仮想通貨の方が現金より信用できる時代が到来!国家に対する不信と金融機関の取次ぎ業務が消失

  • 15 November 2017
  • WEB情報屋

仮想通貨は、どのような需要で値上がりしているかと言えば、国家に対する不信感です。現在、どの先進国においても、国債の発行残高が積み上がっていて、どの先進国もGDPの100%を超えるような大きな負債を抱え込んでいます。更に日銀のような中央銀行がどんどん通貨を発行しても、先進国の通貨は代替が効きづらいので暴落しないような『神話』がありました。しかし、仮想通貨の登場によって、その神話は終わろうとしています。

銀行が行ってきた通貨交換

今までは、通貨の交換というのは銀行が独占的に行ってきた業務でしたが、それが仮想通貨によって世界中のサーバーに『業務分散』されるようになってきています。銀行だけではなくて、証券会社の株式売買の取次業務まで全く不要になる事を意味しています。仮想通貨で証券売買を行って、企業が国家を限定せずに仮想通貨でお金の投資金を集めれば良いからです。

このように金融業者による仲介業務は、全て世界のサーバーが代行するようになっていきます。金融業務を世界のサーバーで分散して行った方が効率的で、かつ安全という事が立証されてきたからです。FXの証券会社が仲介手数料を抜き出す必要もなく、日本にいても、アメリカにいても国際通貨である『ビットコイン』を利用してそのまま決済すれば良いという状況になってきます。
 

仮想通貨発掘の競争が加速

仮想通貨を発掘するという事は、従来の金融機関が行ってきたトランズアクションをどんどん奪っていくような作業になります。世界中に置かれてリモートコントロールされたデータセンターでは、仮想通貨の発掘が活発に行われるようになってきており、それは半導体の消費の活況にも繋がっています。

仮想通貨は、今まで銀行が行ってきた業務を奪えるとあって、GMOなどのインターネット企業も参入の動きを見せています。

分散するエネルギー効率

発電設備を考えてみても、原子力発電所のようなものを作るメリットは、危険なばかりではなくて発電効率も悪いものになろうとしています。太陽光発電の効率がどんどん上昇して、太陽光で発電してそのまま自宅や工場で使えるような時代になってきました。太陽光発電の良い点は、近くで発電できるので、エネルギーロスが少ないという点もあります。また、原発のような事故を起こすこともないので非常に安全性が高い発電設備です。今後は、太陽光発電はエネルギーを生み出す主力になると言われています。

データセンターの運用コストの3分の1が電気代であり、電気代を安く抑える事は、データセンター運用に欠かせないものになっています。この為にさくらデータセンターが石狩に設置されるなど、熱効率が非常に良い北国にも注目が集まっています。データセンターの運用は、過疎地のような場所に多くの雇用を生み出しますし、場所を選ぶと環境問題も起こりにくいので、地元に歓迎されます。

マイニング機がAIの正体

AI(人工知能)がホワイトカラーの職を奪うとされていますが、真っ先に失業するのは、銀行員になりそうです。ビットコインなどが発達する事によって、リアル通貨を保有していなくても、リアルなものを手に入れる事ができるようになっています。例えば、サーバーの会社の中には、ビットコインの支払いを認めている会社も増えてきています。

銀行が数多くの銀行員を抱えて数多くの人員によってトランズアクションを行う事は非効率な事であり、マイニング機がそれを代替するようになってきています。テレビの芸能人がユーチューバーに置き換えられるのと似たような動きになっています。

タグ: 
カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止