英語


アドセンス広告

言語: 

ホテル業界で「役に立たないとされた社員」が行う業務とは?システム化できる単純作業

  • 18 January 2020
  • のぶやん

ホテル業界においては、役に立たないと会社から勝手に烙印を押された社員が行く先は3つあります。

役に立たないというのは、例えば「インバウンドのお客様が急増しているのに英語が話せない」という社員(日本ではインバウンド客が多いにも関わらず、総支配人が英語を話せないことすらある)であったり、幹部で高給取りであるのに給与に見合った働きをしていないので首になるケースなどがあります。会社としては、高給取り1人を雇うぐらいならば、能力地が高い派遣さんでも雇った方が会社に有益であると考えてしまうのです。

外国人が日本にどんどん流入してくるような状況において、ホテル業界で英語が話せない古い社員は「必要のない社員」としての烙印を押されるにいたっています。英語を話せることは当たり前のことであり、英語のほかに中国語などが話せる必要があります。

職場の求める能力に達していない

ホテル業界で英語が求められる職場であるにも関わらず、英語を全く理解することができないような社員は、ホテルで働いているのは迷惑ということになります。また、フロント業務などで頻繁にミスを繰り返す場合にも、フロントの単純作業に不向きということで、職場で使えない人材の烙印を押されることになります。

ホテル業界などでは、「客からの評判がよい状況」が重要になります。顧客からのクレームが多ければ、会社として本人の処遇を考えなければいけない状況になります。

解雇規定に接触しない

解雇する規定と言うのは、主に「上司の言うことに従わないことが多い」ということ(上司への意図的な反抗・反発)であったり、遅刻・欠勤が多いなどの勤務態度を問題にされることがあります。こうした規定に接触すると、解雇対象にもされかねないので、特に注意が必要です。

会社が従業員を解雇するのは、容易なことではありません。処遇を悪くして「自主的に退職して貰うように仕向ける」というのは、今でも頻繁に行われていることです。

役に立たない烙印を押された社員の行く末

1、全く関係ない部署の「応援」で単純業務
2、深夜の勤務ばかりの割り当てになる
3、今まで経験したことない部署に移動

役に立たないと烙印を押されるのは、50代の社員が多いという特徴があります。ホテル業界において、50代社員にもなると幹部として給料が高くなりますが、それに見合った働きができていないとなると首の対象になります。ただ、リストラすることは簡単ではないので、誰もやりたくない厳しい業務を押し付けることになります。

1、全く関係ない部署の応援

レストランのホールであったり、荷物運びのクローク業務など、普通はアルバイトがやるような部署を担当させられることになります。簡単に言えば、「もう、あなたにできる仕事は、アルバイトと同じものです」ということで、辞めてくれという合図です。

業務支援という言い訳の中で、アルバイトがする「単調業務」を行わされます。アルバイトは容易に辞める事ができますが、正社員であれば辞めることができずにしがみつくことになるので、周囲の大学生に囲まれながら「レストランの配膳係」をやる中高年の姿があります。様々な業務を経験するといういいわけの下で、誰でもできる単純作業を行わせるのです。

2、深夜の勤務ばかり割り当て

深夜勤務という誰もやりたがらない業務ばかり割り当てられるということは、日中に必要ないと言われているようなもので、将来を期待されていないということです。「いつ辞めてくれてもいいから、使い捨てにされている」と考えても良い状態であると言えるでしょう。

例えば、ホテルで夜勤ばかりの割り当てになってしまう社員というのは、「大事にされていない社員」と判断することもできます。優秀な社員に夜勤ばかりをやらせる会社というのは、ほとんどないと考えて良いでしょう。最近では、社員の負担が非常に大きいナイト業務は、アルバイトなどにやらせる事例も増えてきています。アルバイトなどにやらせることで、社員の離職率を減らす狙いがあります。

3、今まで経験したことない部署に移動

今までずっと行ってきていた部署と全く関係のない部署に移動が発令されるということは、簡単に言えば「今すぐにでも辞めてくれてもいい」と言われているようなものでしょう。辞めて欲しいけど、なかなか辞めてくれない社員に対して、会社が全く畑違いの場所で単純労働をやらせることがよくあります。

短銃作業のシステム化

単純作業をシステム化することで、アルバイトなどの数を極限まで減らして、高度人材を雇い入れることができるようになります。例えば、コンビニがシステム化されることで、1人~2人の店員だけで店舗の運営ができるようになっています。

雇い入れなければいけないのは、特定分野で活躍できる人材であり、そのような人材を企業が企業の内部に居ることは、企業の競争力に繋がります。それは、単なる安売りからの脱却を意味しています。ユニークであるということは、企業が客にお金を払って貰う上で非常に大切になる要素になります。

 

カテゴリ: 

中国のCEOが英語でプレゼンテーションする事が当たり前になっている

  • 25 November 2018
  • のぶやん

日本企業のCEOが英語でプレゼンテーションを行う事は非常に少ないですが、中国のCEOが英語でプレゼンテーションをする事が当たり前になっています。英語を標準で話せる事は、『プレゼンテーションする』という場合には、非常に重要です。誰も聞きたくないような英語で話すよりは、母国語で話して通訳が話した方がいいからです。

恐らく、何も訓練を受けない状態で、母国語でない英語を話した場合には、普通の人は10点満点で3点ぐらいしか取れないのだと思います。

 中国大公司CEO英语水平吐槽

カテゴリ: 

英語が出来ないと一流のビジネスマンと呼べない時代

  • 15 November 2018
  • のぶやん

ビジネスが国際化してきたことによって、国際的に良く使われる英語が以前にも増して重要になってきています。楽天、ユニクロなどは、社員が昇格する時に英語の試験を取り入れるなどして、社員の英語能力の向上を行おうとしています。

英語が出来ないと一流のビジネスマンと呼べない時代

国際ビジネスマンは英語が出来る

国際的に活躍できる人を一流のビジネスマンだとすれば、英語ができる人が一流のビジネスマンと言えるでしょう。大学名などを話しても、外国の人には良く分かりませんが、英語能力がどの程度であるかは、すぐにバレて、それが教養があるかどうかの尺度にされてしまう可能性もあります。

実際、外国に数人の社員で出張をすると、英語が出来る人が交渉役になって、英語の出来ない人など何の役にも立ちません。中国のサケの席では、中国語ができれば会話が成立しますが、中国語が出来なければ、仲良くなる事すらままならない状態です。言語がビジネスレベルで出来る事は、国際ビジネスで非常に重要です。

モテそうなビジネスマンが成功する

モテルというのは、相手の女性の心理を先読みできるという事であり、モテそうなビジネスマンは、営業成績が良い場合が多いという事になります。見た目だけではなくて、話した感じで相手の表情・しぐさ・言葉の中身を観察して、相手が何が言いたいのかをすぐに理解できれば、ビジネスの可能性は広がります。

日本人は、あいまいな表現が多いので、相手の事を理解する能力では長けているという可能性もあります。外国人でも曖昧な言い回しはあるので、そうした相手の事を日頃から観察して、ビジネスに活用する人は、成功しやすいと言えるでしょう。

カテゴリ: 

英会話が必要とされる時代に日本人が英語を全く話せないのはどうしてか?

  • 30 October 2018
  • のぶやん

2020年に小学3年生から英語が必修化されます。中学校からの英語教育の品質を上げず、小学校から英語教育を開始するという理由が良く分かりません。中学校からの英語教育は、非常にレベルが低いものになっており、実際に中学校の先生がほとんど英語を話せません。

英会話が必要とされる時代に日本人が英語を全く話せないのはどうしてか?

ネイティブの講師はいらない

ネイティブの講師が教えると『本物の英語に触れる事ができる」事により、英語の効果が高くなる事は事実です。しかし、今ではユーチューブなどで海外の英語動画を簡単に見る事ができるので、状況は10年前と全く異なったものになっています。かつて20年ほど前に英語を聞くのは、英語の教材しかありませんでしたが、今ではユーチューブで海外のテレビからドラマまで簡単に見る事ができます。

ネイティブの講師と実際に交流する事で、海外に興味を持つきっかけにする点で良いですが、英語の上達として考えた場合にそれほどプラスになるとは思えません。英語を上達させたいのであれば、ネイティブ講師から習得するより、自分で興味を持ってユーチューブ学習をした方が良いでしょう。

大人が誰も英語を話さない

イギリスなどの英語を母国語とする国でも、英語を話さない移民エリアというものが存在しています。周囲の大人が誰も英語を話さないにも関わらず、英語をスラスラ話せるようになるのか?という疑問ですね。英語が話せるようになるためには、周囲の人が英会話に興味をもって、英会話を行うのが最も良いとされています。

カテゴリ: 

専門分野における日本語情報量の少なさ!英語で検索できないと何も知れない時代

  • 4 October 2016
  • のぶやん

科学技術、歴史分野におけるインターネット上で日本語が非常に少ない事が分かってきました。

日本人は1億2千万人いて、その人口の多くがインターネットを利用しており、インターネット上で日本語の文字というのは一定の存在感を持つと思っていましたが、実際に検索してみると、英語の歴史に詳しいもの(Wikipadiaなどにおいても)が見つかりますが、日本語ではほとんど見つけることができません。

今日において、知識と言えば英語を読めなければほとんど吸収できないと言っても過言ではないと言えるでしょう。しかも、日本語で存在しえない知識が英語の文章というのだから、『英語で専門的な知識を読むことを必要とする』という事になります。

インターネットで買い物

日頃から英語のニュースを見聞きするようにしないと、英語で専門的な事を読むのは難しいばかりではなくて、英語で専門的な事を書いたりする事も難しいでしょう。大学生が論文を書いたところで大した論文を書けることはありませんが、英語を翻訳して論文を書いたりすると、大学の先生が書くレベルの立派な論文を書ける可能性があります。

特にインターネット上で情報を探すのであれば『日本語より英語』の方がボリュームが圧倒的であり、英語力が情報取得能力になっている可能性があります。

芸能ニュースが大好きな日本人

日本人の場合には、日本国内の芸能ニュースに非常に敏感になっていることが分かります。世界のニュース、自国のニュースに関心がないわけではありませんが、とにかく芸能ニュースに対する関心というのは、他国と比べると圧倒しているという事です。日本人がインターネットを開いてみる多くのニュースが『芸能人の熱愛』だったりするという事です。日本人のテレビの視聴時間とも無縁ではないでしょう。

インターネットをするカップル

【アメリカYahoo!トップ】
世界のニュース:24%
自国のニュース:65%
スポーツニュース:7%
芸能ニュース:3%
その他:1%

【イギリスYahoo!トップ】
世界のニュース:22%
自国のニュース:51%
スポーツニュース:15%
芸能ニュース:12%
その他:0%

【日本Yahoo!トップ】
世界のニュース:17%
自国のニュース:38%
スポーツニュース:9%
芸能ニュース:35%
その他:1%

 

カテゴリ: 
タグ: 

アドセンス広告

関連記事