フリーランスの確定申告


アドセンス広告
  • 13 July 2022
  • のぶやん
フリーランスの確定申告

フリーランスの場合には、利益が48万円以下の場合には、確定申告をする必要がありません。例えば、専業Youtuberを始めてみたのは良いけど、月額1000円しか儲からなくて、「今までの貯蓄を切り崩して生活していた」場合には、確定申告をする必要性がないわけです。

もしくは、月額10万円の収入があり、年120万円の収入があっても、カメラ・機材を50万円分購入して、事務所費用として30万円を計上していた場合も、48万円を下回る可能性が高いので、確定申告はふようとなります。ただし、一定以上の売り上げがあった場合には、やはり会計処理を記録しておく必要性はあるでしょう。

白色申告をしている場合

売り上げが少なくて「確定申告だけ行う場合」には、白色申告になるでしょう。この場合には、税理士を通さない人も多いのですが、売り上げ200万円~300万円以上になってくると、税務調査が入る可能性が高くなります。売り上げ500万円以上になると、さらに税務調査が入る可能性が高くなります。月間で言えば、30万円以上ということになります。

この場合には、税務調査が入っても大丈夫なように、資料をきちんと整理しておくなどの対応をしておく必要があるでしょう。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事