アマゾンの売れ筋商品を避けて、価格が高いものを買う理由とは?ユニクロを買うとダサくなっていく理由

  • 22 July 2018
  • のぶやん

インターネットでは、必ず『売れ筋商品』というものがあり、大量生産された『安くてそこそこの商品』というものが売れ筋になっています。例えば、3000円ぐらいで買えるリュック型バックなどは、非常に使い勝手が良くて、人気商品となっています。しかし、人生でこういう買いものをしていると、自分の価値を落としてしまうことに繋がります。

持ち物は、自分のセンスを示すものとして非常に大事だからです。3500円の商品は、3500円以上の価値を持たないからです。ダサい商品を持ち歩いていると、それは自分がダサくなっているという事にも繋がっていきます。


実売:約3500円~

Inateck 盗難防止耐傷付きラップトップバックパック USB充電ポートと防水レインカバー付き ジッパー改良版 15.6インチ ダークグレー

似たようなリュックでも、プーロのリュックは、アマゾンで普通に買える激安バック3000円の3倍の価格9000円で売られています。3倍もする商品の何が違うのでしょうか?大きな違いは、チャックの作り、チャックが見えないという点、そして全体のデザインにあります。

この3000円と9000円の違いというのは、非常に大きいものであり、遠くから見た感じで、イメージが全く違って見えるようになるのです。

実売:約9000円~
[プーロ]リュックサック BY DAY 軽量USBポート付 ブラック

ユニクロを購入するとダサくなる

アマゾンで一押しの『安くてそこそこ使える商品』を購入する事は、ユニクロを購入する事と似ています。そこそこ仕える大衆向け商品ですけど、そんなものを購入していると、どんどん周囲と同化してダサくなっていきます。実際、ユニクロでも『1万円以上』という商品は置かれてあるので、それをユニクロで買うなら、別のおしゃれなブランド店で購入してみましょう。

日常で使うものこそ、利用の回数が多いので、良いものを買ってセンスを磨くところです。そこでケチると、人生自体がダサい方向に行ってしまいます。買いものをする時には、気持ちを入れて買えるものを購入する事が大事です。

カテゴリ: 

関連記事


関連記事