恋愛


アドセンス広告

結婚するタイミングを見つけたら飛び乗る方がいい理由!男性が決意するタイミングで結婚が決まる

  • 24 November 2018
  • のぶやん

日本における生涯独身率が急上昇しており、男性の5人に1人、女性の6人に1人が一生涯において結婚できない悲惨な状況になっています。女性の多くは、結婚しなければ『負け組になってしまった』と思ってしまいます。

結婚するタイミングを見つけたら飛び乗る方がいい理由!男性が決意するタイミングで結婚が決まる

男性が結婚を決断する時

男性が結婚したいと思う女性が現れたり、結婚を決断すると、凄く分かりやすい行動を取り始めます。それまでケチケチとしていた財布の紐がいきなり緩んで、女性に奢り始めたりしたら結婚を決意した時かもしれません。女性がいくら「結婚をしたい」と1万回叫んだとしても、男性がプロポーズの決断をしなければ、結婚する事はできません。

将来の状況、収入が見えない段階だと、男性側も心理的な負担を抱えてしまいます。女性側が『将来を一緒に頑張っていこう』と後押しする事によって、男性側がプロポーズしやすくなる可能性があります。最近、男性の平均年収はどんどん下がっているので、低年収だと結婚に不安を持ってしまうのは当然と言えるでしょう。

結婚を引き延ばす男性

カップルになって3年、4年、場合によって5年以上も付きあっているのに、結婚を決断しない男性がいます。そうすると、女性の側の年齢がどんどん上がってしまって、女性が30歳を超えてから『別れる』となると、男性側はまだチャンスがあるかもしれませんが、女性側のチャンスが限りなく限定されたものになってしまいます。

結婚をずるずると引き延ばす事で女性の年齢を上げさせる男性というのは、無責任以外の何物でもありません。女性の年齢の事も考えながら結婚を決断するのが良いでしょう。特に30代に入った女性と結婚を引き延ばす事は、相手の人生を破壊する事にも繋がるので、結婚を早めに決断する方が良いでしょう。

電撃結婚のカップル

最短で出会って1日で結婚するカップルもいれば、30代になると婚活市場で出会って1ヵ月で結婚するカップルもいます。1ヵ月ぐらいで相手の事を良く分からない状態で結婚するのは、それなりのリスクを伴うと思いますけど、男女ともに『30代後半になってとにかく焦っている』という状況であれば、十分にあり得る事で、実際に1ヵ月の結婚は良くある事です。

電撃結婚は、男性側よりも女性がが本気にならないと実現しません。出会ってから1ヵ月での結婚というのは、女性の気持ちが盛り上がる前に結婚してしまうような状況です。それでも、30代後半で子供が欲しいという事であれば、早めに結婚をしないと、子供ができる年齢制限に達してしまうので、電撃結婚カップルは、その時から既に子供を考えている場合も多いです。

30歳を超えるとすぐ結婚

30歳を超えた女性と付き合う場合には、すぐに結婚を意識する場合がほとんどです。子供の出産を考えると、ダラダラと付き合う時間は、それほど残されていないからです。男性にとっても、女性にとっても、30代の1年、1年が非常に大切になります。特に女性にとっての35歳からの1年は、20代の2年~3年分の価値に匹敵する非常に大切な時で、35歳から40歳までは、出産も最後のチャンスとされています。

30代の女性は、婚活市場で不利とされていますけど、恋愛で最高に不利という訳ではありません。恋愛市場では、沢山いる男性の中から1人の男性に深く愛されれば良いという事です。30代女性であれば、沢山の同年代の男性、少し年上の男性から相手にして貰える年代でもあります。自分の魅力を高めるために日々努力するようにすれば良いでしょう。

カテゴリ: 
タグ: 

恋愛は、自分から動いた方が得をするという原理とは?行動する事で問題点を把握できる

  • 24 November 2018
  • のぶやん

恋愛に限った事ではありませんけど、何でも自分で計画を立てて動いた方が勝ちです。自分から提案できなければ、誰かの人生を生きてしまう事になるからです。デートに相手が乗り気でないところを『何とか乗り気にさせて楽しませる』というのは、スキルが必要で、誘った方がそのスキルを身に付ける事ができるようになります。

相手のために尽くすという事は、自分の情報収集にも繋がるので、様々な情報を手に入れる事ができます。誰かのために何かをしようという思いがなければ、そもそも情報を手に入れる事もないですし、情報が手に入る事もありません。

恋愛は、自分から動いた方が得をするという原理とは?行動する事で問題点を把握できる

行動すると問題点が分かる

恋愛で行動すると、その時に問題点が分かるようになってきます。問題点が分かると、次から改善する事ができるようになってくるので、恋愛がどんどん上手になる可能性があります。全く恋愛が分からないと、どのように行動すれば良いかも知る事ができません。

LINEのやり取りであったり、デートの方法なども、ある程度の経験を積まないと成長できない可能性があります。特に最近の女性は、経済力を付けて目が肥えてきているので、大人の男性であれば、それなりの大人の振る舞いが求められるようになります。

行動→問題点の把握→改善

失敗するパターンとしては、最初のデートで張り切り過ぎて、高級ホテルのディナーを選んでしまうという例です。最初は、昼間のホテルランチであれば気軽なものですけど、夜にホテルだと目的があるみたいに見られても嫌ですし、それに最初のデートとしては、支払う価格が高すぎて相手に心理的な負担を与えてしまいます。

脈あり女性の場合には、最初からディナーを入れてくる事があります。その場合には、支払価格が相手の心理的な負担にならないぐらいが良いでしょう。また、女性が交通費をかけてきてくれた場合、『わざわざ来てくれてありがとう』という言葉で、女性に対して来てくれたお礼を言っておくのもマナーです。

手順を踏んでゆっくり進める

最初にウザくない程度に軽いLINEの軽いやり取りを行います。LINEを永久にやり取りしても距離がいっこうに縮まりませんので、さっさとデートに誘うのが一般的です。特に親しくない場合には、軽いランチ程度で十分でしょう。既にある程度の親しさがあるならば、午後から約束して、ディナーデートもありかもしれません。

デートで重要なのは、デートのやり取りを行う過程です。相手がどんな場所が好みなのかを上手に聞き出さなくてはいけません。また、相手の仕事の状況が忙しかったり、サバサバした性格であれば、こちらが無難なレストランで決めてしまうのも良いでしょう。

最初に仲良くなる事

最初に相手と仲良くなって『様子を探る』ことから始めなければいけないので、相手の様子を探る事が大切になります。そのためには、2人のデートであるという事をわきにおいて、「自分が行ってみたい場所だからいく」とか「自分が行ってみたいレストランだから行く」など、言い訳を付けて誘う事は、気楽に誘う上で大事になります。

仲良くなって「脈なし」と分かる場合もあるので、その場合にはサッサと手を引くのが肝心です。大人の恋愛というのは、相手の事も、そして自分の事も考えてお付き合いするのが常識であり、相手にその気がないのに何度も連れまわすのは、お互いにマナー違反と思うべきでしょう。30代になれば、男女ともにそんな暇な時間はどこにもありません。

デート食事プランの構成

食事のデートの時には、男性側が女性側に2,3個のレストランを提示するのが普通です。例えば、イタリアン料理、スペイン料理、アジア料理などのプラン提示が良いでしょう。相手の年齢、学歴、所得などに応じて、どのぐらいのプランが良いかという事を検討します。

最初のデートプランとしては、そこそこ高級感はある内装で、食事の評価が高い場所が良いでしょう。リラックスできないと話にならないので、雰囲気が良くてもリラックスできるお店が良さそうです。お酒は、飲まない女性が多い事を考慮すると、お酒を入れない方が女性には高評価になる場合が多いです。女性がお酒付きを公言している場合には、その限りではありません。

2人の関係を発展させるデートプラン

単に食事デートだけしていたとしても、2人の関係というのはいっこうに発展しません。そこに少しイベントを加えていく必要性が生じてきます。このデートというイベントにおいて、いかに特別な時間を幸せに過ごさせてあげるかというのは、男性の腕の見せ所でもあります。

自分で女性に対して付き合いたい、この人を愛したいと思うのであれば、早めに手を繋いだりするなどのスキンシップを取る方が良いでしょう。あまり軽々しく相手に手を出すのは、良い事ではありませんが、いつまでも手を出すのを引き延ばしていると、恋愛対象として見られなくなってしまいます。

デート中に仕事の話をしないこと

デート中に仕事の話をする事は、男性にとっても、女性にとっても、聞きたい事ではない事が多いです。男性の仕事のネタというのは、女性にとっては「ほんと、どうでもいいから」と思うような事が多いです。労働者の仕事というのは金を稼ぐための道具に過ぎず、女性は『仕事の充実を金にかえて女性に尽くす』ことを期待しているからです。

仕事については、『聞かれたら、短めに軽く答える』ぐらいで良いでしょう。相手に何から何まで仕事について理解して貰う必要は全くありません。デート中に相手を楽しませることが全てであり、それができなければ、仕事もできないだろうと女性に思われてしまいます。

仕事の話ばかりするというのは、自分に対するコンプレックスでもあるでしょう。デートの相手に対して「自分がどれだけ有能であるか」という事を示す事で、相手の気をひくことができるだろうと考えているのです。男性の場合には、仕事ができた方が良いと女性が思っていると信じてますからね。

仕事に熱中して、仕事の出来る自分=社会的評価で自分の価値と思っている人は、デート中の会話も面白くないでしょう。しかし、実は仕事の話しかしない人は、プラスの面もあります!そのプラスの面は、仕事に熱中しているので、浮気しづらい人が多いという事です。仕事を熱心にしている人は、恋愛を熱心にしている人よりもいちずで浮気しないのです。だから、デートはつまらないけど、将来の結婚に向いている人と言えば、そうかもしれません。

カテゴリ: 

キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?デートで聞きたくない仕事ネタ

  • 24 November 2018
  • のぶやん

世の中で『キャリアウーマン』と言われる忙しく働いている女性ほど結婚していない事は、統計上も明らかになっている事実です。テレビにタレントで出演してくるようなキャリアウーマンでも、結婚していない女性も多いですね。仕事と恋愛を掛け持ちする厳しさが分かります。まして、子育て&出産ともなってくると、本当に大変な苦労になるでしょう。

キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?

付きあってもうまくいかない

キャリアウーマンは、仕事の熱中度が高すぎるので、付きあってもうまくいかない事が多いです。サバサバしている性格の女性が多くなっており、仕事は第1、男は第2という考え方をしてくると、男性が連絡しても返事をしなかったり、下手をすれば会えないという事がでてきます。『仕事が忙しいから会えない』と言われて嬉しい男性はいませんので、別れの原因にもなります。

結局、男性の側が必死で働く環境にあり、女性の側も必死で働く環境にあれば、すれ違いが大きくなってしまいます。男性、女性共に相手に合わせないと、一緒に過ごすのは難しい状況になります。男性側が自由職業であるなど、女性に合わせる環境になうと、付きあいを継続するのも難しくなるでしょう。

おだてるのがメンドクサイ

キャリアウーマンの特徴として、男性を立てるより自分を立てて欲しいと思っている人が多いです。『私は忙しいから慰めて』みたいな状態で、男に慰めを求めてきたり、おだててほしいと思っています。男性に『仕事、良く頑張ってるね』と言ってほしい気持ちになるのは分かりますが、逆に男性を慰めたり、おだてたりしなければ、男性は寂しい気持ちになってしまいます。

男性は、慰めたり、おだてたりされないと寂しい、辛い思いになって、キャリアウーマンよりも、自分を慰めたり、おだてたりする女性を狙うという事は良くあることです。

話をする内容が仕事自慢

キャリアウーマンは、男性に対しても何故か自分の仕事の自慢をしがちです。仕事の話は、プライベートではあまり話さないという男性が多い中で、堂々と仕事の話をされると、一応話は合わせておくかと思いますけど、内心では「めんどくさい人だなー」と思ってしまいます。仕事に熱中しているのは分かりますけど、キャリアウーマンが自慢したい仕事の話なんて聞かされても、会話としては全く面白みがありません。

「私はこんなに仕事で頑張っている」と男性に自慢しても、「あっそ、俺はそれ関係ないカラ」と思われてますよ。女性はマルチタスクができると言われていますけど、そんなことは嘘です。仕事に熱中している女性は、デート中も何故か仕事の事を話したくなってしまうのです。自分が仕事でいかに頑張っているかを男性に認めてもらおうとします。付きあう男性は会社の上司ではありませんので、仕事の話は「勘弁してくれよ」と思います。

デートで仕事の話を避ける

仕事が彼と同じ分野であれば「休日なのに仕事の話で休んだ気がしない」と思われてしまいますし、仕事が彼と違う分野であれば「分野が違うから良く分からん」と思われてしまいます。女性が仕事に生きるのはカッコいいと思われたりしますけど、癒しを求める男性にとって見たら、休日まで働かされているような気分になって、「彼女が俺の事に興味がなさそうだから、キャバクラにでも行って誰かに話を聞いてほしい」と思う男性もいるのではないでしょうかね。

女性がキャリアウーマン化すると、男性と競い合うために仕事に熱中せざる得ないという事情もあるのだと思います。そうしないと、仕事で女性が生き残っていく方法がないんです。結果として、パートナーの男性は、仕事の話ばかり聞かされてウンザリして、『そんなに仕事が好きなら、仕事一筋で生きてくれ』と心の中で思ってお別れするパターンが多いのだと思います。仕事熱心なキャリアウーマンに良い母親をどうしても想像できないんですね。

男性側としても、デートで仕事の話はしない方が良いでしょう。仕事を一生懸命に頑張っている人ほど、『頭の中が仕事に集中しすぎ』の状態で、他の事が全く頭に入ってきません。あまりに仕事に集中しすぎる事で、『デートにも仕事モードを持ち込む』のは避けた方が良いでしょう。

男の事を勘違いしている?

キャリアウーマンの特徴として、自分が学歴が高い、仕事で地位があるという事から男がおじけずいて近寄ってこないと考えている人もいるようです。男が近寄ってこないのは、ほとんどすべての場合で、おじけずいて近寄ってこないのではなくて、特に付きあう気にもならずに近寄りたくないから近寄らないのです。

男性は、キャリアがあろうがなかろうが、自分が興味を持った女性には積極的に関わりたいと思っています。話をしていて『微妙だなー』と感じるので、あまり近寄らないようにしているという事があります。

30代なのに勘違いしてる

30代になっているにも関わらず、自分がモテると思っているキャリアウーマンは、同年代からは相手にされないので、相手にしてくれる上司・やり手の40代などに遊ばれる事も多いです。自分の青春を仕事に注ぎ込んで僅かな金を得た見返りに、結婚できずにずるずると30代を過ごして、40歳になってしまう女性も少なくありません。

20代で美人であれば、仕事の内容だろうが、ギャンブルの話だろうが、男はどんな話でも喜んで聞いてくれるんです。それは、話の中身に全く興味がなくても、その人自身に興味を持つからです。30代になると、その人の外見で勝負するのが難しくなるので、話の中身に興味がないと聞きたくなくなります。

出産する気がないと思われる

キャリアウーマンは、出産する気がないのではないか?と思っている男性も多いです。日本では、産休が取りづらかったり、職場の理解がない場合も多い悲しい現実もあります。キャリアウーマンが結婚相手を見つけるためには、自分に出産の意思がある事を男性にも理解して貰う必要があるでしょう。

カテゴリ: 
おすすめ: 

婚活学講座 尊敬婚のすすめ




男の婚活は会話が8割 「また会いたい」にはワケがある!

男性が『運命の女性』と感じて結婚したくなる本命女性に選ばれる方法

  • 23 November 2018
  • のぶやん

男性というのは、女性に比べて『結婚の決断がなかなか出来ない』と言われています。モテる男性であればあるほど、結婚の決断は遅くなる傾向があります。その理由としては、『今の人より自分にもっと似合う人がいるはずだ』という思い込みによるもので、実際に40歳になっても出会いがなくて結婚できない『元イケメン男性』が沢山います。

男性が『運命の女性』と感じて結婚したくなる本命女性に選ばれる方法

男が決定したら動く

男性は、この人だ!と決めた後に体が勝手に動き始めます。今までケチケチしていた会計を払うようになったり、高級ホテルに宿泊したりと、結婚しようと感じた瞬間から今まで以上に女性に尽くすようになってくれることでしょう。女性が男性に結婚を迫っても、なかなか決断しませんので、男性が決断する『その時』をしばらく待ってみるのが良いでしょう。

男性がどうしても結婚を決断しないようでれば、『結婚するか別れるか』という事を迫って、結婚しない場合に別れるのも仕方ない事です。半年~2年ぐらいして男性側に復縁の遺志があれば、復縁して結婚するという道を選択しましょう。

連絡もマメになる

本命女性に対しては、忙しい男性も連絡がマメになります。特に結婚を決めた!と思った頃からは、『自分の1人だけの女性だから大事にしなくちゃ』という考え方になります。本命の女性以外には、自分から連絡する事は少ないですが、本命の女性には、自分から積極的に連絡しようとします。

本命の女性に対しては、相手の日程にも合わせて調整しようとしたり、デートを楽しませようとして相手の要望を聞いたりする事も増えてきます。

恋愛・婚活で異なる判断基準

恋愛して結婚する事のメリットは、婚活以上に相手を判断する事に時間をかけられるという事です。婚活では、男は経済力、女は若さみたいに見られたりしますが、恋愛からの結婚はそれほど単純ではありません。男性にお金がなくても結婚に踏み切る女性もいれば、若くない女性に対しても結婚を申し込む男性もいます。

このように考えると、恋愛・結婚というのは、婚活よりも総合的な条件で判断して貰える場所だという事がわかります。自分の総合力で判断してほしいと思っている女性は、恋愛からの結婚の方が圧倒的に有利な男性に巡り合う事ができそうです。男性に目もくれずに勉強・仕事を頑張ってきた30代の女性などは、恋愛結婚向きでしょう。

カテゴリ: 

良い男と悪い男の見分け方は?男が本命として最後に選ぶ女性の条件

  • 23 November 2018
  • のぶやん

デヴィ・スカルノさんは、『女が男を選んではダメ。女は男から選ばれるの』と婚活の持論を述べています。女性が男を追いかけてもダメで、男が女を追いかけた方が女性が幸せになれるという事ですね。

特に女性の恋愛は、20代後半で婚期を逃すともう人生が狂わされる可能性を秘めた『人生かけた恋愛』になる事が多いです。もし、20代で真面目にお付き合いした男性と30歳前後で別れると、その婚期を逃した打撃で一生涯結婚できなくなる可能性が出てきてしまいます。

良い男と悪い男の見分け方は?

本当に愛するというのは?

本当に愛するというのは、イライラする事も含めて、相手の全てを受け入れるという事になります。正直、様々な話を聞くと、恋愛だと腹が痛くなったり、眠れなくなったりすることは沢山ありますけど、それは愛するが故の事でしょう。もし、相手の事を愛していなければ、つまり「遊び相手」であれば、相手の事なんてどうだっていいんです。相手が別の男に流れたらサヨナラすればいいだけで、痛くもかゆくもない。

女性の喜びを提供する

女性が何を喜ぶかというのは、女性自身も良く分かっていない事があり、女性の趣味に合わせた形で男性が喜ばせてあげるセンスと腕の見せ所になります。最近の稼いでいる女性は、高級ホテルに行ったぐらいで喜ばない女性も多くなっていて、「定番デート」が通用しなくなってきています。女性の喜びは、自分に合ったプランの提供に変わってきているのです。つまり、男性の行きたい場所ではなくて、女性が行きたい場所に連れていかないといけないという事です。

必ずしも高給でなくても相手の趣味に合わせた場所に連れて行けば、喜ばれる可能性が高まります。例えば、お笑いが好きなら吉本の劇場デート、オペラが好きなら新国立劇場のオペラ劇場、映画が好きなら一緒に映画に行くなど、相手の趣味・嗜好を加味してデートで行く先を決めれば、好感度が上がります。

決めつけると不幸になる

相手の断片的な情報で、相手に対して不信感を抱くというのは、不幸のもとになります。女性によくあるのは、男性が連絡を返さないから、愛されてない!浮気した!と妄想する人達です。浮気なんて全くしてないし、浮気を全くする気もないにも関わらず、妄想して「浮気していると思う」と決めつけているのです。

彼氏が自分に本当に本命でない態度を取っているかという事は、日頃の態度を見ればわかるはずなので、彼が本命か否かという事を良く観察して冷静になりましょう。ほとんどの男性は、真面目に付きあったら浮気をしません。

家族・友人への紹介

大切な人は、大切な家族・友人に紹介します。特に仲良くしていた友人に紹介したり、お世話になった先生に紹介したりするというのは、本気中の本気です。

自分の人生のあげまん

男性の人生を持ちあげてくれる女性は、男性にとって『この人が必要だ』と思わせます。自分を適度に持ちあげてくれて、自信を育ててくれる女性こそ「あげまん女性」と言えるでしょう。もちろん、それは女性の側にも言える事で、女性の側も「この男性といて一緒にいて人生が楽しくなった、仕事がうまくいくようになった」と思えるようになれば、あげまん男性と一緒にいたいと思う事でしょう。

カテゴリ: 

男性が「この女性と結婚したい」と決断する時は?男性がプロポーズを決意する時

  • 20 November 2018
  • のぶやん

男性の価値基準というのも、人それぞれで非常に大きく異なってきます。さらに、今までモテすぎていたイケメン男性と、全くモテない彼女なし男性の価値観も異なるでしょう。正直、『この女性と結婚したい』と男性に思わせるテクニックみたいなものは、存在しないと言っても良いかもしれません。男性ごとに価値観が大きく異なるからです。

結婚相手にそれなりのルックスを求める人もいれば、結婚相手に女性らしさを求める男性もいるでしょう。また、子育てを考えて学歴などの条件を考える男性も増えています。基本天気には、自分と同じぐらいのレベルと付き合って結婚するというのが普通です。

カップルのバランス

基本的には、結婚するカップルにバランスが取れている事が多いです。モテる男性には、女性が集中しますが、男性側もかなり厳選します。同じようにモテる女性に男性が殺到して、女性側もかなり厳選します。結果として、モテる男性とモテる女性が結婚する例が多いのは、お見合い番組を見ると分かる通りです。

男性のモテ期ピークは、会社員の収入がジワジワと上がってくる33歳ぐらいであると言われています。一方、女性のモテ期ピークは、27歳ぐらいであるとされています。つまり、男性33歳、女性27歳ぐらいのカップルが最も輝くカップルになる可能性が高いと言う事もできるでしょう。そこから2,3歳ずれても、輝くカップルとしてはいけます。

子供を意識する

どの男性にも1つ共通して言える事は、『子供の事を意識していて、子育てがうまくできそうか』という事です。結婚の話をする女性が多いですが、結婚の話より子供の話をした方が、むしろ男性は『この女性と結婚したい』と思う動機になる可能性が高いです。そう考えると、35歳以上の女性が少し厳しいかもしれませんが、37歳ぐらいまでは許容範囲です。

私の友達にも聞いてみると、結婚しようと決意した動機は『何となく』でした。女性の年齢から考えて『この人と結婚しようかな』と思った時に結婚を決めているような気がします。

私が結婚を申し込みたい人

基本的には、今まで付き合った女性で最も良い女性であり、子供を良く育ててくれそうだと思う女性と結婚したいでしょう。子供の教育を考えると、女性に学歴を求めるのは仕方ないような気もします。出来れば修士以上の学歴を持った女性と結婚したいと思うでしょう。そうすれば、子供の学力もそれなりが期待できます。

・学歴は大卒・できれば修士以上
・海外留学経験あればなおいい
・部屋を綺麗にしている
・そこそこ美人
・できれば高身長(160以上)
・23歳~37歳以下(子供産むため)

自分が安定したと感じた時

仕事が安定してきたり、仕事を順調に感じている時には、結婚したいと思いやすくなる事は事実でしょう。自分に自信もついてきて、『そろそろ結婚しようかな』と思うパターンです。

女性が結婚を迫っても、男性がなかなか結婚を決断しないのに、ある日突然に『結婚しよう』と言い始めるのは、男性が自分の都合で勝手に結婚する日を決めてるからです。そろそろ結婚しようかな・・・と考えた時に、候補になる良い女性が居れば、その人と結婚すると思います。例えば、『金が300万貯まったから』という理由が結婚の決断理由だったりするので、女性には「は?!」と思うような事だったりします。

カテゴリ: 

20代の女性レベル全体が上昇しているので、少数の良い男性の奪い合いになっている実態

  • 19 November 2018
  • のぶやん

世の中の恋愛の話は、多種多様であり、状況によって様々な事が起こってきます。良くあるのは、20代後半で付き合っていたカップルが別れて、その後に片方が結婚したけど、片方が一生涯独身というパターンです。男性側がふった場合でも、女性側が降った場合でも、30歳前後にふった、ふられたというのは、『次のパートナーが見つかりづらい』という点において、人生にとって痛手になる可能性が高いです。

本当に良い男性は、自分が好きになった女性を捨てたりしない。

年齢が上がるにしたがって、パートナー選びにも慎重になるし、男女ともに40歳をすぎたらパートナーなんて見つかる可能性が極めて少なくなります。

男性にセンスがないと結婚できない

結婚する時に女性が重視してい見ているのは、経済力=年収・お金である事は間違いありません。しかしながら、現実問題としてサラリーマンの年収なんて隠さなくなって、会社名を聞けばおおよそ見当が付いてしまうぐらいで、ほとんどのサラリーマンの年収は、100万、200万円ぐらいしか変わるところがありません。年収以外のセンスは、かなり重要になる事は間違いありません。

大人になると、教育水準が高くて知的な事を話せる人というのは、それだけで女性からモテたりします。インスタなどで『どんな女性と繋がっているか』であったり、日頃からどんな場所に出入りしているかというのも重要です。

女性の目が肥えている

最近では、大卒で留学経験のある女性も多くて、女性の目がかなり肥えてきています。留学経験がなくても、海外旅行に頻繁に行くような女性も増えています。このような経験豊富な女性に対しては、単に国内の高級ホテルを紹介しただけで満足させるのは難しいと言えるでしょう。高級料理店に連れて行っても、喜ぶのは最初だけと言った具合です。

女性の教育水準が上がって、男性が女性をリードする時に求められるレベルも上がっていると考えるべきでしょう。いい女に『いい男』と思われるためには、様々な博識を持ちながら会話できる男性を目指さなくてはいけません。それは、男性にとって簡単なことではありません。

最近の東京20代女性はこんな感じで、これに釣り合う男性は、そんなに沢山いるとも思えません。だから、同年代を逃して30代になると、結婚出来なかったりするんですよね。その場合には、外国人と付き合うというのは、1つの方法かもしれません。

・大卒の女性たち
・海外留学経験ある女性たち
・海外旅行に良くいく女性たち
・ジムにも通って肉体美
・化粧もできる女性たち
・ファッションもそれなりのセンス

高学歴と言わなくても、それなりに知性を見せる場面がないと、こうした女性を扱うのは大変。男性に求められる教養の幅が広がり過ぎて、国際的な感覚まで求められるようになってくると、男性が相当にハイレベルにならないと、女性をエスコートできないです。

芸能人が一緒にハワイ旅行に行くのは、今ではもう『当たり前すぎて話題にもなりません』けど、ハワイではなくてヨーロッパの方にも詳しければ、さらに世界観が広がって魅力的になります。

肉体美と知性美を磨く

女性の目が肥えていると、外見にも相当に厳しいチェックが入ります。『一緒に歩きたくなるか』というのが重要なポイントになっており、外見が良い男性というのは、彼氏として自慢したいという思いも強いでしょう。身長を変える事ができないのは仕方ないとしても、筋肉質で細い健康的に見える体つきが求められます。

・ジムに通う
・英語力を磨く
・海外でも活躍できる
・ファッションセンスを磨く
・独自の情報源を持つ
・周囲から尊敬される

深みのある知識というのは、ある程度の方向性を持ったものになり、単なる情報ではなくて『自分の世界観』としても発展させる必要があります。自分の生きてきた世界と、新しく得た情報の結合です。

お金の使い方で知性が分かる

お金をどのように使うかで、知性が分かります。ケチなのは悪い事ではありませんけど、使うべきところでお金を使えないのは問題です。

カテゴリ: 

女性30代後半になったら結婚を諦めた方がいい?30代後半の女性が結婚する方法

  • 19 November 2018
  • のぶやん

婚活市場において、男性の価値はギリギリ39歳までは何とかなるかもしれません。しかし、女性の場合に35歳を過ぎると価値が大暴落して、ほとんど相手にされなくなってしまいます。婚活市場では、40以上の男性、35歳以上の女性は非常に厳しいので、婚活をした人の中には、結婚を諦める人も多く出てくる事でしょう。

女性30代後半になったら結婚を諦めた方がいい?30代後半の女性が結婚する方法

自分の周囲から探す事が大事

35歳以上の女性で結婚したという人の多くは、婚活市場ではなくて、自分の出会いの中から結婚をしています。発言小町で35歳以上の結婚した人の書き込みを見ると、そのほとんどが自由恋愛から結婚に至っており、婚活で結婚した人は僅かに少数があるのみです。やはり、婚活市場における年齢は揺るぎないものであり、37歳を相手にしてくれる男性を見つけるのは至難の業です。

結婚相談所に入会するには、入会金、その他にパーティの都度にお金がかかります。そのお金をかけたとしても、37歳以上の女性が成約する見込みというのは、ほとんどありません。20代の女性もいる中で、37歳の女性を選びたいと思える男性は、ほとんどいないからです。

37歳女性が結婚できる確率

35歳を過ぎると、男女ともに出会いの数が激減(同年代の周囲が結婚するので当然ですね)するので、結婚できる確率が激減します。統計的に見ると、35歳を過ぎた男女が5年後に結婚している確率は、5%以下という事もあり、非常に厳しい状況です。これは、40代が出産する割合である約5%と同じぐらいの数値であり、『相当に覚悟がないと厳しい』と言える状況です。

37歳女性は、出産のタイムリミットである40歳が近いので、出産を望む男性から距離を置かれる事になるのです。37歳で彼氏がいなければ、そこから付き合い、結婚、出産という時間は、37歳がもう『ラストチャンス』である事を意味しています。もし、37歳を逃したら、あとはないのです。

フィーリングを重視。条件は完全無視する。

フィーリングがあって、一緒にいて楽しいと感じたら生涯一緒にやっていける可能性があるでしょう。いくら金があっても、幸せは掴む事ができません。フィーリング重視で、良さそうだったらさっさと結婚すればいいのです。もちろん、相手が結婚を希望すればという事ですけど、相手がニートでも、フリーターで経済力がなくても、『将来頑張る』と言っていれば、それを信じた方がいいです。

親は娘の事を心配して、『この人で大丈夫?』とか言ってくるかもしれませんけど、全く聞く必要はありません。どんなに円満カップルでも、離婚する時には離婚します。お互いのフィーリングがあって、結婚の意思があるならば、結婚すべきです。両親の意見を参考にするのもいいですけど、両親が彼と結婚する訳ではありませんから、自分のフィーリングの方を大事にしましょう。

両親・37歳女性の無理かい

両親・本人ともに危機意識が全くないと、結婚は絶対に遠のいてしまいます。37歳になると、男性から『あなたしかいない、あなたと結婚したい』と言われる確率は、ほとんどないのです。37歳女性に男性がかける言葉としては、『あなたと結婚してもいいです』ぐらいの緩いもので、結婚出来なかったらできなかったで、別の人を探せばいいやと思っているんです。37歳より年齢が若い女性はいくらでもいますから。それを勘違いして『やる気がない、誠意が感じられない』などと言っていると、生涯独身に突入です。

37歳ともなれば、今までの経験から決断が出来る年齢になっているので、最初から『結婚を前提』として話を進めて、1週間ぐらいでサクサク結婚まで持ち込まないとダメな年齢です。20代の頃のように、ダラダラと恋愛の駆け引きなどしている時間は、本当にもう、どこにもないんですよね。男性に「キープ」されている状態があるならば、もう完全に縁を切らないと、自分の人生を犠牲にする事になります。

勢いで結婚、妊娠!これしかない。

37歳女性は、20代の頃のように考えていたら、絶対に結婚できません。体が拒否反応を示さないのであれば、目の前に来た男の年収が低いとか、実家の長男とか、細かい事を気にせず、勢いで結婚まで持ち込むのが一番です。だって、そうしないと生涯独身が本当に確定する年齢なんですからね。

元カレとの復縁を狙う

37歳で元カレが結婚していないのであれば、元カレとの復縁を狙うのは、1つの方法として有効です。『そんな、もう元カレは無理』と言ってたら、生涯独身に突入です。可能性がありそうなところは、全て探りを入れていく必要があります。もし、元カレから『未練の連絡』なんてものがあったら、超ビックチャンスです。相手が結婚する気であれば、さっさと結婚した方がいいです。

実際、30代で元カレと復縁した人は、彼氏が結婚が前提で前向きに来てくれるので、サッサと結婚してます。元カレは、30代後半の女性にとっては、『過去に投資した時間・お金を回収する』という事で、非常に効率的です。ゼロから知らない男性と付き合って、ときめきあって結婚なんて考えていると、もう40歳を超えてしまいますからね。元カレと結婚するのは、話が早いです。

37歳のお見合い結婚なんて、出会って3ヵ月で相手の事も良く分からないで結婚する人がほとんどです。そんな事を考えると、場合によって3-5年も付きあっていた元カレとの結婚は、相手の事を良く理解しているので、結婚するという意味で非常に現実味があります。元カレがフリーであれば、元カレとの結婚を狙うのは、優先順位として非常に高い場所にあります。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事