2ちゃんねるまとめサイトは「芸能ゴシップ系」以外は全滅か

  • 5 February 2013
  • WEB情報屋

最近の2ちゃんねるまとめサイトを見ると、最大手と言われるサイト(ハムスター速報)などでも、アクセス集めに苦労している様子が分かります。単に動物の画像であったり、海外からの記事転載だけでは、ありきたりで人々の興味を誘わなくなってきているのです。ハムスター速報レベルのサイトであれば、かなりの利益も出せるでしょうが、大半のブログではライブドアランキング上位に乗るサイトでもそんなに稼げなさそうです。

まあ、更新の手間もそんなにかかってないサイトが多いので、そんなに稼ごうと思ってない人が多いのかもしれないですけど。あと、ライブドアの会社側からすると、ライブドアの得意とする「ライブドア有料ブログ会員」を維持できれば、収入も維持できるのでブログサービスの継続自体に問題はなさそうです。

指標となるTweet数

ハムスター速報は、Twitterのフォロワーを17万人も抱えるまとめサイトを代表するサイトなので、いつもTwitterのRT数に注目して見ています。やはり「芸能ゴシップ系」が拡散力が非常に強いという印象を受けます。芸能ゴシップ系であれば、1500-2000のRTを叩き出しています。動物系などは、150-200ほどのRTしか出せておらず、今後も厳しい状況になるでしょう。

ライブドアのブログランキングを見ると、Twitterでハムスター速報ほどのフォロワーを抱えたまとめサイトがないので、TwitterのRTされる数が非常に少ない事が分かります。ライブドアブログランキングの「ブロガー」で上位になっている「らばQ」「ガラパイア」などを見ても、平常時には1記事で100RTがやっとという感じです。少し注目が集まった記事で500RTも集めれば大成功という感じになっています。

「NAVERまとめ」のRT数

NAVERまとめは、ライブドアのブログに比較して、レイアウトが統一されてシンプルな為かRTされやすくなっています。NAVERまとめのトップページに並んだ記事は、必ず100ぐらいはRTされていて、当たる記事が出れば1000RTを超えているものも1日数本見かけます。「NAVERまとめ」とソーシャルメディアの拡散は相性が良いのでしょう。

また、NAVERまとめの場合には、ライブドアブログよりもFacebookの拡散が多いという特徴があります。FacebookはTwitterよりも実名が多いので、安心して友達に紹介できる記事がライブドアのブログよりは、NAVERまとめに多いという事を示しているのかもしれません。いずれにしても、ブログというプラットフォーム自体が既に時代遅れになってきている感じは否めませんね。

2ちゃんねるまとめサイト広告は儲からない?

2ちゃんねるまとめサイトが儲からない要因としては、Google Adsenseの掲載が難しい事であったり、個別に広告主をつけるのが厳しい媒体の性質があったり、販売系の記事を掲載するとステマに見られるなどの問題があります。PVがそれなりに稼げたとしても、それほど儲からないというのが2ちゃんねるまとめサイトなんですね。だから、運営側も必死に大量の広告を掲載した結果、ユーザーも少しずつ飽きてきたのかもしれません。

・Google Adsenseの掲載が難しい
・個別に広告主をつけるのが厳しい
・販売系の記事を掲載するとステマになる

カテゴリ: 

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止