ジェットスター(Jetstar)とかLCCの最低運賃の詐欺表示をやめてほしい

  • 15 March 2016
  • WEB情報屋

ジェットスター (Jetstar)がホームページ上で、国内エールで1900円からですと表示してあるから、それなら旅行に行けるかと思って検索をかけると、何と5000円〜8000円ぐらいでしか出てこない。他の航空会社もそうだけど、最低運賃1900円と書いてあったら、1900円で探すわけで、それがないというのは、どういうことでしょう?!これ表示詐欺なんじゃないでしょうか?!

最低運賃が1900円と書いてあって、2500円、3000円の商品しかないというなら、理解できなくもないです。しかし、ジェットスター(Jetstar)で表示される運賃は、どれも5000円〜8000円。どこが1900円なんでしょうか?

最低運賃で釣る最低の航空会社

毎回、毎回、最安値表示だけで釣るのはやめにしませんかね。安いかも・・・と思って航空運賃を確認すると、全く違う価格が出てくるという事が良くあります。これは、詐欺行為だと思います。少しは広告表示されている価格と同じ価格があるのかと思って見ても、全く同じような価格がなくて、2倍もする価格が表示されると怒りたくなります。

国内にもLCCの就航が多くなってきましたが、LCCが安いというのは単なる幻想で、LCCの料金が安いのはキャーンペーンの価格だけで、普通価格は安いと言い切れるような価格になっていません。新幹線と似たような価格であれば、鉄道からダイレクトに行くことができて、待ち時間が少なくて、安全で快適に移動できる新幹線の方が良いに決まっています。

中国のLCCも全く安くない

茨木空港に就航しているLCCである春秋航空ですが、LCCとして全く安くない事が明らかになっています。今、中国の上海には、3万円ほどで行くことができますが、春秋航空は往復で2万5000円ほどです。多くの航空会社が既に廃止している『燃料サーチャージ』も春秋航空ではしっかりと徴収します。春秋航空に乗る意味があるのは、近くの住民ぐらいのもので、東京からわざわざ春秋航空に乗る必要がある人というのはほとんどいないでしょう。

私は、春秋航空に乗った事はありませんが、友人が乗った感想を聞いいたら、座席はどうしようもないぐらいに非常に狭すぎて、更に機内食もでないですし、機内にスクリーンなどもない古い機材を使っているということで、とても快適とは言い難いものだったということでした。

LCCは使わない方がいい

LCCを使ったところで、本当に安くなるというのは幻想で、安くなっても5000円ぐらいの事が多いです。それでいて、普通の航空会社よりも快適性が一気に落ちたり、荷物の持ち込み制限、キャンセル規定の厳しさなどを考えると、普通の航空会社で予約した方がいいです。LCCで予約する意味など、ほとんどないと考えても良いでしょう。

カテゴリ: 

Add new comment

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止