で結婚していないので、30歳で結婚する人はむしろ少数派と言えるでしょう。最近の男性では、30歳で結婚を全く考えておらず、34歳、35歳ぐらいになってから結婚を意識する人も多いようです。

婚活市場においては、男性は、30代を過ぎると『年下』を狙うようになっていくとされています。一方の女性は、30代になると『同年代』を狙うようになっていくといいます。つまり、男性が年下の女性と結婚出来ればラッキーで、女性が同年代の男性と結婚出来ればラッキーと言う事になります。

36歳の男性を狙えば、結婚できる確率が大幅にアップする理由!36歳が男性の結婚適齢期

36歳は経験豊富で衰えなし

男性が本格的に衰えを見せるのは40歳からと言われているので、36歳の男性は『まだ衰えが見られないイケイケの年齢』という事になります。経験も豊富になり、肉体もたくましくなって、多くの企業においても現場のリーダーの役割を果たすようになってくる年齢です。現場に出て主力のリーダーになる36歳ぐらいは、最も輝ける時期とも言えるでしょう。

婚活市場においては、20代の女性は、35歳ぐらいまでと限定する人が多いですが、36歳の男性は『結婚願望』が強くなる時期で、すぐに結婚したい女性にとってぴったりです。しかも、40代になっていないので、肉体の衰えが見られず、生殖機能もたくましいまま維持されています。

35歳をすぎて結婚を意識する

33歳ぐらいまでは、結婚なんてしなくて良いと思っていても、さすがに男性も34歳になると結婚を意識せざる得ない状況になる人が多いようです。結婚を意識してすぐに35歳になって、危機感を持ち始めて36歳で結婚するという男性が多いみたいですね。どうして35歳を過ぎると結婚を意識するかと言えば、40歳まで年齢がないので焦りがあるという事でしょう。

男性が36歳で焦ると、近くに結婚対象になる女性(彼女候補・彼女・元カノ)がいたら『結婚しよう』という事になって、すぐに結婚する事が多いようです。つまり、36歳の男性を狙う事で、女性が結婚したいという目的を最速で達成する事が出来るようになるわけです。

20代後半の女性とも付きあえる

女性の場合には、自分の年齢プラスマイナス5歳という人が多いですが、魅力的な36歳であれば、まだ許容範囲にあると考える20代女性も多いです。具体的には、28歳~33歳ぐらいまでの女性に36歳の男性が人気があります。

カテゴリ: 

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

  • 26 November 2018
  • のぶやん

女性にとってみると、34歳~36歳というのは、本当に人生で結婚するラストチャンスです。もちろん、それを過ぎて結婚する人もいるんですけど、出産・育児を考える弾性からすると、35歳をすぎると難しくて、ギリギリ36歳ぐらいまでが限界点です。それ以上の女性は、『子供を特にいらないと考えている』という男性からしか相手されないという極めて厳しい状況になってしまいます。

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

ラストチャンスを逃さないために

女性のラストチャンスを逃さないためにすべき方法は、最初に元カレが結婚していなければ、元カレにすぐに連絡を取ってみる事です。何年も前に別れて相手にされなかったとしても、よほど最悪な別れ方で嫌いになっていない限りは、チャンスがあるかもしれません。とりあえず連絡だけは取らないといけません。連絡をとって無視されない限りは、いろいろとやり取りして、結婚の候補にあげておくのが良いでしょう。

34歳を過ぎたならば、元カレが嫌だなどと、贅沢を言える年齢ではありません。今までの付きあいは、とにかく大事にして、今まで親密であった男性に片っ端から連絡を取っておくことが重要です。結婚相談所に入るよりも、今まで会った男性に連絡を取る方が優先順位が高くなります。

35歳以上で結婚できる確率5%

35歳を過ぎた女性が結婚できる確率は、実際の統計で5%以下とされています。そして、35歳を超えて結婚した人のほとんどは、既にパートナーがいた人であり、パートナーがいない状態から結婚に至ったケースは、かなり稀であると言えるでしょう。しかも、元カレなどの復縁もあるので、新しい人と付き合い始めて結婚するのが非常に困難な年齢になります。

35歳以上で同年代と『新しく出会って結婚』する可能性は極めて低いので、新しい出会いより昔からの出会いであったり、かなり年上(具体的には40歳以上)を狙っていくのが現実的と言えるでしょう。アラフォー女性になると、結婚できる確率は2%以下となり、何と40代が妊娠する確率(5%)よりも低くなるんです!

最初から結婚の意思ある人と付き合う

30代を過ぎた女性が結婚の意思がない人と付き合うほど無駄な時間はありません。無駄な時間を過ごさないためには、最初から結婚の意思をもった人とお付き合いをする事が大切になります。結婚の意思を持たない人に意思を持たせようとして何年もロスしたら、それだけで自分の婚期が終わってしまいます。後から無駄な時間を過ごしたと後悔しても遅いです。

最初から結婚を考えている30代後半ぐらいの男性と上手に出会う事を狙って、実際に上手に出会う事ができれば、数か月で結婚に至る事もできるでしょう。

自分の外見を徹底して磨く

特に外見などで、変化できそうなところを磨いて、『女性らしい外見』にするだけで、モテ度は確実にアップする事ができます。ファッション・化粧などは、結婚のためのコストだと思って、奮発してお金を使う必要があります。

カテゴリ: 

男性が『運命の女性』と感じて結婚したくなる本命女性に選ばれる方法

  • 23 November 2018
  • のぶやん

男性というのは、女性に比べて『結婚の決断がなかなか出来ない』と言われています。モテる男性であればあるほど、結婚の決断は遅くなる傾向があります。その理由としては、『今の人より自分にもっと似合う人がいるはずだ』という思い込みによるもので、実際に40歳になっても出会いがなくて結婚できない『元イケメン男性』が沢山います。

男性が『運命の女性』と感じて結婚したくなる本命女性に選ばれる方法

男が決定したら動く

男性は、この人だ!と決めた後に体が勝手に動き始めます。今までケチケチしていた会計を払うようになったり、高級ホテルに宿泊したりと、結婚しようと感じた瞬間から今まで以上に女性に尽くすようになってくれることでしょう。女性が男性に結婚を迫っても、なかなか決断しませんので、男性が決断する『その時』をしばらく待ってみるのが良いでしょう。

男性がどうしても結婚を決断しないようでれば、『結婚するか別れるか』という事を迫って、結婚しない場合に別れるのも仕方ない事です。半年~2年ぐらいして男性側に復縁の遺志があれば、復縁して結婚するという道を選択しましょう。

連絡もマメになる

本命女性に対しては、忙しい男性も連絡がマメになります。特に結婚を決めた!と思った頃からは、『自分の1人だけの女性だから大事にしなくちゃ』という考え方になります。本命の女性以外には、自分から連絡する事は少ないですが、本命の女性には、自分から積極的に連絡しようとします。

本命の女性に対しては、相手の日程にも合わせて調整しようとしたり、デートを楽しませようとして相手の要望を聞いたりする事も増えてきます。

恋愛・婚活で異なる判断基準

恋愛して結婚する事のメリットは、婚活以上に相手を判断する事に時間をかけられるという事です。婚活では、男は経済力、女は若さみたいに見られたりしますが、恋愛からの結婚はそれほど単純ではありません。男性にお金がなくても結婚に踏み切る女性もいれば、若くない女性に対しても結婚を申し込む男性もいます。

このように考えると、恋愛・結婚というのは、婚活よりも総合的な条件で判断して貰える場所だという事がわかります。自分の総合力で判断してほしいと思っている女性は、恋愛からの結婚の方が圧倒的に有利な男性に巡り合う事ができそうです。男性に目もくれずに勉強・仕事を頑張ってきた30代の女性などは、恋愛結婚向きでしょう。

カテゴリ: 

良い男と悪い男の見分け方は?男が本命として最後に選ぶ女性の条件

  • 23 November 2018
  • のぶやん

デヴィ・スカルノさんは、『女が男を選んではダメ。女は男から選ばれるの』と婚活の持論を述べています。女性が男を追いかけてもダメで、男が女を追いかけた方が女性が幸せになれるという事ですね。

特に女性の恋愛は、20代後半で婚期を逃すともう人生が狂わされる可能性を秘めた『人生かけた恋愛』になる事が多いです。もし、20代で真面目にお付き合いした男性と30歳前後で別れると、その婚期を逃した打撃で一生涯結婚できなくなる可能性が出てきてしまいます。

良い男と悪い男の見分け方は?

本当に愛するというのは?

本当に愛するというのは、イライラする事も含めて、相手の全てを受け入れるという事になります。正直、様々な話を聞くと、恋愛だと腹が痛くなったり、眠れなくなったりすることは沢山ありますけど、それは愛するが故の事でしょう。もし、相手の事を愛していなければ、つまり「遊び相手」であれば、相手の事なんてどうだっていいんです。相手が別の男に流れたらサヨナラすればいいだけで、痛くもかゆくもない。

女性の喜びを提供する

女性が何を喜ぶかというのは、女性自身も良く分かっていない事があり、女性の趣味に合わせた形で男性が喜ばせてあげるセンスと腕の見せ所になります。最近の稼いでいる女性は、高級ホテルに行ったぐらいで喜ばない女性も多くなっていて、「定番デート」が通用しなくなってきています。女性の喜びは、自分に合ったプランの提供に変わってきているのです。つまり、男性の行きたい場所ではなくて、女性が行きたい場所に連れていかないといけないという事です。

必ずしも高給でなくても相手の趣味に合わせた場所に連れて行けば、喜ばれる可能性が高まります。例えば、お笑いが好きなら吉本の劇場デート、オペラが好きなら新国立劇場のオペラ劇場、映画が好きなら一緒に映画に行くなど、相手の趣味・嗜好を加味してデートで行く先を決めれば、好感度が上がります。

決めつけると不幸になる

相手の断片的な情報で、相手に対して不信感を抱くというのは、不幸のもとになります。女性によくあるのは、男性が連絡を返さないから、愛されてない!浮気した!と妄想する人達です。浮気なんて全くしてないし、浮気を全くする気もないにも関わらず、妄想して「浮気していると思う」と決めつけているのです。

彼氏が自分に本当に本命でない態度を取っているかという事は、日頃の態度を見ればわかるはずなので、彼が本命か否かという事を良く観察して冷静になりましょう。ほとんどの男性は、真面目に付きあったら浮気をしません。

家族・友人への紹介

大切な人は、大切な家族・友人に紹介します。特に仲良くしていた友人に紹介したり、お世話になった先生に紹介したりするというのは、本気中の本気です。

自分の人生のあげまん

男性の人生を持ちあげてくれる女性は、男性にとって『この人が必要だ』と思わせます。自分を適度に持ちあげてくれて、自信を育ててくれる女性こそ「あげまん女性」と言えるでしょう。もちろん、それは女性の側にも言える事で、女性の側も「この男性といて一緒にいて人生が楽しくなった、仕事がうまくいくようになった」と思えるようになれば、あげまん男性と一緒にいたいと思う事でしょう。

カテゴリ: 

アラサーで最愛の人と別れると、生涯独身の可能性が出てくる

  • 20 November 2018
  • のぶやん

結婚できないパターンには、(1)彼氏がずっとできないパターン(2)大恋愛の彼氏と別れて出会いがなくなったというものがあります。女性は上書き保存と言いますが、前の彼氏に振られてしまった場合、そのショックが大きくて5年~10年もひきずる事は珍しくありません。そして、過去との決別が出来ない事は、新しい出会いを遠のかせてしまいます。

男女ともに年齢が上がってくると(1)出会いの数が激減する(2)どうしても同年代の見た目が落ちるという特徴がでてきます。周囲が結婚していくので出会いの数が激減したり、同年代の見た目が落ちる事は仕方ない事ですが、結婚する確率は、毎年のように減って、結婚がどんどん難しくなっていきます。

アラサーで最愛の人と別れると、生涯独身の可能性が出てくる

アラサー女性の別れ

アラサー女性が別れた時には、(1)すぐに切り替えられる女性、(2)何年も引きずってしまう女性に分かれます。真剣に恋愛して、真面目に付き合って、付き合いの期間が長いほど、何年もひきずるでしょう。20代を一緒に過ごした人と別れて、それ以上の人を30代で探すのは、本当に難しい事になります。

現実的な女性は、そんな中でも周囲の男から自分に興味を持ってくれそうな男を選んで、何とか結婚に持ち込む「立ち回りが上手なアラサー女性」も存在しています。自分で稼ぐ力が弱い女性など、社会的に弱い女性ほど立ち回りに努力している印象があります。キャリアウーマンなどは、そういった状態で男性の質を落としたくないと考えて妥協の道を選ばない傾向が強いと思います。結果、やはりキャリア女性に生涯未婚が多いのは理解できます。

理想が高い事は悪い事?

最愛の元カレと別れて、彼氏が出来ないという人は、『元カレ以上の人が見つからない』という思い込みに悩まされます。事実として、元カレと20代で付き合っていたならば、確かに元カレが自分の付きあえる最高到達点であった可能性はあるでしょう。そして、女性の年齢が高くなって、元カレ以上の人が見つからないと考えるのは当然です。周囲から見ると『理想が高すぎる』と言われます。

女性は、自分の年齢からある程度の妥協が必要な事も事実です。高い理想を求める事は素晴らしい事ですが、理想に届く可能性が限りなくゼロに近いと、その理想は自分の将来の邪魔になってしまいます。結婚するためには、元カレよりランクを落として、考えるしかないのでしょう。実際、私の友達もアラサーになって彼氏と別れて、顔が元カレより格好悪い彼を選んで結婚に持ち込みました。

付きあう層の固定化

20代の時には、付きあう層というのは、ある程度の流動性が見られるものです。例えば、大学に入れば、貧乏な家庭の人から、お金持ちの家庭の人まで様々な境遇の人がいて、幅広い層と付き合う事ができます。(実際にはサークルごとに意外と裕福な家庭のサークルと、貧しい家庭のサークルも出たりするんですけど)30代ぐらいになってくると、付きあう階層は、かなり固定されてくる人が多いです。

30代、40代にもなって、付きあう階層が固定化されると、自分でも気が付かないうちに『生活スタイルが固定化』されて、様々な人と出会う機会が失われていきます。そのことで、結婚がますます遠のく状況になってしまいます。今までの固定化された中で結婚できなかった訳ですから、流動的な方が色々な出会いがあって、結婚できる可能性が高いのです。例えば、サラリーマンを辞めてバックパッカーやっていたら沢山の出会いがあるという事もあるでしょう。

復縁する可能性は?

男性側が振った場合には、女性に恋愛心が残る可能性があるので、復縁の可能性もあります。女性側が振った場合には、復縁する可能性は低いと言えるでしょう。女性側は、耐えられなくなると別れを切り出すので、別れを切り出した頃に追いかけても遅いからです。女性側から別れを切り出すと乗り換えは早くて、復縁の可能性は全く期待できません。

男性側から別れを切り出しており、半年~1年以上も期間が空いている(場合によって5年という事もある)場合には、復縁の可能性もあり得るでしょう。お互いに30代だった場合には、結婚を考えた復縁になるので、復縁した場合にすぐに結婚に至るというケースも多いようです。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事