Wordpressの利用を再開しました。


アドセンス広告

  • 18 August 2016
  • のぶやん

Woedpressを始める事にしました。理由は、Drupalは簡単なものを製作する時に時間がかかりすぎるからです。

Wordpressが出来ないViewsの機能であったり、、その他の便利な昨日はあるにしても、それを更にカスタマイズして使いこなすなんて言う事は、根性と時間がかかりすぎるのです。ブログのように記事を書くなら、Wordpressの方が早いし、Wordpressの発達もあってプラグインで出来ることも増えてきています。Wordpressが発達した事によって、コンテンツのプラットフォーム構築の敷居は更に下がって、コンテンツ勝負になってきたということです。ブログとかでは、プラットフォームを預けっぱなしだったんですけど、それを自分で構築したところで大した手間がかからなくなってきています。そうすると、その分だけコンテンツを沢山かけるので、書籍並みに分量が増えてくるという事になるでしょう。

自動化したりする技術はもちろん重要なんですけど、Drupalはコンテンツプラットフォームとして投稿させる型として悪くないけど、自分で投稿していくには適していない方向に発展しているのは明らかで、、、最近ではDrupal8の迷走も見られて、ユーザー離れを起こしている事は明らかだと思います。あとは、アップデート作業などが非常に複雑でエラーが出やすいモジュールが多数あって、カスタマイズとか維持が非常に大変です。コンテンツ作る時間よりカスタマイズ時間の方が長いみたいな本末転倒になってしまっています。

Wordpressを少し検索してみて、使えそうなプラグインをいくつか。

Pixabay-images

画像を自由に使えるpixabay-imagesは特に便利そうだ。
http://netaone.com/wp/pixabay-images/
説明はいろんなところに出ている。
http://nelog.jp/pixabay-images-plugin

  • 言語(Language):使用言語。使ってみた感じでは、言語によって検索結果に差はない模様。
  • 画像表示数(Images Per Page):検索結果の表示数。
  • 画像タイプ(Image Types):画像の種類の設定。(全て、写真、イラストの三択)
  • 画像の向き(Orientation):画像の向きの設定(全て、横型、縦型の三択)
  • 画像の属性(Attribution):クレジット表記の有無
  • ボタン(Button):投稿画面に「Pixabay」ボタンを表示するか

他にもイメージをどんどん挿入できるプラグインは沢山あるみたいで便利です。

http://blog.themesnap.com/7-best-plugins-to-add-free-paid-images-to-your-wordpress-site.html

あとは、Wordpressでお馴染みのプラグイン

Table of contents plus
https://wordpress.org/plugins/table-of-contents-plus/

情報は日本語でも沢山あります。
http://tipstour.net/wordpress/4601

こんなものですかね。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事