金でも配らなければ、WEBサービス流行らないかも


アドセンス広告

  • 3 February 2013
  • のぶやん

新しいウェブサービスとして注目されているサイトが幾つかありますが、お金に結びついているようには見えないサイトが多いです。ウェブサービスの競争が非常に激しくなってきていて、ウェブサービスを軌道に乗せるのは、本当に本当に至難の業だなと思います。いろいろなサービスが乱立する中で、ユーザーから注目を集めて、しかもそれをお金にするというのは非常に大変な事だと思いました。

NAVERまとめにしても、まとめの作成者にお金を配って、膨大な労力を2年ほどかけて、ようやく社会的に認知されるサービスとして成長してくるという感じで、ウェブサービスを育てていくのがますます難しい時代になっているなと感じます。アップルがiPhoneを作り出したのと同じで、製造する事も大事ではありますが、アイディアとマーケティング力などが更に重要になってきそうですね。

Nanapi

注目(応援)しているサイトの1つなのですが、ベンチャーキャピタルから3.3億円調達した後も、それほどPVが伸びたような形跡はなくて、今でも赤字かと思われます。Yahooとの提携などプラス材料はありますが、赤字を脱却するには1億PVぐらいはほしいかなと思います。2013年中に1億PVを達成できれば良いですね。2013年中に1億PVを達成できないのであれば、ビジネスモデルの大幅な変更が求められると感じます。

Trippeace

Facebookのプロフィールを中心とした旅行の企画サイトです。利用して旅行に行こうと思ったのですが、沢山のユーザーが居て企画も沢山あるのに、旅行に実際に行ける可能性が超低くて、1ヶ月に1個、2個のツアーぐらいしか旅行に行けてないと思います。沢山のユーザーがいるにも関わらず、それを活かしきれていないのは凄く惜しい話です。旅行に行くのにはお金もかかりますし、初対面で年齢も分からないような数名のユーザーで旅行に行くのであれば、ツアー参加が安くて安心という心理もあるかもね。

Facebookも落ち目だから、これから気軽な国内旅行のツアー企画などをTrippeaceが中心になって組んでいくなどしないと、ユーザーに企画させて放置では無理な気がします。このビジネスも、旅行の実行が沢山ないと、ビジネスとしては相当に厳しいと思います。2013年は、思い切ったビジネスプランの変更が求められる気がしています。

ココナラ

これも非常に面白いビジネスモデルで、500円玉で気軽にお願いが出来るというビジネスです。以前にも見たことがあると思ったら、「人力検索はてな」の拡張版のような感じがします。実際に利用して、出品と入札してみたのですが、使い勝手も良くて素晴らしいサイトでした。今の段階ではそれほどお金になる感じはしませんが、開始したばかりというサイトらしいので、今後の発展が期待したいところですね。

OneTopi

ベンチャーというよりは、ITmediaの手がけているサイトです。小額ながらPVに応じた金銭分配も行っていて、ユーザーも沢山いて利用も活発に行われているようです。現段階においては、「キュレーションプラットフォーム」と言うよりは、楽天ニュースと同じ「ソーシャルニュース」という感じですが、これから更にキュレーションらしくなる事も期待されます。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事