お金が欲しければ、群れてはいけないのは本当か

  • 30 April 2017
  • webplatform

アルバイト、派遣社員の人は『安定した生活がしたい』と言って正社員を望んだりしますけど、正社員というのは、会社に合わせて働くという契約になるので、会社に群れないとやっていけません。会社の考え方を刷り込まれて、その影響下で毎日を過ごさなくてはいけなくなってしまいます。会社という群れの中に居て、給料を貰う生活に慣れてしまいます。もちろん、それだといつまでたってもお金持ちにはなれません。

寂しい時に失敗する

人間は誰でも孤独の中で生きています。孤独を解消する方法として、例えば会社に所属していると、その会社の影響を大きく受けてしまいます。結果として、自分が進みたい方向ではなくて、会社の言われるがままになって人生を過ごしてしまうというリスクがあります。

確かに書籍を出版するもの書きにとっては、集中して机に向かって何かを書き続けていないと、お金にならない事は間違いないでしょう。友だちをつくるなという本を書いている千田さんという方は、毎月のように書籍を出版していて、そんなに何かを書き続けていたら、本当に友達がいない事も歌がいようがなさそうです。大量に出版を行って、印税生活という感じですね。

人生の9割は出会いで決まる

友だちをつくるな』という本と同じ人が『人生の9割は出逢いで決まる』という本も書いています。要は、友達を作らないで、人生に出会いを求めろという事ですけど、そういう事が可能なのでしょうか?

孤独に磨いて出会いで成長

孤独に自分の能力を磨いて、出会いによってそれを成長させていくという事のようです。自分に能力がないとビジネスの世界では誰も相手にしてくれませんので、とりあえず能力を磨けるだけ磨いて、情報発信を行う中で出会いを増やしていければいいのかなと思います。

カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止