ホテル


アドセンス広告

全国で見ると供給過剰のホテル業界!需要が多いけど新規建設が相次ぎ激安化で加熱する競争

  • 16 August 2016
  • のぶやん

東京都のホテルを見ても、3000円で個室ホテルに宿泊できる北千住エリアのホテルアクセラなどもありますが、その他にも北千住エリアには、個室3000円のホテルが沢山あります。ホテルは、3000円以下の価格を設定するとアパートやマンションよりも安くなってしまいますので、これ以上は値段が下げられないという下限設定であるような気がします。例えば、1泊2500円になってしまうと、月額で75000円になってしまうので、都心のアパート・マンションに住むよりも、ホテルに滞在した方が良いという事になってしまうからです。

最近のビジネスホテルの競争は、全国的に激化してきており、その理由として新しいチェーン系のビジネスホテルがシティホテルの客を奪い取っているからです。例えば、東京にあるスーパーホテル東京・亀戸は、5000円~6000円で朝食付きというプランを提供しています。これを朝食1000円として考えると、快眠ホテルの個室が4000円~5000円という価格になるので、まさに『激安の宿泊』が可能になると言えるでしょう。1人で宿泊するホテルとしては、申し分ないといえます。

他に利用できるチェーン店としては、フレックステイイン白金などがあるフレックステイ系があります。長期滞在などをする場合にも利用できるようになっています。また、このフレックステイ系の特徴としては、直前割引が大きいという事が言えるでしょう。明日、明後日に宿泊したいという場合には、割引率が大きくなるので利用価値が高くなると考えることができます。

羽田空港周辺の価格帯で5000円

羽田空港周辺のアクセスが良いホテルも安くなっている。例えば、ホテル・ビジネスヴィラ大森などは、4000円~6000円本当に簡単なものですが、朝食付きで提供しています。こうした4000円~6000円ぐらいのビジネスホテルに慣れてしまった人たちが、果たして9000円もするホテルに宿泊する事があるのでしょうか?探してお部屋がなかった場合を除いては、9000円もするホテルに宿泊する気にはならないかもしれません。何故なら、3000円の違いがあれば、高級ホテルで昼食すら食べられてしまうからです。

田舎にあるけど宿泊すべき凄いホテル

全国には、田舎にあるけど頑張っているホテルと言うのが沢山あって、全国にその名前が知られているホテルもあります。青森市の市街地にあるハイパーホテルズパサージュは、ビジネスホテルであるにも関わらず、その朝食が60~70種類も出てくるという驚愕の朝食で全国的にも知られています。この朝食を目当てにしてこのホテルにリピートする人の多い事。私もその1人で、何度もリピートしているホテルです。

浜松にあるホテルのHOTEL day by dayが凄い事も有名です。ビジネスホテルとしては非常に珍しくフリードリンクを採用していて、コーヒー、100%ジュース、その他アルコールまでフリーで提供しています。浜松駅から少し歩く以外は、ほとんど完璧なホテルであると言われています。朝食は、パンの種類を増やして工夫する事によって、ボリュームを確保しています。多くのメニューが提供できない場合には、こうした工夫を重ねるという方法があり、満足度をどのように確保するか良く分かっていると思わせるホテルです。もし、朝食でメニューの量が増えると、毎日の作業量というものが膨大になって、仕入れ、準備の人員が相当なものになってしまいます。

安いというだけではなくて、他と何が違うのかと言う事を顧客・利用者は良く見ています。スーパーホテルの場合には、『寝られる事が重要だ』とビジネスマンが考えているので、とにかく寝られるようなものを重視して、他をカットするという『軸』をしっかりと定めた事が成功に繋がっています。軸がぶれていろいろやり始めると、顧客・利用者の満足度は上昇するどころか、逆に荒が目について低下してしまうのです。

アパホテルには絶対に宿泊しない

アパホテルに1度だけ宿泊した事がありますが、もう二度と宿泊する事はありません。部屋に宗教じみたアパホテルの創業者の本が置いてあり、それが非常に気分を悪くさせました。また、宿泊しただけで勝手にアパホテル会員にさせられて、個人情報の管理がどうなているのかも良く分かりません。確かにアパホテルは、安くて温泉設備が付いているようなホテルもありますが、部屋の中に不要な創業者が書いた本などを置いて客の気持ちを損なうようなホテルに泊まる必要はないでしょう。いらないものが置いてあるということは、それだけ顧客のことを考えていないということだからです。

天然温泉平和島は利用しない方がいい

天然温泉平和島は、入場料金が1800円+深夜料金1300円を支払えば滞在する事ができます。朝食が付いている場合がありますが、朝食と言っても卵焼き、ソーセージ、パン、ごはん、添加物で作られたスープぐらいの非常に簡単なもので、ビジネスホテルの最低ランクぐらいに考えておいた方が良いでしょう。1回宿泊すると、もう来ないかな、と思わせるのに十分で、やはりビジネスホテルの個室で落ち着いて良く眠るのが良いと思うのです。たとえ、お金が高くかかったとしても。フロントはタメ語でやる気がなさそうだったし、館内は古びて不衛生に見えたしね、、、若い人は誰も来ないでしょ。カタール航空の航空券に付いていたから無料で利用出来たけど、こんな設備だとカタール航空もイメージ悪化するからやめた方がいいんじゃないのかな。

温泉施設とかで寝るのは、よほどの事がない限りは避けた方がいいと思いました。フライトの時間があまりに遅いので、無料プランで初めて1泊してみたのですが、気分的には全く盛り上がりませんでした。設備は古いし、朝食は激マズだし、寝る所は大部屋で全く落ち着かないし、風呂は何か不衛生な感じがするし、、、清潔感がある新しいスーパー銭湯に慣れているせいだろうか、古びた天然温泉平和島が古びて感じました。改装してもっと日本風に仕上げた方がいいと思った。経営者のグダグダ感が全体に漂っていて、もう二度と利用しないと誓わせるレベルだった。今は、多くの人が消費にシビアになっているので、甘い考えでは経営できない。

天然温泉を語る時には、似たような値段だけど中身が全然違っているという事も珍しくない。例えば、愉快爽快なんかは優れたサービスを提供していると思うが、王様の温泉なんて不衛生な設備を提供していて飯も不味い。同じように温泉設備を提供していたとしても、良いお店と悪いお店の差は歴然としている。

カテゴリ: 

ホテル日航東京がヒルトン東京お台場に変更

  • 17 June 2015
  • のぶやん

2015年09月30日からホテル日航東京がヒルトン東京お台場になるそうです。1996年3月からホテル日航東京として営業してきましたが、19年間の歴史に幕を下ろして、別のホテルグループとして再出発するそうです。このホテルは、私も以前に利用した事があるホテルなんですけど、お部屋が広めに作られていて景色もいいし、設備の充実度が高いホテルでした。人気のホテルで稼働率も高いホテルだったのですが、リゾートホテルだけに維持費も相当にかかっていたようです。

こう言うと悪いんですけど、他の同等クラスのホテルと比較すると、スタッフの質は本当に微妙でした。周辺の設備について質問しても、質問が曖昧にしか返せなかったり、夕食を運んできたルームサービスの対応の話がやけにながいし、設備面が良いのにサービス面において高級ホテルになりきれてませんでした。設備が最強なだけに、人材にお金をかけられていない姿が非常に残念に感じたのでした。ほとんど利用者がいない景色の良い(夏の昼間でも空いてる時多い)のプールなどに金がかかりすぎて、人件費を削りまくっていた姿が浮かび上がります。かゆいところに全く手が届かないビジネスホテル並みのサービスですね。

楽天トラベルでヒルトン東京お台場の価格を見たら、以前よりも値上がりしていて、1部屋だと6万円-7万円になっていますね。えーっと、築19年のホテルの価格とは思えないほど高い。1泊6万出せば、外資系高級ホテルも泊まれちゃう価格ですね。私だったら、迷わずに外資系ホテルを選びますね。

ホテル日航東京の殺人事件

ホテル日航東京で、2015年3月に韓国籍の男性である韓国籍キム・コンウ容疑者が酒を飲んで暴れて、女性の首を絞めて殺したという事件がありました。これによって、ホテル日航東京の実名報道が相次いでされた影響で、ホテルの営業に相当の影響があったものと思われます。今回のホテル日航東京としての営業終了に少なからず影響があったものと思います。

人が死んだところで結婚式をしたいカップルなんていないでしょうから、この報道を受けて結婚式の開催などはほとんど全てキャンセルになったものと思われます。つまり、年間で失われた金額というのは、億単位に上回ってしまって、今後とも厳しい状況が続くと判断したものと思われます。

JALホテルズ自体がオークラ系列化

JALが破綻した影響を受けて、JAL系のJALホテルズ自体も2010年からオークラ系列(JALホテルズの株式90.7%のうち、79.6%をホテルオークラに売却)となっています。その影響で、以前にホテル日航東京に存在していたファウンテンズクラブという会員制も変更があって、オークラ系のカードになっていたのですが、それも2014年12月に廃止になったようです。

ホテル日航東京(オークラ系列)からヒルトン系列に移るという事は、安い価格でオークラ系列がホテル日航東京をヒルトンに売却したという事になるのだと思います。ヒルトン系のホテルとして2020年の東京オリンピックに向けて再出発となるようです。私はもうこのホテルに宿泊する事はないと思いますが、頑張って頂きたいものです。

カテゴリ: 
おすすめ: 

ヒルトン東京お台場

お台場に位置する、リゾート感覚あふれる全室バルコニー付きのシティホテルです。

ホテル総合評価★★★★★

このホテルのレビュー・口コミ
(3046件のレビュー・口コミ)

サービス★★★★☆
部屋★★★★★
設備・アメニティ★★★★☆
立地★★★★★

最低宿泊価格 : 5500

【住所】東京都港区台場1-9-1
【電話】03-5500-5500
【FAX】 03-5500-2525
【駐車場】有り 300台(有料) ご宿泊のお客様は1泊1500円(最大4500円) 先着順

このホテル宿泊プラン一覧

アクセス:「ゆりかもめ」台場駅直結。羽田空港から15分(エアポートリムジンバス) 臨海副都心線「東京テレポート」より徒歩10分。

ヒルトン東京お台場の詳細情報

Supported by 楽天ウェブサービス

旅館・ホテル宿泊施設の利益率低下と旅行代理店の対応

  • 13 June 2012
  • のぶやん

日本国内のホテルは、自社でマーケティング能力を持っているチェーン店を除いて、ほとんどの場合が楽天トラベルのようなインターネット代理店を使っています。このような代理店は、予約手数料の3%~10%を『マーケティングの手数料』として徴収します。

この手数料を経営が厳しいホテル側が『高すぎる』と感じるのは理解できる話ですが、システムを作り上げる手間、実際にシステムとして稼働させている手間などを考えると、手数料が高いのは仕方ない面もあるのかなと思います。

じゃらんnetと楽天トラベル

じゃらんnetが2011年4月から宿泊施設に対して利用料を値上げしましt。具体的には、従来はシングル4%、2人以上は8%であった手数料が、シングル6%、2人以上が変わらず8%に改定されました。更にユーザーに還元する2%のポイント制度を導入するという事が同時に発表されたので、宿泊施設側はシングルで8%、2人以上の宿泊で10%の手数料を負担する事となりました。

じゃらんnet
・シングル8%(うち2%ポイント)
・2人以上10%(うち2%ポイント)

楽天トラベルは、2005年9月から手数料を値上げしています。具体的には、A、B、Cのプランに分けて、楽天トラベルに協力的な宿泊施設に対しては、手数料を安く設定するようにしています。また、自由販売を行いたいという宿泊施設・旅館に対しては、手数料を9%に設定しています。

楽天トラベル
手数料7%Aプラン:提供する最低部屋数が6~10%、最低料金を保証、売れ残り部屋14日前から自由販売
手数料8%Bプラン:提供する最低部屋数が3~5%、最低料金を保証、売れ残り部屋14日前から自由販売
手数料9%Cプラン:提供する最低部屋数は自由、価格は自由設定、自由
(検索表示は、Aプラン→Bプラン→Cプランの順で表示)


ホテル公式サイトの価格が高いという矛盾

日本の旅館・ホテルは、ホテルのウェブサイトで「直接予約」すると、何と「代理店を通すよりも高い料金」を請求される事になってしまいます。本来であれば、公式サイトからの直接予約は、代理店に支払う手数料を省いた分だけ安く出来るはずですが、逆に高くなってしまっているのです。これならば、ユーザー側としては、代理店を通した方が安く予約出来るというものです。このような構造で、代理店の利用はますます伸びて、ホテルは更に代理店に手数料を支払う事になります。

楽天トラベルが手数料の値上げを行った時には、多くの旅館・ホテルが反発して「ベストリザーブに鞍替えする」というような話が出てきました。代理店が手数料を値上げしたから、他の代理店に鞍替えすれば話が片付くような事を考える旅館・ホテルはやはりマーケティングの素人に成り下がったと考えるべきでしょう。本来であれば、ユーザーに対して「公式サイトの安さ」をアピールしていくべきなのです。

自前サイトの充実とは?

自前サイトの充実というのをどのように行うかという戦略について、ほとんどのホテルでは何ら対策をとっていない事でしょう。特に地方の旅館・ホテルなどについては、「旅行代理店に丸投げ」は今でも同じで、ずっと多額の手数料を支払い続けて依存体質は強まっています。楽天が行っている戦略というのは、楽天アフィリエイトで「コンテンツ製作者」にお金を渡して、コンテンツからお客を誘導してくるという方法です。ホテル側としては、マーケティングコストをかけて、ホテル以外の情報を少しずつ充実させていくなど、ホテル業務以外のIT分野におけるマーケティング戦略を積極的に行っていく必要が出てきたという事でしょう。

特に最近はビジネスホテルが全国の駅前に数多く出来て、多くの「地元に古くからある地方ホテル」では、地域の色を出して勝負しようとしています。地域の色をいくら出そうとした所で、宿泊客はインターネットからの予約を行ってくるので、インターネット上で「地域の色」を最大限に出していく必要があります。インターネットも含めてホテルのサービスであるという事で、その情報提供が出来ない宿泊施設に対してサイト訪問者は「情報提供出来ない宿」という見方を下してしまいます。

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事