NAVERまとめは、もう金にならないので人には勧めない。SNS化できなかったサービスの末路。


アドセンス広告

  • 11 November 2018
  • のぶやん

NAVERまとめがカネになったのは、2016年ぐらいまでが限界で、今では全く儲からないサービスになりました。本当に儲からないので、はっきり言って、やるだけ時間の無駄かもしれません。暇つぶしでやるならまだしも、インセンティブを利用してお金を稼ごうとしてやるのは、どう考えても無理がある状況になってきています。

通常インセンティブでは、NAVERまとめ基準の100万ビューで1万円が目安なので、1000万ビューで10万円ぐらいにしかなりません。NAVERまとめのインセンティブのレートが悪いと言いたいのではなくて、レートはGoogle Adsenseと似たようなものだと思うのですが、インターネットのコンテンツ膨張によって、アクセスを集めるのが以前よりも極めて難しくなっているのが要因です。

NAVERまとめ

少しのまとめを作った程度では、月額3000円に到達する事も難しくなってきていると思います。確かにKyama77さんのように8000まとめも作成して、トピック入りして月間1800万ビューという人もいますけど、それだけNAVERまとめを真剣にやって稼いでいる人は、本当に少数です。そもそもKyama77さんが手掛けるようなニュース系のまとめは、更新しないとアクセスが大きく減るので持続性に不安があります。そして何より、ニュース系まとめは、自分の知識が増えません。

Kyama77さんのように8000まとめも作成すれば、もう『プロのキュレーター』と言えるでしょう。そのまとめる速度は、誰よりも早いような状況で、完全にNAVERまとめを使いこなして、凄い速度で量産していると思われます。コンテンツが乱立する中において、『プロのキュレーター』でようやく生き残れる世界に変わってきているのかな、と思います。

アクセス数が伸ばせない

沢山のまとめを作っても、アクセス数を伸ばす事が難しくなってきています。Googleなどの検索エンジンからの流入が難しくなっている事に加えて、SNS上で動画なども出てきているので、SNSからNAVERまとめに流入してこないという事もあるでしょう。

2017年頃からは、フェイスブック、ツィッターなどのSNS上でショート動画が出てくるようになり、そこに視聴者が時間を使う流れも出来上がってきています。写真・テキストの素材だけだと、アクセスを集めるのが至難の業と言わざる得ません。

SNS化されなかった問題

NAVERまとめの成長がストップしている理由は、アカウント保持者が大量にいるにも関わらず、SNS化されなかったという問題です。当初、アカウントを保有していれば、コメントを付ける事ができましたが、コメント欄が炎上騒ぎになるなどの理由で、コメント欄は廃止されました。NAVERまとめ運営側では、ユーザーが適当に書き込むコメントまで管理するのが難しいという事情もあったでしょう。

ただ、コメント機能に代わるもので、一般ユーザーが書き込む機能が絶対に必要であったと感じます。コンテンツにアクセスを集めるには、単に発信者がまとめた内容だけでは不十分で、ガールズちゃんねるのように、コミュニティが備わっていないと膨大なアクセスを集める事ができません。

アフィリエイトを導入すべき

現状、NAVERまとめでは、アマゾン商品画像などを挿入しても、その報酬がどこに消えるのか?本人に分配されるのかも不明です。アマゾン商品画像のリンクを2つ、3つぐらいまで挿入できるようにして、ある程度のアフィリエイトを認める時期なんじゃないかな?と思います。アマゾンのように高料率の報酬がないと、いくら記事を作成してもインセンティブが入らないからです。

自分のブログなどでは、アマゾン商品画像を自由に入れる事ができるので、商品紹介レビューみたいな形の方が記事を作って広告を掲載するよりも、儲かるようになっているんですよね。特に単価が高いものになると、1つ売って1000円ぐらいのアフィリエイト報酬を得る事ができます。

カテゴリ: 
Non Fix

アドセンス広告

関連記事