大人の矯正治療における歯肉乳頭の消失とブラックトライアングルの出現


アドセンス広告

  • 4 September 2019
  • のぶやん

大人の歯並びが名悪くなる

20歳を超えて大人になっても、歯並びは少しずつ動き続けます。30代になってくると、歯が少しずつ前に出てきて、歯並びが悪かった人の歯並びがさらに悪化することが知られています。

矯正のブラックトライアングル問題

大人の歯科矯正では、歯肉乳頭が後退して、いわゆる「ブラックトライアングル」というものができる場合が多いです。もともと骨が薄かったり、なかったりするところに歯を移動すれば、そこの部分に歯肉ができるのが難しいからです。

矯正前に造骨手術を行う

骨がない場所に歯を移動することになると、必然的に歯肉後退が起こってしまって、歯肉乳頭の後退を引き起こします。広範囲で歯肉乳頭が失われた場合には、回復することが極めて難しいとされています。そこで、広範囲で骨が薄い場合などには、先に骨を入れる「造骨手術」を行っておくことで、歯肉後退を最小限に食い止めるということができます。

矯正歯科医院であっても、造骨矯正を行っている歯科医院は限られているので、先に造骨矯正を行ってくれる歯科医院を探す必要があります。

矯正後に歯を削る

矯正後に歯を削るストリッピングというものを行って、歯茎の間を詰めるという作業を行うことで、失われた歯肉乳頭のブラックトライアングルと言われるものが目立ちにくくすることができます。

骨の回復を待つ

歯周病で失われた骨を回復することは難しいですが、歯科矯正で失われた歯肉乳頭の場合には、『丁寧にブラッシングをする』ことで、ある程度の改善が見込まれる場合があります。丁寧にブラッシングをすることで、歯肉乳頭を回復させるのを待つというのも1つの選択肢になるでしょう。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事