恋愛


アドセンス広告

女性に好かれようと思っても、嫌われる時には、嫌われる。自分を持つことで好かれる人間になれる

  • 29 December 2018
  • のぶやん

いくらホストクラブの男性が接待した所で、不機嫌になる女性は『自分の思い通りではない』と不機嫌になります。業務で行うホテルの接客にも似ており、どんなに相手の事を考えて接客したとしても、相手の体調が悪かったり、カップルの仲が悪い事をお金で受け止める事はできないのです。

女性に好かれようと思っても、嫌われる時には、嫌われる。

嫌われる時には、嫌われる

どんなに相手の事を考えて紳士的に、かつ真剣に対応した所で、相手に嫌われる時には嫌われるものです。どんなに素敵な人間であっても、その素敵さに対して「嫉妬心」を持たれている可能性があり、その嫉妬心で相手が「あなたの事を嫌い」と思ってくる可能性があるからです。

例えば、LINEブロックなどをする人は、「あなたに関わりたくない」と思っていたり、「関係を終わらせたい」と思ったりしていますが、単に放置しておけばいいだけなのに、それほど強く意識するのは、内心に自分に対する劣等感・罪悪感などを持ち合わせているからでしょう。自分で何もなければ、LINEブロックまでする必要がありません。

自分の軸を持つこと

自分の軸を持つことで、相手の事も十分に尊重できるようになります。自分がどういった目標があって、どういった生き方をしていきたいかという事を明確化していく必要があるでしょう。

「私はこんな自分を実現したい」という目標を明確に持って、その目標に向けて歩む姿が大切になっていきます。

中国人女性は、男性の本気度を知るために金品を要求する?

  • 23 December 2018
  • のぶやん

中国人女性は、日本人と違って『男性の本気度を知るために金品の贈り物を好む』傾向があります。中国人女性と付き合うには、嫌でもこの法則に従わないと、本気ではないと思われてしまいます。その分だけ女性も本気でぶつかって来る場合が多いので、人間味の溢れる恋愛の本気対決になります。

中国人女性は、男性の本気度を知るために金品を要求する

金品の要求で愛情を確かめる

中国人の特徴としては、お金・ものを贈る事で、愛情を確かめようとする事があります。お互いに高価なものを贈り合うということは、それだけ友情・愛情が深い証であるとみなすことができるのです。付き合いのない人に高価な贈り物をしたりするのは、全く無意味だと感じるからです。

中国だと、先進各国のように社会保障が充実しているわけではないので、金がないと惨めな暮らし、悲惨な暮らしになることを知っているのです。貯蓄が底をついた場合には、家族全体でどん底に落ちる可能性があります。

金の切れ目が縁の切れ目?

中国では、お金がない男性というのは、女性に相手にもされません。

金の切れ目が縁の切れ目になるかどうかは、「お金がない」と話してみると分かるかもしれません。女性の態度が変貌したら、女性が金目当てであった可能性もあります。

面子を大切にする

中国では、相手の面子を潰すことは、日本で信用を失うことと同じように酷いことであるとされています。

恋愛で「本当に馬鹿だな」と思われる方が人生が幸せになれる?

  • 22 December 2018
  • のぶやん

恋愛で「本当に馬鹿だな」と思われる方が人生が幸せになれる。

恋愛というのは、勢い任せがいい

老けた両親の影響とプレッシャーを受けて、『いい男を見つけないと』と思っているうちは、結婚できない状況になるでしょう。いい男って何?経済的に稼げるかどうか?リストラされたらどうするんだろう?労働者として、給料を受け続けるには、それなりの時間を代償として支払わなければいけません。

両親が何と言っても関係ないんですよ、両親は自分よりも先に死ぬわけだし、自分の人生だから。自分が「この人と結婚したい」と思う人と結婚すればいい。

女性が怒るのは好きだから

嫌いと好きというのは、紙一重なんですね。意識の中に『自分の思い通りにならない』というのがあると、怒ったりするんです。本当は、自分を愛してほしいのに、自分を愛していると感じられないから怒るんです。どうでも良い他人に怒りを爆発させる人はほとんどおらず、自分が心の中で彼氏だと思ってる人に意識して怒るんです。

自分にとって『どうでも良い人』と感じると、特に怒りの感情も沸いてこないですし、相手に対して怒ったり、罵ったりする必要性が全くありません。無関心は、無関心なんです。

親に言わない&言えない交際が増加

両親に言わない&言えないような交際が増えています。海外で外国人とお付き合いしていたり、結婚相手になりそうもないフリーターとお付き合いしているなど、両親には言えそうもない恋愛事情が増加しています。

タグ: 

女性が40代独身になると社会的評価が最後の砦になる

  • 22 December 2018
  • のぶやん

女性が仕事に没頭しすぎることは、婚期を逃す要因となる可能性が強くなります。

女性が40代独身になると社会的評価が最後の砦になる

仕事に没頭しすぎて婚期を逃す

女性が婚期を逃すのは、仕事に没頭しすぎるためだという事です。仕事に熱中しすぎることによって、プライベートが疎かになってしまって、結婚できなくなります。『仕事も含めて理解してくれる男性』というのも居ることは確かですけど、仕事が忙しいことは離婚原因となりえます。

女性の結婚適齢期というのは、出産限界年齢を考えて38歳ぐらいまでとされています。男性の結婚適齢期は、女性よりも少し遅いですが43歳ぐらいとされています。結婚適齢期を逃すと、結婚することが極めて難しくなります。

仕事中心の生活リズム

仕事が中心の生活リズムが確立されると、もはや他人が入り込む余地がほとんどなくなってしまいます。他人が自分の生活に合わせてくれることなんて、ほとんど不可能なことです。直前に自分の自己都合で予定が決まる人に対して、生活を合わせられるのは、ニートぐらいしかいません。

世の中の人は、労働者こそ忙しい状況になっています。忙しい労働者どうしでは、お互いに時間を合わせることが出来ない場合が多いので、衝突する可能性が高くなります。

自分の社会的地位がすべてになる

40代の独身女性は、『自分の社会的地位』がすべてになってしまいます。そのために仕事をすべて抱え込んで、常に忙しくするのでプライベートの時間を作ることができず、パートナーとの時間も過ごせずに孤独な生涯になる可能性があります。

本音を言わない女性の本音とは?

  • 22 December 2018
  • のぶやん

女性の本音は、それでも些細な部分に出てくるんだなと思います。

好きな男性のためには、女性は「何とか時間を確保する」ものだと思います。

気になる人に似てくる

女性というのは、気になっている男性に似せようと思って努力する傾向があります。もっと好きになって貰おうとして、相手に寄り添うようになってくるのです。ある意味では『女性の本能』ともいえるものかもしれません。女性は、もともと共感能力が高いです。

気になる人が『お金は大事に使いたいね』と言い始めると、女性もそれに同調して『お金を大事に使いたい』と言い始めます。

女性の好意も行動に現れる

女性の好意というのは、すべて行動に現れるものです。LINEでのやり取りは、確かに重要ではありますが、行動ではないので作られたものかもしれません。女性の行動を見れば、どれぐらいの好意があるかが見えてきます。デート当日の服装にやる気があるか?デート最中の距離がどれぐらいか?などです。

デートに誘って断るときには、「とにかく仕事が忙しい」という状況になるのが女性の特徴です。それでも時間をとって会ってくれるならマシですけど、全く会わない場合もあります。

本命こそLINEの返事が遅くなる?

好きな人にLINEの返事が早くなる傾向があるのは誰でも同じことですが、好きな人にこそ「慎重に返事を返したい」ということで、LINEの返事が遅くなることもあります。

実際に複数の男性候補を抱えている女性であったとしても、もう本命の男性を決めている可能性があります。

本命の男性を逃す女性

男性と何人も連絡を取るようなことをしていると、本命の男性を逃すことになります。本当に良い男性は、複数の男性と遊んでいるような女性を選ばないからです。大人になってくると、次々と相手の欠点が見えて、「目が肥える」ことによって、男性を選べなくなってしまいます。

本当は、愛情が最も大事であるにも関わらず、愛情を無視して結婚しようとしたりすると、後から家庭崩壊など問題が起こる可能性が高くなります。愛情があれば、2人で乗り切ることは可能です。

直感で考えている女性真理

女性は、直感で考えることが多いとされています。男性のように理論的に考えておらず、感情任せに直感でものごとを判断する傾向があります。昨日は大好きだと思っていた人が、今日になって大嫌いになっているというほど、女性の感情というのは変わりやすいものです。

職場では、皆に愛されて「ままごと」をしたいと思っているので、人間関係を良好に保つために職場の人たちと良く気を使います。

生理中のイライラが凄い

女性は整理中のイライラが凄いことになっているようで、とにかく周囲の男性に当たり散らすようなことがあります。整理中でなくとも、夜更かし、疲れ、ストレスなどでホルモンバランスが乱れたり、更年期障害(45歳~55歳の頃)が起こっていたりすると、とにかく激しいイライラと怒りで、全く関係のない他人にまで当たり散らすようになります。

カップルが2人で一緒に食事をしている時に、相手が集中力がなくてイライラすると疲れ果ててしまいますね。

気分しだいでコロコロ感情が変化する

女性の感情は、気分次第でコロコロと変化します。その時々で女性の感情というのは、大きく変化するので、その変化に男性が対応することは「ほぼ不可能」と考えた方が良いでしょう。1週間前に『旅行に行きたい』と思っていたのに、1週間後になると旅行に行く気がなくなったということは良くあることです。

プロポーズを受けるときにも、気分が悪ければ「断る」という選択をしたり、その後で受けたりするなど、女性の気分と雰囲気次第でコロコロと状況が変わります。

タグ: 

元カレ・元カノと復縁するタイミングは?恋愛で復縁にはタイミングが命!

  • 10 December 2018
  • のぶやん

復縁を管型時には、ほとんどの恋愛本では『半年ぐらいの冷却期間をおく』と書いてあります。半年の冷却期間をおいて、それから連絡すれば復縁できる可能性があると書いています。しかし、恋愛マニュアルが全て当てはまるとは限りません。例えば、遠距離恋愛で別れた場合などには、『5年後に復縁した』という事もあります。冷却期間というのは、人によって大きく異なるのです。

元カレ・元カノと復縁するタイミングは?恋愛で復縁にはタイミングが命!

2年以上かけて復縁

お互いに忙しくて別れてしまった場合には、仕事に集中しているせいで、『復縁するまでの期間も長くなる傾向』があります。また、海外などと遠距離恋愛している場合にも、『復縁するまでの期間が長くなる傾向』があります。お互いに忙しくて、遠距離恋愛している場合には、最も復縁する期間が長くなり、5年以上かかる場合もあります。

仕事に集中している時期で「忙しすぎて別れてしまった」という場合には、お互いに恋心を残したままに別れているので、何年か経った後からでも復縁しやすいというメリットがあります。

30代の復縁は、結婚できる

30代に復縁すれば、お互いに結婚を意識しての復縁になる事は間違いないでしょう。復縁する前に付きあっていたので、お互いの事を良く分かって理解しているので、復縁後に結婚・出産を考えやすいというメリットがあります。

お互いに結婚を意識した状態で復縁すれば、結婚・出産などを非常にスムーズに行う事ができるメリットがあり、結婚・出産の期間を大幅に短縮する事ができるメリットがあります。

復縁してもすぐに別れる?

復縁したとしても、お互いに以前のままで変化が全くなければ、再び不満が溜まって別れる事になってしまうカップルもいます。人というのは、半年ぐらいで変われるものではありませんので、『復縁するまでにどれだけ努力できるか』という事が大切になるでしょう。

復縁するまでの期間に1人で自分を磨き上げて、「変わった自分」を示す事ができれば、復縁してからも今までと違った感覚でお付き合いをする事ができます。

カテゴリ: 

条件が良いけど、手も繋ぎたくない男性と付き合う事は出来る?婚活で良くある恋愛しないで結婚の行く末

  • 9 December 2018
  • のぶやん

インターネット上で本当に良くある質問で、『相手と手も繋ぐのも嫌』というものがあります。特に婚活期に良く出てくる問題で、『条件が非常に良い相手の事を生理的に受け付けないけど結婚しても大丈夫か』という質問が良く見られます。質問している本人も分かってると思いますけど、大丈夫な訳がありません。

人間も動物の本能でパートナーを選ぶので、自分が『手も繋ぎたくない』と思う相手は、もともと相性が悪いと思って辞めた方が良いでしょう。全く好きになれそうにない相手と一緒になると、相手がリストラされたり、病気になったりした時に一緒にいたいと思えなくなります。

条件が良いけど、手も繋ぎたくない男性と付き合う事は出来る?

パートナー選びの重要性

パートナーを選ぶ時は、条件よりフィーリング重視にしておいた方がうまくいくことが多くなります。世の中の多くの女性が『経済力重視』と言いますが、実際に経済力がある人と結婚しても、一緒に歩けないほどに相手を嫌いになっていれば、結婚生活というのは成立していないのと同じです。

好きでもないパートナーと強引に結婚したとしても、フィーリングが合わない人とは、最初から寝室が別になる事が多くなります。男女ともに『相手の見た目を気に入らない』という場合には、結婚後にトラブルが起きやすくなっています。子供を産んだとしても、今度は子供の顔が気に入らないと言い始める事になりかねません。

理想が高い女性が求めるホストクラブ

理想が高い女性が求めているのは、ホストクラブにいる男性です。女性に都合が悪い事を言わず、チヤホヤして持ちあげてくれて、おまけにプレゼントもくれるという状況です。婚活で5回もデートした挙句に、男性に逃げられるのは、男性が『ホストのように演技するのに疲れた』という事が原因のようです。男性に尽くす事を要求するのに、女性からLINEメールも送って来ないとなると、男性側も疲れ果ててしまうのです。

男性は、女性をゲットするために前向きに頑張りますが、女性の要求がエスカレートするばかりで、色々した挙句にようやく少し好きになってきたぐらいのペースに付きあわされると、男性は『これは結婚したら大変そうだ』と思って逃げたくなってしまうのです。結局、最初から女性の側に『その気』がないと、男性の側がホストクラブのホストにならないと、女性から好きになって貰えないという事になります。

男性側が一方的にLINEを送って、男性側がデートプランを決めて、男性側が女性に気を使ってお金を出すという事を行って、ようやく女性が少し気分が向いてきたけど、女性の側から特にアクションを起こさないという状況。そんな状態であれば、健全なお付き合いなど期待できません。20代前半であったり、年の差があれば、ホストになって追いかけてくれる男性はいるでしょう。

女性からの積極性

恋愛において大切になるのは、『女性からの積極性』です。男性がアプローチするのは、当然の事ではありますが、それに女性が積極的に乗らなかった場合には、恋愛として長期間にわたってうまくいく事はありません。

女性の事を知りたいと思って、女性に質問をしたとしても、一言しか返してくれないなど、女性が積極性を全く見せてくれなければ、男性としてもやる気を失ってしまいますね。女性とデートしたらスマホをチェックしたり、帰りたそうにしていたら、男性として「もういいや」と思う事でしょう。アプローチを続ければ、付き合ってくれて、結婚できるかもしれませんけど、結婚生活として長続きする事はないでしょう。

遠距離における疑似恋愛

遠距離恋愛は、疑似恋愛とされていて、遠距離恋愛の方がむしろ長続きするカップルもいます。遠距離恋愛では、会えない、触れ合えない期間が長期にわたるので、男性側の方が女性に触れたいという欲求が強くなるので、男性の方が遠距離をやめたいと思ったり、別れたい、浮気したいと思う事が多くなります。女性は、精神的に満足感を与える事ができれば、男性よりは遠距離恋愛を長続きさせることができます。

遠距離恋愛というのは、あくまで疑似恋愛になってしまうので、いずれ一緒になるという予定を立てておいた方がうまくいくでしょう。数年後の計画をお互いに話し合って、疑似恋愛からの脱却を模索出来るようになれば、遠距離恋愛を続けていく動機になります。

カテゴリ: 
タグ: 

20代男性と30代男性の「女性を扱う時に大人の違い」は、具体的にどこに出るのか?

  • 9 December 2018
  • のぶやん

慣れた男性になると、休日に昼から女性とのデートが入っていた場合、午前中のうちにメッセージを送って、『昼からデートだけど、体調は大丈夫?』というメッセージを送るところがポイントかもしれません。女性が『今日の体調は、ちょっと頭が痛いんだ』というと、デートを中止するという選択肢を持ち合わせているのがいけてる男性の取れる行動です。

20代の男性は、デートプランを作るのに必死な場合が多くて、女性の体調管理にまで気が回らない男性が多いです。そこが30代になってくると、もう少し頭の回転が良くなって、女性の体調まで気が回るようになってきて、朝にメールを入れたりする気の使い方が出来るようになってくる訳です。仕事をしながら、一方で女性を気遣う訳ですから、モテる男性のマメさというのは凄いものです。

20代男性と30代男性の「大人の違い」は、具体的にどこに出るのか?

マメな男性というのは、いつの間にか女性側から見ても連絡するのが当たり前、一緒にいるのが当たり前という感覚になっていて『気が付いたら付き合っていた』という状況になっています。「あれれ?何で私は毎日この人とLINEメールしてるんだろう」みたいに、女性も気が付かないうちに男性と一緒の世界に慣れてしまってるのです。

人間、楽しくないLINEメールなんて長続きしないですから、LINEメールが長続きしているという事は、お互いに何か意識があっての事なんでしょうね。

想定する範囲が広くなる

30代になると、デートの当日に女性が体調が悪いと言って突然にデートをキャンセルしたとしても、『想定された範囲内だな』と思えるようになります。普段のLINEメールのやり取りなどから、脈が薄いと判断して、デートの当日にキャンセルされるかもしれないという予測を立てて、レストランを当日まで予約しないなど、予測される事態に備えておくことができます。

女性のワガママに付き合わされても、それをうまくかわせるだけの知識を持ち合わせて、ギリギリで女性の上手をいくような男性こそ『余裕がある男性』としてモテます。例えば、女性が自ら触れてくるまでは、体に接触せずに距離をとって、女性が触れてくるようであれば、「じゃあ、もう1軒行こうか」と声をかけても良い事になります。脈あり・脈なしの判断も冷静に判断できる事がモテるコツになるでしょう。

30代男性の方がきめ細かい

30代男性になると、女性の体についても何となく勉強するようになるので、女性に対して『きめ細かいケア』ができるようになります。さらに、毎日のようにLINEをやり取りしていたりする女性だと、『あー、今週は重そうだなー』など、敏感に女性の体調を分かってしまう事もあります。

30代男性になると、20代男性よりも女性に対する理解が深まってくる分だけ、女性にイライラしたり、怒ったりする事もなくなってきます。そうすると、もちろん女性から『大人の男性は魅力的ね』と思われるようになり、それによって評価が高まります。

女性の体調は変わりやすい

世の中の男性で、優しい男性ほどモテる男性はいません。多少のルックスが悪くても、優しい男性という印象が女性に伝わるだけで、女性にモテます。女性の体調に気を使って、デートを中止したり、電車移動をやめてタクシー移動にして楽にしてあげたりという事が考えられます。

『タクシー代金が高くて大丈夫?』などと女性が気を使うふりをしてくれたら、つかさず「2人分の電車賃より、タクシーで移動した方がいいよ』と言ってあげるという具合です。

脈なしから脈ありまで持ち込める

30代になってくると、20代の頃と違って我慢強さが出てくる男性が多いです。最初に全く脈がない女性であっても、忍耐強くアプローチして脈ありに持ち込めるようになります。当初にあまり脈がない女性であったとしても、数か月ほどかけて、脈ありに持ち込むことができるようになります。特に結婚を考える男性にとっては、女性を脈ありにして何とか口説いて彼女をゲットしたい、もしくは将来的に結婚したいと考えるのは自然な事です。

特に警戒心が強い女性になると、1ヵ月ほど連絡したり、何度かデートしたぐらいで付き合おうとしない場合もあります。そんな時に女性のペースに合わせる形で、ゆっくりと恋愛を進める事ができれば、付きあう事ができるようになります。せっかちな20代男性にそんなに待つことは無理な事が多いです。

30代になってくれば、1ヵ月、2ヵ月ぐらい合わなくても、会う事を想定してLINEメールなどを継続する事が出来れば、それだけで脈なしを脈ありにする事は可能になります。もちろん、女性にも最初からある程度の「期待感」があればの話ですけど、女性の警戒心を解いていく作業をきちんと行う事で、脈ありに持ち込む事は可能です。

年上男性の技量と余裕

女性にとって、年上男性が余裕に溢れているのは理想的とも言えるでしょう。余裕を持つためには、それまでの経験に裏打ちされた技量が必要になります。海外旅行に行ったことがない男性が海外で女性をエスコートするなんて、無理みたいなもんです。

女性は、男性に大切にされたいと思っているので、とにかく嘘でもいいから大事にしてくれそうな男性を好きになります。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事