サラリーマンの給料が下がり続けているのに労働収入にこだわる人達。投資所得と事業所得の重要性


アドセンス広告

  • 4 January 2019
  • のぶやん

サラリーマンの中でも、特に「男性の正社員」の平均給料は、ジリジリと下がり続けています。派遣社員、女性の労働者の給料は、僅かながらに上昇しています。この理由としては、正社員が派遣社員などに置き換わる過程で、専門技術を持った派遣社員なども増えていること、女性が働く職場が増えて女性の給料が上昇していることなどもあります。

サラリーマンの給料が下がり続けているのに労働収入にこだわる人達

給与所得で豊かになれない

今の20代、30代が10年後、20年後まで働くことを考えると、給与所得だけで家計を支える事は、難しい事です。グローバル化の流れの中で、労働者が外国人労働者との競争まで行わなければならず、労働者の給与が今後も下がり続けると考えられるからです。

給与所得はじりじりと下がり続けるので、給与所得だけに依存しては豊かになれません。積極的に投資を行ったり、もしくは自分で事業を行う必要があります。単に会社に雇用されているだけの給与所得が高い時代は、もう終わったのです。

エリートのみ生き残る

会社で生き残れるのは、学歴、社内での成績、社内での評判を備えた一握りのエリートだけになっています。普通の大学を出て、普通に頑張っているぐらいでは、いつリストラされてもおかしくない状況です。語学力が完璧であるとか、技能レベルが他の人より並外れて優れているなどの特徴がなければ、40代後半からリストラ対象です。

自分が思っているほそ世の中の自分に対する評価は高いと言えず、ほとんどの仕事は「誰がやってもできる状況」となっています。つまり、派遣社員でも、下手をすればアルバイトでもできるような仕事だらけになってきているのです。わざわざ正社員に高い金を支払ってやる仕事は、ごくわずかになってきています。

労働のあり方が変化

今までは、1つの会社で長年勤務する事が労働のあり方として普通でした。これからは、実力勝負になるので、1つの会社に長年勤務をしたとしても、実力がなければ、すぐにリストラされるような実力主義の社会になっていくでしょう。

自分が20年もやってきた仕事に誇りを持っていたとしても、その仕事を外部から来た派遣社員の人が3ヵ月でマスターして、もっと良いパフォーマンスが出せるような時代になってしまったのです。システム化された仕事は代替されやすくなり、誰でもできる仕事は正社員でも20万円以下の給料しか貰えないような状況になってきました。

投資所得と事業所得

とにかくサラリーマンでも誰でも投資は絶対に行わなければいけない必修のものになってきています。それは、どの国でも税制自体が『労働よりも投資の方が有利』にできているからです。労働で蓄えたお金をコツコツと節約するより、投資によって高いリターンを狙った方がお金が手元に残るようになっています。

投資と同時に行わなければいけないのが、事業所得の向上です。何らかの事業を行う事です。特にインターネット事業は、ブログを書いて広告を掲載したり、ユーチューバーになって動画で稼いだりするルートがあります。いずれも簡単ではありませんが、サラリーマンでも取り組まなければいけない時代になっています。

カテゴリ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事