旅行


アドセンス広告

日本は島国であるため、外国を意味する表現として「海外」が用いられる。そして、日本人が国外へ行くには海を越える必要があるため、外国への旅行に関してこのように表現するのが一般的となっている。世界においては、例えば英語では、日本における表現と類似したoverseas travelの表現もあるが、international travel(国際旅行)、traveling abroad(外国旅行)などが、海外旅行に相当する表現となる。旅行者の国籍または居住地を基準とした場合、国内を目的地とする国内旅行が対義語となる。

言語: 

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

  • 8 January 2019
  • のぶやん

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの入会を検討したのですが、日本国内のヒルトンは、使えるホテルが少ないですね。日本国内のヒルトンは、ブランド名で価格を釣り上げているような状況が見てとれて、他のホテルよりも「割高」に感じてしまいます。確かにヒルトンという統一されたブランドのサービス提供は受けられるのですが、いずれのホテルも他のホテルよりもやや割高に感じます。

国内で使いづらいカードとなると、必然的に海外に頻繁に行く人向けという事になります。しかも、米国・イギリスの出張が多い人向けという事になるでしょう。旅行で年に1,2回行くぐらいであれば、年会費がかかるカードをわざわざ保有している必要もないでしょう。

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

・年会費14000円
・朝食無料
・無料のアップグレード

日本で使いづらいヒルトンホテル

日本では、ホテルの数が少なすぎるのかもしれません。アメリカであったり、イギリスなどでは、ヒルトンホテルが本当に沢山あって、ロンドン市内には、場所、価格も様々なヒルトンホテルがあるので、ロンドンに良く行くようなイギリス人なら迷わずヒルトンホテルのクレジットカードを保有することでしょう。

日本の東京には、ヒルトン東京(新宿)、ヒルトンお台場、ヒルトン東京ベイ(千葉)と、使いづらいものばかりです。新宿にあるヒルトン東京も、大型の良いホテルなんでしょうけど、1963年に開業したホテルは、かなり老朽化したホテルのイメージがあり、それほど積極的に利用したいという気になりません。

海外出張でヒルトン宿泊を狙う人向け

ヒルトンのカードは、年に1,2回ほど海外に行くぐらいでは、加入するメリットはそれほど高くありません。年会費が14000円と高いので、連泊しないと回収できないからです。ヒルトンホテルに縛られたくないということであれば、このクレジットカードは保有しない方が良いでしょう。

年に何度も出張する人で、同じ系列のホテルを利用する事にメリットがある人であれば、ヒルトンのクレジットカード申し込みする方が良さそうです。

カテゴリ: 
旅行の前に口コミチェック!【トリップアドバイザー】

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードに入会すべき?年会費14000円の壁

  • 3 January 2019
  • のぶやん

ヒルトンは、その名前が世界中に知れ渡っている非常に有名な高級ホテルのグループです。高級ホテルを中心に運用していますが、ダブルツリーのように中価格帯のホテルも運用しているので、庶民でも手が届く範囲の価格のホテルは沢山あります。特に発展途上国のホテルは、わりと安めに設定されています。

ヒルトングループのホテルは、世界中にあって、特にアメリカに沢山あります。世界のどこに行ってもある便利さがあり、世界中を旅行する人であれば、ヒルトンホテルを頻繁に使うのも良い選択肢と言えるでしょう。

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカード

ホテルのアップグレード・朝食無料

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの特典は、朝食無料・部屋のアップグレードです。旅行で連泊するような場合には、朝食無料・部屋のアップグレードは、非常に大きな効果を発揮します。ただし、ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの通常年会費は13,950円(税込)です。ヒルトンを利用しなければ、会費がそのまま損になってしまいます。

頻繁に海外に出張に行ってヒルトンに宿泊するような人は、絶対に保有しておきたいカードです。その一方で、たまにしか旅行に行かない人だと、保有するメリットは少ない気もします。ファミリーで利用すると、全員分の朝食が無料になるというのは、それなりにメリットがあることのように感じます。

ヒルトン系のホテルで高級であればあるほど、朝食の価格も高くなる傾向があるので、日頃からヒルトンの上位のホテルに宿泊する人の場合には、朝食を無料にしたり、アップグレードするメリットがさらに大きくなります。

楽天のクレジットカードと比較

楽天プレミアムカードは、年会費10800円(税込)で、空港ラウンジが無料で使える『プライオリティ・パス』と海外旅行で医療が無料で受けられる現地の無償医療保険が付帯されています。この2つは非常に大きくて、年に1回でもプライオリティ・パスを使えば元が取れますし、何より無料の医療保険が付いているのは、海外で万一の時に絶対に助かります。

簡単に言ってしまえば、楽天プレミアムカードは、年1回でも海外旅行に行く人であれば、持っておく価値があるということです。年に1回も海外旅行に行かない人であれば、別に持つ価値がほとんどないカードです。海外旅行に行く人だけが持っていれば十分というカードで、海外旅行に行く人に人気のカードになっています。希望すれば、キャッシング機能も付ける事ができて現地通貨で引き出す事もできます。

カテゴリ: 

海外旅行に慣れるというのも1つのスキルとして通用する。海外に慣れた人と旅すると楽しい。

  • 1 January 2019
  • のぶやん

海外旅行に行くのも、かなり高度なテクニックが必要になります。数回ぐらい海外旅行に行ったぐらいでは、上手にプランを組み立てる事もできません。何十回も海外に行って、何回ぐらい行ったか分からないぐらいになると、ようやく海外で上手な移動の仕方、ホテルの上手な使い方などが理解できるようになってきます。

海外旅行をスムーズにプランニングするのは、相当に慣れていないと難しいです。限られた予算の中で、どのように時間・お金を配分して楽しめるかというのは、事前の旅行のプランニングにかかっています。

自分の強みというのを良く理解して、自信を持つことが大切。

海外旅行に慣れてくると、行った事がない土地であっても、安全性に考慮して計画を立てる事ができるようになります。

旅のホテル選定に慣れてくる

旅先のホテル選定というのは、慣れないと結構ミスするものです。特にカップルで宿泊する時には、ホテルの選定ミスが旅行の楽しさに直結してしまいます。ホテル代金をケチって狭いホテルにすれば、カップルのムードも全くでなくなります。カップルで宿泊するのであれば、最低4つ星ホテル以上を選定したいところです。

1人で海外旅行に行って宿泊する時には、宿泊できるだけでいいと思って2つ星を選んで節約しておいて、その分をカップルで宿泊する時に4つ星以上を選ぶべきでしょう。4つ星であれば、十分に広さが確保できて、快適に滞在する事が出来る事は間違いありません。

空港と市内をバスで移動する

海外旅行に慣れてくると、海外でほとんど空港と市内をバスを使って移動するようになります。バスは電車に比べて時間がかかりますが、荷物などがあるときに電車よりも楽なんですね。あとは、電車よりも安くて半額ぐらいになっていることが多いです。

バスが使える所でバスを使って節約する事で、その分だけホテルの単価を上げたり、朝食代金を上げたりすることができるようになります。

市内で積極的にタクシーを使う

カップルで観光をする場合には、『市内でタクシーを利用する』というのも旅行を楽しむ1つのコツになります。先に市内のタクシー料金を考慮して旅行を組み立てておく必要があるでしょう。特にロンドンのような都市では、地下鉄料金が高いので、2人で地下鉄で移動するのであれば、タクシーに乗るのとほとんど変わらない料金になります。

ロンドンの市内をタクシーで移動するのは、地下鉄に比べて快適、かつ効率が非常に良いものです。ロンドン市内を観光する場合にも、女性をエスコートしながらタクシーに乗って快適に移動するのが良いでしょう。ロンドンのタクシーは安全ですが、発展途上国などではタクシーが危険な場合もあるので、安易にタクシーに乗らない方が良い場合もあります。

盗難に気を付けるようになる

旅慣れしていると盗難などに自然に気を付けるようになります。国内、海外の財布を分けたり、腹巻きを用意する事で、盗難防止を行ったりすることができるようになってきます。

カテゴリ: 

労働者が職業訓練をどのように行うのか?特殊技能がないと厳しい労働者の世界

  • 31 December 2018
  • のぶやん

世の中は、博士課程まで卒業しても、ワーキングプアになるような時代になっています。博士課程を卒業すれば、専門知識を得ているはずなので、それは技能として誇れるものだと思うのですが、それほど需要がないのが現実です。需要がないので技能が活用できず、研究員としてそのままワーキングプアになる例も多いです。

労働者が職業訓練をどのように行うのか?特殊技能がないと厳しい労働者の世界

能力が一般的ゼネラリスト

普通の会社で、特に自分で意識して能力を毎日のように高めていないと、「特に何もできないゼネラリスト」になってしまいます。今日、公認会計士などの専門職でさえ、コンピューターで代替できたり、海外に発注される時代になっています。

基本的なビジネスに使えるレベルの語学力(10年以上の訓練が必要)に加えて、何らかの必要とされる技能を持っておく必要があるでしょう。会社がリストラを決めた時には、特に技能がない人で最初にリストラのターゲットにされる事は間違いないからです。

労働者として勝てる能力は?

労働者として勝てる能力を考えた場合、英語だけできるのではなくて、中国語もできて、さらに会計知識もあるなど、沢山の能力を保有している事が大切になるでしょう。毎日のように訓練して5年~10年以上もかかる能力・技能を身に付けるので、20代で難しくても30代のうちに沢山の技能を身に付ける必要があります。

20年前のように1つの企業で勤務していれば給料が上昇するという時代ではなくなっており、1つの企業に在籍してい手も特に技能が身に付けられない状況であれば、低賃金で技能労働者に職を奪われる可能性があるということです。

不足している単純労働者

中国の農民工が不足しているということですが、日本においても単純労働者が不足する事態になっています。ホテルなどのサービス産業では、日雇いの安い労働者を確保するビジネスが活発です。

収入だけを考えるのであれば、リゾート地でバスの運転手というのは、月収400万円で収入で労働条件もそれほど悪質なものではありません。それでも、リゾートのバス運転手という職業を選択する人が少ないのは、その仕事が面白いと思える人が少ない上、将来にわたって役に立つ可能性が極めて低いという事があるでしょう。

投資を知らないと何もできない

自分の労働力だけでどうにかしようというのは、この時代にどう考えても無理があります。労働で蓄積した財は、必ず投資に回していく必要があるでしょう。

いくら技能が優れていても、その技能をマネタイズする事が非常に難しいので、お金を投資して増やさないと生活はいつまでたっても豊かになる事がありません。100万円を株式に投下して、3.6万円の配当金があるとすれば、月額3000円が働かなくても入金されている事になります。1000万円であれば、配当金が月額3万円にもなるので非常に大きな金額です。

カテゴリ: 

航空運賃に見る『労働者にお金が流れない仕組み』とは?

  • 7 December 2018
  • のぶやん

ヨーロッパまでの旅行をしようと思って調べると、運賃が53000円であるのに対して、その他の料金が43000円(サーチャージ24000円、諸税・手数料などが19000円)もかかっています。航空会社の利益は、運賃から出ると考えるのが普通なので、航空会社としては、顧客が支払う金額53000円の中でサービスを提供する必要があります。往復でこの価格ですので、片道だとヨーロッパまで26500円という事になります。

国内旅行でLCCが安いと言われていますけど、運賃だけ見るとヨーロッパ旅行も十分に安い価格であると分かります。それでも旅行コストが高くなるのは、税金などの諸費用があまりに高すぎるからなのです。顧客からすれば、旅行で利用する『航空会社に多額のお金を支払ったのにサービスが良くない』と感じてしまう要因になっているでしょう。顧客が支払った総額に対して、航空会社が提供できるサービスは限定されています。

航空運賃に見る『労働者にお金が流れない仕組み』とは?

航空運賃と諸費用が同じという謎

航空運賃を見て、諸費用がその航空運賃と同じだけの金額がかかるという事は、多くの顧客に疑問を抱かせる事でしょう。最近では、ホテルにも税金を課す国が増加しており、ホテルを予約する時にも同様に宿泊料金+諸費用(税金・サービス料)がかかる場合が増えています。その金額は、ホテルの宿泊費の20~30%にも及ぶ事があります。

運賃 JPY53,000
航空会社が定めるサーチャージ JPY24,000
諸税/手数料/料金 JPY19,000

人間が移動する税金が高い

現在、多くの先進各国においては、人間が移動する事に対して重税をかけるようになってきました。例えば、日本でも『出国税』というものが導入されて、出国する人は誰でも1000円を徴収される事になりました。LCCなどでアジアに行く人たちは、航空運賃が5000円なのに出国税が1000円というおかしな現象が発生する事になります。その税金の割合は、20%以上にも及ぶのです。完全に不平等な税制です。

こうした不平等な税制というのは、世界中で乱発されるようになってきて、『お金を持たない労働者階級の人々の移動』が簡単に出来ないようになってきています。

カテゴリ: 

海外旅行のプロが教える海外旅行に行くときの航空券の上手な買い方

  • 29 October 2018
  • のぶやん

私は、海外に何度行ったか忘れるぐらいに行った事がありますが、いつも航空券の買い方には苦労します。最も苦労するのは、航空会社の選定と価格の折り合いで、上級者になるとマイレージの事まで頭に入れながら様々な選択肢を検討する事になります。ただ、時間をかけすぎると、航空券代金よりもかけた時間の方がかかってしまったという事にもなりかねないので、そこそこのところで納得する必要があります。

海外旅行を企画する美女

旅行検索サイトで検索する

旅行のチケット検索サイトで検索をかけて、安いチケットを探します。その旅行サイトを通じて、すぐに予約するのはNGです。旅行サイトを通じて予約すると、変更・キャンセルがしづらい場合があり、可能な限り航空会社のサイトを使った方が良いでしょう。旅行サイトを通じて検索して最安値だけ確認して、航空会社で予約するという方法もあります。

お金があるか時間があるか

お金がある場合には、航空券の直行便を予約するのが最も楽でトラブルが少ない方法です。航空券の直行便は、価格がやや高くなる事がありますが、乗り換えの負担が少ないので体が非常に楽に現地に到着する事ができます。お金があまりないけど、時間があるという場合には、乗り継ぎを選択します。

楽天ゴールドカードなどを通じて、プライオリティパスを保有している場合には、乗り継ぎが多ければ多いほど、ラウンジを楽しむことも可能になります。プライオリティパスを保有している場合、海外で何度か乗り継ぎを行ってラウンジを楽しんでみるというのも海外旅行の楽しみ方の1つと言えるでしょう。

格安航空会社で海外へ出る

格安航空会社で海外に出て、そこを経由して海外の目的地に行くという方法もありでしょう。日本でもLCCなどが充実しており、海外に気軽にアクセスする事ができます。日本からの乗り継ぎ便を利用するよりも安い可能性があります。

【PriorityPass】世界中130ヶ国、500都市、1,200か所以上の空港ラウンジを利用可能!

カテゴリ: 

静岡県の伊東温泉旅館の『伊東第一ホテル たぬきの里』が本当に気軽に泊まりたくなる!

  • 13 September 2018
  • のぶやん

静岡の温泉と言えば、伊東温泉で間違いありません。様々な旅館・ホテルがありますが、特にオススメしたいのが『伊東第一ホテル たぬきの里』です。その名前の通り、タヌキが出るような静かな場所にあって、日頃の忙しさを忘れて、ゆったりとくつろぐことができます。楽天トラベルアワード2年連続受賞と高い評価を得ている旅館。都会で消耗した疲れを癒やしに日帰り温泉、ペットを連れながらの宿泊ドッグランなど、様々なサービスを提供しています。

伊東第一ホテル たぬきの里は、まさに『隠れ家』という名前にふさわしい素晴らしい宿です。一流ホテル、旅館の豪華さというほどのサービスまではありませんが、気軽に利用できるように低価格で宿泊できるようにしているそうです。価格は低価格で宿泊できるホテルですが、設備面ではしっかりと充実していて、何より露天風呂が付いているのでくつろげます。

静岡県の伊東温泉旅館の『伊東第一ホテル たぬきの里』が本当に気軽に泊まりたくなる!

落ち着く和室が用意されている

静岡県伊東温泉旅館の『伊東第一ホテル たぬきの里』の客室は、落ち着く和室が用意されています。広々とした和室は、カップルで宿泊しても、家族で宿泊しても、ゆったりとした時間を過ごすことができます。まるで、自分の家庭にいるようなくつろぎがありながら、それでも何か新しい気持ちにもなれて新鮮さを失わない、そんな場所が用意されています。

静岡県の伊東温泉旅館の『伊東第一ホテル たぬきの里』が本当に気軽に泊まりたくなる!

カップルで宿泊できる離れの部屋

カップルで宿泊する事ができる『離れの部屋』が2部屋用意されています。離れのお部屋は、2人で宿泊するには広すぎるお部屋になっているかもしれませんね。2人だけの時間をのんびり、ゆったりと過ごすことができます。もちろん、離れをファミリーで利用して、ゆったりと過ごす事も出来ます。窓からは、『たぬきの里』と言われている自然を楽しむこともできます。

ゆっくり入れる露天風呂

全国を代表する伊東温泉で、露天風呂を楽しめるのがこの伊東第一ホテル たぬきの里です。伊東温泉は、伊豆半島の東海岸にあってアクセスも良好です。江戸時代から既に賑わっていた温泉で、江戸からわざわざ足を運ぶ人も多かった温泉です。当時は、何日もかけて江戸から歩いていったのかもしれませんね。今では、電車で都心からの日帰りも可能ですが、せっかくなら宿泊してのんびりと過ごし手いきたいですね。

温泉街には10軒の共同浴場が存在しているという事で、ホテルの温泉だけではなくて、共同浴場に出向いて楽しむという方法もあります。

静岡県の伊東温泉旅館の『伊東第一ホテル たぬきの里』が本当に気軽に泊まりたくなる!

料理を十分に楽しめる

伊東第一ホテルでは、旅館のような豪華さはないと言いながらも、料理は上質の料理が提供されています。伊東ならでわの海の幸を存分に使った料理を楽しむことができます。海と山に囲まれた温暖な気候の中で、温泉を楽しみながら食事を楽しむというのは、最高の気分になれます。

静岡県の伊東温泉旅館の『伊東第一ホテル たぬきの里』が本当に気軽に泊まりたくなる!

気軽にカップルで楽しめる

気軽にカップルで楽しめる温泉ホテルとして、伊東第一ホテル たぬきの里を利用してみてはいかがでしょうか。

伊東第一ホテル たぬきの里を楽天トラベルで予約する

 

*写真はすべてフリー素材のぱくたそを利用

カテゴリ: 

Pages


アドセンス広告

関連記事