会社の消耗品として使い捨てにされる20代の労働者!貯蓄ゼロが6割を超えて奴隷化された日本の若者

  • 27 March 2018
  • のぶやん

高齢者は『若いうちに働いて、将来的に豊かになれる』と20代を騙そうとしますが、日本は全く経済成長しておらず(むしろ衰退している)、若いうちに低所得で働く事で将来的にも低所得の労働者になります。

日本の現在の状況は、若者を完全に奴隷化した状況にあり、ほとんどの仕事が単純で低スキルの仕事をさせて将来も奪う状況になっています。多くの労働者が働いても豊かになれないので働く意欲を失いつつあります。

貧困化する若年層

奴隷化する日本の若年労働者

日本の20代は、貯蓄ゼロが6割にも達しており、一生懸命になって働いても全く将来の蓄えなどできない貧困化している事実が分かります。さらに深刻な事は、高齢者に合わせた形で国内需要が高齢化しているので、グローバルで通用するスキルが全く身に付かないという点です。

日本で製造されていた家電製品の工場が中国に移転しましたが、その後の産業となるソフトウェア産業が非常に貧弱であり、インターネットのサービスの多くをアメリカ企業に依存する状態になっています。主要なSNSのほとんど全てが外国製となってしまっている現状があり、日本人はカスタマーサポートするぐらいの機能しか担えていません。

銀行員が不要になる時代

日本の多くの産業が古い産業になっているので、働いても将来的に使える技術が身に付くとは限らない状況になってきました。例えば、就職先で人気がある銀行員は、お金を扱う事務のスキルを身に付ける事になりますが、そのスキルがコンピューター化されて不要なものになろうとしています。

従来の銀行のビジネスモデルが崩壊し始めており、将来的に全く使いものにならないスキルで働いていると、失業した時に次の職業が見つからないという状態が発生する事は明らかです。

従来の銀行のビジネスモデルの1つである手数料ビジネスなどが仮想通貨に置き換わっていくと、銀行はそのビジネスモデルで食べていく事ができなくなり、銀行員もかなり不要になると考えられています。

大企業でも簡単に潰れる

売り上げが良い企業で、利益が出ていたとしても、多額の負債を抱えて借金が返済できなくなったら倒産します。例えば、ソフトバンク・楽天など新興企業の売り上げ高、利益ともに伸びていますが、それに並行して借り入れ残高も伸びています。競争で利益が出づらい中で拡大路線をとっているからです。

日本の市場では、少子高齢化・人口減少がジワジワ起こって市場が狭くなっているので、企業間の競争がますます過熱してきています。真似が出来るビジネスモデルであったり、利益率があまりに低いビジネスモデルでは、競争で勝ち残るのが非常に難しくなってきています。

会社を脱却するスキルを身に付ける

会社で働いていたとしてもグローバル市場で通用するスキルが身に付かないので、自分で生きていく方法を模索するしかありません。イケダハヤト氏は、ブログを書くことを得意としていたので、ブロガーとして生き残る事にしました。ユーチューブで生きていくと決めている人もいます。

自分の得意分野を活用して、会社を辞めても生きていけるスキルを身に付ける事が大切でしょう。会社に依存してもスキルを伸ばせないばかりでなく、会社をリストラされたら再就職先を見つけるのが難しくなる可能性もあります。

会社を辞めたら食うのに困る

多くの世代で5割の人が貯蓄ゼロと言う事は、働くのを辞めた瞬間に食うのにすら困るという事を意味しています。労働しなくても何らかの収入源を得られるように収入を多角化しておくことが行き抜くために大切になるでしょう。

カテゴリ: 

関連記事


関連記事