時事ネタ


アドセンス広告

中国的グローバルスタンダードは、10年以上の貸し借りを当たり前に行う。海外ネットワークの重要性

  • 5 November 2018
  • のぶやん

中国の国土は、日本に比べて非常に広いので、次に会うのは10年後になるかもしれません。しかしながら、常に『お礼の気持ちを持ち続けている』というのが中国人の姿です。

中国では、先に贈り物をするのに対して、日本では後から贈り物をするという日中の違いもあります。いずれにしても、中国では、古い友人を非常に大切にする傾向があります。

中国的グローバルスタンダードは、10年以上の貸し借りを当たり前に行う

友人関係が一生の資産

中国では、友人関係を一生涯の資産と考えて、連絡しあって融通しあうものと思っています。家族は最も強い味方であり、友人も凄く良い味方である一方で、良く知らない人達とは敵対関係にあるとされています。13億人も人口がいるなかで、信頼できる家族・友人はごく僅かであり、知らない人達に対する警戒心は凄いものがあります。日本人のように他人に笑顔をふりまいたりしません。

仲間だと思った人の事を良く気にかけており、友人の面倒見が非常に良い事で知られています。海外ネットワークが非常に発達しています。

カテゴリ: 

中国人は、どうして自分の財布に無理をしてでも奢るのか?そこにある『縁』の考え方

  • 4 November 2018
  • のぶやん

中国人は、日本人のように割り勘をせずに、自分の財布にお金がギリギリの時でも何とか奢ろうとします。その理由は、中国人の方々と長く付き合っていると知る事ができます。

中国人は、どうして自分の財布に無理をしてでも奢るのか?そこにある『縁』の考え方

相手の印象に強く残る

お金の貸し借りというのは、相手の印象に強く残ります。大事な人達にお金を使って貰ったら、それを『どうしても返したい』という衝動に駆られるのが普通だからです。中国では、個人間の繋がりが非常に強いので、相手に印象づけておく事は、将来を必ず良いものに繋がっていけると信じていて、実際にそれは有効に機能します。

中国の国土は、日本の比ではない大きさであり、再会するのは難しいとされながらも、それでも客人をもてなしたりして友人・客人との『ご縁』を本当に大切にします。

中国の目的と個人主義

中国においては、目的を達成するために『仲間とされる個人間の協力』が大切になると思っています。利害が一致すれば協力するし、利害が一致しなければ協力しないという非常に合理的で分かりやすいものになっています。日本人のように『組織の為に動く』とか『会社のために動く』というような非合理な教育は成されていません。

カテゴリ: 

友達にLINE未読スルーされていた本当の理由が判明!PCにしかインストールされてなかった!

  • 3 November 2018
  • のぶやん

未読スルーされると、傷つきますが、友達がLINEの長文を送信してきたことで、その理由が分かりました。その理由とは・・・『パソコンにしかLINEをインストールしていなかった』というものです。パソコンにしかLINEをインストールしていないと、未読スルーされているのに、帰ってくる返信はやけに長文という奇妙な現象を見る事ができます。

今まで、未読スルーの原因の多くは、自分に興味が持たれてないなどと言われてきましたが、パソコンにしかLINEが入っていないという人も稀にいるということですね。

中国で結婚できない男性3400万人!日本以上に悲惨すぎる中国の結婚事情がヤバい

  • 3 November 2018
  • のぶやん

中国は、ご存じのとおり人口抑制政策をとってきたので、1979年から2015年まで一人っ子政策が取られてきました。その結果、多くの家庭が1人っ子として働き手の男性を望むので、男性が過剰になります。その結果、男性が大量に余るという事です。まあ、男性の数が多いからではなくて、収入源などの面から男性が結婚しづらいという事も影響していると思います。

70後と言われる人達は、既に40代になっており、結婚が非常に難しい年齢になっています。80後の人達が30代になってきており、この層の結婚できない男性も増えています。2020年に男性1000万人が生涯独身者になると推定されていて、深刻な社会問題になっています。80後の人達は、男性136人に対して女性100人なので36人が結婚できないのだそうで大変です。

中国で結婚できない男性3400万人!日本以上に悲惨すぎる中国の結婚事情がヤバい

家族の血が途切れてしまう危機

1人っ子が結婚できないと何がヤバいかと言えば、家族の血が途切れてしまうという事です。一家で僅か1人しかいない子供が子供を生み出す事が出来なければ、一族の血が断絶してしまう事になります。さらに悪い事に、孫がいないという事になり、一家の活気がなくなって、養育する人もいないという状況になってしまいます。

日本でも生涯未婚率が問題になっていますが、日本の場合、子供が2,3人の場合もあるので、一族の血を残す事は可能になります。しかし、中国の場合には、1人っ子政策において一族の血を残せない可能性も出てきてしまいます。

農村部で結婚相手が余る

中国では、都市部・農村部の差別があるので、都市部で仕事する男性は何とか結婚できるとしても、農村部の男性が結婚できません。農村部の男性は、農村部の女性にも相手にされないので、余る可能性がかなり高くなります。自暴自棄になって犯罪に手を染める人たちもいるという事です。

2018年12月末に証券会社でマイナンバー提示の必修化!

  • 1 November 2018
  • のぶやん

2018年12月末に証券会社におけるマイナンバーが必修化されます。マイナンバーの普及は計画通りに進んでおらず(メリットが全くないため)、銀行・証券においても、マイナンバーの登録は登録者が少ない中途半端な状況にあります。

現在でも、2016年以降の口座開設においてマイナンバーが必要な状況にあります。それ以前に開設された口座については2018年末までの猶予期間が設けられていました。この猶予期間がもうすぐ終わろうとしているのです。

マイナンバーなしで証券取引停止?

SBI証券のQ&Aには、「2018年12月末までにマイナンバーがご提示いただけない場合、2019年以降のお取引が停止となる可能性もございます」とあるので、取引が停止になる可能性はあると思います。

普通に考えて、突然に保有している株式を凍結などという事は難しいです。対応として、現在のポジションは一定の猶予期間は保持される可能性もあるのではないでしょうか?その辺りは、発表されていません。

中国人とビジネスのストレスは凄い!中国人と日本人との違いとは?

  • 31 October 2018
  • のぶやん

中国人と日本人の最も大きな違いというのは、スケジュールについての考え方と言われています。日本人は事前の計画を良く組んで日程を決めてしまいますけど、中国人はガチガチに日程を組むことを好みません。

ガチガチに日程を組んでしまって、後から予定が入ってしまうと、キャンセルしなくてはならないので『相手の面子を潰した』という事になる事を嫌うからです。このために食事などでも直前に決まる事が多いです。一応は、考慮するけど、もっと良さそうな予定が入ると直前にキャンセルしてきます。相手の優先順位を考えながら、こちらもキャンセルされる予定で日程を組むのが正しいという事になります。

中国人とのビジネスストレスは凄い!中国人と日本人との違いとは?

例えば、イギリスなどにおいては、約束事を日本人のようにきっちりと守ろうとする文化がないので、簡単にキャンセルするようなことが起こります。皆で集まろうと言っても、もっと良い約束があって都合が悪ければすぐにキャンセルしてきます。実際には、中国人のような手法の方がむしろ世界標準のようで、日本人の考え方の方が稀のようです。

イギリス人は、約束までして相手の迷惑を考えずにキャンセルする事が多いです。中国人は、一応は約束を曖昧にしながらキャンセルするかしないか直前に伝えてきます。その意味では、イギリス人よりも、中国人の方が相手に気を遣っているという事もできるかもしれません。あまり予定を組み立てないのは、世界標準ともいえるので、日本人も適応できるようにしなくてはいけません。

中国で直前に日程を決める

スケジュールは、『直前になって日程を決める』というのが中国の標準スタイルとなっています。中国の住んでいる地域によっても考え方に違いがあって、上海の場合に旅行に行く人は細かく予定を組む人も多いです。ただ、広州においては旅行に行くのに前の日になって直前に旅行チケットを取るなど、日本人から見るとあり得ないような事をします。

その日まで旅行に行く事すら決めず、1週間ぐらい前に思いついて旅行に行くような事を平気でします。さすがに海外旅行の場合には、ビザの件もあるので前々から計画を立てる人が多いようですが、直前になって海外旅行に申し込もうとして旅行会社に何とかしろと詰め寄る時もあります。

本当に直前に決める

直前というのがどれぐらい直前かと言えば、『3月3日から3月8日まで、北京に旅行に行くからご飯を一緒にしましょう』と誘うと、ほとんど必ず『到着したら連絡して下さい』という連絡がきて、具体的な日付が全く決まりません。日本人のように、『では3月6日に北京飯店で待ち合わせしましょう』などという事にはならないのです。

日本人のようにガチガチに日程を決めるのは、中国人全体に好まれる傾向であはりません。日程をガチガチに決める事で、拘束されるのを嫌がるためです。また、他人の事を信用していないので、来るか来ないか分からないような人の為に自分の日程を空けるのはもったいないと考えているのです。

中国のスマホ信用社会

中国では、スマートフォンの電子決済を信用力に用いる傾向が加速しています。あらゆる情報をクレジットスコアで換算して、それに応じて特典を付与するような仕組みが構築され始めています。スマートフォンを使った『お店の先払い』などが発達して、ドタキャンがなくなったので、お店としては非常にありがたいという事になります。

中国では、人口が多すぎて『簡単に人を信用できない社会』なので、このような仕組みで『信用を可視化』したことが有効に機能し始めているというのです。ただ、このような取り組みは、国家が全てを管理するという仕組みでもあり、先進諸国のように階級社会・格差社会が固定化する可能性を秘めているなどと思うのは、考えすぎでしょうかね。

中国人との約束

中国人の約束で『没問題』というは、必ず問題が出る事を想定しておくべきです。中国人の没問題の意味は、『30%ぐらいは何とか頑張ってみます』という意味だからです。日本人が中国人と約束する時には、『頑張って行動はしてくれるだろうけど、達成度は30%ぐらいを期待しておこう』と思っておかないと、後からトラブルになったり、下手をすれば日本人が怒ったりする事になります。

中国人は信用できないのではなくて、誰もがこうした『約束の安易な請け負い』をするので、日本人もそれに合わせた行動を行う必要があるという事です。直前にキャンセルされても『まあ、仕方ないな』と思うぐらいでないとやっていけません。また、13億人もいるので、民族・年齢・地域・都市と農村によって大きなばらつきがあるのも事実です。

日本人の意識を変える必要性

国際化の時代に合わせて、日本人の意識を変える必要性もあるでしょう。

カテゴリ: 

30代になって彼氏が出来ない美人が多い理由

  • 30 October 2018
  • のぶやん

日本における20代~30代の男性の平均年収は、大幅に下落しており、それが男女ともに結婚できない原因を生み出しています。特に女性の場合、『こんなに美人なのにずっと彼氏がいないなんて!』と思う女性が少なくありません。その理由としては、美人の場合に『自分から全く動かない』という事があります。

20代の頃に可愛すぎて、周囲から可愛いと言われ続けて、あまりにモテるので自分から全くアプローチしなくなった美人も多いです。20代で美人だと、それだけで価値が非常に高いので、多くの男性からアプローチを受ける立場にあります。それは、30代になると、そこそこモテるけど結婚が前提になるので、外見よりむしろ性格を考慮するようになります。

チアガール美女

クックパッドの株価が遂に400円割れる!株主が涙目( ;∀;)

  • 29 October 2018
  • のぶやん

クックパッドの株主は、業績に対して相当に厳しい見方をしているみたいです。今まで、ギリギリ400円を割れずに保ってきた株価ですが、いよいよ400円割れを引き起こしました。

インターネットの情報配信で、1つの情報提供に特化した程度のサイトだと、大きな時価総額を出すのが難しい時代になったと言えるのかもしれません。

クックパッドの株価

クックパッドの将来投資に対しても、株主の不安が掲示板などに書き込まれています。その多くが国内市場の競争激化をあげており、国内市場で競争に巻き込まれたら稼げないというものです。実際、楽天などが楽天ポイントと連動して「楽天レシピ」をジワジワと拡大させており、クックパッドの脅威となっています。

Pages


アドセンス広告

関連記事