女性


アドセンス広告

孤立化する過去に「美人だった」40代女性たち。婚活市場で価値ゼロだけど、恋愛市場で結婚できる?

  • 27 December 2018
  • のぶやん

女性が男性から可愛い・美人で狙われるのは、35歳ぐらいまでが限界です。それ以上の年齢になると、いかに見た目が良かったとしても、簡単に恋愛・結婚をしたいという男性が現れるようになりません。

孤立化する過去に「美人だった」40代女性たち。婚活市場で価値ゼロだけど、恋愛市場で結婚できる?

独身40代女性の孤独

独身の40代女性は、孤独感がさらに深まっていく時期になります。特に兄弟がいない女性1人っ子の場合には、両親が亡くなったら完全に1人になるという恐怖から逃れれない状況になります。40代で子供を作るのが非常に困難になる状況で、彼氏ができたとしても結婚に至らないケースもたくさん出てくるでしょう。

40代となると、両親とお別れしてもおかしくない年齢になってきます。両親とお別れした後は、全くの1人になるという孤独感が強まる事になります。

40代が婚活市場価値ゼロの事実

40代ともなると、婚活市場での価値がゼロとなります。恋愛市場における価値として残されていますが、結婚が前提となってくると「子供が必要ないけどあなたと一緒にいたい」という男性に限定されます。多くの男性は、子供が欲しいと思っているので、40代女性を選ぶことがありません。

男性が探すのは、ギリギリ36歳までの女性であり、それ以上の女性になると見た目が良い・悪いに関わらず男性が相手をしてくれなくなります。

女性友達のライバル心

女性同士は、浅い付き合いができるとされていますが、深い付き合いになるとライバル心がむき出しになります。

母親との連絡回数が多すぎる女性というのは、思想がどうしても古くなる傾向があり、結婚が遅れる人も多くなっています。

33歳が分かれ目になる

33歳の時に誰と、どんな付き合いをしているかという事は、人生の分かれ目になるでしょう。33歳ぐらいで結婚しておかないと、後から結婚する事が非常に難しくなってきます。

36歳以上になると出産が厳しくなってくるので、33歳ぐらいまでに結婚すべき男性を探しておく必要があるでしょう。

出会える男性の質が低下

自分が出会う事が出来る男性の質も、どんどん低下していく事になります。30代後半からは、以前であれば絶対に相手にしなかったような男性と付き合わざるえない状況に陥ったりします。具体的には、見た目が悪い男性になったり、スペックだけで会話が全く面白くない女性と付き合う事になったりします。

タグ: 

女性が40代独身になると社会的評価が最後の砦になる

  • 22 December 2018
  • のぶやん

女性が仕事に没頭しすぎることは、婚期を逃す要因となる可能性が強くなります。

女性が40代独身になると社会的評価が最後の砦になる

仕事に没頭しすぎて婚期を逃す

女性が婚期を逃すのは、仕事に没頭しすぎるためだという事です。仕事に熱中しすぎることによって、プライベートが疎かになってしまって、結婚できなくなります。『仕事も含めて理解してくれる男性』というのも居ることは確かですけど、仕事が忙しいことは離婚原因となりえます。

女性の結婚適齢期というのは、出産限界年齢を考えて38歳ぐらいまでとされています。男性の結婚適齢期は、女性よりも少し遅いですが43歳ぐらいとされています。結婚適齢期を逃すと、結婚することが極めて難しくなります。

仕事中心の生活リズム

仕事が中心の生活リズムが確立されると、もはや他人が入り込む余地がほとんどなくなってしまいます。他人が自分の生活に合わせてくれることなんて、ほとんど不可能なことです。直前に自分の自己都合で予定が決まる人に対して、生活を合わせられるのは、ニートぐらいしかいません。

世の中の人は、労働者こそ忙しい状況になっています。忙しい労働者どうしでは、お互いに時間を合わせることが出来ない場合が多いので、衝突する可能性が高くなります。

自分の社会的地位がすべてになる

40代の独身女性は、『自分の社会的地位』がすべてになってしまいます。そのために仕事をすべて抱え込んで、常に忙しくするのでプライベートの時間を作ることができず、パートナーとの時間も過ごせずに孤独な生涯になる可能性があります。

本音を言わない女性の本音とは?

  • 22 December 2018
  • のぶやん

女性の本音は、それでも些細な部分に出てくるんだなと思います。

好きな男性のためには、女性は「何とか時間を確保する」ものだと思います。

気になる人に似てくる

女性というのは、気になっている男性に似せようと思って努力する傾向があります。もっと好きになって貰おうとして、相手に寄り添うようになってくるのです。ある意味では『女性の本能』ともいえるものかもしれません。女性は、もともと共感能力が高いです。

気になる人が『お金は大事に使いたいね』と言い始めると、女性もそれに同調して『お金を大事に使いたい』と言い始めます。

女性の好意も行動に現れる

女性の好意というのは、すべて行動に現れるものです。LINEでのやり取りは、確かに重要ではありますが、行動ではないので作られたものかもしれません。女性の行動を見れば、どれぐらいの好意があるかが見えてきます。デート当日の服装にやる気があるか?デート最中の距離がどれぐらいか?などです。

デートに誘って断るときには、「とにかく仕事が忙しい」という状況になるのが女性の特徴です。それでも時間をとって会ってくれるならマシですけど、全く会わない場合もあります。

本命こそLINEの返事が遅くなる?

好きな人にLINEの返事が早くなる傾向があるのは誰でも同じことですが、好きな人にこそ「慎重に返事を返したい」ということで、LINEの返事が遅くなることもあります。

実際に複数の男性候補を抱えている女性であったとしても、もう本命の男性を決めている可能性があります。

本命の男性を逃す女性

男性と何人も連絡を取るようなことをしていると、本命の男性を逃すことになります。本当に良い男性は、複数の男性と遊んでいるような女性を選ばないからです。大人になってくると、次々と相手の欠点が見えて、「目が肥える」ことによって、男性を選べなくなってしまいます。

本当は、愛情が最も大事であるにも関わらず、愛情を無視して結婚しようとしたりすると、後から家庭崩壊など問題が起こる可能性が高くなります。愛情があれば、2人で乗り切ることは可能です。

直感で考えている女性真理

女性は、直感で考えることが多いとされています。男性のように理論的に考えておらず、感情任せに直感でものごとを判断する傾向があります。昨日は大好きだと思っていた人が、今日になって大嫌いになっているというほど、女性の感情というのは変わりやすいものです。

職場では、皆に愛されて「ままごと」をしたいと思っているので、人間関係を良好に保つために職場の人たちと良く気を使います。

生理中のイライラが凄い

女性は整理中のイライラが凄いことになっているようで、とにかく周囲の男性に当たり散らすようなことがあります。整理中でなくとも、夜更かし、疲れ、ストレスなどでホルモンバランスが乱れたり、更年期障害(45歳~55歳の頃)が起こっていたりすると、とにかく激しいイライラと怒りで、全く関係のない他人にまで当たり散らすようになります。

カップルが2人で一緒に食事をしている時に、相手が集中力がなくてイライラすると疲れ果ててしまいますね。

気分しだいでコロコロ感情が変化する

女性の感情は、気分次第でコロコロと変化します。その時々で女性の感情というのは、大きく変化するので、その変化に男性が対応することは「ほぼ不可能」と考えた方が良いでしょう。1週間前に『旅行に行きたい』と思っていたのに、1週間後になると旅行に行く気がなくなったということは良くあることです。

プロポーズを受けるときにも、気分が悪ければ「断る」という選択をしたり、その後で受けたりするなど、女性の気分と雰囲気次第でコロコロと状況が変わります。

タグ: 

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

  • 13 December 2018
  • のぶやん

親の期待に何とか応えようとして、小さい頃から頑張ってきた人ほど、嘘をついてでも『自分を良く見せなければいけない』というプレッシャーにさらされ続けているのでしょう。虚言癖のある女性の多くは、親のプレッシャーがあった中で『嘘をつくことでプレッシャーから解放されたい』という願いがあるものと思われます。

虚言癖というのは、自分の自覚がない事も多いので、それ自体は責められることではないかもしれません。しかし、周囲を巻き込んだりすることで、信頼を損なったりするなど、本人の将来にとって良くない影響がある可能性はあるでしょう。

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

理想とプライドが高い

本来、理想・プライドが高いという事は、悪いという訳ではありません。自分の理想の姿に向かって努力したり、プライドが高い事で自分を高める事もできるからです。しかし、虚言癖の女性が話をすると『妄想』にも似た感覚で嘘をつくことになるので、周囲がその嘘に巻き込まれてしまう可能性があります。

例えば、友達が『最近、ビジネスクラスで海外旅行に行ってきた』という話をすると、『私も去年ファーストクラスに乗って海外に行ったよ』という嘘で対抗しようとするという姿です。自分のプライドの高さからくる嘘です。この程度の嘘ならば、誰にも損害を与えない嘘なので、悪い嘘ではありませんが、周囲は嘘だと気が付いている可能性が高いです。

周囲から注目されたい

嘘を付くことで周囲から注目されたいと思っています。常に1人で寂しいという思いがあるので、周囲から注目されるために様々な嘘を付くことがあります。例えば、『今、父親が大変な病気である』という嘘を言って、周囲の人が『大変だね』と同情してくれる事に快感を覚えたりします。完全な嘘と分かりづらいので、周囲の人も騙されたりします。

なかなか周囲から注目されないので、嘘を言う事で注目を集めたいという思いがあります。注目されるためであれば、稀に自分に不利になる情報まで嘘を付いたりします。例えば、夜のナイトクラブで踊った事もないのに、『夜のナイトクラブで踊って注目された』など、男から見るとドン引きするような嘘でも、注目されると思い込んで嘘をつきます。

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

誰かが話している所に食い入って嘘を付くことで、自分の話を聞いて欲しいんです。自分に特に話題がなくて人とコミュニケーションが取れなかったりすると、人の話を奪う形で嘘を付いて、それで自分の話を聞いて貰えるのが嬉しい、孤独から解放される手段なんです。

『誰かと会話したくても、上手に会話できない』そんな時に嘘をついたら親・友達など周囲の人に喜んで貰えたと思うと、孤独を埋めるためにコミュニケーションの手段として嘘をつくようになってしまったのかもしれません。また、嘘を付くことで、誰かに構って貰えた事が喜びになっているのかもしれません。

劣等感が強く自分に自信を持てない

自分に自信を持てない人は、嘘をつく傾向にあります。自分に彼氏がいなくても、『自分に彼氏がいる』と嘘を付いたりしますが、自分に自信がない事の現れでもあります。

自分に自信を持てないので、親がお金持ち、芸能人と付き合っていた、良くナンパされたという嘘を言ったりします。自分を誇張した嘘で可愛いものですが、最も近くにいる彼氏などが信じ込んでしまうと、後から不信感を持たれてしまいかねません。

妄想と現実が曖昧になる

自分の理想としている妄想と、現実の置かれている状態が曖昧で虚言癖になっている場合があります。自分で作り話が自作されて、それを本当の事だと思い込むような事も出てきます。理想化された自分を演じるか、気の毒な人だと思って注目されたいと思っています。

本人に悪気がない状態で『妄想と現実が曖昧』になっているので、本当の事を織り交ぜながら、嘘を言ったりするテクニックが発達して、周囲がすっかり騙されるようになります。嘘と本当が混同して、本人も良く分からない状態に陥っているのです。

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

妄想・現実が曖昧になると、周囲の人では判断できない情報が多くなってきます。例えば、『元カレに殴られた、元カレが暴力的だった』というのは、誰も真実かどうか確認する術を持っていません。また、『上司に抱きつかれた』というのも、本当か嘘か確認する事は困難です。本当かもしれないし、嘘かもしれないので、本人、もしくは当事者しか知らない訳です。

他人からの評価を常に気にする

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

幼少期からの親の愛情が不足していたり、親から厳しくされたりする事で虚言癖になるとされています。周囲の評価を気にして、周囲の気を引くために外見を魅力的に磨き上げたり、仕事などで権力がある人に媚びたりする場面も出てきます。自分を守るためには、他人を悪く言う場面も出てくるので、周囲の人が迷惑に思う場面も出てきます。

嘘の責任を相手のせいにする

嘘の責任は、近くにいる誰かの責任に押し付けようとします。彼氏、親友などの責任に押し付けて、周囲の人に迷惑をかける事になる可能性があります。何かトラブルがあったら、周囲の責任に押し付けられて、下手をすれば被害を被る事があるので注意が必要です。

自分に利用できそうな人を利用して(悪い意味で踏み台にして)権力に媚びるたりするのもお得意で、責任が起きたら被害者のように立ち回って周囲に同情心で助けてもらおうとします。

虚言癖のある人と付き合うメリット

虚言癖のある嘘で固められた女性たちの特徴

虚言癖のある人と友達として付きあうメリットがないわけではありません。それは、『人の言葉なんてあてにならない』という事に気が付くようになるからです。自分が実際に見た事でないとしんようは出来ないという事に気が付けばいいと思うんです。相手が何を話しても、それが本当かどうかは、自分の目で確かめるしか方法がありません。

友達の家がお金持ちかどうかというのは、相手の家に行かなければ分からない事だし、もしかしたら相手の家を訪問しても分からないかもしれない事です。とにかく人を信用するには、その人の実家に行ってみたり、一緒に旅行してみるのが一番です。

カテゴリ: 
おすすめ: 

女性の満足度を上げるには、コツコツと手間をかけてあげること。

  • 8 December 2018
  • のぶやん

女性の多くは、かかわりが深い人を好きになる事が多いです。20代前半のイケメンであれば、関わった事もないけど一目ぼれみたいな事もありますけど、基本的に関わりの深い人に安心感を覚えて、自己開示も積極的にしようという気になります。関わりが少ない人に自己開示しようという女性は、ほとんどいません。

女性の満足度を上げるには、コツコツと手間をかけてあげること。

マメな男性を好む女性心理

女性心理として、マメに連絡をくれる人を好みます。マメなブサイクと、マメでないイケメンであれば、女性が選ぶのは半々です。しかし、マメなフツメンと、マメなイケメンであれば、マメなフツメンを選ぶ女性も多くなります。それほど『女性に対してマメに連絡をくれる』という事は、安心感を生み出すのです。

男性が思っている以上に、女性は非常に細かい事で加点、減点を行うので、女性に対して最も強いのは『マメに連絡を行っている男性』という事で間違いないでしょう。女性は、継続的な愛情表現をほど喜ぶものはありませんので、継続的に量で女性を口説いていく必要があります。

LINEメールを送り過ぎると、迷惑男に認定されてしまいますけど、適度に送るLINEメールであれば『マメな男』という事で、高評価を得る事ができます。

男性に価値ある存在で扱われたい

女性は、男性に安売りしない事で自分の価値をどんどん高めたいと思っています。それは、20代であればもちろん、30代の女性でも、40代の女性でも同じ事で、女性は一生涯『男性から大切に扱われたい』という願望を持っています。

特にプライドが高い女性になればなるほど、男性の手におえないほど『価値ある存在として扱ってほしい』という願望が強くなります。そう、男性が手におえない要求を繰り返すと、その女性は一生涯独身という事も十分にあり得ます。

相手の事を大事にしてる行動

『相手の事を大事にしている』という行動を示したり、続けていれば、女性も好意を持ってくれることでしょう。

人間ならば、誰だって大事にされたいし、女性なら特に大切にされたいと思っていますよね。自分の事を一番大事に考えてくれる男性でないと付きあいたいとは思わないですね。

女性が褒められるのが好き

女性に限った事ではありませんが、褒められるのがとても好きなので、褒めるようにすると女性との関係が良好になります。女性の良い所を見つけて具体的に褒めるようにしてあげると、相手のご機嫌が良くなる事に繋がります。『この人は、私の事を分かってくれる』と女性が思ってくれる可能性があります。

褒めるという行為は、自分にとっても良い行為であると考える人もいます。相手を褒める事によって、相手と友達である自分の立場も持ちあがるからです。女性を持ちあげて、自分も一緒に持ち上れば、お互いにハッピーになれる事は間違いないでしょう。

心の底からの愛情表現でなくてもOK

女性に対しての愛情表現というのは、別に心の底から真面目に愛情表現する必要はありません。イタリア人のプレーボーイのように気軽な感じで連発していった方が女の子がときめくようです。真面目で重い感じの愛情表現は、『めんどくさい人』というレッテルを張られるだけです。気軽に女性に声をかけて、女性を持ちあげるのが喜ばれます。

レディファーストも、何も考えずにサクサクと行えばいいのです。

カテゴリ: 
タグ: 

30代になった良い男性と出会うためには、具体的に何をすればいいのか?

  • 28 November 2018
  • のぶやん

30代になると、多くの女性が婚活を始めますが、なかなか成功しない事は、理由があります。出会いを求める前に「先ずは自分磨き」を行う必要があります。食生活、筋トレ、ファッション、メイクなどを見直す事で、自分の見た目の改善をはかります。

特に筋トレで体を美しいラインにしていくには、最低でも3ヵ月ほどかかるので、じっくりと取り組む必要があります。また、食生活、ファッション、メイクは、自分を良く見せる為にコストをかける必要があります。

30代になった良い男性と出会うためには、具体的に何をすればいいのか?

部屋を片付ける

婚活をする前に一番最初に『部屋を片付ける』ことから始めるべきでしょう。整理・整頓は、人に会う時の基本中の基本です。

部屋が汚れている事は、人付き合いの雑さに必ず現れてしまいます。人付き合いを円滑にするためには、最初に自分の部屋を清潔・きれいに保つ事です。

下着を買い替える

見えないところからきっちりする意味で、下着を買い替える必要があります。古い下着を使い続ける事によって、見えないところで自分の自信を失っていたり、余裕のなさが見え隠れするようになってしまいます。

古い下着は、自分の見た目を老けさせるので、下着を買い替える事で、自分の見た目を若々しくすることが大切になります。

筋トレを始める

体の見た目が衰えていれば、それだけで女性としての魅力が半減してしまいます。最低でも週に1回以上の筋トレを心がけて、体型をやや筋肉質に保てるようにしましょう。女性の見た目、外見の美しさは、筋トレによってかなり磨くことができます。何さ今でも美しい女性は、必ず体型を保つための努力を怠りません。

筋トレは、自宅で毎日のように腕立てをするだけでも、体つきを変える事が出来ます。ユーチューブの動画などで『自宅で出来る筋トレ』を学んで、短時間で効率よく体の見た目を改善するようにしましょう。

相手に合わせる余裕を持つ

キャリアを築いて自立した女性であったり、しばらく彼氏がいない女性などは、1人で生活するのが楽になって相手に合わせるのが苦手になっている可能性があります。しかし、恋愛・結婚は、相手がいて成立する事なので、どうしても相手に合わせなければいけない事も増えてきます。

40代になったら諦める

40代になって結婚する事は、妊娠できる年齢からも非常に厳しいものになっています。40代になったら結婚を諦める事も視野に入れなくてはいけません。出産を考える男性が結婚してくれる最大の年齢は38歳ぐらいまでです。それ以上の年齢になったら、男性が結婚してくれる可能性が激減してしまいます。

40代になると、男女ともに同年代と結婚する事が多くなります。つまり、男性の側も女性の側に合わせる形で『子供を諦める人が増える』という事で結婚に至る例が多いようです。

カテゴリ: 

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンスが向上したギャップをどう埋めるのか

  • 21 November 2018
  • のぶやん

日本においても大卒の女性が増えて、女性が働くのが当たり前になった社会で、女性が自由にお金を使える20代前半に海外に行ったりして『目が肥えた女性』が増えています。男性の定番デートプランでは満足できない女性も増えてきているのです。20代前半ならまだしも、20代後半になると、行ったことがあるデートスポットばかりになり、下手をすれば『元カレと行った』ところに再度行くハメになるという事になりかねません。

好きな男性であれば、どこに行っても楽しいというのは事実かもしれませんが、『まだ好きでもない男性』だったら、刺激的な場所に連れて行かないと『つまらない男』のレッテルを貼られてしまいます。

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンス工場のギャップをどう埋めるのか

目が肥えている女性たち

海外旅行も楽しんで、高級ホテルも経験している女性たちには、インターネットの情報にも精通、目が超えています。経験も豊かな上にインスタ映えも狙っているので、少しぐらいの事で驚かなくなってしまっているのです。

綺麗な夜景で驚かせる事ができるのは、20代前半の女性だけで、20代後半にもなってくると『東京の夜景はもういいかな』と思ってしまう感じになってしまいます。実際、私自身がもう夜景の綺麗なレストランを見に行こうという気にならなくなっています。展望台からの東京の夜景も何度も見たし、お台場夜景も、横浜夜景も、何度も見て、もういいかなーと。

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンス工場のギャップをどう埋めるのか

20代後半の女性たちでも目が肥えているぐらいなので、それが30代の女性になってくると、本当にもう夜景どころか、高級料理店にデートで行っても何とも思わなくなるし、むしろ『喜んであげるのが辛い』ぐらいに思うようになるでしょう。下手に定番のデートプランを組むよりは、むしろ『ハイキングデート』などの方が受けが良い可能性が出てきます。

普通の人に満足できない

はあちゅうとか、普通じゃない職業の人と結婚しましたけど、はあちゅうのように様々な人と付き合いがあったり、テレビに出演している人から見ると、普通の人と付き合っても、全く面白みを感じないんだと思います。普通に食事したり、デートしたりするぐらいでは、全く刺激がなくてつまらなく感じるんだと思います。

女性の社会進出が進んでいるので、女性は無駄な時間を過ごしたいと思っていません。忙しくしている女性ほど、ダラダラしたメンドクサイ無駄な時間を過ごしたいと思っていません。

女性の感情を刺激する

目が肥えている女性ほど、自分に刺激を与えてくれる男性を好みます。女性は、自分の人生を楽しくしてくれる男性に惹かれます。『自分の感情を刺激してくれる男性』を好みます。女性の感情を刺激する事で、『この人は面白い』と興味を持って貰わないといけません。

相手の女性がどのような事に興味があるのかを知った上で、新しい情報も交えながら話をする事ができれば、相手を楽しめる事ができるでしょう。メールも想定外のネタをどんどん打ち込めば面白いと思って貰う事が出来ます。

女性に負担をかけない誘い方

女性に負担をかけない誘い方は、男性のマナーです。現代において、女性側も暇ではないので、誘う段階においてきちんと誘わなくてはいけません。先ずは、誘う時に言い訳を考えておくことと、断りやすくしておくという事も重要です。『このあいだはありがとう、今度お礼したいから、もし良かったら食事でもどうでしょう』という感じが良いでしょう。もしくは、『近くに行く機会があるから、会って貰えないかな』でも良いでしょう。

もし、女性がデートしても良いと思ってくれたならば、『いつ頃ですか?』と聞いてきます。脈なしの場合には、『お礼なんていらないですよ、気を使わなくていいので』とやんわり断られます。予定の調整ができるようになれば、女性もまんざらでもないという事でしょう。

自分の人生を楽しめる?

女性を楽しませる前に『自分が楽しむ』という事も非常に重要です。自分が楽しみながら、女性も楽しめるような場所に連れていく事ができれば、それは2人の共通の話題もできて楽しいという事になります。あくまで女性を楽しませる事を主眼におきながら、自分も楽しめる企画にすると良いでしょう。

デートの場所は、どこでもいいので『とにかく楽しい話ができれば良い』と考えている女性も多いです。デートに誘う前のメールのやり取りの段階で、相手をリラックスさせて緊張感をなくしておくなど、会話しやすい雰囲気を作っておくのも、男性の役割かもしれません。デートの前で半分ぐらいは印象も決まっているものですね。

カテゴリ: 

女性が結婚適齢期ならば、男性が決断してあげないと女性が生涯独身になる

  • 20 November 2018
  • のぶやん

女性が結婚適齢期(一般的に28歳~33歳ぐらいまでで、ギリギリ35歳まで何とかなるか)に付きあっている人がいたら、男性側が結婚を決断してあげないと、女性は『どうしようもない状況』に陥って、下手をすれば生涯独身に突き進む事になります。

女性が結婚適齢期ならば、男性が決断してあげないと女性が生涯独身になる

恋愛中に男子が逃げたくなる

男性は、30歳ぐらいだと『まだ先があるよ』ぐらいに余裕で構えている人は沢山います。本当は、30歳ぐらいで結婚した方がいいんですけど、モテる状態で遊び足りないのか、決断ができないのか、収入に自信がないのかというのは人それぞれかもしれませんけど。今の30歳は、貧困率も高いので、男性が簡単に結婚に踏み出せない事情もありそうです。

良く『女性は現実的』と言いますけど、男性の年収が高まるのを待っていたのでは、40歳を過ぎてしまうので、経済的に不安定であったとしても、2人でよく話し合って結婚を決めた方がいいですね。ちなみに、私の友人の女性は、結婚してすぐに実家に住む事によって節約を実現して、子供3人ほどもうけました。

女性が結婚適齢期ならば、男性が決断してあげないと女性が生涯独身になる

確かに子育てに金がかかるから、年収とか大事ですけど、それ以上に大事なことがありますね。それが責任をもって妻を守ったり、子育てをしてくれるかという事ですね。それは、恋愛の時に簡単に見抜けないけど、少なくとも、1人の女性を追いかけて、結婚を決断してくれる男性であれば、頼りがいがなくても、金がなくても、将来を一緒にやっていく条件はあるんじゃないかなあと思ったりします。女は、大事にされて幸せですよ。

夫が大企業の重役で、都心の素晴らしい邸宅に住んで、それでも妻は大事にされてないから昼間に若い大学生を家に呼んでるという例が沢山あります。大学生だった頃に、友達がそんな奥さんの相手をして『俺は腐った』と言ってました。空しいものですよね。

責任を取る男性であるべき

自分が付きあっている女性が結婚適齢期にあれば、必ずその彼女を幸せにする努力をするのが男の生き方。もし、結婚適齢期になった(28歳~33歳、場合によって35歳)女性を男性側が捨てたら、男性側としてはいいかもしれないけど、女性は一生涯結婚できないかもしれない。

私の知り合いのおじさんは、私が物心がつく前に50歳ぐらいで40代の女性と結婚した。後から聞いた話だけど『私は独身でも良かったけど、彼女は私が貰わなかったら、彼女は一生涯独身だろうからね』と言って結婚した。あいにく子供は出来なかったけれど、お金はなさそうだけど、2人は仲良く幸せそうに生きている。質素な生活は体にいいのか、高齢者になっても元気そうだ。

30代で女性を捨てる男性

20代から長く付き合って、アラサーになったら捨てるというのは、良くある事なんです。男性が浮気している場合には、完全に男性側の責任です。男性が浮気していない場合には、女性にも大きな責任があります。女性の側のワガママが過ぎて、何でも自分の思い通りにしようとしていると、男性側が呆れ果てて捨てられます。彼女のワガママが過ぎて、イライラして『もうこいつと結婚したら大変な事になりそうだ』と思えば、男性は女性を捨てるしかなくなります。男性にそうさせているのは、女性の側でもあります。

自由恋愛で30代彼女は、プロポーズを待っているのかもしれませんけど、ワガママだったり、一緒にいてイライラするようだと、男性側も疲れ果ててしまって、『もう別れましょう』と言われる女性も多いです。男を追い詰めるのは女性側であり、女性が何かと追い詰めると、男性は逃げ出してどこかに行ってしまいます。男に逃げ出されて困るのは、男性ではなくて女性側だったりします。

20代の一番大事な時期を捧げて、彼に投資してきたのに捨てられたら、女性としてはたまったものではありませんけど、捨てられる理由もあったと反省する事も必要です。10~20%ぐらいの人は、女性の側が反省して復縁したりしています。復縁して結婚するのが最も良い方法ではありますね。

既婚男性との恋愛は論外

既婚男性と恋愛する女性もいますけど、既婚男性との恋愛というのは、全くの論外で人生の無駄です。既婚男性は、家庭を壊したくないと思っているので、女性を『安い遊び相手』として使っているだけで、実際に一緒になれる事はありません。一生涯独身でも良いなら既婚男性との恋愛もありですけど、基本的に既婚男性との恋愛はすべきではありません。

田舎にいたお見合いおばさん

私が子供の頃には、年頃の男女が結婚できないと、『お見合いおばさん』というそれを職業?みたいにしている人に頼んだようだった。お見合いオバサンは、顔が広い事を売りにしていて、年頃の男女の縁結び役を行う事を生業の1つにしている。お見合いオバサンに『手付金』を渡して相手を探して貰って、見事に成約すると成約料として数十万円を支払うという具合になっていたようだった。個人で運営している結婚相談所のようなものだったと思う。

子供の頃だったので良く知らないけど、親戚のおばさん(20代だったので今考えるとお姉さん)が次々とお見合いを繰り返して、1年ぐらいで成約していたようだった。女性の方が納得すれば、男性の方はあまり贅沢を言わない事が多いように思えた。男性が納得しても、女性の側が納得しなければ、いつまでも結婚できない場合も多かった。

カテゴリ: 
タグ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事