働き盛りがいない観光業界のブラックがヤバい


アドセンス広告

  • 11 October 2020
  • のぶやん

観光業界では、ホテルなどで離職率が非常に高くなっています。不規則な生活を強いられるので健康に悪いですし、それでいて給料が激安だからです。ほとんど誰でもウェルカムに就職できちゃう雰囲気はありますが、はっきり言って新卒から数年と、定年間際と思われる50代のオッサン社員しか残っていません。働き盛りの世代が抜けてるんです。

20代後半~40代がいない

ホテル業界においては、20代後半から40代ぐらいの社員がほとんどいないという特徴があります。職場によっては、この年代が本当に全くおらず、中堅社員が抜け落ちている状況が起こっています。高校を卒業した20歳ぐらいの若手社員がレストランのリーダーをやっていて、滅茶苦茶なマネジメントでアルバイトすらすぐに辞めてしまいます。

誰もアルバイトに来たがらないので、年中アルバイトを募集しているような状況になったりしています。人材が育つ前に辞めちゃうようなトンデモない勤務体系になっているのです。朝は早く、夜は遅いような不規則勤務が常態化していて、体を壊す人も続出します。

採用されやすいリゾバを逆手に取る

採用されやすいリゾバを逆手にとった働き方を考えると、週末リゾバなど非常に短期間でリゾバを行うというのが良いでしょう。数日のリゾバで得られる経験は多く、さらに交通費なども出て旅行気分になることもできます。

世の中が広しと言えども、どこを探してもこれだけ短期で正社員と一緒になって働ける職場は、リゾバだけでしょう。社会経験に最適のアルバイトと言えるでしょう。年齢を問わず、社会科見学をするのにリゾバは最適と言えます。週末リゾバなら、いくらきついと感じても1日で終わります。

週末だけの人手不足に対応

リゾバ会社は、週末だけの人手不足にも対応したりしています。「多額の出張交通費を払っても人を採用したい」という会社が世の中に存在しており、人が足りない時にだけ「週末リゾバ」が出現して、全国の様々なところに出掛けていくことができます。特に関東圏では週末リゾバで沢山の募集があります。

派遣会社も、労働者に喜ばれるような職場に派遣したいと思っています。寮が汚くてゴミ屋敷みたいだと思われるような所には、リピーターも付かないので派遣したいと思わないのです。長期で働きたい職場を増やすことは、派遣会社にとってもメリットがあることなのです。そのために、派遣会社も多くの努力をしています。

リゾバのブラック職場

リゾバのブラック職場は、5時半の出勤です。5時半の出勤にあたれば、その職場はブラックであると言えるでしょう。求人票、契約内容に6時からと書かれているのに5時半から出勤させる完全に違法ですが、それを強制する職場はブラック度が高いです。5時半に出勤するためには、5時前に起きて、寮から歩いて職場まで行かなくてはいけません。夜に仕事を終えて5時前に起きるとか、地獄ですよ。

夜の22時30分まで働いて、5時前に起きるとか、何時間寝れるんですかという話です。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事