カザフスタンを含む中国の一帯一路計画の概要

  • 26 July 2017
  • WEB情報屋

2014年5月29日にカザフスタンのアスタナで創設条約を調印、2015年1月1日に発足しています。 ベラルーシ、カザフスタン、ロシア、アルメニア、キルギスが加盟しています。中国を含めた一帯一路に発展していこうとしています。

2015年5月8日にロシアのウラジミール・プーチン大統領と中国の習近平国家主席はユーラシア経済連合と中国のシルクロード経済ベルト構想を連携させるとする共同声明を発表。2017年5月の一帯一路国際協力サミットフォーラムでプーチン大統領は中国の習主席の唱える一帯一路、上海協力機構、ユーラシア経済連合などは大ユーラシア・パートナーシップの基礎となると演説しています。

一帯一路

陸上では、ヨーロッパまでの陸路を結ぶ計画であり、海洋では、インドからサウジアラビア、エジプトまで含まれた地域になっています。

カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止