20代女性と30代女性のデートの誘い方の違い


アドセンス広告

  • 19 November 2018
  • のぶやん

20代前半の女性なら、江ノ島に行けば喜んでくれるし、動物園でも喜んでくれるし、デートしていて本当に楽。付きあいに発展するかどうかは別として、素直で純粋という感じがいいです。30代になってくると、大人の女性になり過ぎて、目が肥えて怖い感じ。デートスポットも相手の趣味を最大限に考慮してあげないといけないから大変。デートしてるというより、拷問に付きあわされてる感じになる事もあった。

20代女性と30代女性のデートの誘い方の違い

20代の女性なら喜ぶ範囲が広い

20代前半の女性であれば、定番デートスポットでも喜んで貰える事があります。20代後半の女性あたりから、特に東京都内のほとんどの定番デートスポットを行き尽くしたり、横浜の夜景なんて何度も見たという人もいるので、デートスポットに苦労する事になります。20代前半の女性の魅力としては、経験値が浅いので、基本的に何でも喜んでくれるという事です。

動物園、遊園地などに行っても良いし、高級ホテルでディナーも喜んでくれる事が多いです。20代後半の女性になったら、少し珍しい所に連れていけば、それは喜んでくれることが多いです。それは、30代になってくると通常のデートプランだと通用しなくなります。30代女性は、本当に扱いづらいです。

30代女性の目が肥えている

30代の女性になってくると、行けるところはほとんど行ったという猛者みたいな女性も沢山いるので、変な所をデートスポットに選んだら撃沈する事は確実です。何度も見た動物園を2人で回って、もう見飽きた動物たちを見ながら会話も大して盛り上がらずに、歩き続けるというのは、男性にとっても、女性にとっても苦痛でしょう。

30代の女性をエスコートする時には、もう相手の調査を事前に行う事が前提となってるように思います。LINEなどで事前にチャットしておいて、相手の趣味を探った上で、その相手の趣味に合わせる形でベストプランを提案できないと喜んで貰えない事が多いです。もしくは、高級車をレンタルして迎えにいくのもありでしょう。

デートの引き出しの多さ

男性側が女性を喜ばせるには、経験量に裏打ちされた『引き出しの多さ』が何よりも重要になってきます。相手との関係、状況を考えながら、適切な時間に適切なデートコースを設定できれば、相手からの評価も高まります。LINEなどで会話する中で、名詞が出てきたら特にチェック。例えば、『肉が食べたい』という女性もいれば、ホテルの名前を出して『あそこ、高いよねー』と言ってくる女性もいますけど、女性の願望を叶えるのが男の役目です。

女性は、男性に対してLINEでもデートで「YES」であるか「NO」であるか以外に様々なサインを出してくる場合が多くて、それを見逃さない男性であれば、女性の評価を上げる事ができます。女性がどうしてほしいのかという事をきちんと読み取って、その女性の方向性に合わせる事ができれば、女性が納得するデートをする事ができます。独りよがりにならず、相手に歩み寄る事が大事ですね。

女性の場合、感情任せにLINEして文脈が良く分からず「何言ってるか、ちょっと良く分からない」という事もあるんですけど、その中にこそ『女性の叶えて欲しい願望』が入っている事があるので、女性の狂った文章をよーく読んで、女性の願望を叶えられるようにしてあげると、ご機嫌が凄く良くなります。

Non Fix

アドセンス広告

関連記事