経済

サラリーマン労働者が奴隷化!働いても豊かになれない1億総貧困化社会が到来!

  • 27 March 2018
  • のぶやん
貯蓄ゼロ世帯の増加
年金の枯渇
日本の財政破綻
金欠

サラリーマンの貧困化が加速しています。サラリーマンが懸命に働いても、グローバル競争などで所得が低下している上に社会保障・税金が非常に高いので可処分所得が大変に小さなものになってしまいます。

金欠

普通に働いても貧困層

日本で普通に働いても、社会保障費などの負担が大きすぎて貧困化してしまう現実があります。家賃12万円、社会保険料2万円、年金1.5万円、食事3万円、学資ローン返済2万円などを合わせると、それだけで基本的な生活費で20万円ほどかかります。

年収300万円を超える正社員であったとしても生活は厳しい状況なのに、派遣社員・アルバイトなどの不安定雇用の状態であれば、なおさら非常に厳しい状況に置かれる事になり、貧困層、現代の奴隷として社会の底辺から上昇する事ができない状況になります。

カテゴリ: 

奴隷化される日本の20代!高齢者だらけで単純労働に依存する日本企業の将来がヤバい

  • 24 March 2018
  • のぶやん

日本では、世界に先駆けて高齢者大国になりましたが、高齢者の社会保障を維持する為に税金が費やされている状況で、若者が全く使えるお金(可処分所得)が手元に残らない状況になっています。

会社は将来を保証してくれない

日本の会社が従業員の将来を保証できる時代は、もう20年前に終了しました。今でも、高齢者の多くが『大手に就職すれば会社が将来を保証してくれる』と考えがち(実際にはそこまで信じてもいないでしょうけど)ですが、それほどあまい世の中ではなくなっています。

実際、人気の就職先である銀行などが従業員の削減に乗り出しており、ビジネスモデルの大きな転換を迫られています。仮想通貨が人気になってきている事で、オンライン上におけるお金の流れが大きく変化していく可能性があるからです。

カテゴリ: 

奴隷不足に悩む企業が急増!コンビニのアルバイトが足りない

  • 20 March 2018
  • のぶやん
ハンバーガーを食する男性

コンビニのアルバイトは、日本人が誰も働きたがらないので、片言の日本語しか出来ない外国人が就業する事が増えています。松屋、すき屋などの牛丼チェーン店においても、外国人のアルバイトが増加しています。

アルバイトで豊かになれない

アルバイトの多くが最低賃金ギリギリのお金しか貰う事ができないので、いくら頑張っても豊かになれない貧困状態で働く事になります。さらに、アルバイトは『誰でもできる仕事』なので、何も学ぶところがありません。

高度化されていく社会の中で、底辺でアルバイトを行っていると、ますます貧困になっていくという負のスパイラルに陥ってしまう事になります。抜け出そうとしても、抜け出すことはほとんど不可能な状況で、一生涯のアルバイトをしている人も少なくない状況です。

カテゴリ: 

富裕層の資産増加は、やがて国家破綻に向かう。株式市場・不動産市場に買い手がいなくなる時

  • 17 March 2018
  • のぶやん

富裕層の資産が増加すると、富裕層は珍しいものを好むようになります。例えば、世界に1隻しかないボートを富裕層が職人に手をかけて作らせたとしても、それ自体は大量生産を行う事が出来ないので無駄な技術になってしまいます。

労働者の給与が減少

フォード社が行った自動車の大量生産は、自動車をシンプルで手が届きやすい価格にする事で、大衆消費財としたものでした。労働によって中間消費層が形成され、中間層の消費が経済を押し上げてきました。このスタイルは、1980年代に日本の台頭などでアメリカの工場が海外移転すると状況が変化していきます。

1980年代からアメリカの中間層の所得が減少を始めて、1990年代からは日本の中間層の所得も減少し始めています。中間層は、所得が減少する中において、税金・社会保障費の負担が大きくなって貧困化していく事になりました。

カテゴリ: 

株式・不動産などの『収益性資産』を全く保有せずに労働に依存する小作農・貧困層の増加

  • 17 March 2018
  • のぶやん

世界的に巨大グローバル企業が税金をほとんど支払わずに株主利益のみを追及するので、株主が儲かるようになり、従業員が僅かな恩恵を得られますが、労働力などを提供している国が何も恩恵を受けない事になってしまって大赤字になる構造が確立してしまいました。

国が赤字を抱えると、それを理由として増税が行われる結果、ますます格差が拡大していく状況となっています。

グローバル企業が脱税

グローバル企業は、株主に利益を還元しようとしますが、国家に奉仕しようなどとは全く考えていません。グローバル企業は、あらゆる方法を使って税金を支払わない方法を考えており、税務回避によって莫大な富を蓄えています。その分だけ国家が財政赤字を抱え込むことになっています。

日本では、社会保障費に使う予算で財政赤字が拡大する中で、国立大学の独立行政法人化・値上がりなどで研究に支障が出るようになってきています。大学生の半数がローンで進学する状況で、アルバイトばかりで卒業している悲惨な状況です。

カテゴリ: 

アメリカで中間層が貧困化!借金まみれになり奴隷化していく中間層の実態

  • 17 March 2018
  • のぶやん

アメリカの格差は、1980年代から拡大しており、2007年リーマンショック以後に貧富の格差が更に拡大しました。株価・不動産価格が上昇を続ける中で、庶民の生活がどんどん圧迫される状況にあります。

便利・無料サービスで貧しくなる

判断力がない大衆を大衆メディアを用いた広告で騙して、Google社、Facebook社などの無料のサービス(無料のものほど搾取されやすい)を使って、アマゾン、アップルの有料サービスに高額の料金を支払い続けています。

日本人の多くは、インターネットで無駄なものを購入して、Amazonなどにレビューを書き込む事でAmazonに無償労働で売り上げ貢献に奉仕を行っています。この無料の奉仕活動を行えば行うほど、人々はどんどん貧しくなっていく傾向があります。自分の土地を持たない為に人の土地に奉仕している庶民の姿です。

アメリカ人の中間層が貧困化

アメリカ人の中間層の多くが貧困層に転落しています。特に100年前から自動車産業に従事して中流階級を形成した工場労働者が貧困層に転落しています。

カテゴリ: 

グローバル巨大企業が競争する時代に突入!激安の労働力で戦うサービス戦争

  • 16 March 2018
  • のぶやん

2000年代から世界各国で、グローバル化したインターネット企業の収益が急拡大してきましたが、各国においてグローバル企業同士が競争するようになってきています。インターネットのユーザーが増えない中、ユーザーの奪い合いになってきています。

企業が競争の中で顧客に対するサービスを拡大いながら利益率を高めるには、給料が高い(おまけに社会保障費が必要な)フルタイムの社員を削減して、パートタイムに置き換えた方が効率が良くなってきています。

大量消費を支える郵送システム

中国の田舎では、巨大モールが存在する訳ではないので、購入できるものは限られていました。今では、郵送手段が発達した事によって、中国のかなり田舎に居てもインターネットを通じて何でも購入が可能になっています。

広い国土の中国ですが、中国全土に郵送網が行き渡っており、ほとんどのものが数日以内に配送されるシステムが出来上がっています。中国のインターネット市場は、ここ10年で猛烈な勢いで発展しました。

少子化を加速させる大量消費

グローバル企業は、まるで植民地からお金を吸い取るように、企業にお金を吸い上げます。世界各国のスマートフォンは、アップル社、Google社のソフトを搭載する事で、年貢のように3割の強制徴収が行われます。

カテゴリ: 

中央銀行のばら撒きマネーで達成された『完全雇用』が引き起こす貧富の格差

  • 12 March 2018
  • のぶやん

日米ともに完全雇用のような状況になっているにも関わらず、貧富の格差がどんどん拡大しているのはどうしてでしょうか?日米ともに貧富の格差は拡大し続けており、特にアメリカのインフレによって貧困層が非常に貧しい生活を強いられています。

米国が戦争経済から金融緩和に移行

ブッシュ大統領が戦争経済を遂行したのに対して、オバマ大統領になってから不動産の価格を釣り上げた金融緩和経済を行うようになっていきました。アフガン戦争では、多くの武器・弾薬・人命を失いましたが、それに比べて復興によるリターンが大きく得られませんでした。

米国の戦争による消費を拡大させる経済というものが限界にきており、オバマ大統領になってから国内の金融緩和を推進する経済に変化していきました。はっきり言えば、金融緩和の経済は、戦争に人命を失うよりマシではありますが、金融緩和で不動産の価格・株価を釣り上げる事には限界があります。

ばら撒いたお金が庶民に届かない

政府がお金をばら撒いたとしても、そのお金が庶民の手元に行き渡る事はありません。FRBがモルゲージを高値で買いあげて儲かるのは銀行であり、国債を高値で買いあげて儲かるのは銀行であり、株価の釣り上げで儲かるのは大企業の株主だからです。

カテゴリ: 

現代の『誰も死なない消耗戦争』の行く末にある少子高齢化社会

  • 10 March 2018
  • のぶやん
第一次世界大戦の兵士

先進各国の低金利政策によって、企業がお金を借りやすい状況ができあがりました。お金を借りれるだけ借りて不動産・株式市場に突っ込んでいけば、それがお金持ちになる方法になっていきます。

企業が保有したお金は、大量の兵士を雇用する事に使われ、この兵士たちは信じられないほど低賃金で最前線で働かされる事になります。死ぬことこそありませんが、まるで消耗品のように低賃金で働かされて、子供を産むことなく高齢者になります。

先に所有するものが豊かになる社会

物が値上がりしていく経済下では、先に物を保有していた人が勝ち組になっていきます。アメリカでは、不動産の価格がどんどん値上がりしていくので、不動産を保有していた人が富裕になっていきました。その一方で、不動産を借りる方は、非常に高い賃料を支払わなくてはいけなくなります。

人口流入が続いて需要が見込める都市部の不動産がどんどん値上がりするので、銀行はどんどん貸し出しを行って不動産に資金を入れるだけで儲かります。不動産の値上がりを支えていくのは、基本的に人口増加であり、人口減少になる日本においては、不動産の値上がりは期待できません。

カテゴリ: 

奴隷化されていく小作人サラリーマンたちが悲惨すぎる!ホワイトカラーの裁量労働制で奴隷化

  • 6 March 2018
  • のぶやん

日本では、経済成長が90年から20年以上もストップした状態にあり、その間に中国が1年に600~800万人も大卒者を生み出して豊富な労働力で急成長してきました。日本の正社員ホワイトカラーは、いよいよ契約社員・アルバイトと同じレベルに転落しようとしています。

日本企業は、安くて若い労働力を使える中国企業との競争にさらされていて、今の日本人の高くて使えない中高年では太刀打ちできなくなってきています。

カテゴリ: 

Pages

関連記事