30歳を超えてくると、生活が顔や体に出始める!30歳を超えて老化・劣化を防ぐ方法を考える

  • 10 January 2016
  • WEB情報屋

20代前半は、男女ともに可愛い人可愛いし、カッコいい人はかっこいいという感じで、素のままで通用する場合が多いです。それが30代になってくると、男女ともに「生活スタイル」「生活の状況」が顔であったり、体つきに現れるようになってきます。まず、20代の時に運動不足だった人は、「お腹がぽっちゃり系」になる人が多いです。30代になると、男女ともに代謝が20代の頃よりも落ちるので太りやすくなり、「くびれの消失」が見られるようになる人が多いようです。


http://www.skincare-univ.com/t/1188-motion/

筋力の低下による体型の変化

30代になって運動量が低下すると、全身の筋力が低下する事になるので、体型が大幅に変化して全身の雰囲気が悪くなってしまいます。「年齢より老けて見られる」という人の多くは、筋力の低下によって体つきが「高齢者ぽくなってしまった」という事に起因しているでしょう。逆に言えば、全身の筋力の低下を防ぐことができれば、「若々しく見える」という事も出来るという事でもあります。

特に男性に比べても女性の基礎新陳代謝が落ちて、筋力の低下が起こりやすくなっていきます。30歳を超えた女性は、若く見える為に筋力トレーニングが絶対的に必要になります。それを行わなければ、「何だかだらしがない体型」になるか、「何だか老けた感じがする」という体型になってしまいます。女性の変化というのは、20代後半から30代にかけて物凄い速度で怒る事なので注意が必要です。自分でも気が付かないうちに一気に筋力が低下するのです。

体の隅々に出る変化

体の新陳代謝が活発でなくなると、体の様々な場所に変化が出てきます。最も分かりやすいのは、ニキビなどが出てきやすくなったりして、それが治りづらくなるという事です。通常は、20代・30代というのは、新陳代謝が活発で傷などが治癒しやすい状態にあるのですが、「体の新陳代謝が活発に行われずに老化した状況」にあると、傷などが治りづらいようになっています。筋力が低下したり、体重が低下したり、ストレスがかかったり、食生活が乱れるなど、筋力の低下・生活習慣の乱れなどによって、体が急速に老化します。

最初に筋肉量が落ちる事は、体の危険信号になります。筋肉量が落ちてくると、動くのが億劫になったり、体温が低下するなどの症状が現れてきます。実際には、普通に生活していると、男性というのは、40代ぐらいまでそんなに筋肉が一気に落ちたりしませんが、ほとんど運動せずにパソコンにばかり向かっているような仕事をすると、一気に筋肉が落ちる事があるという事です。

カテゴリ: 

Add new comment

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止