バリューサーバーにアカウントと全データを勝手に自動で全て削除された件!GMOバリューサーバはヤバすぎ

  • 2 September 2017
  • WEB情報屋

2017年9月1日に事件は突然に起こりました。管理している全サイトにおいて、ドメインが反映されていないという表示がでるようになったのです。バリューサーバーの管理画面では、『アカウントが存在しない』という表示がでて、どうやらアカウントが削除されたようでした。

アカウントは復旧されて、データもバックアップから修復されましたたが、1日にわたって多くのサイトが閉鎖された状況になり、広告が表示されないなど金銭的な被害を受けました。また、一部のデータについては、時間のずれで復旧できませんでした。

担当者の入力ミスでアカウント削除

バリューサーバーの運営会社であるGMOデジロック株式会社に問い合わせて判明したのは、バリューサーバー側が10月1日にアカウント削除を設定するところを、間違えて9月1日にアカウント削除を設定してしまった事でした。それにより、実質的に1日ほどサイトが閲覧できない状況になり、広告収入などで金銭的な損害が発生しいました。

8月30日にサイトの利用者から内容が不適切なものがページに表示されているので改善してほしいというABUSEの問い合わせを受けて、翌日には対処していました。それにも関わらず、その翌日対処を見逃した上で、バリューサーバーは勝手にアカウント停止を行っていました。

2017年8月30日 ABUSEの問い合わせ(ページの削除要請)
2017年8月31日 削除しました!の報告メールを完了
2017年9月1日  全てのサイトが閲覧できず、アカウント削除の模様
2017年9月1日 問い合わせで担当者の入力ミスが原因と判明
2017年9月1日 夕方全データを復旧中。
2017年9月1日 再発防止策と損害補償を求めるメール

通常であれば、削除ではなくて『アカウント凍結』などの措置で様子を見るのが普通ですが、いきなり一発削除ですからね。

安いレンサバは危険性が高い

バリューサーバーは確かに安いですが、データを削除されたのは、これが2度目です。前回は、2009年頃だったと思いますが、デジロック社が他のユーザーを含めて全てのデータを吹き飛ばして、復旧までに1週間もかかりました。一部のデータ-は、復旧できないままでした。

レンタルサーバーは、自由度が高くないので、自分でバックアップをとっておくのに手間がかかります。バリューサーバーの場合には、データベースのバックアップが用意されていますが、アカウントごと削除されたらバックアップが意味をなしません。VPSのように自由度が高ければ、他のサーバーにバックアップを送信する事などでバックアップを取りやすいのです。レンタルサーバーを使わず、VPSなどを使って自分で管理を強化した方が良いという事がはっきりと分かります。

GMO系の会社はヤバい?

GMO系の評判は、どこも今一つと聞いてはいましたが、まさかこれほどとは。

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止