キャリアウーマン


アドセンス広告

キャリアウーマン(女性長期賃金労働者)とは、専門的な職務遂行能力を生かして長期に仕事に就く(キャリア)女性であり、企業における管理職志向が強いと考えられている。専門分野で就労する女性をこう呼ぶこともある。長期にわたりキャリアを重ねた女性に対して使用された言葉であり、社長夫人が取締役に名を連ねたような勤務実態の無い形では使用されなかった。1970年代頃からよく使われるようになった言葉であるが、現在では女性がキャリアを持つことを特別視する言葉であるためあまり使われなくなった。

日本の企業は従来より、女性従業員に対しコピーやお茶汲みなどの雑務を任せるなど、女性の仕事は寿退社(結婚による退職)までの花嫁修業と考えられていたが、1980年代に男女雇用機会均等法が制定され、女性に対する労働上の差別をなくすための法改正が行われた。それ以降、さらなるキャリアアップを望み、有能な成績を持つ女性が多く職場社会で長期に雇用されている。オフィスでの事務作業だけでなく、自動車整備士や鉄道運転士などこれまで女性の就労例が少なかった現業職に女性が就くことが増えている。

かつては企業などで男性より優秀な実績を上げている女性が女性という理由だけで昇進できないという時代もあったが、しかし現代では各々の実績に応じて性別に関わらず管理職にも起用しようという流れがある。むしろ近年では同等の実績をあげている者の場合、女性を優先させるという動きが強い。 また、かつては男性職であった、研究職、医師、弁護士等においても、優秀な女性の進出が著しい。しかしながら、これらの職業では名前の一貫性が問われるため、結婚後も旧姓を通称として使用し働く女性が多いが、様々な障害があるため、選択的夫婦別姓制度等の導入が望まれている。 一方、世界経済フォーラムは2006年、世界各国の男女格差の度合いを指標化した「男女格差報告」(Global Gender Gap Report 2006)を発表したが、これによれば、日本は世界115か国のうち世界男女格差指数ランキング79位である。

言語: 

キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?デートで聞きたくない仕事ネタ

  • 24 November 2018
  • のぶやん

世の中で『キャリアウーマン』と言われる忙しく働いている女性ほど結婚していない事は、統計上も明らかになっている事実です。テレビにタレントで出演してくるようなキャリアウーマンでも、結婚していない女性も多いですね。仕事と恋愛を掛け持ちする厳しさが分かります。まして、子育て&出産ともなってくると、本当に大変な苦労になるでしょう。

キャリアウーマンと結婚したがらない男性心理とは?

付きあってもうまくいかない

キャリアウーマンは、仕事の熱中度が高すぎるので、付きあってもうまくいかない事が多いです。サバサバしている性格の女性が多くなっており、仕事は第1、男は第2という考え方をしてくると、男性が連絡しても返事をしなかったり、下手をすれば会えないという事がでてきます。『仕事が忙しいから会えない』と言われて嬉しい男性はいませんので、別れの原因にもなります。

結局、男性の側が必死で働く環境にあり、女性の側も必死で働く環境にあれば、すれ違いが大きくなってしまいます。男性、女性共に相手に合わせないと、一緒に過ごすのは難しい状況になります。男性側が自由職業であるなど、女性に合わせる環境になうと、付きあいを継続するのも難しくなるでしょう。

おだてるのがメンドクサイ

キャリアウーマンの特徴として、男性を立てるより自分を立てて欲しいと思っている人が多いです。『私は忙しいから慰めて』みたいな状態で、男に慰めを求めてきたり、おだててほしいと思っています。男性に『仕事、良く頑張ってるね』と言ってほしい気持ちになるのは分かりますが、逆に男性を慰めたり、おだてたりしなければ、男性は寂しい気持ちになってしまいます。

男性は、慰めたり、おだてたりされないと寂しい、辛い思いになって、キャリアウーマンよりも、自分を慰めたり、おだてたりする女性を狙うという事は良くあることです。

話をする内容が仕事自慢

キャリアウーマンは、男性に対しても何故か自分の仕事の自慢をしがちです。仕事の話は、プライベートではあまり話さないという男性が多い中で、堂々と仕事の話をされると、一応話は合わせておくかと思いますけど、内心では「めんどくさい人だなー」と思ってしまいます。仕事に熱中しているのは分かりますけど、キャリアウーマンが自慢したい仕事の話なんて聞かされても、会話としては全く面白みがありません。

「私はこんなに仕事で頑張っている」と男性に自慢しても、「あっそ、俺はそれ関係ないカラ」と思われてますよ。女性はマルチタスクができると言われていますけど、そんなことは嘘です。仕事に熱中している女性は、デート中も何故か仕事の事を話したくなってしまうのです。自分が仕事でいかに頑張っているかを男性に認めてもらおうとします。付きあう男性は会社の上司ではありませんので、仕事の話は「勘弁してくれよ」と思います。

デートで仕事の話を避ける

仕事が彼と同じ分野であれば「休日なのに仕事の話で休んだ気がしない」と思われてしまいますし、仕事が彼と違う分野であれば「分野が違うから良く分からん」と思われてしまいます。女性が仕事に生きるのはカッコいいと思われたりしますけど、癒しを求める男性にとって見たら、休日まで働かされているような気分になって、「彼女が俺の事に興味がなさそうだから、キャバクラにでも行って誰かに話を聞いてほしい」と思う男性もいるのではないでしょうかね。

女性がキャリアウーマン化すると、男性と競い合うために仕事に熱中せざる得ないという事情もあるのだと思います。そうしないと、仕事で女性が生き残っていく方法がないんです。結果として、パートナーの男性は、仕事の話ばかり聞かされてウンザリして、『そんなに仕事が好きなら、仕事一筋で生きてくれ』と心の中で思ってお別れするパターンが多いのだと思います。仕事熱心なキャリアウーマンに良い母親をどうしても想像できないんですね。

男性側としても、デートで仕事の話はしない方が良いでしょう。仕事を一生懸命に頑張っている人ほど、『頭の中が仕事に集中しすぎ』の状態で、他の事が全く頭に入ってきません。あまりに仕事に集中しすぎる事で、『デートにも仕事モードを持ち込む』のは避けた方が良いでしょう。

男の事を勘違いしている?

キャリアウーマンの特徴として、自分が学歴が高い、仕事で地位があるという事から男がおじけずいて近寄ってこないと考えている人もいるようです。男が近寄ってこないのは、ほとんどすべての場合で、おじけずいて近寄ってこないのではなくて、特に付きあう気にもならずに近寄りたくないから近寄らないのです。

男性は、キャリアがあろうがなかろうが、自分が興味を持った女性には積極的に関わりたいと思っています。話をしていて『微妙だなー』と感じるので、あまり近寄らないようにしているという事があります。

30代なのに勘違いしてる

30代になっているにも関わらず、自分がモテると思っているキャリアウーマンは、同年代からは相手にされないので、相手にしてくれる上司・やり手の40代などに遊ばれる事も多いです。自分の青春を仕事に注ぎ込んで僅かな金を得た見返りに、結婚できずにずるずると30代を過ごして、40歳になってしまう女性も少なくありません。

20代で美人であれば、仕事の内容だろうが、ギャンブルの話だろうが、男はどんな話でも喜んで聞いてくれるんです。それは、話の中身に全く興味がなくても、その人自身に興味を持つからです。30代になると、その人の外見で勝負するのが難しくなるので、話の中身に興味がないと聞きたくなくなります。

出産する気がないと思われる

キャリアウーマンは、出産する気がないのではないか?と思っている男性も多いです。日本では、産休が取りづらかったり、職場の理解がない場合も多い悲しい現実もあります。キャリアウーマンが結婚相手を見つけるためには、自分に出産の意思がある事を男性にも理解して貰う必要があるでしょう。

カテゴリ: 
おすすめ: 

婚活学講座 尊敬婚のすすめ




男の婚活は会話が8割 「また会いたい」にはワケがある!

アラサーで最愛の人と別れると、生涯独身の可能性が出てくる

  • 20 November 2018
  • のぶやん

結婚できないパターンには、(1)彼氏がずっとできないパターン(2)大恋愛の彼氏と別れて出会いがなくなったというものがあります。女性は上書き保存と言いますが、前の彼氏に振られてしまった場合、そのショックが大きくて5年~10年もひきずる事は珍しくありません。そして、過去との決別が出来ない事は、新しい出会いを遠のかせてしまいます。

男女ともに年齢が上がってくると(1)出会いの数が激減する(2)どうしても同年代の見た目が落ちるという特徴がでてきます。周囲が結婚していくので出会いの数が激減したり、同年代の見た目が落ちる事は仕方ない事ですが、結婚する確率は、毎年のように減って、結婚がどんどん難しくなっていきます。

アラサーで最愛の人と別れると、生涯独身の可能性が出てくる

アラサー女性の別れ

アラサー女性が別れた時には、(1)すぐに切り替えられる女性、(2)何年も引きずってしまう女性に分かれます。真剣に恋愛して、真面目に付き合って、付き合いの期間が長いほど、何年もひきずるでしょう。20代を一緒に過ごした人と別れて、それ以上の人を30代で探すのは、本当に難しい事になります。

現実的な女性は、そんな中でも周囲の男から自分に興味を持ってくれそうな男を選んで、何とか結婚に持ち込む「立ち回りが上手なアラサー女性」も存在しています。自分で稼ぐ力が弱い女性など、社会的に弱い女性ほど立ち回りに努力している印象があります。キャリアウーマンなどは、そういった状態で男性の質を落としたくないと考えて妥協の道を選ばない傾向が強いと思います。結果、やはりキャリア女性に生涯未婚が多いのは理解できます。

理想が高い事は悪い事?

最愛の元カレと別れて、彼氏が出来ないという人は、『元カレ以上の人が見つからない』という思い込みに悩まされます。事実として、元カレと20代で付き合っていたならば、確かに元カレが自分の付きあえる最高到達点であった可能性はあるでしょう。そして、女性の年齢が高くなって、元カレ以上の人が見つからないと考えるのは当然です。周囲から見ると『理想が高すぎる』と言われます。

女性は、自分の年齢からある程度の妥協が必要な事も事実です。高い理想を求める事は素晴らしい事ですが、理想に届く可能性が限りなくゼロに近いと、その理想は自分の将来の邪魔になってしまいます。結婚するためには、元カレよりランクを落として、考えるしかないのでしょう。実際、私の友達もアラサーになって彼氏と別れて、顔が元カレより格好悪い彼を選んで結婚に持ち込みました。

付きあう層の固定化

20代の時には、付きあう層というのは、ある程度の流動性が見られるものです。例えば、大学に入れば、貧乏な家庭の人から、お金持ちの家庭の人まで様々な境遇の人がいて、幅広い層と付き合う事ができます。(実際にはサークルごとに意外と裕福な家庭のサークルと、貧しい家庭のサークルも出たりするんですけど)30代ぐらいになってくると、付きあう階層は、かなり固定されてくる人が多いです。

30代、40代にもなって、付きあう階層が固定化されると、自分でも気が付かないうちに『生活スタイルが固定化』されて、様々な人と出会う機会が失われていきます。そのことで、結婚がますます遠のく状況になってしまいます。今までの固定化された中で結婚できなかった訳ですから、流動的な方が色々な出会いがあって、結婚できる可能性が高いのです。例えば、サラリーマンを辞めてバックパッカーやっていたら沢山の出会いがあるという事もあるでしょう。

復縁する可能性は?

男性側が振った場合には、女性に恋愛心が残る可能性があるので、復縁の可能性もあります。女性側が振った場合には、復縁する可能性は低いと言えるでしょう。女性側は、耐えられなくなると別れを切り出すので、別れを切り出した頃に追いかけても遅いからです。女性側から別れを切り出すと乗り換えは早くて、復縁の可能性は全く期待できません。

男性側から別れを切り出しており、半年~1年以上も期間が空いている(場合によって5年という事もある)場合には、復縁の可能性もあり得るでしょう。お互いに30代だった場合には、結婚を考えた復縁になるので、復縁した場合にすぐに結婚に至るというケースも多いようです。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事