ビジネスホテルが3000円以下なら、賃貸よりビジネスホテルが良くないか

  • 16 August 2016
  • WEB情報屋

ビジネスホテル3000円~4000円で宿泊できるところが増えています。月額家賃9万~12万円となると高そうに見えるけど、敷金・礼金はかからず、煩わしい契約不要、保証人不要、保証会社費用不要、更にベッドの寝具が全て付いていて、大浴場も付いていたりする。フロントのサービスも受けられる。場所によっては、コーヒーが無料であったり、朝食が付帯している場合もある。はっきり言って、ビジネスホテル連泊していた方が、狭いアパート暮らしより快適なんじゃないか?と思う訳です。

ウィークリーマンションよりビジネスホテル

1週間、1ヶ月とかの単位だと、『高いからウィークリーマンションのマンスリーレオパレスにしょう』とか思ったりする訳ですが、実際にはビジネスホテルが5000円朝食付きならば、ビジネスホテルの方が快適で安いという事が発生してくると思うのです。最近では、長期滞在型のビジネスホテルも出現していて、そういうところにコインランドリーなどもあるので便利です。浴槽もあって快適だし、ウィークリーマンションよりも明らかに快適に過ごす事ができます。

フレックステイイン清澄白河などにいたっては、長期滞在の客層を想定して洗濯機なども設置していて、1泊4000円~6000円となっています。安い時に予約すれば、ウィークリーマンションよりも明らかに快適に過ごせるでしょう。

今時カプセルホテルに宿泊するのは情弱

カプセルホテルに宿泊するのは、一般的に情報弱者と言われています。しかしながら、新宿のグリーンプラザ新宿カプセルホテルなどは、都心部に5000円で宿泊できるというメリットがあり、カプセルホテルでありながらも、終電を逃した後に宿泊するのに適しています。こうした選択肢を持っておくというのは、実はとても重要でしょう。

カプセルホテルに宿泊するのは、本当に緊急の場合を除いては、宿泊する必要性がありません。価格だけを見るのであれば、ビジネスホテルに宿泊した方が圧倒的にコストパフォーマンスが良くなるからです。個室のビジネスホテルで都内で3500円で見つけられるので、それを5000円でカプセルホテルに宿泊する理由は何もありません。


マンガ喫茶は宿泊する場所として最悪

マンガ喫茶に宿泊するという人もいますけど、マンガ喫茶は宿泊施設として最悪です。先ず、時間制限が厳しくて時間単位の課金なので、ゆっくりするどころではありません。また、身分証の提示・コピー義務などがあるので、不要な身分証のコピーを取られる事になってしまうので個人情報の流出(身分証で口座開設などが行えてしまう)の懸念があります。そして、ナイトパックなどの価格は、3時間で980円~1300円、5時間で1600円~2000円となっている場所が多くて、とても『ゆったり寛ぐ』という場所として適切ではない事が分かります。

 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止