個人サイトレベルのNanapiをKDDIに77億円で売りつけたけんすう氏は、まさに『営業の天才』だった!

  • 11 May 2017
  • WEB情報屋

KDDIは、ハウツーサイトのNanapiというサイトを77億円で買収したという事で、市場を驚かせました。

このNanapiというサイトですが、今の状況は完全に個人サイトレベルのアクセス数しか集めておらず、Similarwebで見ると日本で1万位にも入っていない状況となってしまっています。77億円という数字がガチであれば、KDDIにとっては、1億円以下のものを77億円で購入した事になって買収は完全に失敗だったと言えるでしょう。

買収した当時のNanapiの資産と言える資産は特になくて、会社の技術レベル和田さんという役員の方がやっている普通レベルで、けんすう氏が営業として活動していたぐらいで、あとは特に目立った資産があったとは思えません。このハウツーサイトを億単位のカネで買った理由はいまだに良く分かりませんが、KDDIに売却した方のけんすう氏は、いちどに77億円も動かしたので、天才営業マンだったという事は言えるでしょう。

https://www.similarweb.com/website/nanapi.jp
Nanapi

アクセスが個人サイトのレベルであるにも関わらず、社員だけは沢山いたので、このNanapiの事業は大赤字でした。売却すべき時に大きい会社に売却できて、本当に良かったと思います。

現在、Nanapiは別の会社と一緒に『Supership』という会社に統合され、けんすう氏はSupershipの取締役とサービス事業開発本部の本部長という肩書きで活躍されているという事です。
 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止