ヒルトン


アドセンス広告

言語: 

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

  • 8 January 2019
  • のぶやん

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの入会を検討したのですが、日本国内のヒルトンは、使えるホテルが少ないですね。日本国内のヒルトンは、ブランド名で価格を釣り上げているような状況が見てとれて、他のホテルよりも「割高」に感じてしまいます。確かにヒルトンという統一されたブランドのサービス提供は受けられるのですが、いずれのホテルも他のホテルよりもやや割高に感じます。

国内で使いづらいカードとなると、必然的に海外に頻繁に行く人向けという事になります。しかも、米国・イギリスの出張が多い人向けという事になるでしょう。旅行で年に1,2回行くぐらいであれば、年会費がかかるカードをわざわざ保有している必要もないでしょう。

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードは、日本人が持っても使いこなせない?

・年会費14000円
・朝食無料
・無料のアップグレード

日本で使いづらいヒルトンホテル

日本では、ホテルの数が少なすぎるのかもしれません。アメリカであったり、イギリスなどでは、ヒルトンホテルが本当に沢山あって、ロンドン市内には、場所、価格も様々なヒルトンホテルがあるので、ロンドンに良く行くようなイギリス人なら迷わずヒルトンホテルのクレジットカードを保有することでしょう。

日本の東京には、ヒルトン東京(新宿)、ヒルトンお台場、ヒルトン東京ベイ(千葉)と、使いづらいものばかりです。新宿にあるヒルトン東京も、大型の良いホテルなんでしょうけど、1963年に開業したホテルは、かなり老朽化したホテルのイメージがあり、それほど積極的に利用したいという気になりません。

海外出張でヒルトン宿泊を狙う人向け

ヒルトンのカードは、年に1,2回ほど海外に行くぐらいでは、加入するメリットはそれほど高くありません。年会費が14000円と高いので、連泊しないと回収できないからです。ヒルトンホテルに縛られたくないということであれば、このクレジットカードは保有しない方が良いでしょう。

年に何度も出張する人で、同じ系列のホテルを利用する事にメリットがある人であれば、ヒルトンのクレジットカード申し込みする方が良さそうです。

カテゴリ: 

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードに入会すべき?年会費14000円の壁

  • 3 January 2019
  • のぶやん

ヒルトンは、その名前が世界中に知れ渡っている非常に有名な高級ホテルのグループです。高級ホテルを中心に運用していますが、ダブルツリーのように中価格帯のホテルも運用しているので、庶民でも手が届く範囲の価格のホテルは沢山あります。特に発展途上国のホテルは、わりと安めに設定されています。

ヒルトングループのホテルは、世界中にあって、特にアメリカに沢山あります。世界のどこに行ってもある便利さがあり、世界中を旅行する人であれば、ヒルトンホテルを頻繁に使うのも良い選択肢と言えるでしょう。

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカード

ホテルのアップグレード・朝食無料

ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの特典は、朝食無料・部屋のアップグレードです。旅行で連泊するような場合には、朝食無料・部屋のアップグレードは、非常に大きな効果を発揮します。ただし、ヒルトンHオナーズVISAゴールドカードの通常年会費は13,950円(税込)です。ヒルトンを利用しなければ、会費がそのまま損になってしまいます。

頻繁に海外に出張に行ってヒルトンに宿泊するような人は、絶対に保有しておきたいカードです。その一方で、たまにしか旅行に行かない人だと、保有するメリットは少ない気もします。ファミリーで利用すると、全員分の朝食が無料になるというのは、それなりにメリットがあることのように感じます。

ヒルトン系のホテルで高級であればあるほど、朝食の価格も高くなる傾向があるので、日頃からヒルトンの上位のホテルに宿泊する人の場合には、朝食を無料にしたり、アップグレードするメリットがさらに大きくなります。

楽天のクレジットカードと比較

楽天プレミアムカードは、年会費10800円(税込)で、空港ラウンジが無料で使える『プライオリティ・パス』と海外旅行で医療が無料で受けられる現地の無償医療保険が付帯されています。この2つは非常に大きくて、年に1回でもプライオリティ・パスを使えば元が取れますし、何より無料の医療保険が付いているのは、海外で万一の時に絶対に助かります。

簡単に言ってしまえば、楽天プレミアムカードは、年1回でも海外旅行に行く人であれば、持っておく価値があるということです。年に1回も海外旅行に行かない人であれば、別に持つ価値がほとんどないカードです。海外旅行に行く人だけが持っていれば十分というカードで、海外旅行に行く人に人気のカードになっています。希望すれば、キャッシング機能も付ける事ができて現地通貨で引き出す事もできます。

カテゴリ: 

アドセンス広告

関連記事