となりの億万長者 〔新版〕 ― 成功を生む7つの法則


アドセンス広告

アメリカの労働者が豊かであった時代、日本の高度経済成長の時代は、労働者としてコツコツ働いて、倹約しながら暮らしていれば億万長者になれた時代もあったという事でしょう。今では、そもそも安定した収入源を得続けること自体が難しく、倹約して暮らすだけで億万長者になるのは厳しい時代だと感じます。

安定した収入がないのにお金を使っていると、住宅ローンなど『借金を増やす』という事になります。借金を増やす事は、人生で常にお金に困った状態に身を置くことに繋がってしまいます。

発売日: 
2013-08-23

億万長者とは、実際どんな人々なのか?─アメリカ富裕層研究の第一人者であるスタンリー博士とダンコ博士は、1万人以上の億万長者にインタビューとアンケートをして、資産や年収、職業、消費行動のタイプを徹底的に調査。 結果は驚くべきことに、彼らのほとんどはありふれた職業と家庭をもつ「普通の人々」だったのだ!

タグ: 

アドセンス広告

関連記事