高齢者が1日中テレビばかりを見てしまう理由とは?


アドセンス広告


アマゾンが超セール中!!
  • 30 October 2022
  • のぶやん
高齢者が1日中テレビばかりを見てしまう理由とは?

高齢者がテレビばかりを見る背景には、人生に対する悲壮感、停滞感があるものと考えられています。

田舎で車がないと移動できない

車の運転に不安があったり、そもそも車を所有していない場合には、外出する機会も限られてしまいます。田舎では、「車がある前提」で住宅街があったりするので、車がないとどこにもいけない状況になりかねません。実際、バス便がなかった、もしくは廃止されていたり、あっても2時間に1本というエリアは存在しています。

趣味に熱中できない

何か趣味を始めようとしても、やる気が起きなかったり、趣味を始めても熱中することができない高齢者も多いです。

積極的に考えなくなる

テレビのように「自分で考えなくても情報が流れてくる媒体」を長時間視聴していることで、本当に自分で考えることができなくなってしまいます。

リア充から遠のいていく

テレビを見ている時間が長くなればなるほど、リア充から遠のいていくことになります。

認知所になる可能性が高まる

認知症は、すぐに認知症になるものではありません。長時間をかけて、少しずつ認知の機能が衰えてしまうのです。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事