仕事における休息をとる重要性


アドセンス広告

  • 3 September 2021
  • のぶやん

仕事の合間に休息をとる

休息をとらずに仕事を続けていた場合、多くの場合で「仕事の効率が大幅に落ちる」ことが分かっています。人間の脳は疲労を覚えて、集中力を欠くことになっていきます。

4日に1度の休息を取る

人間は精神的に緊張状態にあると疲れるものなので、4日に1度ぐらいの割合で休息を取った方が良いでしょう。休息を取らないと、精神的・肉体的にも疲れを感じるようになり、そのことが職場に対する仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすことになります。仕事に集中しなくなったり、仕事に対してやる気を失ったり、仕事中にさぼったりするようになるのです。

サラリーマンが副業できない理由

サラリーマンが副業で着ない理由は、サラリーマンに与えられた僅かな「休息の時間」で副業すると、本業に影響してしまうからです。本来のサラリーマンの休日は、休息時間に充てる必要がありますが、そこで強引に副業を行おうとすれば、それだけ本業が疎かになることは間違いありません。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事