日本発の仮想通貨コインの成長見通し


アドセンス広告

  • 12 March 2018
  • のぶやん

日本では、2ちゃんねる発で最初にできたコインの『モナコイン』が日本の取引所(Bitflyer)に上場して最も高い価格を付けており、それに次いで出現したCPUマイニングに特化された仮想通貨であるBitzenyも高い知名度を誇っています。

今日の国産コインの価格

Mona : 464.0 / JPY
Nuko : 2.4 / JPY
Zeny : 5.0 / JPY
Koto : 2.9 / JPY
Neet : 26.3 / JPY
Yenten :4.9 / JPY

採掘難易度が高いモナコイン

 

モナコイン

現在では、モナコインの採掘難易度が非常に高い状況になっており、GPUを使っても簡単にマイニング出来ないような状況になっています。モナコインは、国際的に知名度が高いコインとも言えず、日本人以外にはあまり人気がないコインです。

活動が活発化するBitzeny

Bitzenyは、最近になって開発が再開されて注目を集めている仮想通貨のコインです。Bitzenyコンテストなどが開催されて、総額で100万円以上の賞金が用意されるなど盛り上がりを見せています。CPUで誰でもマイニングできるので、参加者が多いのも特徴です。
 

匿名通貨として浸透するKoto

Koto

2018年にZcashの日本版として誕生した仮想通貨Kotoは、CPUでマイニングできるのでジワジワ人気になってきている仮想通貨です。

2017年12月13日に発掘が開始されて、2018年02月23日にJamBTCという中華系で新規に出来た取引所以外で価格が3円~5円が付いて価格が確定しました。

ロシア人に人気あるYenten

Yenten

ロシア人にも人気になっている仮想通貨がYentenです。プレマインがないのが特徴で、CPUマイニングに特化されています。有志によって公式ホームページが新しくなっています。

カテゴリ: 
タグ: 

アドセンス広告

関連記事