日本は、中国・東南アジアなどに沢山の工場を持ったり、海外の工場と契約して生産を行っています。

日本の工場が海外に移転したのは、主に80年代のプラザ合意の円高の後でバブル崩壊した90年代の事でした。日本国内では、円高の為に生産を行って輸出すると高く付いてしまうので、海外で生産して別の国に輸出したり、日本に逆輸入したりする流れとなった訳です。日本では、バブル崩壊、企業の工場が海外移転するにあって、採用を控えたために『就職氷河期』と言われる時期がありました。

関連記事


税金の無駄使い3兆円東京五輪は中止