ヤマハ


アドセンス広告

言語: 

ヤマハAG03が入手困難化!代替としてZOOM U-44を購入しました。

  • 9 May 2020
  • のぶやん

YouTubeで音声をライブ配信するのであれば、USB接続などよりも、キャノンケーブルなどのマイクを使って接続して配信したくなってくるものです。本格的に配信するには、マイクをミキサーを通じて配信した方が音声のコントロールなどで聞こえやすくなります。

ヤマハAG03が入手困難化

ヤマハAG03が入手困難になっているのは、皆様もご存知のとおりです。生産が追いついていないようです。価格帯は、15000円レベルで格好が良い個人用のミキサーが手に入るのだから、YouTubeで音声配信する人が殺到するのも分かります。とにかく、手に入らないものを待っていても仕方ないので、別のミキサーを検討しなければいけなくなりました。


ヤマハ YAMAHA ウェブキャスティングミキサー オーディオインターフェース 3チャンネル AG03 インターネット配信に便利な機能付き 音楽制作アプリケーションCubasis LE対応 
個人がとりあえずミキサーを揃えると言ったときには、ヤマハAG03が候補になる訳ですけど品薄でどこにも売ってない。
 

激安ミキサーも品切れが続出

>

個人が利用するような激安ミキサーも品切れが続出しているし、ノイズが入るようなミキサーを買いたくもありません。また、質の低いミキサーを何台も持っていても、それこそ「安物買いの銭失い」で意味がないことになってしまいます。

購入するならば、それなりに実用性のあるものが欲しいですね。あと、後からヤマハAG03を購入する選択も捨ててはいません。

ZOOM U-44を購入

変なミキサーを購入するぐらいなら、不要なものが増えるだけなので、ミキサーを購入せずに必要なもので、後日にヤマハAG03も購入したいと思って・・・・結局、選んだのはZOOM U-44です。これなら、ヤマハAG03を購入した後でも、モバイルとして使うことができます。

このモバイルミキサーの何が良いかと言えば、モバイルなのでカメラの音声として使えるんですね。もっと簡単に言えば、映像が最高レベルのGH5の欠点である音声の部分をこれで調整できるわけです。GHシリーズで音声を収録する時は、音声が最大の欠点になっていますが、このミキサーがその音声問題を解決してくれます。ただし、防水機能などがないので、GH5と一緒にガンガン使ったりすると壊れる可能性があります。

いずれにしても、用途は広いです。


ZOOM ズーム ハンディオーディオインターフェース U-44


アドセンス広告

関連記事