日本人の労働意欲が高まらない理由


アドセンス広告
  • 23 September 2022
  • のぶやん

かつての中国の労働者は、「共同生産の中で意欲を失っていた」とあります。日本においては、会社が資本を保有する代わりとして、利益の一部を従業員に配る「ボーナス」という制度で、従業員の労働意欲を高めてきました。

個人による生産財の保有

個人による生産財の保有は、個人の労働意欲を高めることに役立ちます。現在、収益性資産は土地だけではなくて、不動産だけではなくて、インターネット上のウェブサイトもそれにあたります。「広告マーケット」が大きなシェアを占めるようになってきています。この理由は、広告が人々の脳内を支配することで、消費市場に影響を与えて、消費行動を作り出すからです。

長期的なキャリア形成の変化

特定分野だけをこなしいたのでは、時代の変化に対応できない状況になってきています。例えば、農業分野に強かった人であったとしても、ある一定のレベルを超えてくると、今度は工業分野に強くないと生産が伸びないかもしれません。そのように、長期的なキャリア形成には「変化に強いこと」も求められるようになります。

カテゴリ: 
タグ: 

Plain text

  • No HTML tags allowed.
  • Web page addresses and e-mail addresses turn into links automatically.
To prevent automated spam submissions leave this field empty.
CAPTCHA
スパム防止用です。記号をクリックして下さい。
Target Image

アドセンス広告

関連記事