Panasonic GH6を発売前から既に買わないという決断


アドセンス広告

  • 4 April 2021
  • のぶやん

私は、Panasonic GH6の発売を心待ちにしていました。2年前までは。

動画市場の環境が大幅に変化

この2年間で動画の市況が大きく変化して、GO Proの画質の向上であったり、iPhone12登場によって携帯カメラの画質がYouTubeには十分なほどに高まったことがあります。このような中で、GH6を購入する意味が相当に薄れたことは事実です。動画に強いとされてきたGHシリーズですが、普通に動画配信するだけであれば、iPhoneを買った方が費用対効果が高くなることは明らかです。

趣味で8Kなど必要ない

そもそも4K撮影ですら持て余している(4Kで撮影すると編集が大変になるので、もはや画質を落として撮影していることの方が多い)状態なのに、8Kで撮影する必要がどこにあるのでしょうか?需要がないのに、どんどん先走って技術開発だけに熱中しても、カメラが売れないことは目に見えています。

家電メーカーがOS開発しないと生き残れない

需要があるとすれば、8Kではなくて、小型化であったり、OSの搭載の方だったりするのです。特にカメラ側からOSを搭載して巻き返しを図らなければ、生き残ることは難しいでしょう。そして、OS開発など簡単に行える訳がありませんので、やはりカメラ事業は衰退の一途を辿ると言わざる得ません。

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事