30代


アドセンス広告

言語: 

30代になった良い男性と出会うためには、具体的に何をすればいいのか?

  • 28 November 2018
  • のぶやん

30代になると、多くの女性が婚活を始めますが、なかなか成功しない事は、理由があります。出会いを求める前に「先ずは自分磨き」を行う必要があります。食生活、筋トレ、ファッション、メイクなどを見直す事で、自分の見た目の改善をはかります。

特に筋トレで体を美しいラインにしていくには、最低でも3ヵ月ほどかかるので、じっくりと取り組む必要があります。また、食生活、ファッション、メイクは、自分を良く見せる為にコストをかける必要があります。

30代になった良い男性と出会うためには、具体的に何をすればいいのか?

部屋を片付ける

婚活をする前に一番最初に『部屋を片付ける』ことから始めるべきでしょう。整理・整頓は、人に会う時の基本中の基本です。

部屋が汚れている事は、人付き合いの雑さに必ず現れてしまいます。人付き合いを円滑にするためには、最初に自分の部屋を清潔・きれいに保つ事です。

下着を買い替える

見えないところからきっちりする意味で、下着を買い替える必要があります。古い下着を使い続ける事によって、見えないところで自分の自信を失っていたり、余裕のなさが見え隠れするようになってしまいます。

古い下着は、自分の見た目を老けさせるので、下着を買い替える事で、自分の見た目を若々しくすることが大切になります。

筋トレを始める

体の見た目が衰えていれば、それだけで女性としての魅力が半減してしまいます。最低でも週に1回以上の筋トレを心がけて、体型をやや筋肉質に保てるようにしましょう。女性の見た目、外見の美しさは、筋トレによってかなり磨くことができます。何さ今でも美しい女性は、必ず体型を保つための努力を怠りません。

筋トレは、自宅で毎日のように腕立てをするだけでも、体つきを変える事が出来ます。ユーチューブの動画などで『自宅で出来る筋トレ』を学んで、短時間で効率よく体の見た目を改善するようにしましょう。

相手に合わせる余裕を持つ

キャリアを築いて自立した女性であったり、しばらく彼氏がいない女性などは、1人で生活するのが楽になって相手に合わせるのが苦手になっている可能性があります。しかし、恋愛・結婚は、相手がいて成立する事なので、どうしても相手に合わせなければいけない事も増えてきます。

40代になったら諦める

40代になって結婚する事は、妊娠できる年齢からも非常に厳しいものになっています。40代になったら結婚を諦める事も視野に入れなくてはいけません。出産を考える男性が結婚してくれる最大の年齢は38歳ぐらいまでです。それ以上の年齢になったら、男性が結婚してくれる可能性が激減してしまいます。

40代になると、男女ともに同年代と結婚する事が多くなります。つまり、男性の側も女性の側に合わせる形で『子供を諦める人が増える』という事で結婚に至る例が多いようです。

カテゴリ: 

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

  • 26 November 2018
  • のぶやん

女性にとってみると、34歳~36歳というのは、本当に人生で結婚するラストチャンスです。もちろん、それを過ぎて結婚する人もいるんですけど、出産・育児を考える弾性からすると、35歳をすぎると難しくて、ギリギリ36歳ぐらいまでが限界点です。それ以上の女性は、『子供を特にいらないと考えている』という男性からしか相手されないという極めて厳しい状況になってしまいます。

誰がどうみても女性が結婚するラストチャンスである34歳~36歳まで。

ラストチャンスを逃さないために

女性のラストチャンスを逃さないためにすべき方法は、最初に元カレが結婚していなければ、元カレにすぐに連絡を取ってみる事です。何年も前に別れて相手にされなかったとしても、よほど最悪な別れ方で嫌いになっていない限りは、チャンスがあるかもしれません。とりあえず連絡だけは取らないといけません。連絡をとって無視されない限りは、いろいろとやり取りして、結婚の候補にあげておくのが良いでしょう。

34歳を過ぎたならば、元カレが嫌だなどと、贅沢を言える年齢ではありません。今までの付きあいは、とにかく大事にして、今まで親密であった男性に片っ端から連絡を取っておくことが重要です。結婚相談所に入るよりも、今まで会った男性に連絡を取る方が優先順位が高くなります。

35歳以上で結婚できる確率5%

35歳を過ぎた女性が結婚できる確率は、実際の統計で5%以下とされています。そして、35歳を超えて結婚した人のほとんどは、既にパートナーがいた人であり、パートナーがいない状態から結婚に至ったケースは、かなり稀であると言えるでしょう。しかも、元カレなどの復縁もあるので、新しい人と付き合い始めて結婚するのが非常に困難な年齢になります。

35歳以上で同年代と『新しく出会って結婚』する可能性は極めて低いので、新しい出会いより昔からの出会いであったり、かなり年上(具体的には40歳以上)を狙っていくのが現実的と言えるでしょう。アラフォー女性になると、結婚できる確率は2%以下となり、何と40代が妊娠する確率(5%)よりも低くなるんです!

最初から結婚の意思ある人と付き合う

30代を過ぎた女性が結婚の意思がない人と付き合うほど無駄な時間はありません。無駄な時間を過ごさないためには、最初から結婚の意思をもった人とお付き合いをする事が大切になります。結婚の意思を持たない人に意思を持たせようとして何年もロスしたら、それだけで自分の婚期が終わってしまいます。後から無駄な時間を過ごしたと後悔しても遅いです。

最初から結婚を考えている30代後半ぐらいの男性と上手に出会う事を狙って、実際に上手に出会う事ができれば、数か月で結婚に至る事もできるでしょう。

自分の外見を徹底して磨く

特に外見などで、変化できそうなところを磨いて、『女性らしい外見』にするだけで、モテ度は確実にアップする事ができます。ファッション・化粧などは、結婚のためのコストだと思って、奮発してお金を使う必要があります。

カテゴリ: 

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンスが向上したギャップをどう埋めるのか

  • 21 November 2018
  • のぶやん

日本においても大卒の女性が増えて、女性が働くのが当たり前になった社会で、女性が自由にお金を使える20代前半に海外に行ったりして『目が肥えた女性』が増えています。男性の定番デートプランでは満足できない女性も増えてきているのです。20代前半ならまだしも、20代後半になると、行ったことがあるデートスポットばかりになり、下手をすれば『元カレと行った』ところに再度行くハメになるという事になりかねません。

好きな男性であれば、どこに行っても楽しいというのは事実かもしれませんが、『まだ好きでもない男性』だったら、刺激的な場所に連れて行かないと『つまらない男』のレッテルを貼られてしまいます。

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンス工場のギャップをどう埋めるのか

目が肥えている女性たち

海外旅行も楽しんで、高級ホテルも経験している女性たちには、インターネットの情報にも精通、目が超えています。経験も豊かな上にインスタ映えも狙っているので、少しぐらいの事で驚かなくなってしまっているのです。

綺麗な夜景で驚かせる事ができるのは、20代前半の女性だけで、20代後半にもなってくると『東京の夜景はもういいかな』と思ってしまう感じになってしまいます。実際、私自身がもう夜景の綺麗なレストランを見に行こうという気にならなくなっています。展望台からの東京の夜景も何度も見たし、お台場夜景も、横浜夜景も、何度も見て、もういいかなーと。

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンス工場のギャップをどう埋めるのか

20代後半の女性たちでも目が肥えているぐらいなので、それが30代の女性になってくると、本当にもう夜景どころか、高級料理店にデートで行っても何とも思わなくなるし、むしろ『喜んであげるのが辛い』ぐらいに思うようになるでしょう。下手に定番のデートプランを組むよりは、むしろ『ハイキングデート』などの方が受けが良い可能性が出てきます。

普通の人に満足できない

はあちゅうとか、普通じゃない職業の人と結婚しましたけど、はあちゅうのように様々な人と付き合いがあったり、テレビに出演している人から見ると、普通の人と付き合っても、全く面白みを感じないんだと思います。普通に食事したり、デートしたりするぐらいでは、全く刺激がなくてつまらなく感じるんだと思います。

女性の社会進出が進んでいるので、女性は無駄な時間を過ごしたいと思っていません。忙しくしている女性ほど、ダラダラしたメンドクサイ無駄な時間を過ごしたいと思っていません。

女性の感情を刺激する

目が肥えている女性ほど、自分に刺激を与えてくれる男性を好みます。女性は、自分の人生を楽しくしてくれる男性に惹かれます。『自分の感情を刺激してくれる男性』を好みます。女性の感情を刺激する事で、『この人は面白い』と興味を持って貰わないといけません。

相手の女性がどのような事に興味があるのかを知った上で、新しい情報も交えながら話をする事ができれば、相手を楽しめる事ができるでしょう。メールも想定外のネタをどんどん打ち込めば面白いと思って貰う事が出来ます。

女性に負担をかけない誘い方

女性に負担をかけない誘い方は、男性のマナーです。現代において、女性側も暇ではないので、誘う段階においてきちんと誘わなくてはいけません。先ずは、誘う時に言い訳を考えておくことと、断りやすくしておくという事も重要です。『このあいだはありがとう、今度お礼したいから、もし良かったら食事でもどうでしょう』という感じが良いでしょう。もしくは、『近くに行く機会があるから、会って貰えないかな』でも良いでしょう。

もし、女性がデートしても良いと思ってくれたならば、『いつ頃ですか?』と聞いてきます。脈なしの場合には、『お礼なんていらないですよ、気を使わなくていいので』とやんわり断られます。予定の調整ができるようになれば、女性もまんざらでもないという事でしょう。

自分の人生を楽しめる?

女性を楽しませる前に『自分が楽しむ』という事も非常に重要です。自分が楽しみながら、女性も楽しめるような場所に連れていく事ができれば、それは2人の共通の話題もできて楽しいという事になります。あくまで女性を楽しませる事を主眼におきながら、自分も楽しめる企画にすると良いでしょう。

デートの場所は、どこでもいいので『とにかく楽しい話ができれば良い』と考えている女性も多いです。デートに誘う前のメールのやり取りの段階で、相手をリラックスさせて緊張感をなくしておくなど、会話しやすい雰囲気を作っておくのも、男性の役割かもしれません。デートの前で半分ぐらいは印象も決まっているものですね。

カテゴリ: 

40代になると絶望が見える?40代で絶望に陥らないために30代までにしておくべきこと。

  • 21 November 2018
  • のぶやん

今の40代というのは、団塊ジュニアで『就職氷河期』を経験した世代であり、社会で本当に大変な思いをさせられてきた世代です。インターネット上には、その40代の嘆きの声が沢山投稿されていて、見てるだけで辛くなってきます。

30代後半であれば、男女ともにまだ『相手してくれる異性』というのは、沢山残っているもので、それなりにデートも行けるし、特に男性の場合に結構モテる時期でもあります。イケメンなら20代と付き合う事もできるし、美女なら同年代の男性と楽しく遊ぶこともできるでしょう。それが40代になると、見た目も落ちて難しくなるとされています。高橋一生さんは、1980年生まれの37歳なので、30代はまだまだ異性から人気をモテる年代ではあります。

40代になると絶望が見える?30代までにしておくべきこと。

仕事ばかりの人生になっている人

日本では、仕事とプライベートの両立を小さなころから教わってこなかったのか、仕事ばかりの人生になってしまっている人も多いです。仕事に行って働いても、そのお金を運用する手段がなければ、いつまでたってもサラリーマンのままだし、仕事から抜け出す事はできません。自分の労働で得るお金は、本当に限界がある事をいずれ知る事になるんです。

東京で年収は確かに高いですけど、特に家賃などの生活費も非常に高い上に、税金も上がっているので、額面の年収に比べて生活の質が高いと言えません。会社だけに時間を投資して、そこのみに依存してお金を得るスタイルを変えないと、会社にすr割れる人生になってしまいます。

独身生活がつまらない人

40代の独身生活は、30代をそのまま成長させたような形になっていて、面白くないと思う人も多いでしょう。30代であれば、まだ女性との出会いもあって、婚活で結婚の事を考えたりできます。40代になってくると、婚活・結婚が30代よりも相当に難しくて、厳しいものになります。

恋愛に対しても、ある程度の投資を行って、それを結婚・子供という形で回収していく必要もあるでしょう。恋愛に全く投資しないと、生涯独身になってしまって、パートナーと楽しむという事ができない人生になってしまいます。パートナーと過ごせない人生は、楽しさが10分の1になる人生になってしまいます。

結婚してもつまらない人

たとえ結婚して既婚者であったとしても、楽しめない気持ちがある人も多いようです。毎日が同じようにマンネリ化した会社員生活で、生活が豊かになるどころか、子供が成長するに従ってどんどん大変になるという状況。そこから抜け出す事もできず、とにかく会社にしがみついて、朝から晩まで働き続けるという生活を過ごしているサラリーマンが多いです。

それでも、結婚できないで孤独にいるよりは、結婚できた方がいいのかもしれませんが、結婚しても家庭内に会話がなくて他人みたいな家庭になっていると『何のために結婚したんだろう』という思いになるという人も多いですね。

周囲に流されるのをやめる

周囲に流されて、同じ土俵で競おうと思っていると、自分らしさがどんどん失われていきます。自分では一生懸命にやっているつもりでも、サラリーマンを誰がやっても会社の歯車で一緒です。周囲と一緒に競うと、労働時間だけ長くなったりしていきますが、自分1人の競争力で何事も突破しようとするのは、それ自体に無理があります。

日本人は、テレビ・新聞で勝手に流れる事に対して『同調圧力』を求めてくるので、自分のパワーを発揮しづらい社会と感じます。それでは、狭い島国の中において、会社の中でしか知識を得られないという事になってしまいます。1人1人が違うという事を意識する中で生きる社会になれば、もっと生きやすくなるでしょう。

元ニートのPhaさん40歳

かつて日本で最も有名なスーパーニートと言われたPhaさん(1978年12月31日)は、もうすぐ40歳になり、若者と言える年齢を過ぎてオッサン年齢に突入しています。35歳からは、ニートの肩書を使うのを辞めていたそうです。Phaさんは、女性にもあんまり縁がなさそうだし、海外にも稀にしか行かないみたいなので、自分の目指す生き方とは全く違うなーと思いながらも、テレビに出演していたりと、それなりに活躍?しているので、そういう生き方もアリなんじゃないかなと思います。

ある意味で、Phaさんを「ニートという言葉を逆手にとって小さいスモールビジネスをしている成功者」と見る事もできるかもしれません。テレビ出演したり、本を出版したりと、普通の人ではできない事まで活動範囲を広げています。

カテゴリ: 
タグ: 

アラサーで最愛の人と別れると、生涯独身の可能性が出てくる

  • 20 November 2018
  • のぶやん

結婚できないパターンには、(1)彼氏がずっとできないパターン(2)大恋愛の彼氏と別れて出会いがなくなったというものがあります。女性は上書き保存と言いますが、前の彼氏に振られてしまった場合、そのショックが大きくて5年~10年もひきずる事は珍しくありません。そして、過去との決別が出来ない事は、新しい出会いを遠のかせてしまいます。

男女ともに年齢が上がってくると(1)出会いの数が激減する(2)どうしても同年代の見た目が落ちるという特徴がでてきます。周囲が結婚していくので出会いの数が激減したり、同年代の見た目が落ちる事は仕方ない事ですが、結婚する確率は、毎年のように減って、結婚がどんどん難しくなっていきます。

アラサーで最愛の人と別れると、生涯独身の可能性が出てくる

アラサー女性の別れ

アラサー女性が別れた時には、(1)すぐに切り替えられる女性、(2)何年も引きずってしまう女性に分かれます。真剣に恋愛して、真面目に付き合って、付き合いの期間が長いほど、何年もひきずるでしょう。20代を一緒に過ごした人と別れて、それ以上の人を30代で探すのは、本当に難しい事になります。

現実的な女性は、そんな中でも周囲の男から自分に興味を持ってくれそうな男を選んで、何とか結婚に持ち込む「立ち回りが上手なアラサー女性」も存在しています。自分で稼ぐ力が弱い女性など、社会的に弱い女性ほど立ち回りに努力している印象があります。キャリアウーマンなどは、そういった状態で男性の質を落としたくないと考えて妥協の道を選ばない傾向が強いと思います。結果、やはりキャリア女性に生涯未婚が多いのは理解できます。

理想が高い事は悪い事?

最愛の元カレと別れて、彼氏が出来ないという人は、『元カレ以上の人が見つからない』という思い込みに悩まされます。事実として、元カレと20代で付き合っていたならば、確かに元カレが自分の付きあえる最高到達点であった可能性はあるでしょう。そして、女性の年齢が高くなって、元カレ以上の人が見つからないと考えるのは当然です。周囲から見ると『理想が高すぎる』と言われます。

女性は、自分の年齢からある程度の妥協が必要な事も事実です。高い理想を求める事は素晴らしい事ですが、理想に届く可能性が限りなくゼロに近いと、その理想は自分の将来の邪魔になってしまいます。結婚するためには、元カレよりランクを落として、考えるしかないのでしょう。実際、私の友達もアラサーになって彼氏と別れて、顔が元カレより格好悪い彼を選んで結婚に持ち込みました。

付きあう層の固定化

20代の時には、付きあう層というのは、ある程度の流動性が見られるものです。例えば、大学に入れば、貧乏な家庭の人から、お金持ちの家庭の人まで様々な境遇の人がいて、幅広い層と付き合う事ができます。(実際にはサークルごとに意外と裕福な家庭のサークルと、貧しい家庭のサークルも出たりするんですけど)30代ぐらいになってくると、付きあう階層は、かなり固定されてくる人が多いです。

30代、40代にもなって、付きあう階層が固定化されると、自分でも気が付かないうちに『生活スタイルが固定化』されて、様々な人と出会う機会が失われていきます。そのことで、結婚がますます遠のく状況になってしまいます。今までの固定化された中で結婚できなかった訳ですから、流動的な方が色々な出会いがあって、結婚できる可能性が高いのです。例えば、サラリーマンを辞めてバックパッカーやっていたら沢山の出会いがあるという事もあるでしょう。

復縁する可能性は?

男性側が振った場合には、女性に恋愛心が残る可能性があるので、復縁の可能性もあります。女性側が振った場合には、復縁する可能性は低いと言えるでしょう。女性側は、耐えられなくなると別れを切り出すので、別れを切り出した頃に追いかけても遅いからです。女性側から別れを切り出すと乗り換えは早くて、復縁の可能性は全く期待できません。

男性側から別れを切り出しており、半年~1年以上も期間が空いている(場合によって5年という事もある)場合には、復縁の可能性もあり得るでしょう。お互いに30代だった場合には、結婚を考えた復縁になるので、復縁した場合にすぐに結婚に至るというケースも多いようです。

カテゴリ: 

30代女性の結婚が異常に難しくなる理由は?男性は37歳ぐらいから厳しい

  • 1 November 2018
  • のぶやん

30代になると、特に33歳を過ぎると結婚が異常に難しくなります。男性の場合には、37歳ぐらいから結婚が難しくなっていきます。

恋愛もせずに一気に結婚という訳にもいかないですし、普通は4年ぐらいの恋愛期間があっての結婚になります。30~34歳の女性が30代で結婚する確率31.2%ですが、交際期間が4年ある事を考えると、30歳以前の彼氏と交際しながら結婚に至ったケースもあるでしょう。

30代女性の結婚が異常に難しくなる理由は?男性は37歳ぐらいから厳しい

20代から付き合って結婚

30代の女性でも結婚している人は、その多くが20代から恋愛関係にあって結婚に至ったというケースが多いです。20代から恋愛関係にあった事で、30代で結婚すれば、スムーズに結婚・出産まで行きつく事ができます。

特に33歳ぐらいから結婚が厳しくなり、35歳以上になると、5人に1人しか結婚できない状況になります。その結婚の多くは、30代前半に付き合った彼氏と結婚するものです。

20代女性で男が見つからない

女性の場合には、出産があるので『男なら誰でも良い』という事にはなりません。現代の20代女性の目は肥えており、男性に求める容姿基準・ファッション基準も高くなっています。そのような中で、10人中1人というような『人気がある一握りの男性』に人気が集中する傾向にあり、そのまま30代になるという事が増加しています。

特に20代の後半で彼氏がいないと、30代に入ってから厳しい事が分かります。20代でも30代でも共通して言えるのは、この人だ!と思う人がいれば、前進するという事です。

仕事が忙しくて婚活できない

30代前半の男性の場合には、仕事が忙しいので、婚活が思うようにできません。ちょうど仕事が伸び盛りの時期なので、仕事を優先すると、女性の都合に合わせる事ができず、多くのカップルが離婚する事になっています。ようやく付き合ったカップルの多くは、30代前半で別れる事に繋がってしまっています。

30代前半の男性は人気がありますが、同時に経済力も求められるのが難点となっています。30代後半になってくると人気が落ちてしまいます。そして、40代になると女性から相手にされなくなります。

女性が35歳を過ぎて絶望的

女性が35歳を過ぎると、かなり結婚が絶望的な状況になってきます。それは、出産も関係しているからで、38歳以上になると出産が難しくなってしまうのです。35歳を過ぎると結婚できる割合が男女ともに5%以下になるという事もあり、もう全く選べるような状況ではなくなります。結婚をしてからすぐに出産する訳でもないので、結婚が非常に厳しい状況にあります。

40代男性ですら、そのほとんどが『結婚してから子供をほしい』と考えており、結婚までの交際期間の平均が4年である事を考えると、交際してから子供を産むという過程を経るのは、非常に難しいという事が分かります。

カテゴリ: 

30歳を超えてくると、生活が顔や体に出始める!30歳を超えて老化・劣化を防ぐ方法を考える

  • 10 January 2016
  • のぶやん

20代前半は、男女ともに可愛い人可愛いし、カッコいい人はかっこいいという感じで、素のままで通用する場合が多いです。それが30代になってくると、男女ともに「生活スタイル」「生活の状況」が顔であったり、体つきに現れるようになってきます。まず、20代の時に運動不足だった人は、「お腹がぽっちゃり系」になる人が多いです。30代になると、男女ともに代謝が20代の頃よりも落ちるので太りやすくなり、「くびれの消失」が見られるようになる人が多いようです。


http://www.skincare-univ.com/t/1188-motion/

筋力の低下による体型の変化

30代になって運動量が低下すると、全身の筋力が低下する事になるので、体型が大幅に変化して全身の雰囲気が悪くなってしまいます。「年齢より老けて見られる」という人の多くは、筋力の低下によって体つきが「高齢者ぽくなってしまった」という事に起因しているでしょう。逆に言えば、全身の筋力の低下を防ぐことができれば、「若々しく見える」という事も出来るという事でもあります。

特に男性に比べても女性の基礎新陳代謝が落ちて、筋力の低下が起こりやすくなっていきます。30歳を超えた女性は、若く見える為に筋力トレーニングが絶対的に必要になります。それを行わなければ、「何だかだらしがない体型」になるか、「何だか老けた感じがする」という体型になってしまいます。女性の変化というのは、20代後半から30代にかけて物凄い速度で怒る事なので注意が必要です。自分でも気が付かないうちに一気に筋力が低下するのです。

体の隅々に出る変化

体の新陳代謝が活発でなくなると、体の様々な場所に変化が出てきます。最も分かりやすいのは、ニキビなどが出てきやすくなったりして、それが治りづらくなるという事です。通常は、20代・30代というのは、新陳代謝が活発で傷などが治癒しやすい状態にあるのですが、「体の新陳代謝が活発に行われずに老化した状況」にあると、傷などが治りづらいようになっています。筋力が低下したり、体重が低下したり、ストレスがかかったり、食生活が乱れるなど、筋力の低下・生活習慣の乱れなどによって、体が急速に老化します。

最初に筋肉量が落ちる事は、体の危険信号になります。筋肉量が落ちてくると、動くのが億劫になったり、体温が低下するなどの症状が現れてきます。実際には、普通に生活していると、男性というのは、40代ぐらいまでそんなに筋肉が一気に落ちたりしませんが、ほとんど運動せずにパソコンにばかり向かっているような仕事をすると、一気に筋肉が落ちる事があるという事です。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事