会社員として成長するスキルと生き方


アドセンス広告
  • 19 December 2021
  • のぶやん

会社員をずっとしていると、その会社の中で生きている世界が全てになってしまいます。

会社員を辞められない理由

会社員を辞めようと思っても、多くの人はそこから抜け出すことができません。人間にとって、「変化すること」は恐怖でしかありません。

・お金がなくなる恐怖
・何をしていいか分からない恐怖
・人間関係の恐怖
・スキル不足で辞められない

多種多様な能力が身につかない

サラリーマンに時間を取られていくと、肝心の「生きるためのスキル」を身に着けることができません。サラリーマンを辞められずに続けているのは、サラリーマンを辞める能力が身についていないからです。

会社員で身に着くスキルが限定的であると、会社員であることが大きなリスクになっていきます。特に年齢があがっても、営業スキルぐらいしか持ち合わせていないと、代替の効く駒として会社からリストラされてしまう可能性も強くなってしまいます。

会話がつまらなくなっていく

サラリーマンは、自分の会社で働いて週末に遊びに行くぐらいしか時間がないので、「つまらない会話」しかできなくなります。

サラリーマンを辞める方法

サラリーマンを辞めるためには、生活の全てを変化させなくてはいけません。それまで、サラリーマンで生き続けてきた人には、そんな芸当ができないのです。サラリーマンをしていたら、サラリーマンとして立ち回るスキルは高まりますが、生きるスキルは全く高まらなかったりします。サラリーマンは、自社の生産に有利になる偏った情報しか保有していないからです。

需給が複雑化する現代社会においては、サラリーマンの知識だけで将来的に生き残る人材であり続けるのは難しいと言えるでしょう。

多くの時間を会社に使う

会社員として働いていると、ほとんどの時間を会社に取られてしまいます。副業などをしようとしても、体は会社で疲れ果ててそれどころではありません。会社員として、会社のために全てを捧げるような人生になってしまうのです。

会社は人生を保証してくれない

会社が人生を保証してくれるというのは、単なる幻想でしかありません。会社は、自分の人生を保証してくれることはありません。

会社員を辞めるのが難しい理由

会社員を辞めるのが難しい理由は、収入面だけの問題ではありません。会社を辞めた途端に収入が途絶えるので、多くの人はその支出に耐えられなくなるのです。普段から、10万円で暮らせる人は、アルバイトでもすれば生活していけるでしょう。しかし、それまで20万円で生活していた人は、突然に生活を10万円にすることはできません。

フリーランスなどをしている人は、収入の変動があることを前提として、その収入の変動を見越した生活をしています。例えば、引っ越ししやすい家に住んでいたりして、収入の減少に合わせて家を変えたりすることができます。サラリーマンをしていると、そういった収入の変動がに対する対応力が鈍くなってしまうのです。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事