デート


アドセンス広告

一般に食事、ショッピング、観光や映画・展覧会・演劇・演奏会の鑑賞、遊園地・アトラクション、夜景などを楽しむ、といった内容であることが多いが、これらの行為そのものよりも、それを通して互いの感情を深めたり、愛情を確認することを主目的とする。

オックスフォード英語辞典では、社交的または恋愛的な会う約束と定義されている。お互いのことをより深く知ることで、交際を深めることができる。事前に立てられた計画をデートプラン、事前に計画したデートの道筋はデートコース、デートをする際に適しているとされる場所はデートスポットと呼ばれている。 2人で過ごす時間をただ楽しむためだけではなく、交際を順調に進めるための目的を一方が計画している場合もある。

デートの最中において、恋人同士と認識した交際をしたい旨を正式に申し込む、初めてのキスをする、プロポーズをすることなどがある。 日本性教育協会第4回青少年の性行動調査によると、男性は17歳、女性は16歳でデートの経験が50%を越える。 上記の様な男女の恋愛交際という意味以外にも、単純に異性同性問わず遊びに行くことを「デートする」と表現する場合もある。

20代男性と30代男性の「女性を扱う時に大人の違い」は、具体的にどこに出るのか?

  • 9 December 2018
  • のぶやん

慣れた男性になると、休日に昼から女性とのデートが入っていた場合、午前中のうちにメッセージを送って、『昼からデートだけど、体調は大丈夫?』というメッセージを送るところがポイントかもしれません。女性が『今日の体調は、ちょっと頭が痛いんだ』というと、デートを中止するという選択肢を持ち合わせているのがいけてる男性の取れる行動です。

20代の男性は、デートプランを作るのに必死な場合が多くて、女性の体調管理にまで気が回らない男性が多いです。そこが30代になってくると、もう少し頭の回転が良くなって、女性の体調まで気が回るようになってきて、朝にメールを入れたりする気の使い方が出来るようになってくる訳です。仕事をしながら、一方で女性を気遣う訳ですから、モテる男性のマメさというのは凄いものです。

20代男性と30代男性の「大人の違い」は、具体的にどこに出るのか?

マメな男性というのは、いつの間にか女性側から見ても連絡するのが当たり前、一緒にいるのが当たり前という感覚になっていて『気が付いたら付き合っていた』という状況になっています。「あれれ?何で私は毎日この人とLINEメールしてるんだろう」みたいに、女性も気が付かないうちに男性と一緒の世界に慣れてしまってるのです。

人間、楽しくないLINEメールなんて長続きしないですから、LINEメールが長続きしているという事は、お互いに何か意識があっての事なんでしょうね。

想定する範囲が広くなる

30代になると、デートの当日に女性が体調が悪いと言って突然にデートをキャンセルしたとしても、『想定された範囲内だな』と思えるようになります。普段のLINEメールのやり取りなどから、脈が薄いと判断して、デートの当日にキャンセルされるかもしれないという予測を立てて、レストランを当日まで予約しないなど、予測される事態に備えておくことができます。

女性のワガママに付き合わされても、それをうまくかわせるだけの知識を持ち合わせて、ギリギリで女性の上手をいくような男性こそ『余裕がある男性』としてモテます。例えば、女性が自ら触れてくるまでは、体に接触せずに距離をとって、女性が触れてくるようであれば、「じゃあ、もう1軒行こうか」と声をかけても良い事になります。脈あり・脈なしの判断も冷静に判断できる事がモテるコツになるでしょう。

30代男性の方がきめ細かい

30代男性になると、女性の体についても何となく勉強するようになるので、女性に対して『きめ細かいケア』ができるようになります。さらに、毎日のようにLINEをやり取りしていたりする女性だと、『あー、今週は重そうだなー』など、敏感に女性の体調を分かってしまう事もあります。

30代男性になると、20代男性よりも女性に対する理解が深まってくる分だけ、女性にイライラしたり、怒ったりする事もなくなってきます。そうすると、もちろん女性から『大人の男性は魅力的ね』と思われるようになり、それによって評価が高まります。

女性の体調は変わりやすい

世の中の男性で、優しい男性ほどモテる男性はいません。多少のルックスが悪くても、優しい男性という印象が女性に伝わるだけで、女性にモテます。女性の体調に気を使って、デートを中止したり、電車移動をやめてタクシー移動にして楽にしてあげたりという事が考えられます。

『タクシー代金が高くて大丈夫?』などと女性が気を使うふりをしてくれたら、つかさず「2人分の電車賃より、タクシーで移動した方がいいよ』と言ってあげるという具合です。

脈なしから脈ありまで持ち込める

30代になってくると、20代の頃と違って我慢強さが出てくる男性が多いです。最初に全く脈がない女性であっても、忍耐強くアプローチして脈ありに持ち込めるようになります。当初にあまり脈がない女性であったとしても、数か月ほどかけて、脈ありに持ち込むことができるようになります。特に結婚を考える男性にとっては、女性を脈ありにして何とか口説いて彼女をゲットしたい、もしくは将来的に結婚したいと考えるのは自然な事です。

特に警戒心が強い女性になると、1ヵ月ほど連絡したり、何度かデートしたぐらいで付き合おうとしない場合もあります。そんな時に女性のペースに合わせる形で、ゆっくりと恋愛を進める事ができれば、付きあう事ができるようになります。せっかちな20代男性にそんなに待つことは無理な事が多いです。

30代になってくれば、1ヵ月、2ヵ月ぐらい合わなくても、会う事を想定してLINEメールなどを継続する事が出来れば、それだけで脈なしを脈ありにする事は可能になります。もちろん、女性にも最初からある程度の「期待感」があればの話ですけど、女性の警戒心を解いていく作業をきちんと行う事で、脈ありに持ち込む事は可能です。

年上男性の技量と余裕

女性にとって、年上男性が余裕に溢れているのは理想的とも言えるでしょう。余裕を持つためには、それまでの経験に裏打ちされた技量が必要になります。海外旅行に行ったことがない男性が海外で女性をエスコートするなんて、無理みたいなもんです。

女性は、男性に大切にされたいと思っているので、とにかく嘘でもいいから大事にしてくれそうな男性を好きになります。

カテゴリ: 

恋愛でイライラして相手を許せないと思えば、それで終わり。

  • 7 December 2018
  • のぶやん

恋愛をすれば、相手の事が好きであればあるほど、不満になったりしてイライラする事があるかもしれません。そして、イライラが頂点に達するようになると、相手の事が許せなくなって、もうお別れしようと決意する事になります。多くの女性は、男性に言えない不満をため込んで、それが少しずつ膨張して、最後にイライラが爆発して『もう許せない』と別れて、相手の事を嫌いになります。

恋愛でイライラして相手を許せないと思えば、それで終わり。

自己満足は、恋ではない

相手から告白されて、自分の欲求を満たしたい、自分が良いと思われたいから付き合うという女性も多いですが、それでは満たされる事はありません。相手に恋愛している訳ではなくて、単に『相手に持ちあげられた自分に満足している』という状況だからです。デートに行っても楽しい感覚もなければ、満たされた感じもありません。

『自分を大切にしてくれる人』と付き合いたいと誰もが思うでしょうけど、大切にするという考え方が人それぞれである事も事実です。ある人は、贈り物を要求する事が大切にされる事と思っているでしょう。ある人は、連絡をくれる人が愛情だと思っています。ある人は、隣にいてくれるように努力してくれる事を愛情だと思ってくれることでしょう。それは、生きてきた価値観の問題です。

変わるべきは、自分?

相手にいくら期待した所で、相手の考え方を変える事は難しいです。もちろん、相手の過去を変える事も無理です。自分がどうやって変わるか考えるという事と、そんな相手を許して包み込めるかどうかにかかっています。

動いたものが勝ち

恋愛に限った事ではありませんが、『動いた方が勝ち』です。良い人がいると見てるだけでは、ゲットできませんので、行動してゲットしにいかないといけません。自分が損をするぐらいの方がちょうどいいです。

カテゴリ: 

恋愛は、自分から動いた方が得をするという原理とは?行動する事で問題点を把握できる

  • 24 November 2018
  • のぶやん

恋愛に限った事ではありませんけど、何でも自分で計画を立てて動いた方が勝ちです。自分から提案できなければ、誰かの人生を生きてしまう事になるからです。デートに相手が乗り気でないところを『何とか乗り気にさせて楽しませる』というのは、スキルが必要で、誘った方がそのスキルを身に付ける事ができるようになります。

相手のために尽くすという事は、自分の情報収集にも繋がるので、様々な情報を手に入れる事ができます。誰かのために何かをしようという思いがなければ、そもそも情報を手に入れる事もないですし、情報が手に入る事もありません。

恋愛は、自分から動いた方が得をするという原理とは?行動する事で問題点を把握できる

行動すると問題点が分かる

恋愛で行動すると、その時に問題点が分かるようになってきます。問題点が分かると、次から改善する事ができるようになってくるので、恋愛がどんどん上手になる可能性があります。全く恋愛が分からないと、どのように行動すれば良いかも知る事ができません。

LINEのやり取りであったり、デートの方法なども、ある程度の経験を積まないと成長できない可能性があります。特に最近の女性は、経済力を付けて目が肥えてきているので、大人の男性であれば、それなりの大人の振る舞いが求められるようになります。

行動→問題点の把握→改善

失敗するパターンとしては、最初のデートで張り切り過ぎて、高級ホテルのディナーを選んでしまうという例です。最初は、昼間のホテルランチであれば気軽なものですけど、夜にホテルだと目的があるみたいに見られても嫌ですし、それに最初のデートとしては、支払う価格が高すぎて相手に心理的な負担を与えてしまいます。

脈あり女性の場合には、最初からディナーを入れてくる事があります。その場合には、支払価格が相手の心理的な負担にならないぐらいが良いでしょう。また、女性が交通費をかけてきてくれた場合、『わざわざ来てくれてありがとう』という言葉で、女性に対して来てくれたお礼を言っておくのもマナーです。

手順を踏んでゆっくり進める

最初にウザくない程度に軽いLINEの軽いやり取りを行います。LINEを永久にやり取りしても距離がいっこうに縮まりませんので、さっさとデートに誘うのが一般的です。特に親しくない場合には、軽いランチ程度で十分でしょう。既にある程度の親しさがあるならば、午後から約束して、ディナーデートもありかもしれません。

デートで重要なのは、デートのやり取りを行う過程です。相手がどんな場所が好みなのかを上手に聞き出さなくてはいけません。また、相手の仕事の状況が忙しかったり、サバサバした性格であれば、こちらが無難なレストランで決めてしまうのも良いでしょう。

最初に仲良くなる事

最初に相手と仲良くなって『様子を探る』ことから始めなければいけないので、相手の様子を探る事が大切になります。そのためには、2人のデートであるという事をわきにおいて、「自分が行ってみたい場所だからいく」とか「自分が行ってみたいレストランだから行く」など、言い訳を付けて誘う事は、気楽に誘う上で大事になります。

仲良くなって「脈なし」と分かる場合もあるので、その場合にはサッサと手を引くのが肝心です。大人の恋愛というのは、相手の事も、そして自分の事も考えてお付き合いするのが常識であり、相手にその気がないのに何度も連れまわすのは、お互いにマナー違反と思うべきでしょう。30代になれば、男女ともにそんな暇な時間はどこにもありません。

デート食事プランの構成

食事のデートの時には、男性側が女性側に2,3個のレストランを提示するのが普通です。例えば、イタリアン料理、スペイン料理、アジア料理などのプラン提示が良いでしょう。相手の年齢、学歴、所得などに応じて、どのぐらいのプランが良いかという事を検討します。

最初のデートプランとしては、そこそこ高級感はある内装で、食事の評価が高い場所が良いでしょう。リラックスできないと話にならないので、雰囲気が良くてもリラックスできるお店が良さそうです。お酒は、飲まない女性が多い事を考慮すると、お酒を入れない方が女性には高評価になる場合が多いです。女性がお酒付きを公言している場合には、その限りではありません。

2人の関係を発展させるデートプラン

単に食事デートだけしていたとしても、2人の関係というのはいっこうに発展しません。そこに少しイベントを加えていく必要性が生じてきます。このデートというイベントにおいて、いかに特別な時間を幸せに過ごさせてあげるかというのは、男性の腕の見せ所でもあります。

自分で女性に対して付き合いたい、この人を愛したいと思うのであれば、早めに手を繋いだりするなどのスキンシップを取る方が良いでしょう。あまり軽々しく相手に手を出すのは、良い事ではありませんが、いつまでも手を出すのを引き延ばしていると、恋愛対象として見られなくなってしまいます。

デート中に仕事の話をしないこと

デート中に仕事の話をする事は、男性にとっても、女性にとっても、聞きたい事ではない事が多いです。男性の仕事のネタというのは、女性にとっては「ほんと、どうでもいいから」と思うような事が多いです。労働者の仕事というのは金を稼ぐための道具に過ぎず、女性は『仕事の充実を金にかえて女性に尽くす』ことを期待しているからです。

仕事については、『聞かれたら、短めに軽く答える』ぐらいで良いでしょう。相手に何から何まで仕事について理解して貰う必要は全くありません。デート中に相手を楽しませることが全てであり、それができなければ、仕事もできないだろうと女性に思われてしまいます。

仕事の話ばかりするというのは、自分に対するコンプレックスでもあるでしょう。デートの相手に対して「自分がどれだけ有能であるか」という事を示す事で、相手の気をひくことができるだろうと考えているのです。男性の場合には、仕事ができた方が良いと女性が思っていると信じてますからね。

仕事に熱中して、仕事の出来る自分=社会的評価で自分の価値と思っている人は、デート中の会話も面白くないでしょう。しかし、実は仕事の話しかしない人は、プラスの面もあります!そのプラスの面は、仕事に熱中しているので、浮気しづらい人が多いという事です。仕事を熱心にしている人は、恋愛を熱心にしている人よりもいちずで浮気しないのです。だから、デートはつまらないけど、将来の結婚に向いている人と言えば、そうかもしれません。

カテゴリ: 

キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?デートで聞きたくない仕事ネタ

  • 24 November 2018
  • のぶやん

世の中で『キャリアウーマン』と言われる忙しく働いている女性ほど結婚していない事は、統計上も明らかになっている事実です。テレビにタレントで出演してくるようなキャリアウーマンでも、結婚していない女性も多いですね。仕事と恋愛を掛け持ちする厳しさが分かります。まして、子育て&出産ともなってくると、本当に大変な苦労になるでしょう。

キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?

付きあってもうまくいかない

キャリアウーマンは、仕事の熱中度が高すぎるので、付きあってもうまくいかない事が多いです。サバサバしている性格の女性が多くなっており、仕事は第1、男は第2という考え方をしてくると、男性が連絡しても返事をしなかったり、下手をすれば会えないという事がでてきます。『仕事が忙しいから会えない』と言われて嬉しい男性はいませんので、別れの原因にもなります。

結局、男性の側が必死で働く環境にあり、女性の側も必死で働く環境にあれば、すれ違いが大きくなってしまいます。男性、女性共に相手に合わせないと、一緒に過ごすのは難しい状況になります。男性側が自由職業であるなど、女性に合わせる環境になうと、付きあいを継続するのも難しくなるでしょう。

おだてるのがメンドクサイ

キャリアウーマンの特徴として、男性を立てるより自分を立てて欲しいと思っている人が多いです。『私は忙しいから慰めて』みたいな状態で、男に慰めを求めてきたり、おだててほしいと思っています。男性に『仕事、良く頑張ってるね』と言ってほしい気持ちになるのは分かりますが、逆に男性を慰めたり、おだてたりしなければ、男性は寂しい気持ちになってしまいます。

男性は、慰めたり、おだてたりされないと寂しい、辛い思いになって、キャリアウーマンよりも、自分を慰めたり、おだてたりする女性を狙うという事は良くあることです。

話をする内容が仕事自慢

キャリアウーマンは、男性に対しても何故か自分の仕事の自慢をしがちです。仕事の話は、プライベートではあまり話さないという男性が多い中で、堂々と仕事の話をされると、一応話は合わせておくかと思いますけど、内心では「めんどくさい人だなー」と思ってしまいます。仕事に熱中しているのは分かりますけど、キャリアウーマンが自慢したい仕事の話なんて聞かされても、会話としては全く面白みがありません。

「私はこんなに仕事で頑張っている」と男性に自慢しても、「あっそ、俺はそれ関係ないカラ」と思われてますよ。女性はマルチタスクができると言われていますけど、そんなことは嘘です。仕事に熱中している女性は、デート中も何故か仕事の事を話したくなってしまうのです。自分が仕事でいかに頑張っているかを男性に認めてもらおうとします。付きあう男性は会社の上司ではありませんので、仕事の話は「勘弁してくれよ」と思います。

デートで仕事の話を避ける

仕事が彼と同じ分野であれば「休日なのに仕事の話で休んだ気がしない」と思われてしまいますし、仕事が彼と違う分野であれば「分野が違うから良く分からん」と思われてしまいます。女性が仕事に生きるのはカッコいいと思われたりしますけど、癒しを求める男性にとって見たら、休日まで働かされているような気分になって、「彼女が俺の事に興味がなさそうだから、キャバクラにでも行って誰かに話を聞いてほしい」と思う男性もいるのではないでしょうかね。

女性がキャリアウーマン化すると、男性と競い合うために仕事に熱中せざる得ないという事情もあるのだと思います。そうしないと、仕事で女性が生き残っていく方法がないんです。結果として、パートナーの男性は、仕事の話ばかり聞かされてウンザリして、『そんなに仕事が好きなら、仕事一筋で生きてくれ』と心の中で思ってお別れするパターンが多いのだと思います。仕事熱心なキャリアウーマンに良い母親をどうしても想像できないんですね。

男性側としても、デートで仕事の話はしない方が良いでしょう。仕事を一生懸命に頑張っている人ほど、『頭の中が仕事に集中しすぎ』の状態で、他の事が全く頭に入ってきません。あまりに仕事に集中しすぎる事で、『デートにも仕事モードを持ち込む』のは避けた方が良いでしょう。

男の事を勘違いしている?

キャリアウーマンの特徴として、自分が学歴が高い、仕事で地位があるという事から男がおじけずいて近寄ってこないと考えている人もいるようです。男が近寄ってこないのは、ほとんどすべての場合で、おじけずいて近寄ってこないのではなくて、特に付きあう気にもならずに近寄りたくないから近寄らないのです。

男性は、キャリアがあろうがなかろうが、自分が興味を持った女性には積極的に関わりたいと思っています。話をしていて『微妙だなー』と感じるので、あまり近寄らないようにしているという事があります。

30代なのに勘違いしてる

30代になっているにも関わらず、自分がモテると思っているキャリアウーマンは、同年代からは相手にされないので、相手にしてくれる上司・やり手の40代などに遊ばれる事も多いです。自分の青春を仕事に注ぎ込んで僅かな金を得た見返りに、結婚できずにずるずると30代を過ごして、40歳になってしまう女性も少なくありません。

20代で美人であれば、仕事の内容だろうが、ギャンブルの話だろうが、男はどんな話でも喜んで聞いてくれるんです。それは、話の中身に全く興味がなくても、その人自身に興味を持つからです。30代になると、その人の外見で勝負するのが難しくなるので、話の中身に興味がないと聞きたくなくなります。

出産する気がないと思われる

キャリアウーマンは、出産する気がないのではないか?と思っている男性も多いです。日本では、産休が取りづらかったり、職場の理解がない場合も多い悲しい現実もあります。キャリアウーマンが結婚相手を見つけるためには、自分に出産の意思がある事を男性にも理解して貰う必要があるでしょう。

カテゴリ: 
おすすめ: 

婚活学講座 尊敬婚のすすめ




男の婚活は会話が8割 「また会いたい」にはワケがある!

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンスが向上したギャップをどう埋めるのか

  • 21 November 2018
  • のぶやん

日本においても大卒の女性が増えて、女性が働くのが当たり前になった社会で、女性が自由にお金を使える20代前半に海外に行ったりして『目が肥えた女性』が増えています。男性の定番デートプランでは満足できない女性も増えてきているのです。20代前半ならまだしも、20代後半になると、行ったことがあるデートスポットばかりになり、下手をすれば『元カレと行った』ところに再度行くハメになるという事になりかねません。

好きな男性であれば、どこに行っても楽しいというのは事実かもしれませんが、『まだ好きでもない男性』だったら、刺激的な場所に連れて行かないと『つまらない男』のレッテルを貼られてしまいます。

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンス工場のギャップをどう埋めるのか

目が肥えている女性たち

海外旅行も楽しんで、高級ホテルも経験している女性たちには、インターネットの情報にも精通、目が超えています。経験も豊かな上にインスタ映えも狙っているので、少しぐらいの事で驚かなくなってしまっているのです。

綺麗な夜景で驚かせる事ができるのは、20代前半の女性だけで、20代後半にもなってくると『東京の夜景はもういいかな』と思ってしまう感じになってしまいます。実際、私自身がもう夜景の綺麗なレストランを見に行こうという気にならなくなっています。展望台からの東京の夜景も何度も見たし、お台場夜景も、横浜夜景も、何度も見て、もういいかなーと。

定番デートプランでアラサー女性を満足させる事が不可能な時代!男性の収入低下と女性のセンス工場のギャップをどう埋めるのか

20代後半の女性たちでも目が肥えているぐらいなので、それが30代の女性になってくると、本当にもう夜景どころか、高級料理店にデートで行っても何とも思わなくなるし、むしろ『喜んであげるのが辛い』ぐらいに思うようになるでしょう。下手に定番のデートプランを組むよりは、むしろ『ハイキングデート』などの方が受けが良い可能性が出てきます。

普通の人に満足できない

はあちゅうとか、普通じゃない職業の人と結婚しましたけど、はあちゅうのように様々な人と付き合いがあったり、テレビに出演している人から見ると、普通の人と付き合っても、全く面白みを感じないんだと思います。普通に食事したり、デートしたりするぐらいでは、全く刺激がなくてつまらなく感じるんだと思います。

女性の社会進出が進んでいるので、女性は無駄な時間を過ごしたいと思っていません。忙しくしている女性ほど、ダラダラしたメンドクサイ無駄な時間を過ごしたいと思っていません。

女性の感情を刺激する

目が肥えている女性ほど、自分に刺激を与えてくれる男性を好みます。女性は、自分の人生を楽しくしてくれる男性に惹かれます。『自分の感情を刺激してくれる男性』を好みます。女性の感情を刺激する事で、『この人は面白い』と興味を持って貰わないといけません。

相手の女性がどのような事に興味があるのかを知った上で、新しい情報も交えながら話をする事ができれば、相手を楽しめる事ができるでしょう。メールも想定外のネタをどんどん打ち込めば面白いと思って貰う事が出来ます。

女性に負担をかけない誘い方

女性に負担をかけない誘い方は、男性のマナーです。現代において、女性側も暇ではないので、誘う段階においてきちんと誘わなくてはいけません。先ずは、誘う時に言い訳を考えておくことと、断りやすくしておくという事も重要です。『このあいだはありがとう、今度お礼したいから、もし良かったら食事でもどうでしょう』という感じが良いでしょう。もしくは、『近くに行く機会があるから、会って貰えないかな』でも良いでしょう。

もし、女性がデートしても良いと思ってくれたならば、『いつ頃ですか?』と聞いてきます。脈なしの場合には、『お礼なんていらないですよ、気を使わなくていいので』とやんわり断られます。予定の調整ができるようになれば、女性もまんざらでもないという事でしょう。

自分の人生を楽しめる?

女性を楽しませる前に『自分が楽しむ』という事も非常に重要です。自分が楽しみながら、女性も楽しめるような場所に連れていく事ができれば、それは2人の共通の話題もできて楽しいという事になります。あくまで女性を楽しませる事を主眼におきながら、自分も楽しめる企画にすると良いでしょう。

デートの場所は、どこでもいいので『とにかく楽しい話ができれば良い』と考えている女性も多いです。デートに誘う前のメールのやり取りの段階で、相手をリラックスさせて緊張感をなくしておくなど、会話しやすい雰囲気を作っておくのも、男性の役割かもしれません。デートの前で半分ぐらいは印象も決まっているものですね。

カテゴリ: 

20代女性と30代女性のデートの誘い方の違い

  • 19 November 2018
  • のぶやん

20代前半の女性なら、江ノ島に行けば喜んでくれるし、動物園でも喜んでくれるし、デートしていて本当に楽。付きあいに発展するかどうかは別として、素直で純粋という感じがいいです。30代になってくると、大人の女性になり過ぎて、目が肥えて怖い感じ。デートスポットも相手の趣味を最大限に考慮してあげないといけないから大変。デートしてるというより、拷問に付きあわされてる感じになる事もあった。

20代女性と30代女性のデートの誘い方の違い

20代の女性なら喜ぶ範囲が広い

20代前半の女性であれば、定番デートスポットでも喜んで貰える事があります。20代後半の女性あたりから、特に東京都内のほとんどの定番デートスポットを行き尽くしたり、横浜の夜景なんて何度も見たという人もいるので、デートスポットに苦労する事になります。20代前半の女性の魅力としては、経験値が浅いので、基本的に何でも喜んでくれるという事です。

動物園、遊園地などに行っても良いし、高級ホテルでディナーも喜んでくれる事が多いです。20代後半の女性になったら、少し珍しい所に連れていけば、それは喜んでくれることが多いです。それは、30代になってくると通常のデートプランだと通用しなくなります。30代女性は、本当に扱いづらいです。

30代女性の目が肥えている

30代の女性になってくると、行けるところはほとんど行ったという猛者みたいな女性も沢山いるので、変な所をデートスポットに選んだら撃沈する事は確実です。何度も見た動物園を2人で回って、もう見飽きた動物たちを見ながら会話も大して盛り上がらずに、歩き続けるというのは、男性にとっても、女性にとっても苦痛でしょう。

30代の女性をエスコートする時には、もう相手の調査を事前に行う事が前提となってるように思います。LINEなどで事前にチャットしておいて、相手の趣味を探った上で、その相手の趣味に合わせる形でベストプランを提案できないと喜んで貰えない事が多いです。もしくは、高級車をレンタルして迎えにいくのもありでしょう。

デートの引き出しの多さ

男性側が女性を喜ばせるには、経験量に裏打ちされた『引き出しの多さ』が何よりも重要になってきます。相手との関係、状況を考えながら、適切な時間に適切なデートコースを設定できれば、相手からの評価も高まります。LINEなどで会話する中で、名詞が出てきたら特にチェック。例えば、『肉が食べたい』という女性もいれば、ホテルの名前を出して『あそこ、高いよねー』と言ってくる女性もいますけど、女性の願望を叶えるのが男の役目です。

女性は、男性に対してLINEでもデートで「YES」であるか「NO」であるか以外に様々なサインを出してくる場合が多くて、それを見逃さない男性であれば、女性の評価を上げる事ができます。女性がどうしてほしいのかという事をきちんと読み取って、その女性の方向性に合わせる事ができれば、女性が納得するデートをする事ができます。独りよがりにならず、相手に歩み寄る事が大事ですね。

女性の場合、感情任せにLINEして文脈が良く分からず「何言ってるか、ちょっと良く分からない」という事もあるんですけど、その中にこそ『女性の叶えて欲しい願望』が入っている事があるので、女性の狂った文章をよーく読んで、女性の願望を叶えられるようにしてあげると、ご機嫌が凄く良くなります。


アドセンス広告

関連記事