35歳の独身女性が結婚する方法は?差が出る35歳、結婚・出産をする最後のチャンスの動き方


アドセンス広告

  • 28 November 2018
  • のぶやん

35歳独身女性となると、いかに華やかでキャリアウーマンをしていたとしても、なかなか『寂しい女』という印象はどうしても拭えない状況になります。世間の目は『本当にできる人は、仕事もプライベートも充実している』と考えるので、仕事しかできない人は、人生つまらないだろうなと思われる事が多いです。

35歳では、個人差が出る年齢になるので、35歳前にキャリアウーマンなども少し恋愛に目を向けて、プライベートの充実を図っていく時期になっていくでしょう。仕事だけに熱中していると、仕事はそれなりに成功するかもしれませんが、それだけの人生になりかねません。

ほとんどの女性のピークは、25歳~28歳ぐらいまでになっています。一般的にそれ以降は、女性に言い寄る男性が減少して、35歳をすぎると、言い寄られる事はほとんどなくなります。

チャンス・奇跡を逃さない

35歳を過ぎたからと言って絶望する事はなくて、誰にでもチャンス・奇跡が1度ぐらいはやってきます。例えば、36歳になった時に『5年前に別れた元カレが突然連絡をくれた』という女性もいます。男性が35歳前後の女性に自分から連絡を入れるという事は、もう『結婚してくれ』と言ってるようなものでしょう。35歳の女性にお遊びで連絡するには、年齢が高くて重すぎるからです。

35歳をすぎた女性には、男性側の都合でチャンスが巡ってきたり、何のきっかけで突然にチャンスが巡ってくるか分かりません。特に『昔からの知り合いに再開して結婚』という例がとても多いです。忙しいキャリアウーマンなどは、チャンス・奇跡がきても『仕事が最優先』などと言って、ラストチャンス・奇跡を逃してしまう事があります。人生のチャンス・奇跡は、そんなに何回も来る訳ではないので、ラストチャンスを絶対に逃さないようにすることが大切です。

奇跡は起きる!というよりは、行動によって奇跡を自分で起こす力が大事なのかもしれません。大事なご縁があったら、そのご縁を逃さないように前向きに時間を作ってみるのがよいでしょう。「ちょっといいかな」と思う人に言い寄られた時にツンツンしているようだと、もうチャンス・奇跡を逃がすかもしれません。

バリキャリが「もう1人でいいわ、恋愛・結婚はメンドクサイ」と思ったところに強行に突入してくる男性がいるか否か?という事だと思います。本当に難しい中で、突入してくる男性がいて、やる気が満々だったら、結婚しないと決めていた女性の心も動かされる事でしょう。そんな男が寄ってくる女の前提として、レベルが高くて良い女である必要がありますね。

35歳にある2パターン

35歳には、2パターンあるとされています。1つが美人系でバリバリ働く事で『忙しすぎて相手ができづらい』というパターンです。もう1つが部屋が汚れていたり、生活の質が低いのが顔・体に現れて「結婚の相手が見つからない」というパターンです。この2つのパターンのうちで、どちらの方が結婚しやすいかと言えば、美人でバリバリと働いて忙しすぎて相手が出来づらいというパターンです。

美人でバリバリ働くタイプの女性は、特に同年代の高収入の男性に人気があります。それまで、『忙しくて男がなかなか出来ない』というタイプなので、付きあえば浮気しづらいですし、仕事をしている事で自立しているので、『仕事に対する理解もあって付きあいやすい』というメリットもあります。女性の35歳は、仕事などを充実させて美人を保つ35歳と、何だか落ちぶれた35歳に分岐していく年齢でもあります。

美人でバリバリと働く女性のタイプは、35歳ぐらいになると相手に合わせる恋愛を行わなく(相手に合わせる必要性もない)なっており、自分のそうした姿を愛してくれる1人の運命の人に出会うかどうかに結婚がかかっています。自分の意思がはっきりとしているので、決めた人が申し込んで来れば、結婚できるという感じの人が多いです。落ちぶれた35歳は、フラフラとして婚期をそのまま逃す可能性が高くなります。

良い相手はもう現れない

35歳をすぎて『良い相手がいたら結婚したい』と言ってるようだと、ほとんどの女性が結婚できません。20代の頃と違って男性側もお誘いしづらいですし、誘ってくる男性が『結婚できる男性』と思えない事の方が多いカラです。簡単に言ってしまえば、35歳以上の女性で、選ぶ権利がもないんです。選ぶ権利がないのに『良い相手がいたら結婚したい』と思っても、良い相手は現れません。

ある時期をすぎると、女性で恋愛しなくなるのは、周囲から申し込みが激減するからです。恋愛しなくなるのではなくて、正確に言えば、良い男性からのアプローチが激減するので、恋愛できなくなってしまうのです。『誰もアプローチしてくれないならいいや』と思っていると、本当に独身のまま30代を終えて40代になってしまいます。

35歳をすぎても、1,2回ぐらい最後のチャンス、奇跡がある人が多いのですが、『良い相手がいたら結婚したい』ぐらいの気持ちでは、そのラストチャンスを逃す事になってしまいます。最後のチャンスの時には、前向きに結婚したいという気持ちで挑んだ方が成功率が上がります。35歳を狙ってくる男性は、最初から結婚前提の事が多いカラです。

自分の評価軸を確立

自分が生涯を付きあう人になるので、他人の評価軸ではない『自分の評価軸』を大切にしておく必要があるでしょう。他人がどう思うかという軸ではなくて、『自分が付きあう相手を良いと思うかどうか』という事が最も大切になります。

自分の生き方をいかに貫いていくかという事は、周囲から自分を魅力的に見せる上でも非常に大切になります。魅力的に生きている人の所には、出会いもめぐってきますし、情報も集まってくる傾向があるでしょう。

狙いは、元カレや知り合い

35歳の女性が全く知らない男性と恋愛・結婚するというのは、非常に難易度が高すぎます。『モテる35歳もいる』というのは、誇張された話であり、現実的に30代前半から女性の婚活市場における価値が暴落します。実際、35歳から結婚できる可能性は2%とも言われており、これは『40代が出産する5%という確率よりもさらに低い』という結果が出ています。

35歳をすぎて結婚する人の多くは、相談所などではなくて、元カレ、知り合いとの再会などが多いです。新しい人と知り合って、恋愛、結婚するには、年齢が高すぎるからです。

30代後半の男性もヤバい

35歳の女性の話を書いていますが、30代後半の男性も結婚できない人が増えています。その主な理由は、『収入が低いから』という事が多くて、20代の女性と付き合っているけど結婚に至らないというケースも多いです。男性が35歳を超えて結婚できる確率は、5%以下とされており、現実的に考えて非常に難しい状況になっています。

男性が35歳を超えてくると、メンテナンスしている『若々しい35歳』とメンテナンスしていない『老いた35歳』に分かれます。過去にイケメンだった人も、カップラーメンなどを食べる荒れた生活を過ごしていると、35歳を過ぎてからどんどん太って見た目が悪くなってしまいます。見た目が悪くなると、年収が少し高いぐらいでは女性に相手にされなくなってしまいます。さらに40歳を過ぎてくると先が見えてくる年齢になります。40代の男性は、若い女性にほとんど相手にされなくなるので、まだ相手にされる30代のうちに相手を決めてしまった方が良いでしょう。

カテゴリ: 
Non Fix

アドセンス広告

関連記事